PUPARIA単語

ピューパリア
2.2千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ
  1. puparia - 「殻」という意味の英語puparium」の複数形。
  2. PUPARIA - アニメーター玉川」による短編アニメーション作品。

本記事では上記2のアニメーション作品について記載する。

概要

PUPARIA』(ピューパリ[1])とは、自主制作アニメーション作品である。約3分の短編作品で、アニメーター玉川」が2年かけて[2]自分一人だけで[3]制作した。作品中では「蛹夢」という漢字2文字でのタイトルも表示される。

明確なストーリ―は示されないものの、その背景にある物語を想像させられるような幻惑的なが流れる。BGMとして使用されている楽曲「Mallet Quartet I. Fast」はミニマル・ミュージック作曲スティーブ・ライヒSteve Reich)の作品であり、本作の没入感を増している。

2020年に開催されたアニメーション映画祭「第7回 新千歳空港アニメーション映画祭」に出品された。同映画祭の「短編コンペティション」には合計2174作品が応募されていたが、その中から100作品の「ノミネート作品」に選出され、同映画祭で初めて演された。

そして審の結果として、特別賞「サッポロビール賞」に選出された。同賞の選出理由としては

画面に映るのはこの世のものではない風景と、こちらを見つめる人物のみ。それだけで何かが起こりそうなざわつきが作品を支配し、見る側もストーリーを組み立てずにはいられない、素晴らしい遊び場をくれました。[4]

とのコメントが発表されている。

その後同年中に、玉川本人によって動画投稿サイトYouTube」や「vimeo」において作品の全編がインターネット開された。

作者玉川アニメーション企業サンライズ」にて、『ガンダム Gのレコンギスタ』などの様々な自社作品で動画・原画・作画監督などを担当していた人物。その後、自主制作作品を制作するために退社し、初めて制作した自主制作アニメーション作品が本作「PUPARIA」であるという。

玉川が「どこで止めても絵として成立させる、というのが今回の目標の一つでした。exit」と自らのTwitterる通り、作品のどの時点で一時停止させても「絵」として成り立つような、間の完成度が特徴的である。

玉川Twitterではこれら本作に用いられた絵や技術の解説が様々に投稿されているが、「技術的な話ばかりしているのは、作品の内容や意味などを僕から話してしまうと意味が集約されてしまうかなと思っているからです。もちろん、これは技術見せのための作品ではありません。exit」ともっている。

関連商品

関連リンク

本作のレビュー記事:

本作には直接は関連しないものの制作者「玉川」に関連するリンク

関連項目

脚注

  1. *「”PUPARIA”の読みは「ピューパリア」。 日本語では「蛹」「蛹殻」といった意味です。」 / Twitterexit
  2. *「実際の制作には2年かかっています。 セル部分の絵としての説得力を持たす方法を模索したり、失敗を繰り返すうちにそんな時間が経ってしまいました… 3分作るのに2年というのは果てしないですが、アニメとはそんなところがあります。」 / Twitterexit
  3. *「これからまた新しい作品を作るときに、自分一人でこの方法をずっとやっていたら、とてもじゃないけど中編や長編の作品を作るのは不可能です。 でも、最初の作品は一人で全てやり切ってみるべきだと感じたので、そのようにしました。」 / Twitterexit
  4. *アワード | 第7回 新千歳空港国際アニメーション映画祭exit

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/puparia

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

PUPARIA

1 ななしのよっしん
2021/02/18(木) 03:11:13 ID: 6lMbysP4OI
大百科作ってくれた人感謝
かもしれんがアニメーション表現の一時代となりえる作品を作ったと思う。それぐらい素晴らしい作品だ。
2 ななしのよっしん
2021/06/25(金) 09:57:31 ID: /jOAY7B3Sh
久々に物凄い完成度の短編アニメを観てしまった。かなり良いとしか言えない