No.96 ブラック・ミスト単語

ナンバーズキュウジュウロクブラックミスト
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

ブラック・ミスト

No.96 ブラック・ミストとは、アニメ遊☆戯☆王ゼアル」に登場するキャラクターカードである。

キャラクターとしてのアストラル同様、入野自由が担当している。

概要

アストラルの記憶のピース、ナンバーズの1つ。アニメでのテキストは以下のようになる。

エクシーズ・効果モンスター
ランク2/闇属性/悪魔族/ATK 100/DEF 1000
属性レベル2モンスター×3
このカードは「No.」と名のつくモンスター以外との戦闘では破壊されない。
このカードが相手モンスター戦闘を行う場合、
このカードエクシーズ素材1つを取り除いて発動する事ができる。
その相手攻撃モンスター1体の攻撃は半分となり、
その数値分だけこのカードの攻撃アップする。

アニメ遊☆戯☆王ZEXALⅡ」第89話による

アストラルの記憶のピースとは言うが、その行動は悪意の塊とも言えるようなものである。

遊馬&アストラル乗っ取り-初登場

――ナンバーズ20漆黒ナンバーズ遊馬vs鉄男

まず、冒頭で遊馬デュエルした男が使用。
ジャイアントウィルス」3体をオーバーレイユニットとしてエクシーズ召喚されたが、直後に遊馬の「No.39 希望皇ホープ」の攻撃を受け、何も出来ずに散っていった。

デュエル終了後はいつものようにアストラルによって吸収された、のだが……。
このカードによって取り戻した記憶は「地球(のような惑星)が爆発し砕け散る」というもの。
アストラルは「世界の崩壊」と言っていた。

その後、遊馬が身につけていた「皇の鍵」が遊馬のそばを離れたことで、No.96アストラルを乗っ取る事に成功。遊馬を操ろうとするが、遊馬はギリギリのところでホープ鉄男に託す。ホープを狙うNo.96は、遊馬を使い、鉄男とのデュエルを始めるのであった。

No.96は「ダークロン」・「コロボックリ」・「マツボックル」をオーバーレイユニットとしてブラックミストエクシーズ召喚。「アイアイアン」に攻撃を仕掛け、自身の効果で攻撃を上回り戦闘破壊した。
さらにを駆使してホープを倒し、鉄男を追い詰めるが、洗脳に成功したと思っていた遊馬にうそのアドバイスをされたために、
ネジマキシキガミ」に攻撃を0にされる。そして「死者蘇生」で復活し、「ネジマキカタパルト」で強化されたホープの攻撃を受け戦闘破壊され、デュエルにも敗北した。その後、皇の鍵を取り戻したことでアストラルが復活。再びアストラルに吸収された。


戦闘破壊できるのに駄に(ダメージ量が増えるので全くの駄ではないが、安易には使いたくない)効果を使用している場面も見られ、最終的にそれが原因となり逆転を許してしまった(オーバーレイユニットを温存した場合、ホープブラックミストが相打ちになるので、すぐに立て直せば勝てる可性があった)。

復活

――ナンバーズ37WDC失格!? ハートランドの刺客ドロワゴーシュ
ナンバーズ38「希望をつなげ!ホープマーズ・スラッシュ!!」

その後しばらくはおとなしくしていたのだが、人間世界遊馬ドロワゴーシュとのデュエルを始めていたころ、ほかのナンバーズを借りて、アストラル世界にて復活。
それがナンバーズの総意なんだよ。お前と同じ、世界の破滅がな!\(^o^)/
再びアストラルを乗っ取ろうとしたが、ホープアストラルに味方してそれを妨。No.96も対抗して自らを召喚し、対決が始まった。

ホープ遊馬の下へ送られた後、No.96はほかのナンバーズを取り込み、逃走するアストラルを追跡。捕獲に成功し、触手プレイを始めるアストラルを乗っ取ろうとするが、かっとビングによって失敗、遊馬アストラル絆パワー台詞では「」)によって封印させられた。

今後の伏線と思われる台詞をいくつか残していった。

解放-アストラルの真の記憶

――ナンバーズ89「共闘ダークアストラル 影の巨人への挑戦!!」

封印後はしばらく何もできなかったようだが、アストラルバリアンとの連戦で弱って休息しているときに、不全な姿ながらもアストラルの前に現れる。
アストラルナンバーズの記憶を取り戻していないことを伝え、一度は消えた。

その後、の記憶を取り戻そうとしたアストラル(と、強制的に呼び出された遊馬)の前に、「を試す者」(影の巨人)が現れ、デュエルを行うことに。
影の巨人の「虚構王アンフォームド・ボイド」を前に、召喚したナンバーズが倒され追い詰められる遊馬アストラル。そこに再びNo.96が現れ、を貸すことと引き換えに自身の封印を解くように要遊馬が強く拒否したものの、ライフが残り500となり後がくなってしまう。
遊馬の身を案じたアストラルはNo.96の封印を解くことを決意した。

遊馬は「マジカルアンダーテイカー」と「クロクロクロウ」と「ガガガマジシャン」をオーバーレイユニットブラックミストエクシーズ召喚。「バトルリスタート」の効果でバトルを始めに戻す[1]ことで、ブラックミストの効果を2回使用し、攻撃5800までアップ。そのままアンフォームド・ボイドに攻撃して影の巨人を倒した。

その後、人間世界に戻った遊馬アストラルに「アストラルには悪を必要とする未来が待っている」という言葉を残して去っていった。

ベクターとの共闘

――ナンバーズ101「狡猾なるベクター アストラル VS No.96
ナンバーズ102「混沌の領域 No.96気の化身!!」

アストラルの下を去った後は、パーカー議員(どこの議員かは不明)に憑依して人間世界を観察していた。
表向きは児童センター子供のための図書館を設立するなど、市民の生活を第一に考える政治家として活動しながら、裏では闇カジノ運営や密輸を行う暗ボスとして活動していた。

バリアン(「RUM-バリアンズ・フォース」)とナンバーズのありかの情報提供してきたバリアン七皇の一人、ベクターを配下につけて活動を開始。遊馬ちより一足先にナンバーズのある悲鳴の迷宮へと到着し、伝説ナンバーズを手に入れた。

その後、ベクターと共に悲鳴の迷宮遊馬たちを待ち受け、にはめる。
そして、ナンバーズを賭けてアストラルデュエルを始めた。

No.96は「マリスボラス・スプーン」、「マリスボラス・ナイフ」、「マリスボラス・フォーク」をオーバーレイユニットブラックミストエクシーズ召喚した。
アストラルの「トイナイト」による攻撃はNo.96は「スモールストッパー」で防いだ。しかし、アストラルホープエクシーズ召喚し、「エクスチェンジガード・ローブ」とホープコンボ戦闘破壊を免れつつNo.961500ダメージを与えた。

だが、この間に遺跡のが発動、No.96ライフが減少することで遊馬に向けてが襲いかかる仕掛けとなっていた。遊馬に取られたアストラルダメージを与える「エクスチェンジガード・ローブ」の効果を使えなくなってしまう。

No.96はさらに遺跡のナンバーズNo.65 裁断魔人ジャッジ・バスター」をエクシーズ召喚
ブラックミストホープの攻撃を吸収して攻撃、ホープの攻撃はジャッジ・バスターで防ぎ、ホープを破壊、「バク団」によるアストラルの抵抗もジャッジ・バスターで跳ね返し、アストラルを残りライフ100まで追いつめた。

アストラルは「護封士」で守備を固め抵抗を続けるが、No.96は、アストラル九十九遊馬によって人間の弱さに染まったと摘。さらに、自らがいなければカオスナンバーズの吸収は不可能であり、ナンバーズわず、ヌメロンコードも手に入らないと告げた。

No.96はジャッジ・バスターランクアップさせ「CNo.65 裁断魔王ジャッジ・デビル」を出し、「護封士」を化、アストラルはどうにか持ちこたえたものの、勝利絶望的に見え、遊馬もあきらめかけた。

しかし、アストラルに一された遊馬かっとビングによって自から脱出、アストラルの「スペリオールオーバーレイ」でジャッジ・デビルは破壊され、ブラックミストオーバーレイユニットを失ってしまう。そこへ「CNo.39 希望皇ホープレイ」の攻撃を受け、一転して追い詰められたNo.96は「カオスリターン」で墓地の「RUM-バリアンズ・フォース」を発動し、自分自身をランクアップ、「CNo.96 ブラック・ストーム」をエクシーズ召喚。自らがカオスナンバーズとなったことで、アストラルに吸収されることを防いだ。
そして、CNo.96の効果で互いにダメージを受け、相打ちとなった。

アストラルを負かせなかったことで、ベクターは悲鳴の迷宮を崩壊させたため、No.96を後にした。

その後、No.96は、ベクターを「悪として2流」として評した後、別れの挨拶をして去っていった。

究極暴走No.96

――ナンバーズ110「滅びゆく3つの世界!究極暴走No.96!!」
ナンバーズ111「終焉のとき…!相棒に託した

バリアンで自らをカオス化させたNo.96であったが、そのは抑えがたく、自らが消滅しそうになる。だが、アストラルを倒したいとの思いから、万物のえた「」となり、アストラル世界への攻撃を開始。その余波によって、人間世界バリアン世界までにも異常が発生する。
その中で、
異変を察して外に出てきた遊馬アストラルらを自らの下へ引き込んだ。

No.96バリアンズ・スフィアフィールドを展開、遊馬アストラルとのデュエルを開始した。

No.96速「マリスボラス・スプーン」、「マリスボラス・ナイフ」、「マリスボラス・フォーク」をオーバーレイユニットブラックミストエクシーズ召喚したが、すぐに「RUM-バリアンズ・フォース」でCNo.96ランクアップさせてしまった。

アストラル遊馬にとって不利な、バリアンズ・スフィアフィールド内でのデュエルであったため、決着を急ぐ遊馬は、すぐに「CNo.39 希望皇ホープレイ・ヴィクトリー」を降臨させる。だが、No.96は「カオスクロス」でホープレイ・ヴィクトリーの動きを封じ、さらにフィールド魔法カオスフィールド」によって、遊馬エクストラデッキNo.69、No.92を奪って次々とランクアップさせ、遊馬アストラルを追い詰めていく。

バリアンズ・スフィアフィールドの中で疲弊しきった遊馬は、デュエルの最中に幻覚を見るほどに弱ってしまう。
遊馬は戦う意志こそ失っていなかったものの、すでにダメージ限界に達していたために、倒れてしまい、デュエルアストラルが引き継ぐ。アストラル遊馬の「諦めない心」、「まっすぐに進む意志」をったが、No.96はそれを下らぬと言い捨て、わずかな悪意のシミで崩壊する純潔なアストラル世界のようだと摘し、「ナンバーズカルマ」でとどめを刺そうとする。

確かにアストラル自身は過去に一度、「小さないシミ」のために暴走しかけたことがあったが、今のアストラルはすでに遊馬によってその試練を乗り越えていた。
アストラルは「ナンバーズリターン」によって、遊馬との最初の墓地の「No.39 希望皇ホープ」を復活させる。あえて強な効果を持つNo.69やNo.92を捨て[2]、みずからと戦ってきた仲間ホープを復活させたアストラルに対し、No.96は自らの理想の世界る。

――信じるという感情こそが嫉妬疑心、憎しみ、そして裏切りを生む。(信じるという感情の元となる)個々の存在を消し去り、である自身だけが存在する状態こそが理想の世界である
嫉妬疑心、憎しみ、裏切りに遭い、かつそれを信じることによって乗り越えてきた遊馬に、その考えを一蹴されるが、No.96はおもしろくなさそうな様子であった。

アストラル遊馬ZEXALとなり、「CNo.39 希望皇ホープレイ」を降臨させる。No.96にとって、ここまでは読み通りであり、「ナンバーズデスロック」でホープレイを封じるが、「エクシーズ・トレジャー」によるZEXALシャイニング・ドローで創造された4枚のドローカードによって、一転、自身の操る3体のCNo.全滅、その後、ホープの一撃を受けてデュエル敗北してしまった。

自らが負けたことで、No.96は、ナンバーズである自らをアストラルに取り込ませようとする。No.96は諦めず、アストラルを利用して自らの野望を果たさんとするが、アストラルはかけがえのない仲間のため、みずからと引き換えにNo.96を消滅させることを選択。それによってNo.96は消滅し、遊馬たちは元の世界に帰ったが、皇の鍵は失われ、アストラルナンバーズを残して遊馬の下から消えた。

正体と末路

――ナンバーズ112「純なる決闘者!「先史遺産」始動!!」
――ナンバーズ122世界陥落の前兆!!Mr.ハートランドの大反乱」

アストラルはNo.96を吸収することができなかったために、そのバリアン世界ドン・サウザンドの王宮に送られた。ドン・サウザンドベクターを呼び出し、No.96の正体をった。

それによれば、No.96ドン・サウザンドの一部であり、はるか昔にドン・サウザンドアストラルが戦った際、ドン・サウザンドの放ったアストラルの中に入ったものであるという。
その後、No.96は、ドン・サウザンド人間世界バリアン世界融合させる装置を量産するために使われることとなった。

No.96との戦いの影で消滅したアストラルを救うべく、遊馬アストラル世界へ赴いていたころ、ドン・サウザンドが量産していた装置が完成。その正体は100万枚にも及ぶ偽りのナンバーズであり、これが人間世界にばらまかれたことで、世界混乱に陥っていった。

ベクターの操り人形

――ナンバーズ131ベクターの嘲笑 引き裂かれた七皇!!」
ナンバーズ133「別れは刹那… 哀しき兄妹の宿命」

アストラルと差し違えた後のNo.96は、ベクターの中に吸収されていた。
人間世界バリアン世界融合計画が進み、人間世界との戦いが化する中、七皇の魂を吸収して一つになり、強大なを得ようとするベクターは、同じ七皇の仲間であったはずのドルベメラグデュエルを行う。

そのデュエルにおいて「アンブラルゴースト」2体と「アンブラルウィル・オ・ザ・ウィスプ」をオーバーレイユニットエクシーズ召喚。直後にこのカードの姿であるという、アストラルを模した人形の姿が現れる。
直後にドルベメラグの連係プレイによって破壊されてしまったが、ベクターはそれによって「屍の合」を発動し、「No.43 魂魄傀儡鬼ソウル・マリオネッター」をエクシーズ召喚、その効果によってこのカードソウルマリオネッターに装備され、意思もない状態でバラバラにされながら操り人形として利用されることとなった。
その後、No.43がランクアップするまで装備され続けている。

忙しい人のためのNo.96

最初は鉄男に負けてしまうなど、あまり実もないような様子であったが、最終的にはラスボス級のを勝ち取った、ある意味ではアニメZEXALでの成功者。

デッキ

最初にデュエルしたときは遊馬洗脳していたため、デッキ遊馬のものを使用している。自身の召喚条件を満たすための「ダークロン」はNo.96が入れたとも考えられるが、後に遊馬自身も使用している。


遺跡でのデュエルの際は「マリスボラス」と名のついたモンスターを使用している。見たフォークナイフスプーンといった食器を手にした小悪魔レベル2のモンスターで固められており、互いに展開しやすい効果を持っているため、自身やジャッジ・バスター素材をそろえやすい。

RUMを手に入れたためか、魔法カード墓地から回収できる「魔法石の採掘」や、墓地魔法カードを使用できる「カオスリターン」など、魔法を使いまわすようなカードデッキに投入されている。

究極暴走時の再戦では遊馬アストラルと戦うことを想定してか、「C(カオス)」へのメタカードナンバーズ関連のカードを投入している。

パーカー議員として活動していた間もデッキを所持しており、デュエルをしていたと思われるが、その時のデッキが「マリスボラス」デッキであったかは不明。

雑記

初のレベル以外の素材定を持つナンバーズ。ただし、後述のOCGでは闇属性定がなくなっている。
また、ランク2のナンバーズもこのカードが初。

最初の遊馬デュエルした男が使用した際と、その後の登場時では見たが大きく異なる。初登場時はカードイラストの姿と大きく異なり、アメーバのような姿になっている。また、このときは、ホープの攻撃を受けた際に効果を発動していなかった。最初からアストラルのもとへ行くために負けようとしていたのかもしれない。

エクシーズ召喚時は、球状のスライムのような姿から変形する。

ナンバーズが持つ自身の数字の刻印は、初登場時の姿ではの部分、その後の姿では右のにあった。また、所有者に現れる刻印は、第20話冒頭の男の場合、右手の甲にあった。

本人く「漆黒の闇からの使者」、あるいは「漆黒の闇よりの使者」とも。

効果名はシャドゲイン」、攻撃名はブラックミラージュウィップ

モンスターとして召喚されるとき以外は、全身がくなったアストラルの姿をしている(サブタイトルでは「ダークアストラル」と呼称されている)。アストラル遊馬は、モンスターのほうを「ブラックミスト」、ダークアストラルのほうを「No.96」と呼んで区別している(ただし、公式サイトではダークアストラルのほうもブラックミストと表記するなど、厳密な使い分けはなされていない)。
本人の言葉によれば、モンスターのほうはダークアストラルの分身らしい。

その他の作品において

ゲーム激突!デュエルカーニバル!」でも登場している。
デッキは当然「マリスボラス」だが、「創造の代行者 ヴィーナス」と「なる球体」も採用されており、ランク2を出しやすい構築になっている。「アーマー・カッパー」ばかり飛んでくるような気がしないでもないが、あまり気にしてはいけない。と闇の混成になるので、「カオス・ソルジャー -開闢の使者-」も採用されている。

ストーリーは、アストラルを吸収して成り代わったNo.96WDCに出場するというもの。通常時と異なりナンバーズクラブの面々にも姿が見えるという設定になっており(当然突っ込まれたが、もっともらしい理由をつけてごまかした。アニメでは限られた条件下でしか見えていない)、そのためか遊馬とは別に単独でWDCに出場している。

OCG版

「ORDER OF CHAOS」(2011年11月19日発売)でOCGに登場した。

エクシーズ・効果モンスター
ランク2/闇属性/悪魔族/ATK 100/DEF 1000
レベル2モンスター×3
このカードが相手モンスター戦闘を行う攻撃宣言時に1度、
このカードエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
その相手モンスターの攻撃を半分にし、
このカードの攻撃はその数値分アップする。

※「Vジャンプ 2011年12月号」付録小冊子「遊☆戯☆王 SCOOP NAVI-ING!!」6ページによる

素材に闇属性縛りがなくなった。また、例によってナンバーズ共通の耐性は削除された。

戦闘を行う相手モンスターの攻撃の半分を吸収する効果を持っている。この効果があれば、攻撃表示の相手には大体勝つことができる。また、上昇した攻撃はそのままなので、複数回効果を発動できれば高い攻撃が得られ、素材を使い切った後もアタッカーとして使用できる。

素材レベル2モンスターが3体と若干厳しいが、「創造の代行者 ヴィーナス」で「なる球体」を特殊召喚すれば容易にう。
その他、レベル2モンスターが多いおジャマデッキなどでもエクシーズ召喚は難しくない。攻撃に不安のあるおジャマデッキなどではこのカードは心強い味方になるだろう。

効果を使用したあとのダメージステップに「突進」や「オネスト」を使われてしまう可性があることには注意。また、まだ1回も効果を使用していない段階では攻撃が低く、守備の高いモンスターには対処しにくい。

守備は上昇しないので、守備表示にされると簡単に戦闘破壊されてしまう。
この手のカードの宿命として、「の書」などで裏側表示にされると攻撃上昇がリセットされてしまうという弱点もある。「銀河眼の光子竜」などの一時除外を受けても同様で、この場合、上昇分のリセットだけでなくエクシーズ素材まで失い、低攻撃さらしてしまう。

弱点も当然あるが、レベル2モンスターいやすいデッキなら採用価値が十分にあるだろう。
え?セインレアのほうが使いやすい?細かいことはry

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

使用カード

脚注

  1. *台詞ではそう説明されているが、テキストを見ると、その戦闘での互いの破壊、ダメージを全て0にして、もう1度攻撃できるという効果である。
  2. *OCGルールでは生制限があるため、正規のエクシーズ召喚を行っていないNo.69やNo.92はどの復活させられないのだが、アストラルシャークカイトの思考から、アニメでは生制限は存在しないと思われる。

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/no.96%20%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

No.96 ブラック・ミスト

141 ななしのよっしん
2014/03/22(土) 10:07:21 ID: lfTkh/tST9
過去に撮り貯めしてた分見返してたら、遺跡で隠し昇降機を作動させたベクターをジッと見るカットとかあって、
コイツベクターが何らかの影を受けてる事を見抜いて二流呼ばわりしたんじゃね?」
と思うようになった

ついでに、ナンバーズを結構集めてたのも再認識した
パーカー議員から離れる時に吸収してたカードがおそらく手元のナンバーズ
142 ななしのよっしん
2014/04/09(水) 20:52:29 ID: bnNCRrt9Z5
「(遊馬たちに幾度もデュエルを挑んでくる)そのたびに破れ、封印されたりもしている。それでもこりずにしつこくかっとビングしてくるあたり、アストラルの分身というのはまんざらウソではないのかもしれない。」
WDCの説明が面すぎるw

しかも、「アストラルから分かれた悪の心」の自己が、悪=カオスとすると、アストラルから分かれた→遊馬かっとビングと説明に符合するのがなんとも
143 ななしのよっしん
2014/04/09(水) 21:48:50 ID: bnNCRrt9Z5
96って、本体(ドン千)にそった考え方を、記憶をなくす前の本来のアストラルの物と信じ続けて、結局自分の正体知らないままで終わっちゃったんだよな
まあ、ナンバーズ反乱回の「破滅を望む自分がアストラルの一部だから、本来のアストラル世界の破滅を望んでいた」ってのは、ドン千アストラル世界(ついでに人間世界)の、アストラルバリアン世界の破滅を望んでたという点でどちらも合ってたけど
ナンバーズたちは実際はバリアン世界破滅だけど、96も自分の仲間と思ってたから封印解いて、だらだらしてるアストラルを乗っ取って使命を実行しようとしたんだろうな

ただ、最後の96戦でのとしての理想が、「最後に自分だけ残る」のはドン千寄りだけど、「個々の互いへの感情が悪意を生む」ってのがアストラル世界寄りで興味深い
144 ななしのよっしん
2014/04/20(日) 22:09:02 ID: tjRBrIdWPa
マッスル化したNo.96を見てると、マクロス7のガビルを思い出すw
これぞかっと美ング!
145 ななしのよっしん
2014/08/12(火) 00:14:45 ID: lZJuSCZyV4
なんだかんだこいつの正体やら幾つかの伏線やら上手い具合に回収できた感があるよな
146 ななしのよっしん
2014/10/04(土) 10:31:28 ID: vypc2Y2tWO
魔獣の懐柔で多少は出しやすくなったのかな
147 ななしのよっしん
2014/10/04(土) 10:42:07 ID: ZKLb8hHADX
懐柔はそのターンの特殊召喚に縛りがあるから直接No.96は出せないのだ
148 ななしのよっしん
2014/11/26(水) 18:49:43 ID: oRtQ2B0slh
正直、こいつは展開の都合でフェードアウトしてもおかしくない存在ではあったから、
そこをきちんと回収しに来たのにはちょっとびっくりした。

>>143
>個々の互いへの感情が悪意を生む
カオス化した自分を肯定してる時点で、カオスを認めたことにはなるんだけどな。
ただそれでも、ドン千との思想の違いは多少あったと思う。
そこら辺は、96になろうとしたけど、ドン千は元からだったってのもあるかもしれない。
149 ななしのよっしん
2015/06/18(木) 23:46:09 ID: DScRWBBrnX
こいつ個人的に好きなんだけど素材3体必要な所為ですんごい微妙なんだよなぁ
マリスボラスのWP出してくれよ…ゼアルOCGだと悪役ばっかり妙に弱いのはなんなん
150 ななしのよっしん
2015/07/23(木) 23:42:17 ID: UkS57V2tbG
実際マリスボラスは消費がデカすぎるもんな
リアルファイトにしてもアストラルを一度葬るほどの大役やったんだからもっと優遇してもいいだろ・・・

急上昇ワード