NyahaXKai2単語

ニャハエックスカイツー

よし。あれやるぞ。

概要

長いこと存在を知られていなかった、同人シューティングゲーム傑作である。

よく間違えられるが、Bio_100%の作ったNyahaXとは関係はない。

コミケ同人シューティング買ってきた放送にて、はじめはそのパッケージタイトル画面、フォント手書き文字、画面の配色やチープさからクソゲーとして期待されたが、実際にクソゲーだった。しかしシステムを理解してくると非常によくできていることに気づき、徐々にみんなの評価が変わってきた。

「敵の攻撃が理不尽です」と作者ページにあるように、Easy(前途多難)でもかなりの難易度があり、まさに前途多難である。知らないと避けられないという初見殺し系の攻撃が多々あり、それが難易度の高さに拍をかけている。クリアにはイージーでも多少のやりこみが必要である。それと操作ボタンが非常に多く、武器切り替えに使う特殊ボタン2種含む7ボタン同人ゲームの中でも最多の部類に入るだろう。特殊ボタンを使わなくともできるが、後半ステージでは時の武器切り替えによる判断がめられるのでどのみち必要となるだろう。

ゲームを開始すると、まず「さて、そろそろカルトか。」と会話シーンが始まる。「よし。あれやるぞ。」や「バカロウ!これやらないと締まらないだろう」など、プレイヤーを置いてけぼりにする会話は何を言ってるのかわからないという意味で見るたびに味が出てくるだろう。ストーリーや会話シーンシリアスなのだが、時々おかしいところがある。「YOU ARE NOT MY MATCH!」など意味がわからないようでわかるセリフが非常によい。「GO TO HELL!地獄行きだ!」などと言われても非常に困る(おが)。

ブレードのある機体では、ブレードを切る三段階でブーストボタンを押すとブレードを射出できるなど、最近ではマニュアルにない操作があることも判明してきた。また、5面の同機対決では、敵のブレードに対しブレードを当てるとはじくことができるなど、各所作者異常なこだわりが垣間見える。またそのこだわりは機体紹介やキャラクタ紹介でも設定の細かさが伺える。

特筆すべきことはゆずひこ先生によるBGMである。特に3面ボスでは少女キャラゆずひこ先生BGM+演出で全員を虜にした。体験版でも3面までいけるので、みんなラフィーたんに会いに行こう。

http://www13.plala.or.jp/nyaha/Nyaha/exit

々は偉大なるこのゲームに対し敬意を払わなくてはならない。

関連動画

 

業務失敗!
時間切り!

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/nyahaxkai2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

NyahaXKai2

1 ななしのよっしん
2019/02/02(土) 11:24:51 ID: 1qn3xSGXiJ
作者の移転先
https://blog.goo.ne.jp/nwzweiexit
新作はまだかのぅ

急上昇ワード