MUSASHI-GUN道-単語

ムサシガンドウ
4.4千文字の記事
  • 34
  • 0pt
掲示板へ

MUSASHI-GUN道-とは、2006年4月9日10月29日BS-iで全26話放送された時代劇ガンアクションアニメである。GUN道はガンドウと読む。

ルパン三世原作者として有名なモンキー・パンチ構想12年かけたシナリオを基に、自身も役員を務めたACCプロダクション(翌年11月破産手続止)が制作した。

概要はあなたがたもよくご存知のはず…

上級者向けとして知られる傑作アニメ。全編にわたり続く作画崩壊(第1話や24話は除く)、不自然な動き、繋がりのおかしいカットセリフなどが一般的な良し悪しの感覚を突き抜けたレベルだったため、存在そのものがネタとして笑える域にまで達してしまった。同時期に涼宮ハルヒの憂鬱という快作があったこともあり、その落差も話題になった。スゲェ・・・このアニメ、21世紀に放送されてるぜ・・・

アニメーションとしての質の低さとネタ度の高さからインターネットを中心に奇妙な人気が出てしまい、多くのネットスラング、定番AAを産み出す土壌になった。関連動画を観ていただくと、その凄さが分かっていただけると思う。

そのカルト人気は留まる事を知らず、も出ると思っていなかったDVDまで発売される(ただし8話まで、以降は発売未定)。封印BOXと銘打たれた無修正版だったことから一時Amazonの売り上げランキングの上位に列せられる快挙を成し遂げた。なお、後日アニマックスで放送された際には僅かではあるが作画が修正された。修正と言っても背景色のミスを直した程度なのだが、修正したことによってかえってややこしいことになったシーンも存在する。なお、なぜかフランスで全話日本語の修正版DVDが発売されている

ただ、意外にもストーリーは(散々尺稼ぎした割に最終回が尺不足だったが)それなりにしっかりとしており、また声優が熱のこもった素晴らしい演技を見せてたため、最終話まで視聴した人達の中には「ネタアニメとしてだけではなくアニメとしてもMUSASHI-GUN道-が好きだ」と言う人が少なくない。

まぁつまり「アニメーションであったが、アニメでは決してない」ということだ。

一応フォローすると、作画崩壊は低予算による海外発注中韓下請け)が原因。
当時BSは普及率が芳しくなく予算が組めなかったようで、アニメ制作に十分な人員も確保できないなど非常に厳しい条件にあった。そのため海外の安い下請けに依頼せざるを得なかったが、これらは技術が低く、届く動画日本のものと較にならないほど非常に粗悪だった。これも本来なら日本で修正されるが、放送ギリギリまで日本に届かないため修正も間に合わず、そのまま放送する羽になったらしい。と言っても、通常余裕のあるはずのOP・EDまでもれなく低クオリティなのがMUSASHIらしさである。

EDクレジット作画監督や原画に見るからに日本人でない名前が並ぶ場合は必ず作画崩壊している(いわゆる三文字作画)。反対に何かと叩きにされる監督木下ゆうき作画監督の回は日本人作画しているため、実はかなりマシである。

動画IDを見てもわかるように、ニコニコ創成期からうpされていたことが分かる。もし、放送当時にニコニコ動画があったなら・・・

詳細は記事最下部リンクのまとめwikiを参照。

あらすじの喋りすぎは命に関わるぞ

西暦1600年代初頭、慶長…豊臣幕府が下を治める架の時代。

流のGUN道の使い手ムサシは成り行きからアヤカシと戦うことになり、タクアン和尚から「GUN」を託される。資格き者が手にすれば命を落とすというを手に、ムサシと癖のある仲間たちはアヤカシと戦う。

こんな人物が戦っていたのか

ミヤモトムサシ
浪川大輔
二丁拳銃の使い手(自称オイラ流)で、30ものを盗ってきた盗り。表情のバリエーションが豊富。
タクアン和尚子入り志願しに行くが断られ、成り行きでGUNを託される。
での人殺しや小次郎が大嫌いで、大好物はひつまぶし。「うおっまぶしっ」「ひつっまぶしっ」
なお、ムサシを演じる浪は本作で散々を撃ちまくる役を担当しているが
数年後、同じモンキー・パンチ作品でまさかの石川五ェ門役に大抜。今度は抜してあらゆるものをりまくる役になっている。
本作では石川ゴエモンを名乗るびと相対するシーンがあり、ある意味ゴエモン対決が実現している。
多分本作で演を務めたことは関係ないと思う
ロウニン
堀川仁
ロウニン。カグヤを救ったのはムサシと、の達人のだ。本当の名?ロウ・ニン
ムサシ相棒丸坊主白目シンプルな顔で絵も安定傾向だが、たまにになる。
は念メイレツ。「だな!」なお最初に「だな」を使ったのはムサシだったり。
カグヤ
河原木志穂
豊臣秀吉の養女で秀頼の義リョウゲンの妻とするため、アヤカシから狙われている。
の形見の小を使う一方、手刀アヤカシっ二つにしたり、落ちながら戦う武闘
そのため巫女なのに、じゃじゃと呼ばれたり。たまに巨大化
顔が安定せず、良いときと悪いときの差がしい。「あなたがたもよくご存知のはず…」
中村千絵
カグヤの記憶を失っているが、面識のないムサシに見るなど不思議がある。
武闘に対し、ルコウ」を従え、攻撃に防御と多な術を使いこなす反則的な存在。
ムサシ並に作画崩壊被害者で、顔面崩壊やの分けの有話題に。「だめえええええ!」
ニンジャ太郎
小林ゆう
ムサシ殿の一の子分を自称する、装束を着たへっぽこニンジャ
皆にわざと名前を間違われる。例:ニンジャ868号→「ホームラーン!」(王貞治本塁打記録ネタ)
唐突で脈略もなく王世代でもすぐ理解されないだろうギャグだが、なぜか乱用される。
デスペラード
柳沢由美
おっぱいぼよよ~ん!な異の女人。ムサシをファーザーの思い込む
初登場時の1話のみ一人称わたしで女口調混じりだったが、2話以降なかったことに。
女性だが顔は安定気味。アフレコバージョンでは「デススペラード」「デスラード」と誤記された。
長さといい、細さといい、足首の締り具合…最高じゃ…。「OHニンジャ!ウタマロ!ゲイシャ!」
ダンジョウ
山野井仁
カグヤに仕える武将で、西軍の切込み武将を務めた。髪型がよく変わり、ひげもよく消える。
1話前編は強そうに見えたが、後編から全にギャグキャラ化。「拙者お嬢様系が好き」
タクアン和尚シバヅケ和尚
田中総一郎
GUN道の第一人者で大徳寺の和尚。「スッゲェあのじいさん落ちながら戦ってる
小次郎に負けた時の条件として、タクアンの名を捨てシバヅケ和尚を名乗っていた。
義は賢者の舞MUGENキャラ化され、ある意味ムサシ以上に有名な、この作品を徴する存在。
終盤で自身の正体を明かして再登場する企画だったが、尺の都合でボツになってしまった様子。
そのため序盤々、荼毘の字との喧嘩を最後に登場しなくなる。「喋り過ぎは命に関わるぞ」 
荼毘の字(レオナルド・ダ・ヴィンチ
廣田行生
ヤシャがらせたカラクリ屋のジジイ。客がピンチでも武器弾丸を高額で売りつける。
怪しい南蛮言葉を使い、発明の為ならにでもつく。「まいねーむいずだびのじ。からくりますたあ」
飛佐助
小林ゆう
荼毘の字が飼う忍者猿。荼毘の字やタクアン和尚無茶振りにも従う。
題名になった12話は衝撃的で、本当は(喋りすぎは命に関わるぞ)。未来の佐助(喋りすぎは)。
小林ゆうリアルを演じるため、動物園の本物のを参考に勉強したと答えている。
真田幸村
木下
三勇士真田十勇士を従える豊臣側の武将…なのだが史実と異なり、この作品では女である
キャラの例に漏れず、かなり顔が崩れてしまう。胸の谷間もかなりおかしい。
小早川秀秋
武藤正
関ヶ原の戦いで西軍を勝利に導いた戦国武将。作画崩壊が別次元を見て!→も修正
一連の話が終わる12話でヤシャらにテレポーテーションされ、その後一切でなくなる。
GUN呪いに負け明智撃ちを放つ小早川三部作は必見。「なぜうしろに!?
リョウゲン(徳川家康
斎藤志郎
下取りのためアヤカシを売り渡し、を得た代償に醜い姿となった元・家康
必殺技タヌキの舞。史実上の家康あだ名されたことに由来するらしい。
お笑い担当を自称し「わしは笑いに人生のすべてをかけておるんじゃ!」とする。
ヤシャ
五十嵐麗
仮面で素顔を隠しムサシ達の前に立ちはだかるアヤカシ玉。アイキャッチではデフォルメ化。
家康をそそのかしアヤカシの姿に変えた本人。優男と呼ばれるが、なぜか巨乳な場面がある。
クレジットでは「ヤシ」という誤植が散見された。「どうにもなりませぬ」
師範
赤城進
大徳寺のNo.3。だがムサシにGUN道勝負で敗れ、女王蜘蛛には捕まり何もできず。
なお赤城進吉岡七郎石川ゴエモン、根甚八、石田三成など多な役を兼任する。
このため師範の出番が終わっても継続出演する。「こんな相手と戦っていたのか!」
ジジウダ
自己紹介に余念がない付きのパンイチアヤカシ。だが結局にも名前を呼ばれなかった
和尚殺されるも、迷言「おんみょうだんをくらえ!うおっまぶしっ」を引き出したの功労者。
普通にしゃべるが、配役はエンディングクレジットされておらず不明。
アヤカシ女王蜘蛛
根本
ちきは通称「魔糸使い女王蜘蛛」でありんす。バイト使いでも女郎蜘蛛でもないでありんす。
人を操る強な魔糸を吐き出し、廓言葉で話す。元ネタ芥川龍之介小説蜘蛛の糸」に登場する極楽蜘蛛。元が極楽の存在故にアヤカシ相手の武器は通用せず、ムサシ達を苦しめた。
最期はエンカボウダンで焼死作画崩壊カバーする声優の熱演は必聴。
正式名は「ガンダダーン」らしいが、本編はおろかクレジットにすら使われていない。
佐々木小次郎
櫻井孝宏
・長・長を持つムサシの宿敵。会話にはよく出るが最終回直前まで登場しない。
ムサシに何やら迫っているが、その理由は最終回まで明かされない。
いかな状況にも決して慌てず動じず、表情すら変えない不気味な存在。
この時代らしく人間の足として大活躍する。特技は前脚クロス走法、絶壁滑落、カメラ線。

いい動画だな、少し借りるぞ

放送当時は権利者削除もあったが、制作会社倒産後は現状全話アップされている状態

全く無駄のねぇ関連商品だ

関連用語にスタコラサッサだぜー

リンク

MUSASHI-GUN道-まとめwikiexit

【スポンサーリンク】

  • 34
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/musashi-gun%E9%81%93-
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

MUSASHI-GUN道-

277 ななしのよっしん
2021/06/07(月) 17:01:27 ID: LjugKjzNNC
まさに2006年頃、他のアニメ掲示板での「ネタバレのし過ぎは命に関わるぞ」というレスが妙に印に残ってた
これが元ネタだったのね

使ってみたい…でもきが大過ぎて使うとしたら「○○のし過ぎは命に関わるぞ」みたいにカッコをつけて、元ネタがあるとわからせる・匂わせるように書くのが難かな
ニコ動なら問題ないかも
278 ななしのよっしん
2021/06/07(月) 17:04:15 ID: qYpisD26HP
はじめて見たときは昭和エロアニメの1シーンだと本気で思った
まさか大制作されたものだとはこれっぽちも…
279 ななしのよっしん
2021/10/15(金) 18:02:41 ID: ePdv1pAKlK
Twitter作画崩壊がトレンド入りしてたから、
MUSASHIブーム来るかと期待してたけどそんなことはかった。
前にも言った気がするけど、当時タクアン和尚キャラだけは知ってて和尚主人公かと思ってた。
ムサシ子かと思ってた。
サムライチャンプルーて似たようなアニメあったけど、
確か同時期くらいじゃかった?
こっちはあまりネタにならんけど。
280 ななしのよっしん
2021/11/13(土) 18:05:49 ID: usnskAaSri
なんか、作画崩壊クソアニメの話で名前が挙がらないのが
「本当のオワコン話題にすらならない」って言葉の通りで悲しい
一部の人からしたら二度と見たくないからオワってほしいコンテンツなんだろうけどもww
281 ななしのよっしん
2021/11/13(土) 19:57:41 ID: PZWPnmmf0C
見た人にはわかることだが、GUN道作画崩壊だけでネタにされてるわけじゃないから、そこだけでってもって気はするがね
結局のところ、独特過ぎるセリフ回しとか、つかめないキャラクターとか、どこに着地してるのかわからないギャグなど諸々含めてネタにされてたわけで
282 ななしのよっしん
2022/03/29(火) 08:35:41 ID: VlLDIlyCMb
設定といい内容の凄さといい、アニメ界のデスクリムゾンと呼ぶに相応しい。
あまりにも出来が酷すぎて逆にされたところとか、手にした者を狂気世界に誘うとか、後半は狙い過ぎて滑ってるところとかよく似てるw
ムサシ小早川のやり取りも、越前と八並康のやり取りとよく似てるしwww
283 ななしのよっしん
2022/03/29(火) 08:48:23 ID: VlLDIlyCMb
あと、大筋の設定は悪くないけど細かい脚本がグダグダってところもデスクリムゾンとの共通点だなw

>>279
サムライチャンプルーって普通に評価高いしなぁ。
GUN道も構想自体は悪くなかったと思うんだけどね。
284 ななしのよっしん
2022/04/27(水) 16:56:18 ID: 1jkwNH8wtu
今更全部見たけど普通に面かったわ
285 ななしのよっしん
2022/05/02(月) 08:33:44 ID: PKZI1QFgkR
宮本武蔵を題材にぶっとんだ翻案した作品はたくさんあるけど
これの世界観やキャラ自体は実に個性的で魅的だったよ
モンキーパンチの翻案センス素晴らしいと思う
アニメ三銃士のようにうまくいった可性もあったんだと思うと悲しい
286 ななしのよっしん
2022/05/03(火) 21:47:11 ID: VlLDIlyCMb
前後の内容がグダグダだけど、リョウゲンがムサシとの利の一致に気付いて戦闘を止めるところは中々新だった。
その後のウラシマの茶番はすっげームカついたけどwww

おすすめトレンド