T-28中戦車単語

テードヴァーツァチヴォースィミ

T-28中戦車とは、ソ連が開発・運用した多砲塔戦車(分類は中戦車)であり、英国面被害者の会の一員[1]
ロシア語では「テー・ドヴァーツァチ・ヴォースィミ」と読む。

概要

 T-28中戦車はソ連1933年に制式化した中戦車であり、76.2mmを搭載するの他に、体前面に機を搭載したを2つ搭載する多砲塔戦車であった。各世界恐慌による軍事予算削減&多砲塔戦車自体の将来性の[2]から多砲塔戦車の開発を次々と中止する中で、世界恐慌の影を全く受けなかったソ連はどんどんと多砲塔戦車の開発・量産を行ってしまい、結果としてT-28中戦車は生産が終了する1940年までに503両も生産されてしまった。論、多砲塔戦車としては世界最多生産台数である。

 ポーランド東部への侵攻、冬戦争独ソ戦初期に投入されるが、図体のデカさに対して薄い装甲の多砲塔戦車対戦車兵器カモであり、ソ連軍でも次第に単戦車に置き換えられた。それ以外の軍ではフィンランド軍が少数を鹵獲し、運用している。

性能

データ1933年のもの

速度 38km/h(整地)、22km/h(不整地)
行動距離 220km
76.2mm戦車KT-28(16.5口径、弾薬搭載量70発)
副武装 7.62mm機関銃DT(3~4丁搭載、弾薬搭載量8000発)
装甲 30mm~11mm
エンジン M-17M V12気筒ガソリンエンジン500
乗員 6名

開発経緯

 紅茶の切れた英国紳士達が英国面全開で開発した世界初の多砲塔戦車、A1E1インディペンデント戦車中二病を刺された衝撃を受けたソ連軍上層部は「々も同じコンセプト[3]戦車が必要である!」と結論付けた。しかしソ連が購入を打診したところ、紅茶を補給して静を取り戻した英国紳士達に「こんな黒歴史を輸出できるか!」と一蹴されてしまう。で、しょうがなくソ連多砲塔戦車の自開発を決定し、を5つ持つT-35重戦車と、を3つに抑えたT-28中戦車タイプを開発することとなる。

 T-28中戦車はインディペンデント戦車などイギリス多砲塔戦車を参考に作られており、の配置やサスペンションの方式にその影が見てとれる。というかモロパクリそれ以外には身を安定させる装置や、電動式の動を採用するなど、当時の最新技術を盛り込んでいた。しかし、多砲塔戦車の宿命として大重量の体を駆動させるエンジンやサスペンションには問題を抱えており、これは結局最後まで解決しなかった。

 45mmを搭載した試作1932年に完成し、を76.2mmに換装して翌年の1933年に制式化。一般大衆にはメーデーのパレードで開された。

実戦

 ポーランド侵攻で初めて実戦投入されるが、続く冬戦争では森林や深いの中、土地を知り尽くしているフィンランド軍の対戦車火炎瓶を使用した待ち伏せ攻撃などによりフルボッコにされた

 例をあげると、投入されたソ連軍第20戦車団に所属するT-28中戦車は最低2回は損傷を受け、最大で5回撃破された。団におけるT-28中戦車の損失総数は482両となっており、ほぼT-28中戦車の生産量に匹敵するほどであった。

 予想以上の大損に驚いたソ連軍は大急ぎで追加装甲を開発・取り付けするも、フィンランド軍は追加装甲がい部分を狙って攻撃することで対処した。フィンランドパネェさらにフィンランド軍は5両(2両の説もある)のT-28中戦車を鹵獲し、自軍の戦車として運用している。

 これらの結果を受けて、ソ連はT-28中戦車に更なる装甲強化を行ったが、もはや多砲塔戦車=役立たずソ連軍内部で常識となり始めていた。

 続く独ソ戦でもT-28中戦車は戦場に投入されるが、運用の稚拙さからかなりの数がやられている。局地的にはT-28中戦車一個小隊ドイツ軍を撃退したり、たった1両でドイツ軍が占領した都市を奇襲してドイツ軍後方部隊に大損を与えるなど活躍を見せたが、大勢を覆すまでのかった。

 その後も生き残った車両モスクワ防衛などに投入されるが、次第に単戦車に置き換えられていった。T-28中戦車がソ連によって最後に実戦投入されたのは1944年フィンランド方面への攻撃であり、この時はフィンランド側も鹵獲したT-28中戦車を繰り出して応戦している。

 フィンランド軍は鹵獲したT-28中戦車を重な戦車として重宝し、冬戦争継続戦争の両方で実戦に投入している。特に継続戦争ではかに高性T-34-85戦車を撃破したりしている。フィンランドマジパネェ最終的に冬戦争継続戦争合わせて10両(7両という説もある)がフィンランド軍によって鹵獲・運用された。

その後

 ソ連では々に退役したが、フィンランドでは戦後1951年まで戦車として自軍戦車部隊に配備し続け、さらに戦車回収改造するなどして1950年代まで運用を行っている。 

 現在、T-28中戦車はフィンランドに2両、ロシアには1両が現存する。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

第二次世界大戦時のソ連軍の戦車
戦車快速戦車 BT(戦車) / T-26
戦車 T-28中戦車 / T-34
戦車 T-35重戦車 / KV-1 / KV-2 / IS(戦車)

脚注

  1. *他のメンバーは同じソ連T-35重戦車SMK重戦車、T-100戦車フランスのシャール2C重戦車ドイツNbFzラーテ、そして日本の九一式重戦車、九五式重戦車オイ車である
  2. *カクて重たいもんだから機動が死んでる、軽くしようとしたら図体がデカイ割に装甲が薄くなる、操作要員が多く揮が煩雑になる、内に余裕がいうえ構造が複雑だから整備性が悪い、そして何より「デカイ重い、複雑」で高い
  3. *多砲塔戦車の基本コンセプトは、歩兵支援を受けない戦車単独での敵防御地突破である

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/t-28%E4%B8%AD%E6%88%A6%E8%BB%8A

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

T-28中戦車

15 ななしのよっしん
2013/07/18(木) 01:39:42 ID: MFngY++wxC
>>14
足はやい、は格上に搭載されるレベル、長い視界、けして悪くはいが、それを上回るほどの装甲厚のなさ、被弾面積の大きさが‥
ただしこいつと同じTire4にはM3Lee、A-20、38(t)n.A,B1などなどマゾが多いからそれにべりゃそこまでかな
16 ななしのよっしん
2013/10/28(月) 22:04:09 ID: wJvebiOi1D
戦歴を見る限り一番まともに戦った多砲塔戦車はこれなはず。
少なくともT-35よりははるかマシだったし、なら走攻守とも同時期のドイツ戦車とタメをれる程度のスペックはあった。
安定装置や動の搭載など、先進技術を詰め込んだ車両だったんだが…いかんせん当時のソ連には生産・整備・運用の面で荷が重すぎた。
17 ななしのよっしん
2013/10/29(火) 20:38:00 ID: wJvebiOi1D
あとT-28スペイン内戦にもノモンハンにも投入されてないと思う
18 ななしのよっしん
2014/02/14(金) 22:44:59 ID: xzIaNC63PM
×1 + ×2なのを多砲塔戦車というのは違和感がある。
英語にしたらどっちもturretで、multi-turreted tankになるのはわかるけど。
19 ななしのよっしん
2014/02/19(水) 10:57:36 ID: pXhMFR+13k
もうこれとT-26ソ連戦車でなく、フィンランド戦車って見えてしまう。
20 ななしのよっしん
2016/08/26(金) 11:29:46 ID: Xvk29CB4dl
1933年当時の他の戦車のことを考えるとそう悪い戦車じゃないというか30mmの装甲はむしろ重装甲の類
同期で他に類し得る量産戦車ルノーB1くらい(他は35年の95式重戦車35mmか)

この時期の戦車進化速度すぎる
21 ななしのよっしん
2017/01/09(月) 13:20:04 ID: HS8A8nJ5Qe
>>14
なんでも図体でかくてそれな重いから新車載テストベッドに暫く使われていたとか何とか
T-34にも搭載された中身76ミリとか57ミリ速射とかもこれで試験してデータ取った…のかなぁ
85ミリも載せてみたらしいが流石に故障が頻発したようで
22 ななしのよっしん
2017/01/11(水) 21:33:07 ID: SinBqvEqVP
>>15
nAっちゃんは初心者が虎をすと乗ると苦行なだけでLTとしては教科書レベルの代物だからそれほどでは……
まぁ、T-28普通ティア車両とも戦える性なのは大いに認めるところだけど

史実はフィンランドが強かったのもあるんだろうけど、絶対運用がクソだったろこれは。いくらなんでも撃破されすぎではないかね
23 ななしのよっしん
2018/05/13(日) 14:06:44 ID: a7EuARDk/B
T-34は大戦中約55000輌製造されてその内約45000輌撃破されても最終的にソ連は勝ってるから問題ない
24 ななしのよっしん
2019/08/12(月) 17:08:14 ID: MsIvoDhonY
乗ってて楽しい多、こいつも例に漏れずやること多くて楽しい戦車。史実では意外と活躍したのでやはり運用さえ間違えなきゃ兵器は強いのだ。

急上昇ワード

2019/08/22(木)11時更新