PFP単語

33件
パウンドフォーパウンド
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

PFP(パウンド・フォー・パウンド)またはP4Pとは、格闘技において全階級で体重差のハンデがない場合、最強であるかを称号である。

概要

元々は伝説ボクサーシュガー・レイ・ロビンソンexitを称賛するために生まれた言葉である。

例えばマイク・タイソンエメリヤーエンコ・ヒョードルがPFPであるとしたら、その選手の競技の中でのPFPとすことが多い。

主にPFPと称される選手

ボクシング

総合格闘技

関連動画

ボクシング

総合格闘技

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

PFP

26 ななしのよっしん
2020/07/03(金) 15:12:38 ID: E9xScMPEUB
>>25
ヒョードルプライドでは最重量級だったけど、UFCの階級ではライトヘビー級の体重だからではないでしょうか。
ジョゼアルドの名前があるのが懐かしい。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
27 ななしのよっしん
2020/09/11(金) 01:49:47 ID: zOISY0CQ/t
べること自体変かもだけど
全盛期吉と今の井上尚弥だったら
どっちが強いんだろうか?
👍
高評価
0
👎
低評価
0
28 ななしのよっしん
2020/11/05(木) 15:10:13 ID: iatf3/VLpm
嫌な言い方をするなら、階級やレギレーションが違うか余程の突然変異でない限り昔のトップ選手は今のトップ選手に勝てない。当時と今じゃ蓄積された情報の質と量が桁違いだからね。競技自体の技術はもちろんトレーニング具に関わる理論も、格闘技で大事なとこだと医療技術だってそう。
こればっかりはスポーツって営みの仕様上どうしようもないのでパフォーマンスでの単純較は意味。
どっちかが20年くor遅く生まれてたらって考えるのは面そうだけど
👍
高評価
0
👎
低評価
0
29 ななしのよっしん
2021/01/14(木) 03:45:09 ID: GGBje6hmxO
当時の技術理論では止めることができなかったってのもあるかな

他には犯罪を成し遂げた犯人なども
例えばジャック・ザ・リッパーなんか現代だとあっさり逮捕という可性もあるわけだ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
30 ななしのよっしん
2021/06/02(水) 22:32:01 ID: eHln7+Gh7f
こんな所でも名前テレンスクロフォード

現代ボクシングPFPダントツでこの人だと思うんだけどな
個人的にはカネロ井上よりもさらに1段上のレベルにあると思う
👍
高評価
0
👎
低評価
0
31 ななしのよっしん
2022/06/08(水) 18:12:36 ID: vmyUuYmjAt
ロペス素晴らしいボクサーだが
正直ミニマム級の層の薄さを考えるとどうなんだろうな

せめてフライ級ならもっと評価が高かったかもしれない
👍
高評価
0
👎
低評価
0
32 ななしのよっしん
2022/06/11(土) 20:27:20 ID: iatf3/VLpm
上手いこと横並びの群雄割拠状態でタイミングも良かったとはいえ、日本人トップに立つのをこので見られるとは
井上尚弥が幾ら強いったって流石夢物語だと思ってた
👍
高評価
0
👎
低評価
0
33 ななしのよっしん
2022/06/13(月) 09:09:30 ID: ZCdqL57SNF
>>30
に試合結果だけで計算するboxrecのPFPだとさすがに順位は上がる(僅差の2位

01 Saul Alvarez 507.1 super middle
02 Terence Crawford 486.2 welter
03 Dmitrii Bivol 469.5 light heavy
04 Tyson Fury 449.0 heavy
05 Oleksandr Usyk 429.8 heavy
06 Errol Spence Jr 302.0 welter
07 Gennadiy Golovkin 225.7 middle
08 Naoya Inoue 218.8 bantam
09 Deontay Wilder 207.6 heavy
10 Shakur Stevenson 204.5 super feather
👍
高評価
0
👎
低評価
0
34 ななしのよっしん
2022/06/14(火) 16:53:51 ID: ZCdqL57SNF
boxrec計算のランキングから「モハメド・アリ引退後に世界王者になった」ボクサーランキング
(現代ボクシング、という節をだいたいその辺に置きたい、IBFが権威を持ち始めた時期でもある)

01 Floyd Mayweather Jr 1917 welter 1996-2017
02 Bernard Hopkins 1368 middle 1988-2016
03 Lennox Lewis 1325 heavy 1989-2003
04 Andre Ward 1309 super middle 2004-2017
05 Manny Pacquiao 1254 welter 1995-2021
06 Joe Calzaghe 1237 super middle 1993-2008
07 Saul Alvarez 1209 super middle 2005-2022
08 Roy Jones Jr 1186 light heavy 1989-2018
09 Julio Cesar Chavez 1140 super light 1980-2005
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
👍
高評価
0
👎
低評価
0
35 ななしのよっしん
2024/05/22(水) 01:38:24 ID: 3+q8AYobzK
井上クロフォードウシク、トップ3全員が2階級4団体統一王者
すげぇ時代になってしまった
👍
高評価
0
👎
低評価
0