P-MODEL単語

ピーモデル

P-MODEL は、日本における代表的なニューウェーブテクノポップバンドの一つ。

概要

プログレッシブ・ロックバンドマンドレイク」を体として1979年1月1日に結成。結成時のメンバーは、マンドレイクから平沢進田中靖美田井中貞利の3名、そして彼らのファンであった秋山勝彦が迎え入れられた。

同年7月25日ワーナーパイオニアからシングル盤「美術館で会った人だろ」でメジャーデビュー、続いて8月25日ファーストアルバム「IN A MODEL ROOM」発売。

ポップな電子音によって演奏されるパンクロックと、ピンク色を多用したアートワークステージにおける奇矯な振る舞いなどが話題となり、ヒカシュープラスチックスと共に「テクノポップ御三家」と呼ばれ、1980年テクノポップブームの一を担う存在となる。

加熱するブームへの危機感から、81年のサードアルバム「Potpourri」では、リバーブの深い湿った音を使い、アンチテクノポップ的な態度を表明。以降、88年の活動凍結まで、テクノポップ的な音作りからは全に離れることになる。

1991年に活動再開(「解凍」)。凍結前からは一転し、テクノポップを前面に押し出して積極的な活動を行う。1993年に活動を一時休止、再開(「訂」)後の1995年アルバム「舟」以降の音は、同時期の平沢進によるソロ作品に近い、アジアバロックを想起させるようなものとなっている。

メンバー変遷

P-MODELはメンバー入れ替わりしいバンドである。1986年頃の中野加入時には、雑誌インタビューの見出しに「またメンバー交代だ!」とかかれたくらいである。実際、21年間の活動でメンバーとしてかかわった人物は、延べ15人(+バーチャルドラマー1人)にもおよぶ。

MANDRAKE-マンドレイク(1973~1978)

平沢進(G)と安部文泰(Vo&Vln)の呼びかけで集まった田中靖美Bs)と田井中貞利Drs)をメンバーとして結成。(この際、田井中以外の全員ギター希望し、熾ギターバトルの末の各人のパート確定であったという。)

Gt Syn Vo Vo Vln Bs Drs
平沢進 安部文泰 田中靖美 田井中貞利


当初はブラックサバスのコピーからスタートしたHRバンドであったが、最初のオリジナル曲錯乱」作成時に安部ヴァイオリンを持ち込んだ事からプログレに移行した。

しかし、キング・クリムゾンの「太陽と戦慄」が出たばかりのこの時期の日本にその音楽性はすぎたのか、立教大学大学祭で「錯乱」が初演奏された際には、「ステージゴミ箱が投げ込まれて演奏中断に追い込まれた」等のエピソードで知られるように、長らく不遇をかこつこととなった。

その後、安部の脱退に伴って平沢ヴォーカルを兼務するようになると同時に、田中キーボードパート変更、いたベース平沢と同じ東京デザイナー学院の生徒であった 関美を加えるも、卒業と同時に脱退し、阿久津がP-MODEL結成までベースを担当した。

Gt Syn Vo Syn Bs Drs
平沢進 田中靖美 美>阿久津 田井中貞利


以後もMANDRAKEの不遇の時代は続き、末期にはレコード化の話もあったというが日本におけるプログレというジャンル限界を感じていた平沢の意向もあって、やがて路線変更と共にP-MODELへとバンドは名称変更する事になるが、この際、プログレへの執着もあって阿久津が脱退した。

結局レコード等は発売されることくP-MODEL移行となったのだが、後にMANDRAKE時代のプログレ楽曲は『アンリリースト・マテリアルズ VOL.1 』『VOL.2』として当時のライブ+再録という形でリリースされる事となった。

 

1期(1979.01~1980.11)

マンドレイク時代の後期からレパートリーとして演奏されていた「美術館で会った人だろ」「ルームランナー」などを引っ提げ、当時プラスチックスに在籍していた佐久間正英のプロデュースデビューコンビはすぐに解消)。アイドル的な人気も博し、テクノポップブームの波と共に一躍大ブレイクを果たす。

Gt Syn Vo Syn Bs Syn Vo Drs
平沢進 田中靖美 秋山勝彦 田井中貞利

2期(1980.11~1983.03)

ベース秋山が脱退し(本人は「調子ぶっこいて、いい気になりすぎてクビになった」とっている)、後釜に菊池が加入する。この頃からブームの加熱に危機感を覚えて方向を大きく転換。地方演では数十人しか観客が集まらないという事態に。

Gt Syn Vo Key Bs Drs
平沢進 田中靖美 菊地達也 田井中貞利

3期(1983.03~1984.08)

平沢の「右腕」であり、才を高く買っていた田中が「音楽的なアイディアが出てこなくなった」との理由から脱退。後任に熱狂的なP-MODELのファンであった三浦が加入する。以降は平沢が中心となり、半ばワンマンバンドとして進んでいくこととなる。

Gt Syn Vo Key Bs Drs
平沢進 三浦俊一 菊地達也 田井中貞利

4期(1984.08~1984.12)

ベース菊池が脱退し、ニューウェーブバンド4-D」のメンバーである横川が加入する。アルバムANOTHER GAME」が数度の発売延期を重ねたことに苛立ち、当時所属していた徳間ジャパンとの契約を解消。宝島社から「カセットブック」という新しい形式でアルバムSCUBA」がリリースされた(この作品は平沢ソロに近く、P-MODELのメンバーでは三浦が参加しているのみである)。

Gt Vo Key Bs Vin Vo Drs
平沢進 三浦俊一 横川理彦 田井中貞利

5期(1985.01~1985.12)

マンドレイク時代から在籍していた古田井中が脱退し、またもやP-MODELのファンから荒木が加入。

Gt Vo Key Bs Vin Vo Drs
平沢進 三浦俊一 横川理彦 荒木

6期(1986.01~1987.03)

横川三浦って脱退し、後任に中野高橋が加入。両者もP-MODELのファンであり、ライブでは裏方も担当していたことがある。

Gt Vo Systems Bs Key Vo Drs Etc..
平沢進 高橋芳一 中野照夫 荒木


7期(1987.03~1987.10)

荒木脱退。田井中が3年振りに復帰する。

Gt Vo Systems Bs Key Vo Drs
平沢進 高橋芳一 中野照夫 田井中貞利

8期(1987.10~1988.12→氷河期突入

高橋が脱退、ことぶきが加入。この時期「モンスター」という題名のアルバムリリースする予定であり、ライブで楽曲も演奏されていたものの、レコード会社との契約まらずにお蔵入りとなる。1988年12月28日渋谷CLUB QUATTROでの演をもって「凍結」と銘打ち活動を休止した。

Gt Vo Key Bs Key Vo Drs
平沢進 ことぶき光 中野照夫 田井中貞利

9期(解凍→1991.09~1993.10→改訂・待機)

1991年9月23日、日野外音楽堂での演で「解凍」。秋山が復帰し、当時所属していた事務所後輩「The Groovers」のドラムス藤井が加入。テクノポップを前面に出した音楽性を展開した。1993年10月11日の日野外音楽演をもって「待機」。

Gt Vo Key Vo Syn Vo Drs
平沢進 ことぶき光 秋山勝彦 藤井ヤスチカ

10期(改訂・完了→1994.12~1997.4)

平沢以外のメンバーを全て刷新し、福間・小西・上領の3名が加入する。この時期から「インターネット」が活動のキーワードとなり、歌詞中にもそのようなワードが頻出する。1996年末には当時所属していた事務所トラブルが起きる、明けた1997年初頭には平沢が急病で活動を休止するなど、数々のハプニングがあった。

Gt Syn Vo System-1 System-2 ArgoRhythm
平沢進 福間創 小西 上領

11期(1997.4~2000.12→培養期突入)

平沢が個人事務所を設立し、色々な関係から上領が脱退。このことで実質3名となるが、ライブにおけるヴァーチャルドラマーとして「TAINACO」が加入。「I」II」「E(エンハンスト)」の3タイプが存在し、最終形態の「E」は田井中写真サンプリングしたものとなった。1999年にはMP3の登場により、インターネットでの楽曲配信をプロミュージシャンでは初めて開始した。

2000年に「培養」を発表し、これ以降はP-MODELとして活動を行っていない。

Gt Syn Vo System-1 System-2 Drs
平沢進 福間創 小西 TAINACO

作品

スタジオアルバム

  1. IN A MODEL ROOM
    (1978/8/25ワーナーパイオニア)
  2. LANDSALE
    (1980/4/25ワーナーパイオニア)
  3. Potpourri
    (1981/3/25ワーナーパイオニア)
  4. Perspective
    (1982/3/1、ジャパンレコード)
  5. ANOTHER GAME
    (1984/2/25ジャパンレコード)
  6. KARKADOR
    (1985/10/25アルファレコード/EDGE)
  7. ONE PATTERN
    (1986/7/25アルファレコード/EDGE)
  8. P-MODEL
    (1992/2/26、ポリドール)
  9. big body
    (1993/3/25、ポリドール)

  10. (1995/12/10、日本コロムビア)
  11. 電子悲劇/~ENOLA
    (1997/11/29、日本コロムビア)
  12. 音楽産業廃棄物〜P-MODEL OR DIE
    (1999/9/1(配信)・1999/9/22CD)、マグネット/TESLAKITE)

関連動画

下:平沢進(Vo&G)ことぶき光(Key)秋山勝彦(B)田井中貞利(Dr)荒木(Dr)。1990年9月23日

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/p-model

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

P-MODEL

75 ななしのよっしん
2018/05/23(水) 01:48:19 ID: 4VucU1ilGg
P is a Psycoid.
76 ななしのよっしん
2018/08/31(金) 21:21:52 ID: xaNSLIoLGX
マジレスすると、p-model の由来は平沢進音楽産業製品としてこれから生産されるという意味で番をイメージしてmodelを、pは自分たちに最もふさわしいアルファベットを探してpになったとyoutubeインタビューであがってたよ。
77 ななしのよっしん
2018/09/18(火) 20:54:30 ID: d7Hh0dBAlC
Monsters a go go が聴きたいんだけれども三界の人体地図にしか入ってないの?
78 ななしのよっしん
2018/09/18(火) 21:50:16 ID: 3KxLfIIVxa
>>77
太陽系種音には入ってるよーと書こうとしてめて解説読んだら、
作詞作曲した中野テルヲが参加してたバンドで、歌詞を変えて発表されてるのね。
参考:
http://www010.upp.so-net.ne.jp/tatsuroo/disco/lonvac.htmexit
79 ななしのよっしん
2018/10/01(月) 14:46:26 ID: ZXHacU2yML
http://moderoom.fascination.co.jp/modules/mydownloads/viewcat.php?cid=6exit
ここのライブデータをみたら結構地方の放送局でライブの様子が放送されてたみたいだけど、音残ってないのかな?
80 ななしのよっしん
2018/10/09(火) 23:25:45 ID: Nt38ZIleAw
解凍P-MODELSPEED TUBEやBIG BODY、P-MODEL論理空軍とかの音楽産業廃棄物なのは知ってるんだが、間の舟やENOLAはどっちになるの?
81 ななしのよっしん
2018/12/31(月) 19:58:12 ID: bb/2L0dVWq
>>80
訂だよ。
ちなみに舟までは(ていうか舟だけだけど)ドラムソフトバレエ等にサポートで参加していた上領さんが在籍していたよ。当時のライブビデオクリック音並みの正確なドラミングを披露しているよ。去年の平沢ソロ演、第九曼荼羅の東京演でもドラムいていたよ。
82 ななしのよっしん
2018/12/31(月) 20:04:15 ID: bb/2L0dVWq
少しいけど、MANDRAKE解散&P-MODEL結成40周年おめでとう
2019年還弦主義みたいなイベントはないかもしれない(平沢ソロはでるそうな。)けど、核P-MODEL含めて今後の平沢、各メンバーの動向に注やね。平沢はやりたがってないけど、他のメンバーによるイベントはあるかもしれないから楽しみな一年になりそうね。
83 ななしのよっしん
2019/04/30(火) 23:04:10 ID: ZXHacU2yML
sm35042065
凍結ライブフルで上がってるぞ
84 ななしのよっしん
2019/04/30(火) 23:06:15 ID: ZXHacU2yML
>>sm35042065exit_nicovideo

急上昇ワード

2019/10/14(月)13時更新