riot単語

ライオット

riot(ライオット)とは、暴動や騒動を意味する英単

  1. RIOT - 現在も活動を続けるアメリカベテランHR/HMバンド
  2. RIOT - 新田子のエロ漫画作品。
  3. ライオット(RiOT) - 日本テレネットの社内レーベル
  4. ライオット(雷電怒濤) - 漫画BASTARD!! -暗黒の破壊神-」の登場人物であるアーシェス・ネイが使う魔法。1.のバンド名が出典元。
  5. ライオット(スパロボ) - スーパーロボット大戦UXに登場するオリジナルユニット

本項では1.のHR/HMバンドについて記述する。

概要

1975年NWOBHMニューウェーヴ・オブブリティッシュ・へヴィメタル)がHR/HM界を怒涛の如く席巻し始める時期。
ギタリストマークリアリを中心にニューヨークで結成されたのがRIOTである。2年後の77年にアルバムROCK CITY』でデビュー日本では翌78年に『怒りの廃墟』というやりたい邦題リリースされるのだが、彼らを代表する名曲「Warrior」の他にもポップな楽曲が多く、予想外人気を集める事となる。
セカンドアルバムNARITA』では音質もやや善され、楽曲もパワーアップタイトルチューンであるインストゥルメンタルNARITA」や「Road racin'」は、ツインギターによる荒々しいリフと泣きのソロというハードロック様式美確立させた。
しかしその一方で(アメリカHR/HMバンドにはよくあることだが)メンバーの出入りもしく、3rdアルバムFIRE DOWN UNDER』発表後にヴォーカルガイ・スペランザが脱退。この時点でオリジナルメンバーリアリのみになってしまう。

その後、新ヴォーカルレットフォリスター(故人)を迎えて4thアルバム『RESTLESS BREED』、5thアルバムBORN IN AMERICA』をリリースするも、ハイトーンタイプのスペランザとべて太でブルージーな質のフォリスターはバンド音楽性に合わせづらかったのか、商業的な成功を収める事が出来ずに一度解散している。この解散はマネージメントとの不利な契約を回避する為の策でもあったようだ。

そして1988年、新メンバーを迎えて『THUNDERSTEEL』が発表される。スラッシュメタルパワーメタルが台頭した時期に相応しく、より速く、強く、よりメロディアス進化した新生RIOTは、多くのHR/HMファンの心を掴んだ。ドコドコのツーバスに泣きのギタートニームーアハイトーンヴォーカルという様式美は、日本ファン層をも増大させた。1990年には『THE PRIVILEGE OF POWER』をリリース実験的なコンセプトアルバムで、ライオット節を保ちつつも、タワーオブパワーによる強ホーン・セクションをフィーチャーした曲や、曲間の長いSE等が物議を呼んだ。
その間もメンバーの流動は続き、更には所属レコード会社の大量解雇もあり、次作『NIGHTBREAKER』ではヴォーカルマイク・ディメオに変更。その後もライヴ活動やアルバムリリースを重ねてはいるもののバンドメンバーは安定せず、デビュー当時からのプロデューサーであるスティーヴ・ローヴや旧公式サイト管理人との確執が表沙汰になったりと、音楽以外でのトラブルに多く見舞われてしまう。

2008年には『THUNDERSTEEL』20周年を記念してアルバムリリース当時のメンバーが復帰し、
翌年10月に来日演を同編成で行ったが、活動方針を巡って対立し、トニーが脱退。
しかし後任のボーカルが見つからなかったため、2010年10月トニーが復帰して元に収まった。
2011年にはトニー復帰のアルバムImmortal Soul』が発売され、来日演も期待されていた。

しかし、2012年1月25日バンドの顔とも言えるマークが長年患ったクローン病とくも膜下出血により亡くなるという悲劇が襲う。遺族の意向もあり、RIOT名義での活動に終止符が打たれ、意欲を失ったトニーは脱退した。

マークの死後はしばらく活動停止状態だったが、残ったメンバーが活動継続を模索し、
2013年トニーの後任としてトッド・マイケルホールボーカルとして、
翌年1月にはマークの後任としてニック・リー(26歳とかなり若手)がギターとして加入し、
バンドを長年支えてきたマークへの敬意を評してRIOT Vと名して活動を再開した。 

そして同年8月、RIOT V名義初(日本のみレーベルの意向でRIOT名義)のアルバム『UNLEASH THE FIRE』をリリースし、10月にはLOUD PARK 14出演に伴い来日し、新アルバムの曲やトニー期の曲だけでなく、
ディメオ時代の曲もなども披露し、1時間弱のステージながらも日本ファンを熱狂させた。
ちなみに、ボビーがセバスチャンバックサポートなどで多忙なため、代打として『ARMY OF ONE』で担当したフランクギルクライストが復帰している。(ボビー自体は脱退扱いになっていない)

現在のメンバー(2015年1月時点)

ヴォーカル…トッド・マイケルホールTodd Michael Hall)
ギター………ニック・リー(Nick Lee
ギター………マイク・フリンツ(Mike Flyntz)
ベース………ドンヴァン・スタヴァンDon Van Stavern)
ドラム………フランクギルクライスト(Frank Gilchriest
    ………ボビー・ジャーソンベク (Bobby Jarzombek)

ジョニー

アイアンメイデンアルバムジャケットに描かれているエディのように、RIOTにもアルバムジャケットを飾るマスコットがいる。頭部だけアザラシを持ったへんないきもの、それがジョニーである。
ROCK CITY』以降、何枚かの例外を除いてちょこちょこと登場するジョニーだが、「洋楽HM/HRCDジャケットにありがちな変なアートワーク」の代名詞になっているフシがあるようで、その手の話題になると必ず『ROCK CITY』や『NARITA』のジャケットが挙げられる。気持ちは分かるが曲も聴け。
2chFMラジオ実況スレに貼られたAAがこれ。イラスト化された事もある。

             ,,.- ゙````ヽ,.
            ,''   , 、  ヽ
           ;''     ゙;  
          ,ゝ   彡 !,j ミ ゙;     f7 .,   <うるせぇポーザーはっ二つにすんぞ
         /  ヾ,  `^^´ ,,.゙;、    .l !ノi
        ./ ´ヽ  ゙-、、,,.-''"  ヽ   .l'::::: l
       ./   ;    `; ´  ;  i  .l':::::: j
       ,.i   ん、  ,. 、   ノ  ハ  .l'::::: j'
     _,.f/  .人   ̄    ̄ヲヘ   ヽ .!::::: /
   ,.-'" 7  /:::::::ヽ,.__,..-';ト、ハ   }か,/
  /   /   / ヽ:::::    ;:::;:ァ'   ヽ, .l !"
 .i    i  ./  人:::::::::::;:ァ''"      んニj
 l   ,.' , j--'"  ̄¨ゝ-、_   ,. 7テラ
 |  (三ゞ'           ゙ソ  .l l/

ディスコグラフィー&関連商品

1977年ROCK CITY』、1979年NARITA

1981年FIRE DOWN UNDER』、1982年『RESTLESS BREED』

1984年BORN IN AMERICA』、1988年『THUNDERSTEEL』

1990年『THE PRIVILEGE OF POWER』、1993年『NIGHTBREAKER』

※ちなみに『NIGHTBREAKER』は日本先行発売だったのだが、上記のジャケットデザインは新しく作り直されたもの。
発売当初のジャケットは(日本版もドイツ版も)なんぞこれ、と言いたくなるようなガッカリ感満載なアートワークだった。
ジョニーすらいないそのデザインは、当時から今に至るまでのバンドを取り巻く苦を如実に物語っている。

1995年『THE BRETHREN OF THE LONG HOUSE』、1998年INISHMORE』

1999年SONS OF SOCIETY』、 2002年THROUGH THE STORM

2006年ARMY OF ONE』、2011年『IMMORTAL SOUL』、2014年『UNLEASH THE FIRE

関連動画

ヴォーカルレットフォリスター(Wings of fire)、マイク・ディメオ(Nightbreaker)

ヴォーカルマイクティレリ(Thundersteel・ライヴ)、トニームーア(On your knees)

高崎晃プロデュースしていたシンガー、本未沙子と、アイドル五十嵐夕紀による「Warrior」の日本語カヴァー

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/riot

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

riot

3        
2012/05/22(火) 18:04:16 ID: nTi0ueH6Wl
ライオットアザラシかわいい
4 ななしのよっしん
2012/08/23(木) 00:12:03 ID: U6ZXFfMTV9
アメリカバンドだけど明るく気になりきれないところが
ヨーロッパ(特にイギリス)のバンドみたい
5 ななしのよっしん
2012/08/27(月) 04:55:21 ID: q5jJpbA8wm
Warriorしか知らないけど。
あのメロは強のひとことだ。強という表現に違和感は禁じ得ないが、に刻み付けられるあの哀愁は強と言うしかない。
6 ななしのよっしん
2013/01/26(土) 21:03:11 ID: PFUQtKKPdW
もう一年経つのか…。
7 ななしのよっしん
2013/04/01(月) 00:47:47 ID: DhxVkpMOqq
Warriorはメロ普通アメリカンな明るさなのに、サビだけ思いっきり暗いんだよな。あのノリは哀愁好きの日本人にはドンピシャだよな。

もちろんトニームーア時代の大爆走もほんと凄い。Thundersteelだけでも充分凄まじいのに、次のアルバムではもっとスピードアップして訳ワカランくらいのハイテンションになってるし。しかも二十年ぶりに全盛期ラインナップで再結成したら、一曲から過去最高速で大爆走するというキチガイっぷり。歳考えろよ。

…と思ったらリアリさん亡くなったね。まじ惜しいわ。すげえバンドだった。

でもハッキリ言ってガイ・スペランザとトニームーア以外の時代は聞けたもんじゃないわ。
8 ななしのよっしん
2014/03/17(月) 13:32:53 ID: ceGBAmTFG/
ヽ༼ຈل͜ຈ༽ノRIOTヽ༼ຈل͜ຈ༽ノ
9 ななしのよっしん
2014/04/18(金) 20:18:46 ID: 60N6bolGyz
>>8
まさかここでそれを見るとは思わなかったw
10 ななしのよっしん
2015/06/06(土) 00:24:31 ID: ++c/RdTTlb
The Privilege of PowerってジューダスPainkillerと同じ1990年リリースなんだよな。方向性はよく似たスピードメタルで、楽曲クオリティも劣ってない。だが駄なSEの導入やコンセプトアルバムの概念、古くさいサウンドなど、マークリアリは時流を読み違えた。あるいは最初から読む気がなかったのか。
結局、あのアルバム制作費をかけた割に売れなくて、CBSとの契約を切られてしまった。Riotメジャーバンドになる最後のチャンスだっただけに惜しくはある。あと、売れるためには、単にクオリティの高いものを作ればいい、というわけではないことがわかる。
11 ななしのよっしん
2015/08/15(土) 08:25:23 ID: QgbFocbOlj
5000GT
12 ななしのよっしん
2018/02/03(土) 22:54:56 ID: U6ZXFfMTV9
新作で例のアレ仲間が増えてて大草原不可避