OPS単語

オプス
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

OPSとは、出塁率長打率を足し合わせた野球標である。On-base Plus Slugging(出塁+長打)の略。

概要

打者の評価を表すものとして、打率打点本塁打、という三つの標が長く使われてきた。
しかし、打者の残す数字は
打席、打数、得点安打二塁打三塁打本塁打打点四球死球犠打犠飛三振併殺、と多岐にわたり、
そのうち、打率は打数と安打本塁打本塁打のみしか表わさず、打点は打者ごとに機会がバラつき、な評価が出来ないという、大きな欠点があった。
特に、四球に関しては、旧来の標では全くと言っていいほど考慮されず、むしろ四球を選ぶほど、打数が減り、本塁打打点が減るという傾向まであった。

そこで考案されたのがOPSで、名前の通り出塁率長打率を足し合わせたものである。その有用性については、以下の表でなんとなく分かるように思う。

四球 死球 単打 二塁打 三塁打 本塁打
打率 1 1 1 1 ÷ 打数
出塁率 1 1 1 1 1 1 ÷ (打数+四球+死球+犠飛)
長打率 1 2 3 4 ÷ 打数
OPS 1 1 2+a 3+2a 4+3a 5+4a ÷ (打数+四球+死球+犠飛)
(a = (四球+死球+犠飛) / 打数 ≒ 0)

つまり、旧来の標では表すことができなかった二塁打三塁打四球が考慮されるようになり、打者の実をより適切に判断することができるようになったのである。

そのOPSの基準については、0.8で均よりやや上の打者、0.9を上回れば優秀な打者、1をえれば球界を代表する強打者、となっていたこともあるが、年代によって投手有利、打者有利とプレー環境が一定しないことも考慮されたい。シーズンリーグの違う選手同士を較する場合は、リーグ均からの傑出度を測るOPS+が考案されている。

OPSの問題点

論のこと、OPSも万標ではなく、一概にOPSの高低で全ての打者のを測れるわけではない。

例えば、OPS自体は単純に出塁率長打率を足し合わせたものだが、出塁率はどんなに優秀な打者でも5割えることはまずいのに対して、長打率本塁打王クラスとなると6割をえることもしくはない(例えば、2010年セ・リーグ最高出塁率と最高長打率はともに中日和田一浩だが、出塁率.437に対して長打率は.624である)。後述するがOPSでは出塁率が過小評価されている問題があり、出塁率が高いが長打率が低いリードオフマンタイプよりも、長打を多く放つ長距離打者の方がOPSの上では有利となってしまう。

また、走塁が軽視されているという摘も多い。二塁打三塁打を放つ上では走は重要な要素であるため、長打率が走を全く反映していないわけではない。が、少なくとも盗塁、出塁後の走塁は全く考慮されないので、やはりOPSにおいては長打べて走塁の占めるウェイトは低いと言える。

他、OPSは単純な足し算であるため、OPSの数字だけでは出塁率の高い打者なのか、長打率の高い打者なのかが解らないという問題もある。例えば2010年青木宣親(OPS.944)とアレックス・ラミレス(OPS.951)では、青木出塁率.435長打率.509に対し、ラミレス出塁率.338長打率.613でどちらも1割の差があるにもかかわらず、OPSではほとんど同じ数字になってしまう。以上のような問題点があるため、アメリカでは打率/出塁率/長打率をスラッシュで区切って併記しており、そのことからそれら3つの標は「スラッシュラ」と呼ばれ、打率本塁打打点にかわる打撃三冠として評価されている。

上記のようにOPSでは出塁率の占めるウェイトがやや過小評価されている問題があり、出塁率長打率を単純に足すのではなく、出塁率の3倍と長打率を足したNOIという標も考案されたことがある。

近年は、それらの問題点をし更に細分化した、wOBA、wRC+といった標がセイバーメトリクス世界では流となっているが、それらは計算が複雑で把握が困難なため、フロントマニアだけが理解していれば充分だと捉える人もいる。それに対してOPSは算出が容易でありながらも、チーム得点との高い相関係数を現していることから、較的簡単に打者の実読み取れる総合標として、一般層に定着させられる限界ギリギリのレベルであるともいえるだろう。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/ops

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

OPS

75 ななしのよっしん
2020/03/24(火) 17:07:26 ID: kzE0FEBdZk
打撃評価はもうwRAAwRC+でほぼ璧ってくらい完成してるからな
OPSを使う理由ってあんまり
76 ななしのよっしん
2020/04/16(木) 17:23:19 ID: jMqrJ4pmD8
よく野球を見る人間からすればOPSWHIPぐらいは解って当然だけど、定着するまで結構時間掛かった印あるし
その上熱心なファン以外からすれば今でも「何それ?」レベルだからなぁ
そういう意味でセイバーメトリクスはいくら優れた標であっても雇用側(や選手側、それと一部のマニア)さえ解っていればいいから、一般層にまで広げていけるのはこの辺が限界なんだろうなぁという感はある
OPSを使う理由を敢えて挙げるとするならね
77 ななしのよっしん
2020/04/17(金) 17:31:13 ID: M8prVmjtu9
フロントマニアからすればOPSはもう時代遅れというか
他に有用な標があるのに計算が分かりやすい以外特に利点のないそれを敢えて使う理由がないからなぁ
ネット時代の普通野球ファンOPSて感じ
使う理由をあげるならやはり計算が分かりやすい、これに尽きる
というかOPSはある程度打示すものとしてまだ使えるがWHIPはむしろセイバー的には選手評価としてはよろしくない扱いになっているので広まらない方がいいんじゃないかな
あれを利用するなら防御率の方がまだマシというレベルの扱いなんで。
78 ななしのよっしん
2020/04/17(金) 17:59:59 ID: 66+z5e+z21
>>76は「もっと優れた標があるのは周知だからフロントマニアはそっち使えばいい」「OPSWHIPぐらい古いセイバーじゃないと詳しくない層にまでは浸透しない」と言っていて、>>77はそれをより詳細に追解説してる感じかな
セイバーメトリクスとしては古くさいOPSを敢えて使う理由(>>76標としていくら優れていても今更定着させるのは難しい)(>>77、計算がめっちゃ簡単)には両者一理あるな
79 ななしのよっしん
2020/04/17(金) 18:04:55 ID: 66+z5e+z21
WHIPは単体だと劇場投手判定ぐらいにしか使えないからイマイチ有用性に欠けるのは事実だけど、MLB公式サイトの成績欄にしっかり記載されちゃってるから広まらない方がいいって部分に関してはもう手遅れだろうな
80 ななしのよっしん
2020/07/19(日) 22:50:41 ID: EXYkgF6U6G
OPS.800がやや優秀な打者とか言われるがこれ日本だと.750が妥当じゃないかなって思うんだよな
去年の規定打席乗ってOPS.800越えたら両リーグで10人ずつとかそんな感じだし
81 ななしのよっしん
2020/08/09(日) 17:38:57 ID: f7HLxKXJsi
OPS(おブス)
82 ななしのよっしん
2020/08/21(金) 06:52:07 ID: VSbTuMZ+r4
>>80
NPB選手の成績を加味すると
.750:やや優秀。少なくとも貧打ではない
.800〜.850:クリーンナップが打てる
.900〜:リーグベスト5に入る打者
1.00〜:リーグ最上クラスの打者(柳田鈴木誠也など)
こんなところじゃないか。
83 ななしのよっしん
2020/08/22(土) 17:47:16 ID: M8prVmjtu9
うーん、幅が結構大きい分、中軸打つには.800ちょい程度では厳しい気がしますけどね。
まあ…むしろ今の時代に中軸って概念自体必要かって感じがするというか
統計的には1・2・4番が重要みたいだし、そもそもNPBの一部のように、打席が沢山回る1・2番を軽視するのがありえないというか。
もっといえば規定打席とかよりもwRAAやoWARなど、打席でくくるのでなく実質的な年間貢献で見た方が間違いなく良いって話になるし。
OPS.8も両リーグで13~4人ずつだからそこまで希少な存在とはいえないと思うしやや優秀に違いないのでは?
かなり古い発表で現代で使えるか不明だけど、ジェームズも.7中盤から.8中盤辺りを良判定としていた
84 ななしのよっしん
2020/11/21(土) 23:11:40 ID: zCg9czS9KC
打者=OPS.800は統一球前の感覚だと思う特にラビット全盛期
11~12統一球全盛期抜きにしても、近年はプロ野球歴史でも打低よりの時代だから
基準にズレがあるのは仕方ない

急上昇ワード改