serial experiments lain単語

シリアルエクスペリメンツレイン
  • 56
  • 0pt
掲示板へ

岩倉玲音

プレゼント・デイ

プレゼントタイム

Ahahahaha...

serial experiments lainとは、書籍+イラスト雑誌連載、ゲームアニメが相互に補しつつ同時進行するという、当時はしかった「マルチメディア企画」である。通称lain。

特にアニメ版の評判が高く、同作は実写デジタル映像の組み合わせなど、現在デジタルアニメーションを与えた。中村隆太郎監督作での傑作のひとつではあるが、その構成の複雑さと極めて機質に統一された表現手法は、非常に人を選ぶ。

また、アニメ版は内以上に海外での人気が高く、現代でもgeekの間で時々引用されている。

「serial experiments lain」は直訳すると「lainについての一連の実験」。その通りの野心・実験作である。

概要

存在は認識=意識の接続によって定義され、人はみな認識によって繋がれている。
記憶とはただの記録に過ぎない。

コミュニケーション端末が普及し、Real_World現実)とWiredワイヤード)が普通に扱われる世界。14才の中学生岩倉玲音(レイン)の体験する不思議な出来事が、玲音視点で展開していく。

lainが世に現れたのは1998年iMacが発売された年である。

現在ではあまりしくない「技術の発達により現実と仮想が曖昧になる」類の世界モチーフにしているが、似たようなテーマを持ち、テレビで放映されて人気を博した「電脳コイル」や「攻殻機動隊」とは大きく異なる。また「Web上での事件を共有する世界」「メディアミックス」という類似点を持つ「.hack」ともひどく異なる。

まず「ネット世界を扱う」とあるものの、スタッフに専門的な知識を持つ人物、いわゆるハッカーgeekが多いためか、遠慮解釈もなしに(当時の)ハッカー文化や、自作PCにまつわる設定・描写が取り込まれている。そして非常にSFチックな、しかし技術的には現実自作PCベースにした擬似PCNAVI」と、現実Web進化したような仮想世界ワイヤード(Wired)」にまつわる描写、そしてワイヤードやリアル上で狂奔する98年当時のハッカーらの"アナーキーぶり"がものすごく濃く描写され、異常なほど鋭い非現実感が演出されている。

他にも、当時のアングラ文化やIPv6に関わる陰謀論ネタ、「の活動は(PC内で行われている事に近い電気信号である」というテーマからアプローチしたネタ、「リアル」と「ワイヤード」を繋ぐ精世界についての心理学やそれにまつわる疑似科学ネタ、さらにナノテクノロジー精神病、「は遍在する」という点でのの定義にまつわるネタなど、従来の商業作品では禁じ手とされていたネタさえも扱っており、色々と「実験的」なことになっている。そのため、その内容は当時にしては極めて「ユニーク」であり、上述のようにこれらの世界観に魅を感じなければ不気味、得体の知れない雰囲気しか感じられないかもしれない。海外でウケるのもむべなるかな。詳しくは、ウィキペディアを参照するか、自分でググったほうがいいだろう。

下記内容では、「serial experiments lain」プロジェクトまたはその根幹設定の略称として「lain」を、それらの作品に共通して現れる女の子を「岩倉玲音」「玲音」として用いる。

ゲーム版lain

ゲーム版lainはプレイステーションソフトとして発売された。このページexitに詳しい説明がある。

冒頭に挙げたように「ゲームアニメと雑誌が相互に補する」という設計の元、lainを構成する一要素になっているが、特にゲーム版には「プリミティブ」な設定が多く、そのため岩倉玲音に関わる描写もより多くなっている。

その内容は今でも「ゲームなのか」という議論を呼んでいる。なぜならば、このゲームでは「精神病に関するカウンセリングを受けている玲音」と「そのカウセラーである子」たちの、日記と備忘録と治療記録を、文章と映像で追っていくという、サウンドノベルともまた違う構造になっているからだ。いわば、ゲームで見るオフラインニコニコ動画、というよりyoutube

そのため、プレイヤーは常に2人やその他の人物がつけた「記録」を読み、そこからlainにかかわる設定や心理を類推するよう強いられる。よって、単体ではその意味が分かりづらく、他と相互に補することでその機を果たす。

メディアでは大人の事情で描写できなかった暗部がられており、かなり「病院逃げて」感が強い。
特にエンディングは、あまりにも掟破りの演出とED後の隠し要素のために、凄絶に過ぎる後味の結末を呈しているが、それは同時に他の作品への訴求力を高めている。

そこそこ売れたらしいのだが、移植ゲームアーカイブス化もされていないため中古市場ではプレミア化している。[1]

アニメ版lain

こちらはテレビ東京深夜1時に放映。後にビデオDVD化されており、復刻版のBDも発売された。
こちらのlainは岩倉玲音を一般生活を営む中学生女の子として描写し、それが後に起こる事件へと関わっていく、という設計になっているため、ゲーム版とべると精面に関する描写は若干おとなしいが、初見では不可解になるほど他との相互補を重視しつつ、視聴者の理解をある程度助けるようになっているため、見やすくまたハマりやすい。

地上波で放映されるためか、極端に陰惨な描写は省略されているが、そこに残ったものでさえ当時の深夜でもかなり危ない状態になっている。昔の深夜アイキャッチに「JUNGLE」があったが、あれに近い。

ハッカーとしての才を開させていく岩倉玲音と、彼女の気が遠くなりそうな才に振り回される(?)中学校の友人、"ビルドされた"家族の集団「ナイツ」と総合研究所の陰謀、そして「に成ろうとする男」との関わりを描く。

設定を監督らが気に入ったためか、上述のネタのほとんどがアニメ版でも使われている。また、放映当時lain放送次枠天気予報であったため、キャラデザ安倍吉俊天気予報ネタにした落書きを書き、視聴者がどんな内容の落書きを書いたのかを当てるという「ウェザーブレイク」というコーナーがあった。

TVアニメスタッフ

Blu-lay

Blu-lay BOXは2010年10月17日に発売された。詳細はプロデューサーの制作日記exitにて。

初回限定版特典として、20ページの小誌と300ページ程度の設定資料集サウンドトラックCD(Cyberia-Mix)、放送時素材映像プロモ映像、予告、エンドカード(ウェザーブレイク)集などを収録している。それ以外にBlu-ray共通特典映像として絵コンテが全話全カットフルデジタル収録されている。ほぼアニメ版の内容を網羅した。

紙媒体版lain

アニメと同時進行するようにソニーマガジンズの雑誌『AX』にlainに関する漫画が連載された。
その内容はゲームアニメ渡し的な存在であり、イラストテキストを交えて作品のイメージ世界観といったものが描写されていた。

scenario experiments lain」(公式シナリオブック)、「visual experiments lain」(公式ガイブック)、「an omnipresence in wired」(「lain」画集)などの書籍も発売されていた。そのほとんどが絶版となっていたが、2010年11月に「scenario experiments lain」が、2013年6月に「visual experiments lain」が、2018年9月に「an omnipresence in wired」が復刊されている。

アニメ版の二次創作許諾

アニメプロデューサー上田耕行氏が発表したもので、放送開始30周年となる2028年7月6日まで、同作品の二次創作償で許諾する。[2]

serial experiments lain TTL 2019-2028exit

関連動画

関連チャンネル

関連生放送

関連商品

 

的なアニメオープニング主題歌のDUVET(デューベイ)はサントラ盤には収録されておらず、イギリスロックバンド、bôa(ボア)のマキシシングル"tall snake ep"(トールスネーク・EP)またはアルバム"THE RACE OF A THOUSAND CAMELS" に収録されている(他に8cmシングルもある)。純にDUVET当てならば、オリジナル版の他に別アレンジが2曲収録されている"tall snake ep"(トールスネーク・EP)のほうがお勧めかもしれない。

また、上述初回特典版Blu-rayBOX内の特典CDTVサイズのDuvetが収録されている。

関連コミュニティ

関連リンク

ジェネオン時代のリンク(アーカイブ)

関連項目

脚注

  1. *「serial experiments lain」の20周年を記念し,主要スタッフにゲーム版をプレイしてもらった。次作は「誰かが適当に作ったら」?exit 2018.9.29
  2. *アニメ「serial experiments lain」、個人の商用利用を含む二次創作を許諾。2028年までexit 2019.7.8

【スポンサーリンク】

  • 56
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/serial%20experiments%20lain

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

serial experiments lain

497 ななしのよっしん
2020/07/20(月) 00:34:03 ID: VLkn2iw42f
ゲームのほうがえぐいゲームのほうが難解ゲームの方が人を選ぶって、ここへ来てマウントとってくるよね
そこまで得意げになるもんじゃないってば
498 ななしのよっしん
2020/07/21(火) 02:37:51 ID: 9aqr3k2ZAD
拗らせたが居るな...
499 ななしのよっしん
2020/07/22(水) 01:19:31 ID: C8v95Rafqv
難解なのは解説にたけた人がいるとありがたいよね
有名な人って言うのも導線になった
500 ななしのよっしん
2020/07/23(木) 20:03:41 ID: V52GAg/06k
この前の一挙で初めてアニメ版を視聴したけど、
この作品は、玲音という自(EGO)の成長を見守る作品だったと思う。

他人から見える自分の存在に怯えたり、英利(悪意のある他者)に乗せられ、いとも簡単に自分を見失うところなど、(超能力を持った)ただの一人の子供に見えたのが印的だった。
そして、ありすの助で他者の存在を認め、自分がとるべきを歩む玲音を見守っていく。

そういう意味で、玲音お父さんが一番視聴者に似ているキャラクターじゃないだろうか。
最終話に出てくるお父さんの姿をした者の正体(神様?)って、視聴者のことなのかもね。
501 ななしのよっしん
2020/07/23(木) 21:53:45 ID: V52GAg/06k
lainという作品群で一番注したいのは、初音ミクが登場する約10年前に、レインというネットミームを生み出した所だと思う。
そして今現在(プレゼントデイ,プレゼントタイム)でも、ネットを通じてレインが存在できると予想した制作は本当に眼。
502 ななしのよっしん
2020/07/24(金) 09:10:57 ID: NBkJ9Pd5e2
くはははは←良い……
503 ななしのよっしん
2020/07/26(日) 17:40:08 ID: V52GAg/06k
アニメを見た後にゲーム動画を見てみたが、
全体的に、アニメ版のバッドエンドという感じがした。
英利政美の様な乗り越えるべき敵を倒せず、ありすも救えない世界
挙句の果てにワイヤード上位説を唱え始め、生きている人間を侵食する。
このlainがやっている事は英利政美と何も変わらないのが残念。
504 ななしのよっしん
2020/07/26(日) 20:14:03 ID: V52GAg/06k
ゲーム版の内容は例えるなら、
ニャルラトホテプと、それをカウンセリングする一般人の記録を再生していくゲーム
あんな得体のしれないものに対面したら、そりゃ発狂するよね。
505 ななしのよっしん
2020/07/28(火) 14:27:08 ID: yA61fnKclS
内気な女の子が明るくなろうとしたところで・・・っていうやりきれない悲しさがあるね。
偶像化されている「もう一人の私」に実在が食われて、生きている自分の方を「ホログラム」扱いされる。
そうして自暴自棄になっていく様子は、まさにVTuberの末路って感じでちょっとになった。

ゲームは他人事な感じがして好みじゃなかった。
アニメが好きだった分、やこいつ感が・・・。
ただナビじゃなくてパパ自作するレインはかっこいいと思ったw

シナリオも読んだが、アニメの内気すぎる玲音と違って等身大の中学生って感じだった。
例えばクラブに行ったありす達を羨ましがったり、ラブレターに内心わくわくしてたり。
元から明るさの片鱗があった分、より上げてから落とすアニメより若干マイルドに感じた。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
506 ななしのよっしん
2020/07/30(木) 20:39:49 ID: V52GAg/06k
預言の内容が、プロトコル制定を意味してるかって事?
もしそうなら、英利が関与した第七プロトコルの推進で合ってると思う。

おすすめトレンド

最新の話題で記事を新しくしてみませんか?

ぐらんぶる 手塚国光 米津玄師 山鳥毛(刀剣乱舞) 山本美月 hyde 瀬戸康史 事故物件