The Last of Us Part II単語

ザラストオブアスパートツー
6.4千文字の記事
  • 9
  • 0pt
掲示板へ

The Last of Us Part IIとは、2020年6月19日に発売された、ゲームThe Last of Us』の続編である。

概要

2013年PlayStation 3専用タイトルとして発売され、世界中から絶賛されたサバイバルアクションThe Last of Us」の続編。PlayStation 4専用タイトルとなる。開発は前作に引き続きノーティドッグが務めている。
E3 2018でトレーラー開されると、再生回数があっという間に500万回を突破した。

前作から約4年後の世界舞台に、19歳になったエリー主人公とした物語が展開する。成長したエリーは「セラファイト」と呼ばれる集団とハードな戦いを繰り広げる。ピストル,相手から奪ったマチェットハンマーなどさまざまな武器を手にして戦い、前作ではジョエルの専売特許だった相手を“”にしたりといったスキルも身につけている。また、前作よりAI進化した「インフェクテッド感染者)」も登場する。

キスシーンでのエリーの唇や鼻のリアルな動きや顔がらむシーン戦闘シーンでのエリーと敵の自然で流れるような動きなど随所に高度なアニメーション技術が用いられている。
前作同様オープンワールドは採用せず、ステージクリアの構造を採用している。クリアする方法は複数用意され、ステージを意識させないように、戦闘エリアと非戦闘エリアシーレスに繋がっている。

ストーリー

本作は、ジャクソン(序盤)、シアトルエリー編)、シアトルアビー編)、農場、サンタバーバラ(終盤)という構成をとっている。ストーリーのボリュームは前作と較しても大規模なものとなっており、およそ20~25時間程度の時間を要する。ストーリーエリー視点アビー視点を中心として展開される。物語の中核となるシアトル編がエリーアビー双方の視点から三日間の構成で描かれるため、エリーアビー両編のボリュームはほぼ同規模と感じられる。

登場人物

主人公 

エリーウィリアムズ - Ashley Johnson 日本語吹替: 潘めぐみ

前作の主人公年齢は19歳(前作では14歳)。世界的にパンデミックを引き起こした寄生菌に感染しているものの、感染が進行せず、寄生菌への「免疫」をもっている。前作でジョエルの手によりファイアフライから救出されたものの、自身の生存と引き換えにワクチン開発の可性が消滅したこと、自身の意思とは関係にジョエルがそれを選択したことに対して複雑な感情を抱いている。生存後はジャクソン生活していたが、アビーによるジョエルへの復讐以後、アビーを追い彼女がいるとされるシアトルへと向かう。

アビーアビゲイルアンダーソン)- Laura Bailey 日本語吹き替え森なな子

本作のもう一人の主人公。販売前にはその存在が秘匿された(とはいえ、一部トレーラーに登場している)。前作でワクチン開発を担い、手術室でジョエルに殺された医師。その経緯からジョエルへの強復讐心をもち、物語の序盤のジャクソンにて的を遂行する。シアトル編では、復讐を達成してもなお満たされない感情、ジョエルへの苛復讐による元ファイアフライ仲間同士での対立、WLF兵士でありながら元ファイアフライでもあるという、といった様々な悩みに苦しむ様が描かれる。

ジョエルミラー - Troy Baker 日本語吹替:山寺宏一

前作の主人公年齢50代(前作は40代後半)。アメリカ南部出身。寄生菌によるパンデミック発生直後に自身のであるサラを失い、以降は非人的な手段を用いつつ生計をたてていた。前作では、ファイアフライの依頼により「運び屋」としてエリーを護衛する過程のなかで相互に信頼関係を形成し、最終的にはワクチン開発のためにエリーを死にいたらせようとするファイアフライを組織ごと壊滅させる選択を行う(その際アビー父親を殺する)。本作序盤では、ジャクソン穏な生活を送っていたところ、アビーに襲撃され、苛拷問の末殺される。以降はエリー回想というかたちで度々登場する。

登場勢力

ジャクソン

ワイオミング州ジャクソン群を拠点とする勢エリーとジョエルが所属する。自勢の存在を秘匿しつつも、難民などに対して好意的に接するために、多くの住民が所属している。

ワシントン解放戦線(Washington Liberation Front, WLF

シアトル中心部を勢圏におく。軍(FEDRA)の抑圧的な統治に対するレジスタンス活動を前身にもつ。軍に勝利して以降はシアトルの実質的な支配者になっているものの、実際には軍と変わらぬ苛な統治を行い、セラファイトといった対抗勢を生み出し終始抗争を展開している。軍の施設を接収したのか、食料品の生産、武器の製造、軍用の複数台の運用といった高い技術をもつ。別称は軍旗や軍用を運用することに起因する「ウルフ」。

セラファイト(Seraphites

シアトル中心部の対にあるベインブリッジを本拠とする。「預言者」と呼ばれる女性視しており、崩壊以前の文明を忌避した原始的な生活をおくる。「預言者」の死以降、教義が先鋭化したのか、WLFを含む異端者を凄惨な方法で処刑したり、顔に傷を入れるなど一見して野蛮な習慣をもっている。アビーからは狂信者として忌避されている。以前はWLFと休戦協定を結んでいたが決裂し、作中ではWLFとのな抗争を展開している。別称は「スカー」。

FEDRA連邦災害対応管理庁)

パンデミック発生後に全各地の隔離施設を管理している組織。通称「軍」。シアトルではWLFとの抗争に敗北し、作中では遺構や遺物に面影を残すのみとなっている。エリーには旧態依然の組織として忌避されているが、自身の敗北以後セラファイトのような対抗勢の登場を予言するなど、個々の構成員は必ずしも無能ではなかった模様。

トラーズ

カリフォルニア州サンタバーバラを本拠とする勢サプレッサー付きのSMGを装備するなど一見して高度な技術をもつが、実際は流民を奴隷化し労働として用いるなど非人的な統治体制を敷いている。

ファイアフライ

前作に登場する組織。前作ではFEDRAによる強権的な統治に抵抗し、パンデミック以前に存在した政府組織の復活を的としたゲリラ活動を展開していた。またワクチン開発などにも着手していたが、そのカギとなるエリーを殺解剖)しようとしたことで、ジョエルから反感をかい組織を壊滅させられる。壊滅以降は組織の解散を決定しており、各構成員はWLFに身を寄せたり(WLFでは「ソルトレイク組」と呼ばれている)、失意のうちに自殺したりしていることが作中からわかる。

寄生菌

前作・本作の元。寄生菌によるパンデミックにより、本作での文明は壊滅している。寄生菌に感染し行動を支配された「感染者」は、周囲の人間を攻撃することでさらなる感染者を増そうとする。本作の感染者は、動物を問わずあらゆる生物に攻撃を仕掛けており、条件次第ではヘラジカといった自身よりもはるかに大きな生物をも捕食できる。前作では単なる敵として描写されていたが、本作ではビンや爆発物を使った誘導を行うことで、敵対する勢感染者をけしかけることができる場面があり、運用次第では強な味方になる(その強さは大量のWLFが登場する「キャピトル・ヒル」というステージを、空き瓶二本で突破できるほど)。

なお「感染者」は、感染の進行度によって複数の種類に区別されている。

ランナー
感染したばかりの人間。第一段階。理性を失っており、周囲にいるあらゆる非感染者を攻撃する。行動が素いうえ数が多く、閉所での戦闘はかなり厄介耐久は通常の人間とさほど変わらない。

②ストカー
感染後しばらく経過した人間。第二段階。前作ではランナーとの区別はなかったが本作では物陰に隠れるなどの巧妙な行動をとる。

クリカー
感染後かなりの時間が経過した人間。第三段階。視はなく聴で周囲を把握する。前作と同様に対抗手段ないつかみ攻撃は即死扱いであり、耐久も高い。本作では、ランナーストーカーのつかみ攻撃の頻度が上がっており、ランナーに対処中にクリカーが接近・即死という連携攻撃を受けやすい。感染者の処理は計画的に行おう。

④ブローター
感染後相当の時間が経過した人間。第四段階。耐久があるうえに、つかみ攻撃は即死、距離をとれば胞子による攻撃など前作と同様にスキがない。

シャンブラー
本作に登場した新たな形態。近づくと性のガスを発生するので、近接攻撃での対処は困難なうえ、死後は文字どおり爆発四散する。死後一定時間は死体に近づくとダメージを受ける。こいつも倒す際には計画的に。なお降量の多いシアトル突然変異したブローターのなりそこないと考察されているが、なぜかサンタバーバラにも登場する。

ラットキング
アビー編に登場するボス。いわゆる「感染者一号」らしい。周囲の感染者を取り込んだ結果巨大化しており、近接攻撃は当然即死のうえショットガン程度ではひるまず突進してくる。挙句の果てには、一定ダメージを受けるとストーカー形態と分離し、同時に二体を相手にするのを強いられる。ステージの広さを生かして、深追いはせずそれでも攻撃は仕掛けよう。なお初見では暗闇のためステージが広いとわからず、究極の初見殺しになる(場合もある)。

登場武器&アイテム

エリー

銃器
セミオートピストル
前作で登場。基本性は前作と同じであるが、本作では工作オプションとしてサプレッサー(容器+布で工作)が追加されたため隠密武器としての運用が可に。隠密プレイヤーには必須。

リボルバー
前作で登場。ジョエルの遺品。前作と基本性は同じで、セミオートピストルより威が高く、レティクルの収束速度もかなりい。打ち合いに強いプレイヤーや強制戦闘では強い味方になる。

猟銃
前作でも登場。ボルトアクションライフル。基本性は前作と若干異なり四肢を打ち抜くことで、欠損でのキルを狙える(ただし日本版では表現規制の対)。ヘッドショットではシャンブラー・ブローター・ラットキング以外の敵を一撃で倒せるが、胴打ちでは攻撃強化をしない限りランナーを一撃で倒せない。それでも一撃の威は高いのでボス戦向け。

ショットガン
前作でも登場。基本性は前作と同じで接近戦では類に強さを誇り、猟銃と同様に四肢の欠損も狙える。
マガジンをすることで相談数を増やそう。


前作に登場。基本性は前作と同じで、音が鳴らず高威、当たり所次第で矢を回収可。さらに本作では矢は工作物+テープ)が可なうえ、爆弾矢という本作初登場のオプション工作(テープ+爆弾)が可。なお未強化ではを弾く速度が遅く連射に向かないので部品をためての強化を推奨。ステルスプレイ向け。

⑥サプ付きサブマシンガン
おそらく元ネタは前作オンラインで登場した「スペクター」。サプレッサー装着済のサブマシンガン。連射可なサプ付きセミオートピストルとして運用可だがいくつか相違点もある。まずレティクルの収束が遅い(おそらく作中で最低)。次に収束範囲自体も狭く精密射撃に向かない。最後にフルオート限定なうえ連射速度が高いので、頭狙い&タップ打ちでも駄打ちがでる。それに弾の入手も困難。

補助武器
火炎瓶
前作で登場。工作アルコール×布)が可。敵が密集しているところに投げ込めば軒並み敵を掃討できる。特に感染者は音をたてると密集するので、対感染者類の強さを発揮する。ただし本作の火炎瓶は前作ほどの燃焼効果がないので、一つ投げるだけで周囲の感染者を一層するような前作プレイ再現不可能

②スタン爆弾
スタングレネード工作爆薬+容器)が可。敵に当てることで一定時化できる。複数ストックが可なうえで爆発音も最大なので、空き瓶上位互換としても運用が可

煙幕
前作で登場。スモークグレネード工作爆薬+容器)が可。スタン爆弾上位互換かつ、敵からの視界を遮る煙幕の展開が可

④設置爆弾
本作で登場。設置式の地雷工作爆薬+容器)が可。使用感としては前作の爆弾から投擲削除したもの。爆発にはエリー自身も巻き込まれるため、設置は慎重に。臭いの後を必ず追うの処理には向き、敵の攻撃ルートの封鎖にも使える。

アビー

銃器
ピストル
基本性エリー編と同じ。

狩猟ピストル
本作で登場。事実上は単発ボルトアクションライフル弾は工作爆薬物)が可

セミオートライフル
前作オンラインで登場。セミオートピストルの連射速度に、リボルバーに匹敵する火力といえば聞こえはいいえが、個人的な使用感はザ・中途半端。

④二連ショットガン
二連式ショットガンショットガン自体の性エリー編と同じで、接近戦では類の強さを誇る。それに加えて、オプションの焼夷弾の工作アルコール爆薬)が可であり、ひるみ+燃焼攻撃ができるため感染者相手には強な強さをもつ。

クロスボウ
前作オンで登場。運用はエリー編のに近いが、矢自体の工作はできない。あとヘッドショットには慣れが必要。矢の回収率が高いうえ、頭に当てればほぼ回収できる。

火炎放射器
前作で登場。前作では最強の対感染者武器も本作では大幅弱体化。強いには強いがこれをもっておけば万事OKというほどではない。

補助武器
パイ爆弾
本作で登場。序盤で手に入る爆弾。持ち運べる数は多いがその分工作に必要な資アルコール+容器+爆薬)も多い。使用感としては前作で登場した爆弾から地雷削除したものといえば近い。

ナイフ
エリーナイフを使うが、アビー編では工作物+テープ)が可な別物アイテムとして登場。使用感は前作と同じ。なお使用者の性も前作とほぼ同じなうえ前作で登場した開け要素がない。※なおアビーは前作・本作をとおしてナイフを使わず敵を処理可な三人の一人(残りはジョエル、マーリーン)である。

エリー・アビー共通

回復キット
アルコール+布で工作。利用しないプレイを心がけよう。

空き瓶レンガ
みんなの味方、空き瓶レンガ。ただし前作ほど必中とはいかないうえ、落ちている数も少ない。本作では、こんなときに空き瓶があればと思う場面が多いので過信は禁物。

ガラス
その辺にある何の変哲もないガラス。割ることで陽動に使える。消音武器割れ空き瓶の代わりにもなる。相手が人間の場合、索敵状態で割ればこちらに一人だけで向かってくることがあるので、連鎖でステルスキルを狙える。

④強化武器
強化済み近接武器。前作と性が異なり、高威だが一撃死させるほどの威はない。

マルチプレイ

本作には実装されていない(2020年現在)。登場を期待しよう。

本作の評価

本作は、ゲームシステムグラフィック面では正当な進化を遂げており、その点は順当な評価を受けている。その映像美はPS4最高との評価も高い。 その一方で"metacritic"での評価は、メタスコア93点、ユーザースコアが5.7点と著しい乖離があり(2020年12月現在)、またユーザースコアポジティブな評価とネガティブな評価に分断しており、賛否両論となっている。端的に言えば「あう人間にはあうが、あわない人間はとことんあわない」という評価が下されている(逆に気になる人は中古価格の安い今がやり時ともいえる)。なお賞レースについてはgotyの記事を参照されたい。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 9
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/the%20last%20of%20us%20part%20ii

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

The Last of Us Part II

1693 ななしのよっしん
2021/09/17(金) 23:51:20 ID: IRgkPzNGGN
ツシマはやった方がええぞ~
ゲーム泣いたのなんてポケダン以来だわ
1694 ななしのよっしん
2021/09/18(土) 12:36:58 ID: Wgwc81HLor
市場原理のどこがゲハ理論なんだろうね。是非とも詳しく教えて欲しい。需要がないから値段が下がってるだけなのに。コラボに呼ばれないにしろ、グッズが出ないにしろどれもを扱う人の判断なんだけどな。
あと対馬が引き合いに出されるのはほぼ一ヶ差で発売されたAAAゲームだから値段の引き合いに出されるのはある意味当然だろ。
1695 ななしのよっしん
2021/09/19(日) 20:59:37 ID: oXhxfdRe14
>>1685
そりゃ一般論ですらない暴論だな
あなたの評価基準に関係なく賞には賞の評価基準があるんだからさ
賞がおかしいこの作品が評価されるのがおかしいって言うんならそう考える根拠は示して欲しい
好きになれないとか名作として評価できないってのは考えとして有るとは思うけど良いとこ見つけられないって感想は論外じゃないか
1696 ななしのよっしん
2021/09/19(日) 21:17:47 ID: oXhxfdRe14
>>1694
市場原理なんてどうでもいいからだろ…
そもそもツシマはラスアスとは売り方が違うじゃん
未だにディレクターカット出してたり割高のPS5アップグレード版出したりとブランド化とファンの買い支えを期待した商売のやり方じゃないか
あなたみたいに販売戦略の話に脱線させたりラスアスディス愚弄しながらツシマヨイショする対立煽りみたいな ID: IRgkPzNGGN みたいな人が出るから嫌になるんだよ
1697 ななしのよっしん
2021/09/19(日) 23:52:25 ID: IRgkPzNGGN
えっ!?オレ!?
1698 ななしのよっしん
2021/09/19(日) 23:53:48 ID: yQH1gIHNQI
>>1697 当 然 違 う
1699 ななしのよっしん
2021/09/20(月) 00:00:40 ID: 7LJde/k+nO
こんなところアンチ憎しで見えないもの見ちゃってる人は、自分で散々ってたこのゲームテーマを自分で否定しちゃってないかい
1700 ななしのよっしん
2021/09/20(月) 00:11:18 ID: 3VCY6w6XTX
こんなところアンチ行為してる人たちにも注意してあげて
1701 ななしのよっしん
2021/09/20(月) 06:53:47 ID: o5GvZ7gJ0U
2を擁護する理由として受賞してることを使うのはどうかと思う

2自体は面いのにどうしてもクソゲーってことにしたい人に粘着されて可哀想
1702 ななしのよっしん
2021/09/20(月) 13:02:39 ID: Wgwc81HLor
アビー人気不人気かの話題グッズコラボを出したのに何で関係ないって言われるんだろうかねえ。あと対馬と売り方違うって言われても完全版情報出るずっと前から中古価格の値段にめっちゃ差が付いてたんだが

急上昇ワード改