THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!!2015単語

アイドルマスターマスターズオブアイドルワールドニセンジュウゴ
  • 10
  • 0pt
掲示板へ

THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!!2015とは、アイドルマスターライブイベントである。

公式サイトexit

動画タグ用 : M@STERS_OF_IDOL_WORLD!!2015exit_nicovideo

概要

2015年7月18,19日に開催されたライブイベント
アイドルマスター10周年を記念する、アイマス史上初のドーム西武ドーム)での開催となった。
テーマは「お祝い」と「お祭り」。

ディレ1こと石原章弘氏によると会場の約3万9000席が売、さらにライブビューイングが全50館加わり、2日間での動員数は約10万人公式発表されているexit。まさにお祝いとお祭りアイマス史上最大のライブとなった。

10周年を記念する本ライブテーマ曲として『アイ MUST GO!制作され、itunesで先行配信されたexit現在は配信終了)。公式歌詞も公開されてexitおり、ライブでは約3万9000人による大合唱となった。

アイ MUST GO!』の大合唱に対して、出演者退場の際に中村繪里子の「静かに」のジェスチャーで約3万9000人のプロデューサーが一にして静まり、ドームは恰も人の如く、そして燃え滾る熱気に包まれる中で中村繪里子今井麻美によるマイクしでの「ありがとうございました!」がき渡る。
10周年にして、めてプロデューサープロデュンヌアイドル(出演者)達との団結が示されたライブであった。

開催日時

会場の都合により終演時間は21:00前になるとのことであったが、19日は時間が押し、終演は21:02(9:02pm)だったらしい。

開催場所

出演者 (1日目)

765PRO ALLSTARS+より

MILLION STARS より

CINDERELLA GIRLS より

出演者 (2日目)

765PRO ALLSTARS+より

MILLION STARS より

CINDERELLA GIRLS より

声の出演・サプライズ出演

声の出演

1日目の最後に登壇

セットリスト

1日目

  1. オープニング
  2. THE IDOLM@STER (765PRO ALLSTARS+)
  3. READY!! (765PRO ALLSTARS+)
  4. MC-1
  5. START!! (中村繪里子)
  6. ラムネ色 青春 (釘宮理恵, 下田麻美, たかはし智秋)
  7. Pon De Beach (沼倉愛美)
  8. 待ち受けプリンス (今井麻美, 原由実)
  9. YOU往MY進! (下田麻美)
  10. MC-2
  11. ALRIGHT* (浅倉杏美)
  12. 自転車 (平田宏美)
  13. DIAMOND (釘宮理恵)
  14.  (滝田樹里)
  15. THE 愛 (中村繪里子, 浅倉杏美, 滝田樹里)
  16. MC-3
    西武プリンスドーム スペシャルメドレー with CINDERELLA GIRLS / MILLIONSTARS~(1732
  17. GO MY WAY!! (たかはし智秋, 今井麻美)
  18. 太陽のジェラシー (中村繪里子)
  19. おはよう!!朝ご飯 (沼倉愛美)
  20. CHANGE!!!! (平田宏美, 下田麻美, 滝田樹里)
  21. First Stage (浅倉杏美)
  22. Here we go!! (釘宮理恵)
  23. 魔法をかけて! (原由実)
  24. ブレイクタイム
  25. ふるふるフューチャー☆ (中村繪里子, 沼倉愛美)
  26. ID:[OL] (滝田樹里)
  27. エージェント夜を往く (平田宏美)
  28. ポジティブ! (下田麻美)
  29. The world is all one !! (釘宮理恵, 浅倉杏美, 原由実)
  30. 9:02pm (たかはし智秋)
  31. 蒼い鳥 (今井麻美)
  32. 自分REST@RT (765PRO ALLSTARS+)
  33. 休憩バズーカタイム
  34. DREAM (今井麻美, 釘宮理恵, 原由実)
  35. 嘆きのFRACTION (たかはし智秋)
  36. Rebellion (沼倉愛美)
  37. relations (下田麻美, 滝田樹里)
  38. 絶険、あるいは逃げられぬ恋 (平田宏美)
  39. オーバーマスター (浅倉杏美, 原由実, 沼倉愛美)
  40. Fate of the World (今井麻美)
  41. KisS (原由実)
  42. 笑って! (中村繪里子)
  43. MC-4
  44. またね (釘宮理恵)
  45. First Step (浅倉杏美)
  46. 君が選ぶ道 (滝田樹里)
  47. 風花 (原由実)
  48. 細氷 (今井麻美)
  49. LOST (平田宏美, 下田麻美, 沼倉愛美, たかはし智秋)
  50. 私たちはずっと…でしょう? (中村繪里子, 今井麻美765PRO ALLSTARS+)
  51. MC-5
  52. Destiny (765PRO ALLSTARS+)
  53. アイ MUST GO! (765PRO ALLSTARS+)
  54. 社長プロデューサーディレクター挨拶
  55. EN1. M@STERPIECE (THE IDOLM@STER THREE STARS!!!)
  56. EN2. 虹色ミラクル (765PRO ALLSTARS+)
  57. MC-6
  58. EN3. THE IDOLM@STER (THE IDOLM@STER THREE STARS!!!)
  59. エンディング

休憩中BGM(スペシャルメドレー後)

  1. いっぱいいっぱい
  2. スマイル体操
  3. Day of the future
  4. L・O・B・M
  5. Colorful Days

2日目

  1. オープニング
  2. READY!! (765PRO ALLSTARS+)
  3. お願い!シンデレラ (CINDERELLA GIRLS)
  4. Thank You! (MILLIONSTARS)
  5. THE IDOLM@STER 2nd-mix (THE IDOLM@STER THREE STARS!!!)
  6. MC-1
  7. Welcome!! (MILLIONSTARS)
  8. MC-2
  9. キラメキラリ (平田宏美, 滝田樹里, 浅倉杏美)
  10. Vault That Borderline! (今井麻美, 原由実)
  11. We're the friends! (大空直美, 洲崎綾, 五十嵐裕美)
  12. できたてEvo! Revo! Generation! (大橋彩香, 福原綾香, 原紗友里)
  13. 星屑のシンフォニア (伊藤美来, 雨宮天, 麻倉もも)
  14. Sentimental Venus (夏川椎菜, 渡部優衣, 木戸衣吹)
  15. MC-3
  16. ジレるハートに火をつけて (藤井ゆきよ, 上田麗奈, 愛美)
  17. Shooting Stars (田所あずさ, 山崎はるか, Machico)
  18. Orange Sapphire (松嵜麗, 佳村はるか, 山本希望, 黒沢ともよ)
  19. ØωØver!! (青木瑠璃子, 高森奈津美)
  20. SMOKY THRILL (下田麻美, たかはし智秋, 釘宮理恵)
  21. 乙女よ大志を抱け!! (中村繪里子, 沼倉愛美)
  22. GOIN'!!! (CINDERELLA GIRLS)
  23. MC-4
    西武プリンスドーム スペシャルメドレー~(24~41
  24. GO MY WAY!! (たかはし智秋, 今井麻美, 山崎はるか, 大橋彩香, 原紗友里, 上田麗奈, 福原綾香, 田所あずさ)
  25. 素敵なキセキ (山崎はるか, 大橋彩香)
  26. Super Lover (渡部優衣, 松嵜麗)
  27. トキメキの音符になって (麻倉もも, 佳村はるか, 原由実)
  28. CHANGE!!!! (下田麻美, 平田宏美, 滝田樹里, 山本希望, 洲崎綾, 大空直美, 雨宮天, 藤井ゆきよ, Machico)
  29. あんずのうた (五十嵐裕美, 木戸衣吹, 浅倉杏美)
  30. Romantic Now (黒沢ともよ, 夏川椎菜, 伊藤美来)
  31. ミツボシ☆☆★ (原紗友里, 上田麗奈)
  32. ブレイクタイム
  33. ふるふるフューチャー☆ (中村繪里子, 沼倉愛美, 伊藤美来, 愛美, 渡部優衣, 高森奈津美, 青木瑠璃子, 松嵜麗)
  34. フローズン・ワード (藤井ゆきよ, 洲崎綾, 夏川椎菜)
  35. Believe my change! (Machico, 山本希望, 黒沢ともよ)
  36. ライアー・ルージュ (雨宮天, 大空直美, 沼倉愛美)
  37. The world is all one !! (釘宮理恵, 浅倉杏美, 原由実, 木戸衣吹, 麻倉もも, 夏川椎菜, 五十嵐裕美, 佳村はるか, 黒沢ともよ)
  38. Twilight Sky (青木瑠璃子, 愛美)
  39. おねだり Shall We 〜? (高森奈津美, 伊藤美来)
  40. Never say never (福原綾香, 田所あずさ)
  41. いっしょ (今井麻美, 中村繪里子, 福原綾香, 田所あずさ, 大橋彩香, 山崎はるか, 原紗友里, Machico)
  42. 休憩バズーカタイム
  43. 自分REST@RT (765PRO ALLSTARS+)
  44. MC-5
  45. オーバーマスター (浅倉杏美, 原由実, 沼倉愛美)
  46. relations (下田麻美, 滝田樹里)
  47. Blue Symphony (雨宮天, 田所あずさ, 夏川椎菜)
  48. Marionetteは眠らない (伊藤美来, 藤井ゆきよ)
  49. Memories (洲崎綾, 青木瑠璃子, 佳村はるか)
  50. Nation Blue (福原綾香, 山本希望, 五十嵐裕美)
  51. MC-6
  52. オルゴールの小箱 (大空直美, 原紗友里, 黒沢ともよ)
  53. メッセージ (大橋彩香, 高森奈津美, 松嵜麗)
  54. 瞳の中のシリウス (上田麗奈, 愛美, Machico)
  55. ココロがかえる場所 (山崎はるか, 木戸衣吹, 渡部優衣, 麻倉もも)
  56. my song (中村繪里子, 今井麻美, 釘宮理恵, 平田宏美, たかはし智秋, 下田麻美)
  57. MC-7
  58. Star!! (CINDERELLA GIRLS)
  59. Dreaming!(新曲) (MILLIONSTARS)
  60. M@STERPIECE (THE IDOLM@STER THREE STARS!!!)
  61. MC-8
  62. EN1. カーテンコール (THE IDOLM@STER THREE STARS!!!)
  63. EN2. THE IDOLM@STER (THE IDOLM@STER THREE STARS!!!)
  64. MC-8
  65. EN3. アイ MUST GO! (THE IDOLM@STER THREE STARS!!!)
  66. エンディング

休憩中BGM(スペシャルメドレー後)

  1. PRETTY DREAMER
  2. ススメ☆オトメ~jewel parade~
  3. ONLY MY NOTE
  4. DRIVE A LIVEJupiter ver.)[1]
  5. “HELLO!!”

主なできごと

1日目

憧れの球場

開演前の注意アナウンスを一般のスタッフが行っていたが、数回に聞き覚えのあるが・・・
なんと松嵜麗渡部優衣ホムラジコンビが夢の西武ドームでのアナウンスを行い、大歓いた。
やっぱりやきうじゃないか!(歓喜)
なお、このときが開場~開演までの2時間で最初に盛り上がった間である。(開場時の拍手を除く)

まさかのネタバレ

1日7月18日、同野球場を本拠地とするプロ野球チーム埼玉西武ライオンズの所属選手であるアンソニー・セラテリが、ライブ会場の内部を撮影した写真Instagramを通じてTwitter開示してしまう。(公式でも明かしていない所謂ネタバレ現在は画像,Tweet共に削除済み)

白き旋風

下田麻美が歌う『YOU往MY進!』では9thライブに引き続きサビの部分でタオルが一斉に振り回されたのだが、約3万9000人によるそれはまさに圧巻にして壮観の一言。そして灼熱のドーム内でもが思うのであった・・・

涼しい、と。

真実の"赤"

8thライブ以降沼倉愛美が毎回歌っている『Rebellion』最大の見せ場「真実の赤」が、西武ドーム約3万9000人で炸裂した。これは、2番のサビ歌詞に合わせて、浅葱色パーソナルカラー)のサインライトを一斉に赤色に持ち替えるという、常連プロデューサーにはお染みの演出。疑いようなく過去最高規模の「」がドーム天井を染め上げ、後半に差し掛かったライブは最高潮の盛り上がりとなった。

しかし、これが2日にあんなことになるとは、この時はまだも知らなかった・・・

もうひとつの"赤"

1日休憩後の『DREAM』から始まった"熱い"ステージパート、そのラストを飾ったのは中村繪里子が歌うミドルバラード笑って!』であった。満面の笑みを湛えドーム内にき渡るその優しい歌ヒートアップしていたプロデューサーたちの心を穏やかにしていく。そして暖かなサインライトに照らされながらレッドステージで歌う彼女の正面、メインステージ中央に1本の照明が静かにる。

それは「春香と一緒に歌わせたい」という、1stライブから参加している照明担当S氏によるな演出であった。

10年前の出会い、そして『またね』

またね』を歌い始めた釘宮理恵から大粒の涙が溢れた。客席からは「くぎゅー!」「がんばれー!」との歓が飛んだが、彼女のブログexitによると、曲の冒頭「君と偶然」という言葉に「私と伊織プロデューサー1人1人とアイドルマスターの出会いを感じた」とのこと。おそらく、直前のMC-4で中村繪里子らが(『笑って!』→「座って!」のまさかのコンボを炸裂させつつ)「キャラクターをただ演じるだけではなく、この10年ともに歩んできた」と話すのを、スタンバイしながら聞いていたためと思われる。

この涙をきっかけに、ライブは感動の最終ブロックへと進んでいく。

歌姫降臨

アイマスライブ初のインカム使用となった沼倉愛美の『Pon De Beach』(水鉄砲の連射付き)、数多のプロデューサープロデュンヌ昇天した平田宏美の『絶険、あるいは逃げられぬ恋』に続き、MASTER ARTIST 3シリーズより披露された今井麻美の『細氷』。
今井本人をして"今までで一番難しい曲"と言わしめた本楽曲であるが、メインステージで歌うその姿(オプション装備付き)はまさに歌姫そのものであった。そして曲の後半、スモークの中に浮かび上がるひとつの影。それがステージ上で共に歌う千早の姿に見えたのはおそらく気のせいではないだろう。

みんなと"運命"感じちゃうかなと思って

ライブ初披露となった『Destiny』の間奏時、円形ステージを生かした約3万9000人によるウェーブが行われたのだが、最初に掛けをかけた中村繪里子が「実はタイミング若干かった」と後にっている。しかし次の滝田樹里平田宏美によって見事に修正され、最後は璧とも言えるタイミングドーム内を駆け抜けウェーブを完成させた。

これもまた、10年という軌跡が生み出した運命なのかもしれない。

2日目

武内駿輔 "高校生最後の夏休みの思い出"

2日社長による前説でいつもの呼び掛けを行ったところ、なんと赤羽根P武内Pドームに登場し、会場は大歓黄色い悲鳴、野太い悲鳴がいた。よくよく考えてみたら武内くんはこの時まだ高校3年生。高校最後のの思い出が西武ドーム約3万9000人の大歓この子未来尊い(震え声)

なお、赤羽根P武内Pメドレー後の小休憩タイムにも再度登場しサイン入りボールの入ったバズーカを連射。その際、『GOIN'!!!』が流れていたときに武内P休憩室で食事を取りながら号泣していたことを赤羽根Pに盛大に暴露された。

ドームで迎えた誕生日

SideMを含めて300人近いアイドルを擁し、それを演じる声優100人を越えた(いずれも10th当時)今のアイマスで、幸運にもこの10thのドーム誕生日を迎えることが出来た人物が2人いる。

1人は夏川椎菜
初日の7月18日に19歳の誕生日を迎えた彼女は、2日開演前の場内アナウンス伊藤美来黒沢ともよとともにシークレットで実施。アナウンスの最後に正体を明かすと、伊藤黒沢マイクジャックして誕生日を祝福。突然の出来事に白黒させながらお礼を述べるのだった。
(このときの舞台裏の様子は、10thパーフェクトボックスの特典であるドキュメンタリー映像に収録されている)

もう1人は三浦あずさ
2日7月19日誕生日を迎えた彼女は、この日竜宮小町として登場した「SMOKY THRILL」の間奏で、双海亜美水瀬伊織の前振りから、会場およびLVに集う5万人のプロデューサーによる「お誕生日おめでとう!」コールで祝福される。
これに対しお礼を述べながらも「みんな」を応援してくださいと応えるのはいかにもあずさらしい回答と言えるだろう。

すべてが見どころのドリームメドレー

セットリストを確認していただければ分かるとおり、ドリームメドレーはすべて765PRO ALLSTARS+、シンデレラガールズミリオンスターズいずれかの混成ユニットによって歌われた今回ならではのスペシャル仕様

シンデレラミリオンセンターレッドにして、笑顔だけはにも負けないスマイルマスター大橋彩香山崎はるかによる『素敵なキセキ』を皮切りに、前述の野球好き好きホムラジコンビの『SuperやきうLover』、「お茶飲みたいお帰りたい」の掟破りの『あんず(み)のうた』、遂に邂逅を果たしたロッカアイドル青木瑠璃子愛美の『Twilight Skyダブルエアギターメドレーラスト前を圧倒的な存在感で占めたブルーボーカリスト福原綾香田所あずさの『Never say never』(通称ネバネバうどん)と、挙げればキリがない。一部のエピソードに関しては楽曲の個別記事も参照のこと。

また、雨宮「そら」と「そらそら」の『ライアー・ルージュ』、「みくにゃん高森奈津美と「みっくにゃん伊藤美来の『おねだり Shall We ~?』など、一発ネタ先行と思われる選曲もありながら、どれもただのネタで終わらせないハイクオリティを見せたのは、アイドルマスターの10年を背負った者たちと、その先を共に背負う者たちの持のなせる業だったのかもしれない。

真実の"白"

チーム合同MC-6で前日の「真実の赤」の話題になり、約3万9000人(&照明)による「真実の赤」が再び炸裂することに。共有財産と化してしまい「私だけの色だったのに~」と悔しがる沼倉愛美でPityこと田所あずさがポツリとく。

真実も見たい」

当然のように音頭をとることになった田所。全プロデューサーサインライトを掲げ、もう片手にを用意、そして田所が歌いはじめる。

覚めゆく真実の~

まさかの田所の仰ポカに、ステージ上のアイドルサインライトを用意していた全プロデューサーは盛大にずっこけるのであった。さすがPity、これがホリプロ田所あずさである。(なお、この後もう一度やり直し、真実開くことができた。)

終わらないmy song

「皆さん気付かれましたか?このメンバー・・・ずっと10年いっしょです。」

my song』は釘宮理恵お気に入りの楽曲であり、これまでのライブでは彼女ソロが多かったが、本ライブでは中村繪里子今井麻美釘宮理恵平田宏美下田麻美たかはし智秋の6名によって歌われた。
アイマスを初期より支え続けた彼女たちによる終わることのないmy song、そのメロディがこれからも変わることなく紡がれていくことを願わずにはいられない。

そしてライブは涙と感動の最終ブロックへと突入していく。

これが、アイマスの理想像(マスターピース)

2日間のライブも大詰め。アンコールを除く最後のトリとなる『M@STERPIECE』は765PRO ALLSTARS+からの入りとなるが、中盤の「きの向こう側へ進め ALL STARS!!」の歌詞と共にシンデレラガールズミリオンスターズも合流しTHE IDOLM@STER THREE STARS!!!での歌唱となる。メンバー総出演となった曲の後半、レッドステージで歌っていた中村繪里子が突如その場にしゃがみ込んでしまう。

「夢を初めて願って 今日までどの位経っただろう」

アイドルマスターよりも長く支え続けた彼女だからこそ、この歌詞に感極まってのことだったようだが、この時隣いた山崎はるかは後にミリオンラジオにて「里子さんが熱中症で具合が悪くなったのかと思った」とっている。慌てて駆け寄り中村の顔を覗きこんだのだが、泣きながら笑っていたとか。反対側にいた大橋彩香もすぐに気づき、笑顔の二人に両肩を支えられながら立ち上がるは、まさにアイマスの10年が産み育て、これから先を共に担うアイドルマスターの結晶そのものであっただろう。

退場シーンのエトセトラ

アンコールも含めた全プログラム終了後、出演者全員の退場は球場ホームベース側にあるレッドステージに両側のから一人ずつ合流し、一言挨拶をしてからレッドステージの階段から撤収、という流れであった。

もちょ()

もちょだった。るるきゃんはらみーと『トキメキの音符になって』を歌い、るるきゃんによる野獣の眼光を受け、周りのPを不安にさせるほどもちょだった。「カップラーメンが食べたい」と言ったら舞台裏に山積みで用意されていた。

影(?)の立役者・西武グループ

開催場所が西武ドームと言う事もあり、観客輸送を一手に引き受ける事になった西武グループ各社だが、中の人にPがいたのか中々はっちゃけていた様子が伺えた。例を挙げていくと・・・

その他余談

関連動画

10:13辺りから10thライブ情報

レッドアロー臨時列車の特別放送。実際は池袋後の案内と、西武球場前に到着予告の2種類の音があった

Live Blu-rayダイジェスト

ダイジェスト映像第1弾はシンデレラガールズ、第2弾はミリオンライブ、第3弾は765PRO ALLSTARS+がメインとなっており、第4弾はメイキング映像となっている。ダイジェストだけで1時間とかおかしいだろ(褒め言葉)

Live Blu-ray発売記念ニコ生

関連商品

ライブBlu-rayは2016年6月8日にlantisより発売exit

関連項目

2014年 2015年 2016年
ANNIVERSARYライブ WE ARE M@STERPIECE!! M@STERS OF IDOL WORLD!!2015 -
その他のライブ 合同ライブ M@STERS OF IDOL WORLD!!2014 -
シンデレラガールズ単独 WONDERFUL M@GIC!! SUMMER FESTIV@L 2015 TriCastle Story
PARTY M@GIC!! シンデレラの舞踏会
ミリオンライブ単独 HAPPY☆PERFORM@NCE!! ENJOY H@RMONY!! BELIEVE MY DRE@M!!
SideM単独 - ST@RTING! -

脚注

  1. *余談だが、『DRIVE A LIVE』が流れた時、大きな歓とともにコールが入っていた。(yeah!315!など)なおこの模様はBDに収録されている。

【スポンサーリンク】

  • 10
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/the%20idolm%40ster%20m%40sters%20of%20idol%20world%21%212015

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!!2015

404 ななしのよっしん
2019/01/06(日) 14:44:32 ID: Uj86qA371B
なんかこう765のその後の展開見る限り、やっぱりムビマスで栄の頂点極めてその最後の総決算と一区切りだった感がある
向こう側へ!から本当に向こう側を提示したんだなと
クレカ作ってなくて行けなかったの本当に悔しい
405 402
2019/01/25(金) 05:22:13 ID: spKx4eKtmz
>>403
別にアイ MUST GO!づいてないんだが
406 ななしのよっしん
2019/02/02(土) 02:11:40 ID: skLNTLesxX
生物と同じようにコンテンツも新陳代謝を繰り返さないと死んでしまう
MoIW2015でめちゃくちゃ感動した旧アイマスP現ミリオンPだけど
もし次のMoIWがあるならMもシャニマスも参加してほしい
自分が染めない可性ももちろんあるけどそれでもいいと思う
アイマスかの希望になれるコンテンツだからたとえ自分が離れても続いてほしい
407 ななしのよっしん
2019/02/06(水) 17:24:26 ID: N+l++6fB9C
>>405
403は最古参Pの話で、前書きが足りなかっただけじゃないの?
何も半年前のレスに反論せんでもw
408 ななしのよっしん
2019/02/07(木) 01:36:45 ID: EfdNL7vzx0
>>405
前書きが足りなくてすまない
>>407の言うとおりその古参Pがづいてたってこと
409 ななしのよっしん
2019/02/07(木) 01:45:31 ID: EfdNL7vzx0
>>402
笑っちゃうのはその古参PはTBイベントやってた時は
ASPは投票権をそもそも剥奪されている」とか不満を言ってたのに
いざTCにASも参加になったら
「普段新曲展開からハブってる癖にこういう時だけ」とか「等に扱ってから参加させろ」とか言い出したw
とにかく765ASミリオンを切り離させたいんだろうな
410 402
2019/02/12(火) 21:13:53 ID: spKx4eKtmz
>>408
そうだったのか噛み付いてすまない、すまない。
411 ななしのよっしん
2019/02/12(火) 21:23:35 ID: LxDzxgClbU
そういう原理義者の聞くたびに9.18は英断だったなと言わざるを得ない
少なくともヘイトガミP石原さんに向けてた人は八つ当たり以外の何物でもなかったと
412 ななしのよっしん
2019/11/02(土) 20:38:57 ID: zf6n7y8B6F
にわかに15周年に向けた動きが出始めましたね
413 402
2019/11/11(月) 17:10:52 ID: spKx4eKtmz
>>412
バンナムフェス2日中村さんが「あの言葉を言いたいですが次にとっておきます。」言ってたね。
それが来年やるバンナムフェスか、もしかしたらマスターオブアイドルワールド伏線かはわからないけど楽しみである。