THAAD単語

サード
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

THAAD(Terminal High Altitude Area Defense:終末高高度地域防衛)とは、アメリカで開発された弾道ミサイル迎撃システムである。

歴史

北朝鮮ミサイルが発射されそうになると沖縄派遣されるのでおなじみ、パトリオットPAC-3は高高度から迫りくるミサイルの弾頭(※ICBMとか普通爆弾が詰まった頭の部分だけが落ちてくる)を迎撃するミサイルであるが、射程が短いという難点がありICBMならともかくIRBM(中距離弾道弾)は迎撃しずらいという問題を抱えていた。そこでPAC-3の弱点をカバーするべく開発されたのがTHAADである。

1987年から開発が始まったが開発におっそろしく時間がかかり(途中あまりに実験に失敗するので予算削減されたことすらある)アメリカ内での配備は2007年と実に開発開始から20年もかかっている。

概要

敵の弾道ミサイルを高度40150kmで直撃破壊する。迎撃に使用するミサイルは1段式の固体燃料ロケットで有効射程距離200km以上。レーダーによる電波で誘導され、終末段階で先端に搭載されたキネティック弾頭が切り離され、弾頭に内蔵された赤外線シーカー標を補足し、スラスターで軌を制御して標に直撃する。[1]

THAADを構成する最小の単位であるバッテリー(※中隊とも)はTHAADミサイルを八発搭載するランチャー車両が9両、後述する2種類のレーダー車両、射撃統制ユニット2両で構成される。

THAADで使用されるレーダーTPY-2は2種類あり、THAAD中隊が使用するターミナル・モードのTPY-2射撃管制レーダー(捜索距離は約1000km)と、期警任務に就くミサイル防衛中隊が使うフォワードベースド・モードのTPY-2前方配備レーダー(捜索距離2400km以上)がある。日本においては2006年青森県2014年京都府の経ヶ岬にTPY-2が配備されており、この2基は日本グアム方面を狙う弾道ミサイル期警レーダーとして運用されているのではないかと推測されている。[2]

2017年には米軍韓国にTHAADを配備している。[3]

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *「(Vol 15)海外派遣されるミサイル砲兵団:THAADとMLRS軍事研究2017年6月
  2. *「(Vol 15)海外派遣されるミサイル砲兵団:THAADとMLRS
  3. *韓国配備のTHAADが使用可能に=米軍exit 2017.5.2

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/thaad

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

THAAD

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • THAADについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/10/18(金)23時更新