TG ハルバード・キャノン単語

テックジーナスハルバードキャノン

リミッター解放、レベルマックスレギュレーターオープンオールクリア
限のよ、時を突き破り、未知なる世界を開け!
GO、デルタアクセルカモン!TG ハルバード・キャノン!

 

TGハルバード・キャノンとは、アニメ遊☆戯☆王ファイブディーズ」に登場するシンクロモンスターである。

概要

アニメでのカード名は「TG ハルバード・キャノン MAXXX-」であった。アニメテキストは以下。

デルタアクセルシンクロ・効果モンスター
12/地属性/機械族/攻4000/守4000
シンクロチューナーチューナー以外のシンクロモンスター2体以上
このカードフィールド上に表側表示で存在する場合、
モンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚を効にして破壊することができる。
この効果はこのカードシンクロ召喚素材としたモンスターの数だけ行うことができる。
このカードフィールドを離れた時、エクストラデッキ
TG ブレード・ガンナー MAXX-10000」1体を自分フィールドに特殊召喚することができる。
相手フィールド上に存在するモンスターが、カード効果によってフィールドを離れる場合
その効果を効にしてそのモンスターの攻撃80ポイントダウンさせる事ができる。

遊戯王カードWikiexit より 

アークレイドル内で全ての記憶を取り戻し、遊星ギアの番人として遊星の前に立ちはだかるアンチノミーが使用したアクセルシンクロえるデルタアクセルシンクロモンスター
限界えた地、トップクリアマインドに達することでのみ使用可となる。

TG レシプロドラゴンフライ」の効果によって、アクセルシンクロモンスター、「TG ブレード・ガンナー MAXX-10000」のシンクロを解除し、「TG ワンダー・マジシャン SCX-1000」と「TG ハイパー・ライブラリアン SCX-1100」を特殊召喚。そしてレシプロドラゴンフライハイパーライブラリアンワンダー・マジシャンの3体をシンクロ素材としてこのモンスターデルタアクセルシンクロ召喚された。

最後の効果によって「シューティング・スター・ドラゴン」の自らを除外する効果を効として攻撃を下げ、一つの効果で新たなモンスターの展開を妨して遊星を苦しめる。
しかし、遊星は攻撃の低下を効にしてその数値分のダメージを相手に与えるモンスターバランスシューター」と800ポイントの攻撃を犠牲に戦闘破壊を免れる永続「エンデューロ・ソウル」、さらにそのターンの自分への戦闘ダメージを0にする「ネクロ・ディフェンダー」、そして自身の効果で3回連続攻撃が可となった「シューティング・スター・ドラゴン」の自爆特攻コンボを組む。「バランスシューター」の効果による計2400ポイントダメージによってアンチノミーは敗れた。
このとき、「シューティング・スター・ドラゴン」は自爆特攻をしているが、演出の関係で、このモンスター戦闘破壊されたように描かれた。実際に戦闘破壊したわけではないが、シューティングスターアンチノミーデルタアクセルえたという意味での演出だろう。

作品中で明かされなかった裏設定として、アンチノミーには、「遊星の前に立ちはだかり、デルタアクセルシンクロの存在を教え、実際にの前で見せつけ、追い詰めることで遊星デルタアクセルシンクロ地に、「コズミック・ブレイザー・ドラゴン」にたどり着くように、という考えがあったようだ。しかし、遊星デルタアクセル地には達せず、「シューティング・スター・ドラゴン」とほかのカードコンボによってこのモンスターを破った。
そして最終決戦、自らの写し身であるZ-ONEとの戦いに臨んだ遊星は……。


以下は、少々ネタバレを含む解説。(ネタバレ部分を見たい方は「」内を反転頂きたい。)

アニメ中に登場した一のデルタアクセルシンクロモンスターである。Z-ONEのいた未来と地続きになっている世界では遊星は「コズミック・ブレイザー・ドラゴン」というデルタアクセルシンクロモンスターを使用していたようだが、実際にアンチノミーZ-ONEが対峙した世界遊星トップクリアマインド、デルタアクセルシンクロをさらにえるオーバートップクリアマインド、リミットオーバーアクセルシンクロまで到達し、「シューティング・クェーサー・ドラゴン」を使用しているため、実際にアニメに登場することはかった。

他にも、このカードの「TG ブレード・ガンナー」を特殊召喚する効果は、最後までフィールドに留まったままだったため使用されることはかった。

効果名は「クローズサモン」。

このカードが召喚されるときは、爆発が起き、炎を切り裂いて現れるというダイナミックな演出がなされた。
遊星うわああああああああああああん!」
カード名後半のMAXX-10000の部分は読み上げるときに発音されない。

 

カード名に用いられている「ハルバード(halberd)」は15~19世紀ごろのヨーロッパに用いられていた武器。の穂先にが、反対側にはピック(突起)が取り付けられているいいとこ取りのような武器であり、多な使い方が可であった。が、その分重量もあり、多な使い方から、適切な判断、速な対応を必要とする扱いにくい武器でもある。
星のカービィシリーズの「戦艦ハルバード」などでこの言葉をにした事のある人も多いだろう。
OCGにも「剣闘獣の闘器ハルバード」という装備魔法が存在する。

OCGにおいて

VSアンチノミー戦の少し後、2011年2月11日に発売された「EXTREME VICTORY」でOCGに登場した。
レアリティウルトラレア及びアルティメットレアテキストは以下の通り。

シンクロ・効果モンスター
12/地属性/機械族/攻4000/守4000
シンクロモンスターチューナー1体+チューナー以外のシンクロモンスター2体以上
このカードシンクロ召喚でしか特殊召喚できない。
このカードフィールド上に表側表示で存在する場合、
ターンに1度だけモンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚を効にし破壊する事ができる。
このカードフィールド上から墓地へ送られた時、
自分の墓地に存在する「TG」と名のついた
モンスター1体を選択して特殊召喚する事ができる。

遊戯王カードWikiexit より引用

 アニメ版と較した場合、まずカード名が「TG ハルバード・キャノン」と変更されているほか、シンクロ召喚以外の方法による召喚が不可能になってしまった。召喚効効果は、シンクロ素材の数による制限がなくなった代わりに、1ターンに1度しか使用できなくなった。特殊召喚効果は、対が広がった代わりに条件がフィールドから墓地へ送られる、と厳しくなり、召喚できるモンスターのいる場所も異なっている。最後のフィールドを離れるのを効にする効果は全になくなった。総合的に見て弱体化している。

ステータスは攻守共に4000と高く、さらに召喚を一回効にできるので、相手が機械族の敵である「キメラテック・フォートレス・ドラゴン」のために「サイバー・ドラゴン」を召喚してきてもその場で効にして防げる。さすがに2体以降の「サイバー・ドラゴン」を連続で出されてしまうとつらいが。

シンクロモンスター3体という条件はかなり厳しく、まず素材フィールドにそろえるのが大変な上、仮にシンクロ召喚に成功したとしても、破壊耐性は一切ないので、「奈落の落とし穴」「次元幽閉」「ライトロードハンター ライコウ」などで簡単に除去される可性が高い。苦労して3体のシンクロモンスターを失ってまでこのカードを出したのに簡単に除去されてしまったのではしゃれにならない。こちらを呼び出すより素材シンクロモンスターで総攻撃を仕掛けたほうがいい場合も多い。使うならこのカードの召喚に特化した専用デッキが必要だろう。


 もともと厳しい召喚条件から使用しにくいモンスターであったのだが、「シューティング・クェーサー・ドラゴン」の登場によってこのカードの立場がさらに危うくなっている。このカードと同じシンクロ素材で、連続攻撃に加え、効果効化を持ち、墓地送り以外の方法でフィールドから離れても後続が呼び出せる、というこのカードの足りない部分が補われているので、基本的には向こうが優先される。
むこうはアニメ的にもこちらを上回るものとされているため、仕方ないといえば仕方ないのだが。

関連動画

 

関連商品

関連コミュニティ

 

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/tg%20%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%8E%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

TG ハルバード・キャノン

31 ななしのよっしん
2017/02/18(土) 23:28:49 ID: SbwWgYrxBW
ズミックの離れるのはシューティングスターと違ってカード効果じゃなくコストだから一方的ボコるのは理じゃね?
32 ななしのよっしん
2018/01/10(水) 14:52:50 ID: MwxBn2Ka1w
効果をアニメに近く、そしてイラストをもっとカッコよくしてほしい
キャノンぶっ放すとかハルバードをサンライズパースで持つとか
あとはTGデッキで出すことにもっと意味があったら切り札として申し分ない
33 ななしのよっしん
2018/03/23(金) 21:11:39 ID: 7ElfAuODmU
>>29
ズミックがいなくてもブレガンレシプロの使用を強制すると言っても過言じゃない性の時点でハルバードを新マスタールールで使うことはない
たかだか召喚封じるだけの耐性皆無モンスターだし
34 ななしのよっしん
2018/10/03(水) 11:40:41 ID: 50HQUHtC6X
トライデントランチャーの制約のおかげで採用されるかもね
TG一の制圧効果持ちだしトライデントランチャーの効果で対耐性はつく

相手ターンアクセルシンクロズミックは知ら管
35 ななしのよっしん
2018/12/06(木) 07:46:10 ID: CF18t0bCc/
これハルバードじゃなくグレイヴなんじゃ…
36 ななしのよっしん
2018/12/26(水) 19:03:48 ID: KWrRh1DhtT
予想外/バスター来て、出せれば強そうな効果はしてるから狙う価値はあるかな
37 ななしのよっしん
2018/12/26(水) 19:25:24 ID: n8NpqCbvY7
ただでさえ出すのに手間がかかりまくるデルタアクセルシンクロモンスターを更にバスター化させるってなんだこの重量モンスター
でも後続を出すのにブレードガンナーを召喚→解体する必要がくなる事を考えたらまだ楽か…?
38 ななしのよっしん
2018/12/26(水) 20:24:19 ID: XxFsUxl1tT
ズミックとべて出す有用性が低かったってだけで
トライデントランチャーデルタアクセル自体は割とホイホイ出来るしバスター新規も有能
単体の性でコズミックと勝負にならなかった以上いい救済法だと思う。
39 ななしのよっしん
2018/12/26(水) 23:13:36 ID: T8yAZ4UJUB
TGOCGオリ新規なら禁止にさせた時のための専用ハリファイバーか新規アクセルシンクロでもくれよ…
コンマイデルタアクセル狙いのデッキ関係のカード詰む余裕あるとでも思ってんのか?
/バスターと素ハルバが両方とも生のタイミング逃すのが最高に笑えないギャグ
40 ななしのよっしん
2019/01/13(日) 19:07:11 ID: /kDiPwnjFl
/バスターが凄いラーズアングリフ感ある