SDK単語

エスディーケー
  1. ソフトウェア開発キット(Software Development Kit
    プログラミング言語API等を利用したソフトウェアを開発する際、必要なツール群(ライブラリコンパイラなど)をひとまとめにした物。以下にいくつか例を挙げる。
  2. 任天堂ゲームスーパードンキーコング」の略
  3. PS2ゲームSIREN』の主人公である『須田恭也』が
    オカルトランド』と呼ばれる掲示板で使っていたハンドルネーム

以降3の意味で扱う。

SuDa Kyoya→SDKが由来であるというのが定説。

オカルトランド』は、SCEIスタッフの手で実際に立ち上げられている。
URLhttp://www.occultland.com/exit
書き込みは不可能だが、SIRENファンにとっては一見の価値有り。

概要

関連動画

 

SDK最強伝説の片鱗

ある種のネタバレにつき、閲覧注意

関連商品

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/sdk

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

SDK

105 ななしのよっしん
2015/10/07(水) 07:17:49 ID: zRi9MdI3GN
>>104
ただの不全な不死の状態になったのであって
体を破壊されたら元に戻らないから別に無敵になったわけじゃないよ
(美弥子やSDK屍人のような再生はないのです)
106 ななしのよっしん
2015/10/17(土) 00:03:20 ID: nHPPwicyKw
ウィキペディアを見ると用のウォークマンイヤホンをつけてあのロックを聴いてたって書いてあったけど、あれSDKが持参していたのか?
あと堕子を倒してサイレン聴こえなくなったはずなのにどうしてあのロックを聴いていたのかがの中の
107 ななしのよっしん
2015/10/17(土) 01:05:25 ID: zRi9MdI3GN
>>106
音楽を聴いていたのは気持ちを奮い立たせるためではないでしょうか?
そもそも屍人化から解放されたSDKサイレンの音を聴いたところで
何も問題はいはずです
108 ななしのよっしん
2015/11/22(日) 01:46:09 ID: nHPPwicyKw
>>107
SDKの気分の問題に落ち着く訳だな。まあ、あんな気味悪いところで屍人狩りなんてあのロック聴いてないと正気を保てんだろうな
109 ななしのよっしん
2016/11/16(水) 04:30:42 ID: SMHCpwaZWU
今もどこかで屍人闇人狩り続けているんだろうなと思うとなんだか感慨深い
ファンの人が言っていたが永井くんと合流して二人でTHE BUSTER!していく続編が出たりしねえかな
永井くんあのままじゃ可そすぎるもん
110 名無し
2017/07/14(金) 03:50:23 ID: bazYJymHFu
勘違いしてる人多いけど、SDKには再生もあるよ。
に左胸撃たれた上に依子に輸血しても死ななかったのはそのため。
本来は石田に撃たれた傷で、理沙や志村と同じように中のサイレン屍人になるはずだったのが、代の血の呪いで回避された
111 ななしのよっしん
2017/07/15(土) 15:12:05 ID: zRi9MdI3GN
須田の血を輸血された依子はどうなっちゃったんだろうね?
微妙屍人化してる竹内理性を保ちながら幸せに暮らしてるんだろうか
112 ななしのよっしん
2018/05/24(木) 23:01:38 ID: 8eEbGX4UIV
SDKvs
アンナキを当てれば勝てるがあの隙だらけの攻撃では期待できない
9mmピストルで一旦倒したあとアンナキでトドメを刺す手もあるが狙撃銃ウリエン持ちのSDKに接近するのは至難の技。SDK勝利

SDKvs永井
訓練された現役自衛官相手に兵戦は分が悪いうえにMINIMIのハメがかなりやっかい。
しかし最終的に死亡→復活してウリエンの不意打ちでSDK勝利

SDKvsワード
ウリエン当てた方の勝ち
113 ななしのよっしん
2018/08/03(金) 22:49:04 ID: YA5tbUkxs+
本物がSIREN展出て来てワラタ
屍人殲滅したんだなw
114 ななしのよっしん
2018/10/30(火) 19:15:04 ID: CLhUXCVI3k
三大災いに巻き込まれた不幸一般人決戦兵器
SDKvault101のアイツフランク・ウェストで決まり。
この三人で仲良しジェノサイドピクニックに出かけるゲームが待たれる・・・
羽生村の屍人ウェイトランドのフェラグールども、そしてショッピングセンターゾンビどもは雁首そろえて妙に待て!と言ってみると、どれもゾンビゲーもしくは類する者であることに気づく。