P-8単語

ピーエイト
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

P-8A ポセイドンとは、アメリカで開発された機である。

概要[1]

アメリカ海軍P-3C更新するために開発された。ボーイング737 800-ERの胴体に新しいを組み合わせている。アメリカ海軍向けの確定している調達予定数109機。

センサーは機首にAPY-10マルチモードレーダー、機首下面にMX-20HD兼用デジタル電子学/赤外線マルチスペクトルセンサーを装備。米海軍のP-8は低高度に降下しての潜水艦探知はMQ-4Cトライトンに任せるためMAD(磁気探知デバイス)は装備していないが、逆にトライトンとのペアを想定していないインド向けのP-8IにはMADが装備される。

乗員はパイロット3名の他にミッションクルー6名が搭乗する。

ソノブイの搭載総数はP-3C84本に対して129本と増加している。武装は胴体下面のウェポンベイにMk54短魚雷3本を搭載できる他、に左右2箇所ずつあるハードポイントAGM-84Lハープーン対艦ミサイルAGM-84K SLAM-ER対地ミサイルクイックストライク機等を装備出来る。

その他[2]

P-8はP-3Cと同様に、洋上で10時間滞できるが、ジェットエンジンを搭載しているので巡航高度及び速度が高い。このため海底設置ソナーで感知した敵の潜水艦の推定位置に、ターボプロップ機よりも速く到達し、同じ時間でより広い範囲を捜索できる。

インドアメリカでのP-8開発が終了した2009年に商談をまとめて8機を発注した。2015年に8機が引き渡されたが、インドは機体を気に入ったのか、2013年にさらに4機を追加で発注している。

関連動画

関連項目

脚注

  1. *「P-8Aポセイドン&MQ-4Cトライトン」 石川潤一 軍事研究2014年11月
  2. *日本兵器世界を救う」 兵頭二十八 徳間書店 2017

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/p-8

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

P-8

1 ななしのよっしん
2015/01/18(日) 15:27:57 ID: 2MgEQI7eTL
敵の探知を無人機が担当ってことはこっちは武装輸送担当?
無人機が見つけて現場に急行とか遅すぎるだろうから同時に飛ばすんだろうけどそれって結構駄なんじゃあ・・・?
2 ななしのよっしん
2015/01/31(土) 15:52:02 ID: EIblbhlHfC
無人機MQ-4Cを使う理由は
・従来の方式よりも大幅に優れているから採用した
P-8の出来がカスだったので、それを誤魔化す為
のどちらなのか、未だにハッキリしないのよね。

まあ同盟機がだと正直困るので、
上手く行って欲しいところではあるんだけども。
3 ななしのよっしん
2015/02/03(火) 21:06:06 ID: fyhvMCs7g2
無人機はソノブイ搭載できるわけじゃないんだろ?
センサー中が見通せるわけじゃねーんだから対潜の役に立つのか?
まあ上監視ならできるだろうけど
ていうかMQ-4Cってグローバルホークが元だけどこいつU-2みたく高高度飛行に特化した機体だから低高度には下がらないんじゃないの
4 ななしのよっしん
2015/02/03(火) 21:12:46 ID: IhV1D1gZpd
ドローンは磁気探知&上監視担当、P-8はソノブイ&攻撃担当ってことなんでしょ
世界規模の米軍ネットワークにつながることを前提に作られた機体

まあだからこそP-1海外販売にワンチャンあるかも、なんていう与太が流れる余地がある訳で
5 ななしのよっしん
2015/02/09(月) 00:40:47 ID: H3eHhwVYyi
インド向け輸出P-8IネプチューンMADも搭載するらしいね
6 ななしのよっしん
2015/02/18(水) 20:52:33 ID: ZeulXbWzBm
低高度に降下してのトリトンじゃなくてスキャンイーグル改造したマグイーグルなるものが担当するのだが....
http://www.boeing.com/advertising/bma/se/se_01.htmlexit
7 ななしのよっしん
2015/03/07(土) 03:16:54 ID: dXWG2qOw4x
アメリカは全体的に有人機をUAVドローンの管制機にするのが流行り
AH-64EもUAV管制機を付加してるし
8 ななしのよっしん
2015/06/20(土) 08:18:50 ID: 9m8v1rbNIz
低高度飛行すると燃費が極端に悪化する。P-3と同じパターンを飛行できない。もとの737は現用旅客機として考えるなら異常に頑丈で、急降下、急上昇に耐えられるはずが重量過で機としては敏捷ではない飛行機になっちゃった。エンジン2発なんで電気容量的に厳しい。旅客機が大本の2発なんで戦闘損傷前提の1発飛行は厳しい。
と、色々問題はあるけど、巡航速度速さはものすごい武器。戦闘機には追随するのが難しい高速巡航なんで(戦闘機旅客機の巡航速度で飛ぶと極端に燃費が悪化する)、南沙をするポセイドンに対応する中国空海軍の戦闘機にはものすごい負担になってる。
9 ななしのよっしん
2016/09/26(月) 10:32:39 ID: q9y2+F3VAe
多分この方式の一番の狙いは、生存性と継戦の向上なんだろうな。
もし子機が撃墜されたとしても無人機であるため人的損くて済むし、P-8自体は最前線からできるだけ離れた場所で飛行できる(ソノブイ落とすときだけは出張らないといけないけど)から乗員の安全性も上がる。
それに子機か親機のどちらかが燃料切れになったとしても他の子機か親機が引き継ぐことによって、不通に交代するよりも隙がい。

アメリカらしい、兵員の保護を最優先に考えた兵器といえる。
10 ななしのよっしん
2020/02/11(火) 19:19:27 ID: k6LbUUouDA
現状ファイアイズ以外はNATO同盟ですらモンキーモデル前提だからね。

F22の時のように勝手に期待して失敗することもあり得た

急上昇ワード

2020/04/06(月)01時更新

おすすめトレンド