VRMMO単語

ヴイアールエムエムオー
3.4千文字の記事
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

VRMMOとは、仮想現実大規模多人数オンラインVirtual Reality Massively Multiplayer Online)の略称

現在では実現されてなく、VRMMOはWeb小説で多用されるジャンルのひとつ。

概要

VRMMOは、近未来バーチャルリアリティ間で実行されるネットゲーム(大規模オンラインゲーム)である。もっともVRといっても、視覚聴覚のみのVRゲームではなく、マトリックスのように5感全てで没入する(場合によっては味覚も)タイプのものを扱ったジャンルを特にさす。

当然、現代日本では実現化されてない。VRMMOはWeb小説で多用されるジャンルとして定着している。

現在では実用化されてないバーチャルリアリティを前提としているため、必然的に近未来舞台とするが、そのほとんどにSF要素はなく異世界ファンタジーの形式を持つ。

これは、バーチャルリアリティが一般普及された世界SFとして描くのではなく、現代日本ゲーム世界異世界ファンタジー)に主人公トリップするという物語展開を円滑に進めるための舞台装置として、VRMMOが利用されているためだろう。

としての初出はおそらくソードアート・オンラインの第二部である(形式は第一部で出てるが、VRMMOという呼称はなかった)。ただし類似の筋書きの作品は以前からも存在する。特にサイバーコネクトツー開発・バンダイ販売の「.hack」(2002年)はSAOWEB版が連載されていた時期と非常に近い(内容はだいぶ異なるが) それより遡ると高畑京一郎の「クリスクロス 混沌の魔王」(1994年。どちらかというとMO)、岡嶋二人の「クラインの壺」(1989年。ただしこれはMMOではない)など。

極めて限定的なジャンルに思われるが、意外と作品数は多い。特にWeb小説投稿サイト小説家になろう」では異世界転移モノには及ばないもののメジャージャンルの1つである。

基本的なシチュエーション

現代日本のVRMMO作品において多大なを及ぼしているのがソードアート・オンラインである。実質的には異世界転移モノと言えるVR世界の現実化を除き、それ以外のVRMMO作品におけるギミックベースにされているほどが強い。

また同一モチーフで作品数が多いため、量産的なテンプレ展開になりがちである。とくに、起承転結の「起」部分はテンプレ展開が多い。そのため「起」以降をどう味付けしていくかが作者の腕の見せ所とも言える。

何らかの理由でゲーム内での事故が現実世界まで影響する

最も古典的なパターンがこれである。何らかの理由で没入VRマシンから未帰還になる事件に主人公たちが巻き込まれていくパターンで、極端な例だと直接的なデスゲームにまで発展する。亜種としてデスゲーム読者主人公たちに錯覚させるパターンや、何らかの形でログアウトはできるがやり直しがきかない上に現実世界に悪を及ぼすというパターンもある。

代表的な例に.hackソードアート・オンラインなどがある。

ただし近年は流から全に外れており、このパターン題として見るケースは稀である。原作掲載時期が古い作品に当てはまるケースが多いのもあるが、SAOが有名になりすぎて後続が出しにくい事情もあると思われる。

VR世界が現実化する

こちら終わると古くからあるパターンで、プレイヤー異世界に飛ばされるパターンである。ログイン中の全プレイヤーが巻き込まれる場合と主人公を含む一部だけが転移する場合の2通りがある。ただしジャンルとしては異世界転移の一種でもあるため、VRMMOのジャンルとして見た場合は非常に微妙な立ち位置である。

前者の代表例としてログ・ホライズン後者の代表例としてオーバーロードがある。

上述のVR問題化が流から外れた後も、こちらのパターンは一定の勢を保っており、較的人気ジャンルではあるが最流ではなく、小説家になろうにおける連載作品でも明期よりの作品が多めである。

理由としてはVRMMOに限らず、ゲームなどの創作世界に転移するというジャンル二次創作を中心にオリジナル作品でも古くから多くある上に、現代においても創作では人気ジャンルであることから、VRMMOである必要性をしっかり考えないとほとんど意味をなさないため、流から後退したのも致し方ないとも言える。

普通にVR世界で遊ぶ

一番健全なパターンかつ近年の最亜種としてARミニロボットを用いている場合もある。ただし有名作品に習ってか、アバターにおいて性別の偽りが出来なかったり、場合によってはほとんど手を加えられないパターンが多いほか、主人公ゲームに不慣れだが友人(または主人公族)は廃人ゲーマーであるという流れも半ばテンプレ化しつつある。

ただし作品によっては悪質な運営プレイヤー、妙な方向に成長してしまった管理者側のAIなどと主人公一行が何らかの形で対決するという話が挿入される場合もある。ただしこの場合も題になることはまずなく、あくまで遊ぶことがメインとなっている。

近年にアニメ化された作品として痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。などがある。

補足:現実のVR事情

未だに現実世界では創作ほど高いクオリティを実現するには至っていないが、個人向けのゲーム機でもモーションキャプチャが既にPS2EyeToyを先駆けに、XBOXKinectなどで実現している。

またVR向けのサービスでも360°見渡せる動画配信サービスは既に実用化されており、高速通信の5G6G以降の通信の高速化なども相まって、2020年代には全没入VRゲームは難しくとも、限りなく現代の創作に近い再現度を誇るゲーム現実的なものになる可性が高い。

ただしVR機器のハードルがいまだに高く、スマホの拡を補助するだけのなんちゃってVRゴーグルはともかく、本格的なVRゴーグルは値段が非常に高く、エントリーモデルでも3~5万、ミドルレンジなら8万前後、ハイエンドともなればPC同様に上限が見えない額になってしまうのが問題な上、パソコンスマホ同様に代替わりがく2年もたてば当時のハイエンドがミドルレンジ並みに落ちしてしまう。

また本格的なVRゴーグルは単独でもサービスを楽しめる機種もあるが、価を発揮するには子機として機(PCゲーム機)に接続する必要があり、このPCにも相応のメモリビデオカードを積まないとまともに扱えない。PSVRを例にとると、最低でもPS4 Proの性いと動かないことがその拠である。また最低ラインスペックでもBTOショップで13万前後のPCが推奨されており、妥協すれば9万前後まで下げられないこともないが、処理落ちVR酔いなどを覚悟する必要が出てしまう。

特に2021年に入り、新型コロナからくる半導体供給不足による相場の高騰により、ゲーミングPC関連商品も大きなを受けて相場が高止まりしているため、新規で買うにはかなり割高になるのもマイナスとなっている。

更に致命的なことにVRゴーグルそのものが高いにもかかわらず、転売で稼げる商品として認識されてしまっており、定価で買えないこともあった。実際にPSVR転売の餌食となって売り時を逃してしまい、現在キラーソフトが出ないこともあるが空気ハードと化してしまっている。現在VRゴーグルは欲しい人に行きわたったためか転売熱はある程度落ち着いているが、創作で見るような画期的なVRゴーグルが出た場合、転売熱が再燃する可性が高い。

これらの問題はあるが、夢物語ではなくなってきているので、いつか実現して一般人にも体験できるハードルに下がってほしいことを願うばかりである。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/vrmmo

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

VRMMO

185 ななしのよっしん
2021/07/25(日) 19:27:13 ID: K+Mk+kpzFw
>>184
横山光輝石川賢永井豪長浜忠夫富野由悠季高橋良輔など
偉大な先人がたがやらなかったからじゃね?
モーションキャプチャ波、AIメインとかで動くロボットがまともに出始めたのは90年代に入ってからかと。
まあ一番デカいなのは鬼才今川泰宏氏のGガンダムダントツだろうけど。

またアバターアシスト々ってこれに関しては全に川原礫氏が悪及ぼしてると思う。
実際に有VRMMO創作ほぼ全てにしてるのがたちが悪い。
現代作品はVRモノだけじゃなくてARモノでさえこれに関してはやらかしているから、
それこそVRモノが流行る前に出たエンジェリックレイヤー.hackの方が
よほど(あくまで主観だけど)リアルに見えるレベル
まぁエンジェリックレイヤーに関しては現代のなんちゃって作家とは量差が開いているもあると思うけど……
186 ななしのよっしん
2021/07/25(日) 20:40:41 ID: Z8IxtTYL0t
3D酔いだのモーションアシストだのについては、俺ら現実の感覚からでしかれん以上どうとも言えんのじゃないかな……
大体のVR物は現実ゴーグル系じゃなくてフルダイブなわけだし。

直接プレイヤーに感覚情報をぶちこむか、仮想間内のアバターに五感を持たせてに体感させるかとかでもだいぶ変わってくるだろう。ぶっちゃけ現実の五感でさえ100%正確じゃないからこそ色々錯覚や誤反応起こすわけで……
187 ななしのよっしん
2021/07/26(月) 16:46:56 ID: 8IrrQN4/uA
>>184
上の文 ゲームによって変わると思う
RPG系なら武器の要ステが足りなきゃブレ大とか敵とのステ差が大きいならダメージカットとかでいいかと
アクション系だとステ差で一定確率で弾かれる(モンハンの切れ味システム的な感じ)

下の文
叩き的で(自分が)ちょっとでもおかしいと思ったら突っ込んでくるんだよ〇〇太郎の記事の掲示板ジャガイモ警察の本文にある状態と同じ
次元世界じゃ普通なんだよって言っても駄だから始めから描かないで本編に集中したほうがマシになる
188 ななしのよっしん
2021/07/29(木) 13:08:30 ID: 8GCcsJn+df
でもさすがに作品世界ブック破りは警察でなくとも突っつかれるわ
手前で科したルール逸脱したらもうSFでも何てもない
189 ななしのよっしん
2021/09/08(水) 09:18:51 ID: 0ensQcYkhN
>>184
PCの前に座りながら「しかも脳波コントロールできる」とご満悦の鉄仮面が浮かんだ
ナデシコとかエヴァとかは一応レバーついてるけど実質コントロールよね
190 ななしのよっしん
2021/09/18(土) 21:56:04 ID: 8GCcsJn+df
マクギリス「スケエエエエエエエエイス!」
191 ななしのよっしん
2021/10/05(火) 23:00:53 ID: 0ensQcYkhN
VRゲーム一般化が身近になってきた半面、フルダイブMMO創作において流から外れるのが面いな
192 ななしのよっしん
2021/10/06(水) 19:52:04 ID: K+Mk+kpzFw
>>191
そもそも本当になろう埋め尽くすほど流行ったのがごくわずかな期間だけだしなぁ。
根本的に流行ったということ自体に弊がある気がする。
193 ななしのよっしん
2021/10/10(日) 16:06:34 ID: 8GCcsJn+df
だけが強い、凄いだけなら異世界でも良いし
そりゃれるよ
長期連載でネタ被り起こすぐらいマンネリしてるのもザラにあって
読者参加のはおつかいマラソンみたいなもん
194 ななしのよっしん
2021/11/17(水) 19:52:33 ID: 6JLVRZcBPo
プレイヤー運動の差がモロに出るので需要が頭打ちになりそう
対策としては

アバターの動きに関係なくステータス較で当たり判定

レベル制ではなくキャラ行動ステータスが上がるシステムとし
ヘタクソに有利な伸び方に設定する。
(プレイヤースキルで回避しまくるHP全然上がらないなど)

・同レベルで動きの差が出るのは仕方ないとして
プレイヤースキルレベル差を覆せないバランスにする。
当たった部位でダメージ変化しない、ノックバックしで
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)