NSX単語

エヌエスエックス
1.9千文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

NSXとはホンダ(本田技研工業)スポーツカーである。

概要

ニュー」「スポーツカー」と未知数を表す「X」を合成させたNewSportsCarXの略である。

1989年プロトタイプモデル発表からしばらくは、NS-Xと、SとXの間にハイフンが入っていたが、1990年の販売開始時にはハイフンが取れて現在の名称となった。

NA1型/NA2型 (1990~2005年)

ホンダの第2期F1参戦を機に「世界に通用するHONDAの顔を持ちたい」との願いから開発されたであり、バブル景気絶頂期の1989年に発表され、翌1990年から2005年までの15年間の長きにわたってフルモデルチェンジを行うことなく製造及び販売がなされた。

価格は販売当初は1グレードのみの800万円(AT仕様60円高)で、当時の乗用車の中では最高額だった。

その後、良や装備の追加 等により徐々に値上がりし、900万-1,300万円台となっていた。

販売した15年間、いずれもスポーツカーとしては日本最高額を誇った。

最高時速は270km/hをえるといわれている(日本仕様180km/h制限されている)。

また当時、自動車として他に類を見ない世界初のオールアルミニウム製ボディーを採用した。

その特殊性から生産の工程は大規模工場などのロボットを使った流れ作業によらず、ほとんどを手作業で行っていた。

このような性質から、日本一のスーパーカーとも評され、内の同じ280PSクラススポーツカーライバルとは一線を画していた。

経年劣化や過酷な走行により傷んだ車両メーカーによってリフレッシュする「リフレッシュプラン」なるサービスが行われている。

上記のサービスはNSXオーナー(新中古問わず)であればでも受けられるが、過度の改造が行われている場合、サービス範囲外となり入庫を受け付けられない。

次期モデル

当初、2003年に発表したコンセプトカーHSC」をベースに、2010年を販売標として開発が進められていたが、リーマンショックによる急速な気後退により、開発が中止された。このときのマシンは、SUPER GTGT500レースマシンHSV-010 GT」へと転用された。

その後、2011年から別の形で開発を再開、2012年1月に「NSXコンセプト」として、モーターを併用したハイブリッドカーの形で発表された。ホンダ2015年までに完成、販売することを明言した。そして2014年からコンセプトモデルという名ではあるが先行でSUPER GTGT500車両としてNSXが復活している。

2代目・NC1型(2016年~)

世界的な不況や開発の難航によりたびたび発売が延期されていた2代目モデルだが、2015年についに正式発表され、アキュラブランド2016年から生産が開始。北市場で先行発売となり、日本での納車は17年頃となる見込み。定価は2370万と、限定生産を除いて日本最高額となり、並み居る外スーパーカーに並ぶほど価格もスーパーになった。

エンジンコスワースと共同開発した3.5LV6DOHCツインターボを搭載し、モーターと合わせたハイブリッドシステム最大580以上を発揮する。駆動方式はミッドシップ4WD
サイズは初代にべ全長・全幅・ホイールベースは拡大されたものの、全高は低められている。ボディはアルミニウムを基本に、ルーフなどにカーボンが使用され軽量化が図られている。

また4WDをオミットしてMR化・ノンハイブリッド化されたNSXがGT3として改造され、北耐久レースに投入されている。販部品を多く用いながらも、高いパフォーマンスを発揮していると好評である。SUPER GTGT300にも参戦しており、2019年にはARTAチームチャンピオンを獲得している。

SUPER GTGT500にも2017年からMR仕様で参戦。2018年にはチーム山本/ジェンソン・バトン組がチャンピオンを獲得。2020年からはGT500クラス1準拠としてFRに統一されたため、NSXもFR化の上で参戦継続2020年にやはりチーム山本/牧野組がチャンピオンを獲得した。

2021年8月3日2代目NSXは2022年12月生産・販売終了となることが発表された。最終モデルとして「タイプS」を世界350台限定で販売することも同時にアナウンスされている。

NSXの関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/nsx

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

NSX

109 ななしのよっしん
2018/06/25(月) 21:50:28 ID: df4aacvJAq
ガセですね
110
2018/09/09(日) 10:04:40 ID: +Q3OkZPB6U
フルアルミフレーム
よりはるかやわらかいアルミの補強で筋かいがド汚いレベルで杯ってるんだよねあれ。
それでも普通フレームよりやわくてクラッシュ炎上時はガチ棺桶じゃねぇかとフレーム見るたび怖いと思ったなぁ。
111 ななしのよっしん
2018/12/01(土) 11:55:19 ID: 5UOvLFljtn
MC後のNSX、外見の変更は小さなものだけど大分変わるね。前のメッキグリルも好きだけど、今の方がスーパーカーっぽくてかっこいいね
112 ななしのよっしん
2019/05/02(木) 09:13:45 ID: D/xToS7KpL
どうしても以前のNSXの正当進化系がほしければR8という選択肢がある
113 ななしのよっしん
2019/06/17(月) 08:08:03 ID: QgERCJxip5
少し前にフェラーリがラ・フェラーリ以来のハイブリッド車を発表したけど、「2代目NSX真似」って言われてて
114 ななしのよっしん
2021/08/03(火) 09:57:24 ID: nTQ3pNJit+
現行モデル2022年12月に生産終了するらしい
S660に続きNSXも消えるとか悲しすぐる
115 ななしのよっしん
2021/08/03(火) 15:03:25 ID: 7JbcnQcSHj
まぁ半端だったよNCは。
と並べたらどうしたって迫に欠けるし、
走りでいけば1000万安いGT-Rと良くてどっこいか。
名の知れた古参ビデオマガジン系の評価も散々で、
逆にベタ褒めしてたのは名前も聞いた事ないような評論家ばっかりだったのも、
まぁ気の毒気の毒だけど印が悪くなった。
プロドライバー達が口をえて「加速は良かった」しか言わなかったりとかね……

……で、GT3とSGTはどうするんですかね。F1に続いて撤退っすかね。
それともまたよく分からんコンセプトカー出すんだろうか
116 ななしのよっしん
2021/08/04(水) 15:16:26 ID: 3CF7lKm3+J
好きな人には悪いけど、やっぱり初期のV10が色々迷走してポシャッた時点で中止するべきだったんじゃねぇかな…
性はLFAに劣り、走りではGT-Rに劣る、各部質感は同価格帯のライバルべられるモノじゃなくて過去ホンダスポーツイメージとは逆と何もかも中途半端。
しかもカーボンニュートラルを命題F1撤退する中、非HVR35より先に消えるという皮よ。
タラレバだけどいっその事EVで出していれば今のテスラの顧客層食えてたんじゃい?
長年FCVやってた以上電動のノウハウはあっただろうに…
とにかく初代の栄を背負った上で新時代のスーパースポーツ体験を引っ提げて登場した割には中途半端だったとしか思えない(´・ω・`)
117 ななしのよっしん
2021/08/30(月) 12:48:01 ID: 5UOvLFljtn
2代目NSX、色々言われてるけどかっこいいし好きだよ
正直日本メーカーでパッと見たときスーパーカーだなって感じるのはこのくらいだと思ってる
やっぱりミッドシップの特別感ってすごい
ハイブリッドってのもしいし
118 ななしのよっしん
2021/09/03(金) 05:16:44 ID: mXp0qQsczg
電動化の時代だからこそV10やっとけば価値があったよなぁ
タイプSの顔でミッドシップV10だったらLFAの逸話を脅かす一のスーパーカーになってたと思う

急上昇ワード改