WRC単語

ダブリューアールシー
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

WRC(世界ラリー選手権)とは、1973年からFIA催するラリー世界選手権である。

競技としてのラリーについては当該記事を参照のこと。

概要

1924年から行われている伝統のラリー・モンテカルロで開幕し、ヨーロッパ、南アジアオセアニアを13戦ほどで転戦する。各イベントは4日間10001500㎞のステージで争われる。

競技場や広場などの観客が見やすいコースで2台のマシンが同時に走るSSSスーパースペシャルステージ)というSSが1イベントに1~2つほど存在し、人気を集めている。また最終SSパワーステージと呼ばれ、イベントの総合順位に加えてこの1つのSSの順位によってボーナスポイント1位5pts~5位1pt)が加算される。これはデイリタイアを喫したドライバーの救済とともに、イベント期間中の出走台数が減少するのを防ぐためでもある。

下位カテゴリとしてWRC2、WRC3、JWRCが開催されており、WRCへの登竜門となっている。

車両規定

現在のWRCマシン1998年に導入されたWRカーという規定で、年間25000台以上生産されたモデルで年間2500台以上生産されているホモロゲ―ション対グループAの反省から、からの大規模な改造が認められている。なお現在のWRカーベース車両は全てヴィッツやフィエスタのような、小回りの利くBセグメントハッチバックである。また2017年からは迫を増すためにに関する規定が緩くなっており、サーキットレース並に手なエアロパーツが装着される様になった。

エンジンGRE(グロバルレースエンジン)規定の1.6リッター直4ターボのみ、ギアボックスはパドルシフトの6速セミATタイヤマルチメイクで、ほとんどがミシュランを履く。

WRCの下位カテゴリではグループR規定に則って改造したマシンが用いられており、排気量や駆動方式などでおおよそ速い順にR5R1に分けられている。WRC2では四輪駆動R5R4、WRC3とJWRCでは二輪駆動のR3R1規定が用いられる。またこれ以外にはGTラリーカーであるR-GT規定、からほとんど改造しないグループN規定、現在R5規定の原であるスーパー2000なども出走が許可されている。

以前人気を博したグループBグループA規定に関しては当該記事を参照のこと。

エントラント

2017年現在出場しているマニュファクチャラートヨタシトロエン、Mスポーツフォードセミワークス)、ヒュンダイの4社。2016年まではVWセバスチャン・オジェが圧倒的な速さで4連覇していたが、VWが排ガス不正問題の影電撃撤退しており、オジェはMスポーツへ移籍している。

旧くは9連覇を果たしたセバスチャン・ローブや、日本を駆ってタイトルを獲ったカルロス・サインツ、トミ・マキネンコリン・マクレー、ユハ・カンクネン、マーカスグロンホルム、ペター・ソルベルグなども日本人には染みが深いだろう。

F1レーサーキミ・ライコネンロバート・クビサも参戦していたことで有名だが、彼らは表台にも上がることはできなかった。ただしクビサ2013年にWRC2で圧倒的な強さで王者を獲得している。女性ドライバーではグループB時代にタイトルまであと一歩の所まで上り詰めたミシェル・ムートンが有名。

日本との関係

日本勢では過去トヨタスバル三菱日産マツダが複数回総合優勝をしており、このうちトヨタスバル三菱は3回以上タイトルを獲得している。またスズキダイハツいすゞなども下位カテゴリクラス優勝タイトルを獲得しており、WRCは数あるFIA世界選手権の中で最も日本が成功したシリーズだといえる。逆にワークス参戦したことの日本メーカーホンダだけである。また日本開催が2004年から2010年までの間に北海道で「WRCジャパン」の名で行われていた。

リーマン・ショック後は日本メーカー日本開催もご沙汰だったが、2017年トヨタヤリスで復帰・優勝し、再び注を集めつつある。特にラリー好きの社長である豊田章男氏のテコ入れで、トヨタはWRCの宣伝にを入れている。放送は全SSを生で見られるWRC公式の有料サービスWRC+、日本語で最終SSの生中継やダイジェスト放送を行う有料放送のJスポーツ初心者向けにWRCの魅を伝えるTV朝日の「地球の歩き方」などで見ることができる。なおトヨタGAZOOレーシングとしてのWRC活動についてはヴィッツの記事を参照のこと。

日本人ドライバーとしては、WRCで優勝を収めたのは篠塚建次郎だけである。またかつて存在していたPWRC(グループN規定のラリー世界選手権)では、新井日本人で初めてFIA世界選手権のタイトルを獲得している。

現在新井息子新井全日本ラリー王者勝田息子勝田元、範のコ・ドライバーとして栄を支えた足立さやかトヨタGAZOOレーシングとトミ・マキネンレーシングのもとに欧州各地で修行している。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/wrc

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

WRC

11 ななしのよっしん
2019/09/27(金) 19:46:56 ID: THeddtwCyP
https://www.as-web.jp/rally/492133?allexit
ラリージャパン復活きましたね
12 ななしのよっしん
2019/11/20(水) 22:56:29 ID: D6ZBhL7oF/
シトロは今年で撤退か、前から言われてたオジェが離脱と共に消えるのね
PSAとしてはプジョール・マンハイパーカー規定にリソース振りたいしなあ
順当に行くとオジェの行く先は・・・
13 ななしのよっしん
2019/11/21(木) 01:36:28 ID: JY2bXBtG6b
オジェも気になるけどラッピが可哀想すぎる。移籍1年チーム撤退って…

シートあまりいてないんじゃないか?このままじゃWRC2プロに行く可性もありそうだ
14 ななしのよっしん
2019/11/23(土) 18:42:56 ID: D6ZBhL7oF/
ラッピ全にめ腐った撤退劇だわなー
一年でトヨタ出戻りというのもなさそうだしMスポーツきはなさそうだし
15 ななしのよっしん
2020/01/19(日) 11:22:39 ID: THeddtwCyP
2022年からスケールカーOK(ベースを縮小した専用マシン)らしいので、そのあたりでスバルXVインプレッサスポーツベースとして復帰するとか欧州が書き立ててるらしいな。
トバシだろうけど、やるとしたらヤリスWRCベースでガワだけインプレッサの実質トヨタBチームとかになるんやろね。
16 ななしのよっしん
2020/03/06(金) 12:13:22 ID: xEtZJ+2dmZ
テレ朝こんな酷い番組やってたんだな
http://nico.ms/sm36057236exit
17 ななしのよっしん
2020/07/26(日) 08:41:23 ID: THeddtwCyP
ラリージャパン楽しみやね。
18 ななしのよっしん
2020/09/13(日) 11:15:15 ID: J4DHELdwwq
今更だけど、2020年ラリージャパンの開催中止は、仕方がないけど残念

たいつの日にかのWRC日本で見られる日を切望してやまない
19 ななしのよっしん
2021/06/30(水) 14:07:23 ID: Mu8INZ6ng/
https://www.as-web.jp/rally/713877exit
日本人が再び表台の頂点に立つ日も遠くさそうだ。
20 ななしのよっしん
2021/07/03(土) 21:02:37 ID: uHTqm+rU84
20年近くぶりのサファリよかったなー
シュノーケル地味進化してたのが面かったw
勝田さん引き続き頑って〜

過去のオススメ記事