V作戦単語

ブイサクセン
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

V作戦とは、アニメ機動戦士ガンダム』に登場する大規模反攻計画の作戦名である。詳細な設定は媒体を跨いで付け足されたものであり、アニメには出てこないので注意。

概要

一年戦争以前よりジオン面下で「モビルスーツ」という名の人戦闘マシンの開発を進めていた。

モビルスーツ誕生の背景にはトレノフ・Y・ミノフスキー博士と彼の提唱した「ミノフスキー物理学」が深く関わってくる。ミノフスキー粒子とその応用論であるミノフスキー物理学はこれまでの素粒子物理学ピリオドを打ち、戦術の幅にも大きく変革をもたらした。
→「ミノフスキー粒子」を参照

連邦ジオンMS開発の情報を入手し、対抗策として61式を良したRTX-44を開発したのだが、ジオン兵器に対抗するという名を掲げただけで積極的とは言えなかった。

ジオンべて後れを取っていたMS開発は「ミノフスキー博士の亡命」という形で転機を迎える事となった。ミノフスキー博士がもたらしたデータによってMSへの足掛かりを経たのである。

ルウム戦役~RX計画

MSを実戦に初めて投入したのはジオン軍である。「ルウム戦役」では切り札として連邦の艦隊を相手取り、連邦上層部の前評判を覆すかの如く多大な戦果を挙げた。

ルウム戦役MSを有するジオンに敗戦を喫したヨハンエイブラハム・レビル将軍は、直でその脅威をの当たりにし、後のエース部隊「黒い三連星」によって捕虜となった。しかし捕虜となっていた時期にジオンの現状を知り、南極条約調印式において連絡特殊部隊の協を経て脱走・帰還する。
レビルは後に「ジオンに兵なし」とジオンに対してあくまで戦争継続・強硬姿勢を取り、大鑑巨義・旧態依然の連邦上層部にモビルスーツ開発を強く訴えた。

かくして、これまで小規模な基礎研究段階に留まっていたモビルスーツの開発は、レビル将軍の説得によって大規模なプロジェクトへ引き上げられた。

簡単にめると

  1. ジオンMS(MS-01)の情報を入手し、連邦軍によって対抗RTX-44が開発。
  2. ミノフスキー博士連邦側への亡命から連邦もノウハウを得て、RTX-44ベースRX-75ガンタンクを開発。
  3. その対抗策では不十分と考えた開発テム・レイ等)は、璧なMSの開発を考え始めていた。
  4. 捕虜の身から生還したレビルの提言を引き金としてRX計画は全規模の人兵器開発計画に引き上げられる。
  5. RXM-1連邦初の人マシン)、RX-78-1、RX-77の開発が行われる。

MS開発プロジェクトRX計画」は後に発動する「V作戦」に統合される形となった。
V作戦開始日「U.C.0079年4月1日」のことである。

かくして連邦における人戦闘ツールモビルスーツ」開発が本格的に始動したのであった。

V作戦

V作戦においてまずRX計画で開発にとりかかったMS完成とその量産、次いで運用母艦を開発している。

連邦モビルスーツ全体の運用方法として、当時研究中であったジオンザクとは異なる支援モビルスーツ兵戦仕様コンセプトが決定づけられた。こうして生まれたのが兵戦用のガンダム支援用のガンキャノンである。

専用母艦については宇宙空母ペガサス巡洋艦モビルスーツ搭載艦に変更し、ペガサス級強襲揚陸艦ホワイトベース」が開発されている。

試作機の完成後、量産機RGM-79」の開発が行われた。しかし劣勢に陥った戦況は量産機完成を待ってくれなかった。RGMの開発が遅れたため、RX-78の選考から漏れた規格落ちパーツ陸戦型ガンダムが多数作られ、重力下のジオン軍迎撃戦で運用されていた。

RX-78量産型GM」だが、当初の構想では相当なハイスペック機だった事でコスト高騰を招いた。
このため、GMRX-78からスペックを落とした簡易量産機という形に落ち着き、パーツを流用して同一生産ラインジム・キャノン等の多数のバリエーション機が製造された。
当然、GMの設計案は苦の策であり、全な量産機の開発はロールアウト後も続けられていた。

関連商品

歴史背景や開発史を追うならばゲームギレンの野望』なんかが詳しい。
書籍にしても様々な物が編纂されているが、記事ではあえて分厚い万越えの設定資料を紹介したい。皆川ゆか氏の資料は一部踏み込んでないとはいえ公式設定に限定すればかなり詳しく記されている為、ガンダム世界を知りたいならばオススメの品。しかし値はる上に一次ソースではない事が難点か。

時期の関係で未収録の公式機体・設定も当然存在するのだが、そこはガンダムである以上仕方ない。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/v%E4%BD%9C%E6%88%A6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

V作戦

1 ななしのよっしん
2016/05/09(月) 19:19:59 ID: F0QskDaSEi
これらって元々はが扱う予定だったんだろう?
2 ユーモアの欠落したガンダム歴史家
2018/07/26(木) 21:08:33 ID: PKwJJwODIN
とりあえず最近の設定資料集に書いてあった設定は「本来ならサイド7でガンダム3機、ガンキャノン3機、ガンタンク2機がホワイトベースに搬入される予定だった。」と書いてあった。
ガンダムの正規パイロット1号機がヴェル大尉2号機がウィリーケン中尉とジオリジンから引っってきたまんま。
ガンダムは3機が完成、うち2機が大破、中破。この中破した3号機は2号機の部品供給用として回収、ジャブロー基地で降ろされる。
これがブランリヴァル隊に6号機「マドロック」の代替機として配備されたことになってるようだ。
ちなみにうちガンタンクパイロット2人乗りの予定だったので少なくとも正規パイロットだけで10人は居た。ただ名前があるのはこのうちガンダム1号機2号機の二人のみの模様。