SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE単語

セキロシャドウズダイトゥワイス

SEKIRO

|

隻腕の戦国ぶ。

|

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE | 隻狼とは、2019年3月22日発売のアクションアドベンチャーゲームである。

ニコニコ動画的には「SEKIRO」もしくは「隻狼」タグでの登録が多い。

概要

フロム・ソフトウェアアクティビジョンと共同開発中全新作。PlayStation 4Xbox OneWindowsに対応する。ちなみにWindows版の販売形態はSteam配信で、パッケージ版も発売されるが入っているのはディスクではなくSteamダウンロードコード

アメリカロサンゼルスで開催されたE3 2018でデビュートレーラー開された。

フロム・ソフトウェア作の忍者アクションといえば『天誅シリーズの後期作が思い浮かぶところだが、本作はDARK SOULSBloodBorneなどを手掛けた天誅シリーズの開発経験のない新鋭のスタッフの手によるもの。
また、アクティビジョンと提携することで、自社のみでは難しすぎると定評のあったチュートリアル面を中心にレベルデザインを洗練することに成功したことがられた。

物語

時は戦国
深いを越えた先に、名のはある。
名一心が、わずか一代で盛りをしてした、
の雄である。

だが、その名は存亡の危機にあった。
一心の孫である、名の将は、窮状を憂い、自らの手勢に密かに告げた。
「もはや、寄せ手から名を守るための、尋常の術はい」
「今こそ、あの御子が必要だ」

御子というが、その身は涯孤独、
家族臣も、なにもない。
ただ一人のびを除いては・・・。

そのび、
名はく「」と呼ばれる男
忠を尽くし御子を守るが
ついに名の将の手により
左腕と御子を奪われる

かくて御子は、囚われとなる。
傷ついた「」は
左腕を義手へと変え、
御子を取り戻すべく動き始める

これは寄る辺なき、孤独な従の物語である。

戦国末期舞台にしているが、地形や建造物など再解釈されている部分が多く、独自の世界観を展開している。

人物

  • :浪川大輔
    主人公であるび。御子に仕える壮年の忍者。冷静で寡黙。敵には情けを抱かない。物語の始まりに名の将に左腕と御子を奪われる。掟である「は絶対である。命を賭して守り、奪われたら必ず取り戻せ」を基に復讐へと突き動かす。隻腕の、隻狼として・・・
  • 御子:佐藤美由希)
    本名は九郎。胤の御子。名の地に古代から続く一族の末裔。特殊な生まれの為に、各勢にそのを狙われることとなる。
  • 名弦一郎:津田健次郎
    名一心の孫だが正当な出自ではない。名存続の為、御子を奪い異端を使ってでも戦おうとする。を宿して戦う流の使い手。
  • 名一心:尾哲夫)
    たった一代で名のした凄腕の剣豪。彼がせったという情報だけで内府が軍を動かし侵攻を始めるほどの強さを持つ。でも天狗コスプレをしてちょくちょく狩りに出かける。お前の様な病人がいるか!
  • エマ:伊藤静
    荒れ寺で覚めたの前に現れた妙齢の女性の命で救ったがその理由もの名も明かそうとしない。薬師としてサポートする。を助けるのは一心の命である。
  • 荒れ寺の:浦山迅
    荒れ寺で一人籠り、黙々と像を彫り続けている初老の世捨て人。名に敗れたを拾い、救った。かつて修羅となりかけ一心に左腕をられた元び。
  • :土師孝也
    師。盗戦の際、を拾い育て、己の技…そしての掟を叩き込んだ。死を偽装し胤の御子のを狙い名へ攻め込む。

その他登場人物

死なず半兵衛
荒れ寺へ流れついた憑きと呼ばれるタイプの不死の武者。死なぬ体を使ってチュートリアルをしてくれるとてもいい人。自らが死ぬ手段を探している。
物売りの
のない商人。3年前の平田屋敷の襲撃時に火事場泥棒として入り込んでおり、そこでと出会っている。
供養衆
戦場にて拾ったものを売買することで供養する者達。戦場あるところ供養衆あり。
ムジナ
仙峯寺の抜け。逃走資を稼ぐためにに持ち物を売る。
情報屋の藤岡
元は供養衆だった情報屋。だが供養衆の時の癖で拾ったものも売っている。
おぼろ丘尼
各地で拝んでいる老婆。いろいろヒントをくれる。
変若の御子
仙峯寺で人為的に作られた胤の御子。その最後の生き残り。
即身
仙峯寺の不死の即身。弦一郎撃破後は話せなくなる。
小太郎
仙峯寺でを探している大男。
左衛門
を警備している兵士の一人。の調べに魅入られ仕事を抜け出す。
師、玄の元を離れ兄弟子である策と共に赤目を作る研究をしている研究者。
野上之助
死にかけている。3年前までは平田の郎党でありそこでも死にかけている。
野上おば
之助の祖。3年前の時点では正気だったが、現在は倅の之助を認識できない。
野上玄斎
平田の郎党の一人。重蔵との戦いを手伝ってくれる。

名兵
名の兵士達。盗戦に続き内府との戦いで疲弊し、弦一郎の意向もあり、あちこちで尋常ならざる兵が配置されている。
太郎
他の兵士よりかなりの巨を持つ兵士が好き。
名一心お抱えのび達で屋根を警備している。巨大な手裏剣を武器とし、一撃離脱戦法をとる素さが特徴。
落ち
落ち鉱石を掘る者達。ぬしのを崇めている。皆火を使った自作飛び道具を持つ。と呼ばれる凄腕の石火矢使いの女性は淤加美の一族の末裔。
狩りの僧兵
びを狩る技術を持つ弥山院の者達。
孤影衆
内府に仕えるび。織部正綱というが長で17人の凄腕の息子がいるという。手や使役などの術を使う。
仙峯寺の僧
死なずの探究に魅入られ、門を閉ざした生臭坊主共。中には憑きとして自らを不死にした者もいる。仙峯寺流拳法の使い手。
らっぱ衆
仙峯寺の護りを担うびだが、今では死なずの探究の手足である。異様に小柄な姿をしており各地にんでいる。
赤目
変若の研究の産物である強化人間理性は失われている。火を恐れる。
生村の村人
を飲み続けた結果理性を失い不死に近くなった人々。元は村人なので体は低い。
淤加美の武者
異形の姿をした女武者。非戦闘時は蹴や舞を踊って過ごしている。に弱い。
宮の貴族
宮のを飲み下半身が軟体生物と化した元人間達。他者から若さを奪う。
かつて護のため、を踏み外した勇者の成れの果てである霊。
組頭 山内重則
大将 河原田直盛
大将 山内
大将 松本内蔵
名流 佐瀬甚助
名流 生氏成
名七本 山内式部利勝
名七本
に仕える凄腕の武者や剣豪達。今は数えるほどしかいない。
まぼろしお
南役としてついていた老婆。体術と幻術に秀でてたくノ一。3年前、賊を手引き平田屋敷を襲撃した。序盤のともいえる強敵。
うわばみの重蔵
3年前、平田屋敷を襲撃した賊の頭。元相撲取り。
庭形部
大手門を守護する武将。元は賊の頭であったが一心に討伐された折、彼に惚れ込み賊党ごと仕官した。弦一郎の養育係も務める。以前は名一本を使用していたが盗戦の際折れ、その折れぶりを一心に褒め称えられ、 敵将・田村の十文字が下賜された。
甲冑武者
からやってきた爆職人病気息子に不死のを施すために仙峯寺に雇われている。DARK SOULS感ある硬きダメージ全に防ぐ。
見る、聞く、言う見え
幻廊の屏に描かれていた猿。死んだ変若の御子達の魂が動かしている。
獅子
落ちに生息する巨大な猿。憑きとなり番に先立たれ、遺骸に供えるを守っている。
の宮の門番となった憑きの尼僧。本名は八尾丘尼。

戦術

DARK SOULSBloodBorneなどと同じく数多くの難所を失敗しながら攻略する死にゲーの一種。
各地にある「像」をチェックポイントとしながら、攻略手順を試行錯誤する過程と、それらを突破する快感が本作の持ち味。

」は忍者らしいアクロバティックなアクションが可であると同時に、敵の視野や気配を利用するステルスアクションとしての要素が加わっている。

忍具

左腕の義手に仕込まれた忍者用の具を利用してのアクション
ステージ各所にある突起を鉤縄で飛び回ることをはじめ、「手裏剣」「爆」といった忍者おなじみのアイテムを駆使することが可

消費アイテム「形代(かたしろ)」を使用して発動させることができ、荒れ寺にて機をすることができる。

回生

死んだふり事実

が尽きた場合、そのまま死亡してしまうと経験値や銭が半減して「像」に戻されるが、規定回数だけ『その場復活』が可
しかも、敵は絶命を確認しているので、元の配置に戻ろうとする背後をだまし討ちすることが可
回生で使用する独自のゲージは敵を倒すことで回収できる。

これは、「」に施された胤の呪いによるもので、死亡するたびにNPCが"咳(りゅうがい)"という病に確率で感染し、"助"(死亡からの復活時に経験値や銭が半減しない)と呼ばれる救済システムの発生率が減ってゆく。
死してなお学ぶことを前提に積極的に使用して攻略を進めるか、なるべく死亡しないようにしつつ育成(死亡した場合は助で補助)して再トライを楽にするかはプレイヤー次第である。咳については後々イベントで特効制作され商人から買えるので安心。

殺陣

ステルスアクションらしく、敵を避けたアクションが可な本作。
だが、会敵した場合でも、剣術具を駆使した駆け引きの熱いチャンバラも魅

流派

像」にて経験値を消費して基礎ステータスを向上させるほか、“流”という形で分割された追加アクションを覚えることが可

集団戦向けの範囲の広い技であったり、中には敵を逆利用して忍殺に持ち込むカウンター技等があるため、成長方針に迷うところ。

忍殺

敵の隙を狙って致命の攻撃を以て殺する。

敵がこちらに気づいていないときに、こちらから接触した際に致命的なダメージを与えることができるため、中においてはできるかぎり敵に発覚されずに進行するほうが、効率よく敵を処理することができる場合もある。

一部の強敵は、複数回の忍殺が必要であり、なおかつトドメに忍殺を要する場合もある。
被発見時は後述の『体幹』を狙って忍殺を行う必要がある。

体幹

」は論、敵は全て『体幹』ゲージを持っており、これが満タンになると体勢を崩し、忍殺で体を奪い去ることが可。逆にこちらが満タンになるとガードが崩されてしまう。「」および敵ともにゲージを回復手段があり、こちらはガードの維持でも回復できる。

  • 敵を攻撃する
    • 残体例して、『体幹』の回復も遅くなるため、チャンスり込むのも重要。
    • 直接的なダメージにならずとも隙を作ったり、体幹ゲージを増やす攻撃もあるため、狙えるときは狙いたい。
    • 敵に攻撃を弾かれた場合、大きく『体幹』ゲージを増やされてしまう。
  • 敵の攻撃を弾く
  • ガード不能攻撃(
    • マークの表示で判断できるこれらの攻撃は、的確な回避でないと防げない。
    • ジャンプやステップを駆使し、これらの攻撃を回避しながら体・『体幹』を削ることが強敵戦の要となる。

特に強敵戦において、体幹を狙った戦術は必要。何より彼の得物が火を散らして打ち合うスタイリッシュチャンバラはド迫

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/sekiro%3A%20shadows%20die%20twice

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE

1613 ななしのよっしん
2019/08/09(金) 16:45:25 ID: okiCALBN7E
へのとどめ忍殺の流れが切腹からの介錯であるという事に今更気づく
1614 ななしのよっしん
2019/08/10(土) 01:17:46 ID: E+bHmhewsI
>>1610
おお、素晴らしい!自分の中でも修羅だとは!!
1615 ななしのよっしん
2019/08/12(月) 02:05:30 ID: Q2amTuhHSy
>>1612
・強敵と正面から切り合う、
雑魚に不意打ち、
そりゃ楽な仕事の方が楽しいよ

上手くなればボス戦も楽しくなる
ついでにカメラも快適になる
1616 ななしのよっしん
2019/08/13(火) 19:56:24 ID: h7o5P1rK+n
>>1615
殿からSEKIRO始まったわ
弾きの喜びが忘れられない…

カメラ操作もかなり慣れたけど
ロックが外れる?のが未だに慣れん
1617 ななしのよっしん
2019/08/13(火) 22:30:06 ID: RPA9/Xv+5b
カメラ仕様は永遠の課題。でも強な一撃を弾いたときにアップになる演出とか細かくて好き。

そして400万本販売したとかで、めでたいことや。
1618 ななしのよっしん
2019/08/15(木) 13:57:19 ID: yitS9PhBMl
私もカメラには悩まされた。
井戸底の太刀足戦では発狂しかけたが人間慣れるもんで、そのうち敵が見切れていても弾けるようになった。
さらにプレイを重ねるうち際に追い込まれないような立ち回りができるようになった。
つまりなにがいいたいかっていうと慣れる。
1619 ななしのよっしん
2019/08/17(土) 15:31:57 ID: ZrTo+7UCsi
話の流れとは逸れるけど、SEKIRO物語って
あの世界の後世ではどんな扱いになってるんだろう
教科書には乗るだろうけど数行程度の記述になるのかな
1620 ななしのよっしん
2019/08/22(木) 10:27:53 ID: wIVZ9MWK8S
ムカデ仏教中有の可性が高い。
仏教ムカデの関係を調べたら、中有の解説が出てきた。
そのサイトの解説にヘビ等の関係ありそうな単が多く出てきた。
1621 ななしのよっしん
2019/08/22(木) 12:22:43 ID: 3KgXrX69AJ
修羅ENDの時、後ろから刺される構図が一緒で「うわもしかして」って見ていたらやっぱり刺されたよ・・
1622 ななしのよっしん
2019/08/22(木) 13:45:54 ID: h7o5P1rK+n
攻略見ずにやってるけど、今のとここんな印

殿堂入り:お殿、弦一郎殿

楽しい:お、破僧、首なし獅子居合おじさんロバート

よく分からんまま倒した:大将赤鬼形部、狩、重蔵、火

楽しくない:百足(弱過ぎ)、首あり獅子

クソ:2頭獅子

急上昇ワード

2019/08/22(木)17時更新