WWE単語

ダブリューダブリューイー
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

WWEは、アメリカプロレス団体である。
会長CEO(最高責任者)はビンス・マクマホン、副社長HHHことポール・レヴェック、ステファニー・マクマホンなどが務める。
アメリカにおける格闘技業界ではUFCボクシングと並ぶ最高峰の団体。

かつてはWWF(World Wrestling Federation)という団体名だったが、世界自然保護基(WWF)に名称変更をめる訴訟を起こされて敗訴し、WWE(World Wrestling Entertainment)に変更となった。
2011年にはこの"World Wrestling Entertainment"のブランド名称を"WWE"に統一している。

概要

軸となるTV番組「RAW」「SmackDown Live」、内外からトラアウトを経た選りすぐりの精鋭が上位ブランドし鎬を削る「NXT」、クルーザー級の選手にスポットを当てた「205 Live」、1~2回行われる特番(PPV=有料TV放送)などを中心に数多くのレスラーが活躍する、世界最大のプロレス行会社。ニューヨーク券取引所上場。
TV映像としての見せ方を強く意識しており、手なセットを使用したドラマ仕立てのショープロレス体である。日本国内のプロレス団体等とは違い、ストーリー展開や試合結果を事前に決めている事を表している。

所属選手をレスラーではなく「スーパースター」と呼び、自らの行形態もプロレスではなく「スポーツエンターテイメント」と呼ぶなど、一般的なプロレスとは一線を画した行・番組作りを行っている。行形態としては、試合のみを行い、テレビでは放送されない「ハウスショー」と、試合の他に前述のストーリー展開を見せる「テレビショー」に分類され、特にテレビショーでは、世界135で放送されている。

日本での大会も年1~2回のペースで定期的に開催されているが、その全てがテレビ放映されないハウスショーとしての開催となっている。但し、2005年2月4日RAW)・5日(スマックダウン)のさいたまスーパーアリーナ大会では、アジアでは初、世界ではイギリスオーストラリアに続く3カとなるテレビショーとして開催され、その模様が全世界に放送された。現在はWWE Liveとして、季に大会場でのハウスショーを行っている。

TV放送の他、映画製作や「WWEシリーズ」(日本国内旧称「エキサイティングプロレス」)などのゲームソフトも発売されており、ニコニコ動画上に多数プレイ動画投稿されている。詳細はエキプロの項を参照。

略歴

現在会長ビンス・マクマホンビンス・マクマホン・シニアNWAから独立する形で1963年WWWF(World Wide Wrestling Federation)を設立。
ブルーノサンマチノボブバックランドなどの人気レスラーを抱えて勢を拡大。

1979年WWF称。

1984年から全進出を本格的に開始。ハルク・ホーガンなどの人気レスラーを次々に引き抜き、1985年には第一回レッスルマニアを成功させる。

93年には現在まで続く長寿番組Monday Night RAW』がスタート
ライバル団体であるWCWとの熾な視聴率戦争は「マンデーナイトウォー」と呼ばれ注を集める。
一時は視聴率を上回られ会社存続の危機するも、オーナーであるビンス・マクマホン自身がリングに上がり悪役としてストーンコールド・スティーブ・オースチンザ・ロックなどの人気レスラーと抗争を行うスタイルヒットWCWを逆転する。

90年代末から00年代頭の、悪ふざけやお色気、過な試合を中心としたスタイルシフトしていったこの時代は「ティテュード時代」と呼ばれ、現在でも根強いファンが多い。

99年にはもう一つの看番組『Smack Down!』がスタート
2001年にはWCWに加え、ハードコアレスリング人気を得ていたECWなどのライバル団体を次々買収、名実ともに全最大のプロレス団体となる。

2002年に上述の理由からWWE称。

ティテュード時代のレスラーも徐々に引退をしていく中、新しい番組のスタートインターネット放送の開始、中東進出など様々なアプローチ世界進出も行っている。

主要番組

基本的にレスラーはいずれかの番組に所属し、それぞれの試合を行う。2011年から2016年までの間はブランドが統合され、WWE所属という形式になっていたが、現在は再分割されブランド所属に戻っている。
4月レッスルマニア後には「スーパースターシェイクアップ」と呼ばれる選手入れ替えイベントがあり、NXTからの昇格もこのタイミングで行われることが多い。

チャンピオンベルトもそれぞれの番組が独自に管轄している。

RAW

毎週月曜日放送(日本では火曜)。
イメージカラー。開始当初の番組名は「Monday Night RAW

WWEの中でも最も歴史のある番組であり、多くのスーパースターを抱えるWWEの看でもある。
他の番組が映像編集を加えた録画放送であることが多いのに対して、RAW生放送であるというのが特徴として挙げられる。

2018年には25周年を迎えた。

Smack Down! Live

イメージカラー
放送日はちょくちょく変わっているが、2019年10月より放送局がFOXになったことで現在金曜日日本では土曜)に放送されている。

1999年スタートし、RAWに次ぐ歴史を持つ番組。
基本的に録画放送だったが、2016年から生放送に切り替わった。

NXT

イメージカラー黄色
元は2010年スタートした新人オーディション番組だったが、WWE下部団体と統合され、2006年から2010年までRAWSmackdown!に並ぶ第三のブランドだったECWの放送を引き継ぐ形でプロレス行として確立現在に至る。

位置づけ的にはRAWSmack Downの下部組織にあたり、若手選手や世界から移籍してきた選手はここからWWEのキャリアスタートし、上位番組へ昇格するという形になっている。
しかし2019年よりUSA Networkテレビ放映が始まり、上位番組の選手が殴り込みに来たり逆に殴り込みに行ったりする展開も増え、今では下部組織というイメージも薄れてきている。

上位番組にべて規制が緩く、しい投げ技や打撃の応酬が見られるのが特徴。
それゆえコアプロレスファンからは人気が高い。

またイギリス版のNXT UKも発足し、2018年から番組としてスタートしている。

独自のPPV『NXT TakeOver』を開催している。

205 Live

2016年に新しく始まった番組。イメージカラー
基本的にクルーザー級(軽量級)の選手だけで行われており、手な飛び技などが魅

開始当初から中心選手がスキャンダルで脱退したり、Smackdown!の放送前に同じリングで収録されていることもあり会場の盛り上がりが薄かったりで苦戦していた。

PPV

に1度ぐらいのペースで行われる大特番。
RAWSmack Downの垣根を越えて合同で行われる。
開催は日曜日

こちらも新しいのが増えたりくなったりを繰り返しているが、

ロイヤルランブル1月
レッスルマニア4月
サマースラム8月
サバイバーシリーズ11月

この4つは「4大PPV」と呼ばれ、長い歴史を持っている。
この他にも、巨大な網の中で試合を行う『ヘルイン・ア・セル』やチャンピオンへの挑戦権をハシゴに上って奪い合う『マネー・イン・ザ・バンク』などが有名。

日本での視聴・興行

テレビ放映はJ SPORTSが長きにわたって担当している。
また2000年代初頭にはテレ東深夜で放送し新たなファンを獲得した。
その後フジテレビに放映が移ったが、あまりにバラエティ感を強調した番組作りが不評で一気にファン離れを起こしてしまった。

2017年からはDAZNで通常番組の配信が開始(2018年末で終了)。
またWWE独自の配信サービス、WWE Networkでは過去の試合に加えてPPVもリアルタイム視聴が出来る。(海外サービスのため契約がちょっと面倒)

日本での開催は2002年以降毎年行われている。
2012年以降はに2日間、両国国技館での開催が恒例となっており、2016年からは1日のみ大阪府立体育会館での開催も行われるようになっている。

その他

日本人選手

古くはジャイアント馬場などを始めとし、多くの日本人レスラーがWWEのリングに上がっている。
藤波辰爾ブル中野などチャンピオンになったレスラーもいるが、80年代までの日本人レスラーヒールとしての役割が多かった。

90年代以降は、英語が喋れないことを逆手に取って全て吹き替えマイクアピールするTAKAみちのくとフナキの援隊、周りはみんな英語なのに一人だけずっと日本語で喋るTAJIRIなどややコミカルキャラクター人気を博す。

00年代半ばからも鈴木健想やYOSHI-TATSU山本尚文)などがWWEに所属し、それなりの活躍を見せるも中々メインの立場になることはなかった。

しかし10年代に入るとヒデオ・イタミを先頭にASUKA中邑真輔、戸澤陽、カイリセイン紫雷イオなどの日本でも人気のあるレスラーが次々参戦。
かつては独自のギミックを与えられ、前座に甘んじることも多かった日本人レスラーだが現在では日本と変わらないスタイルのまま、王座戦線に絡むなどかなり待遇が変わってきている。

女子レスラーの変化

80年代からWWEにも女子レスラーは在籍していたが、大会にを添えるお色気要員や恋愛ストーリーのための存在としての意味合いが強く、プロレスの技術が未熟な選手も少なくなかった。

90年代末からは選手のマネージャーなども含めて番組に出演する女性を『ディーヴァ』と呼ぶようになり、しい試合を行えるトリッシュ・ストラタスやリタなどの人気選手も登場。
その一方でお色気も過になり、下着マッチや泥まみれマッチなどの他、リング上でS〇X(疑似)が行われたこともあった。
これらの路線は放送の拡大に伴って徐々に減少していく。

その後、NXTの誕生により女子選手のプロレス技術が大きく向上。
若干21歳でチャンピオンとなったペイジが宣言した「ウィメンズレボリューション」を旗印に、お色気要員としての意味合いも含む「ディーヴァ」から「ウィメンズスーパースター」へと呼称が変化していった。

現在ではPPVのメイン女子が務めることも増え、ヘルイン・ア・セル網戦やマネー・イン・ザ・バンクのラダーマッチなどのしい試合も、男子だけでなく女子でも行われるようになった。

2018年10月には女子選手だけのPPV『エボリューション』が開催された。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/wwe

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

WWE

62 ななしのよっしん
2017/07/06(木) 19:56:42 ID: n+yNPJrfI+
TAJIRIはケガでもう日本に帰ってきたよ・・・
導者としてWWEに残ることを打診されたけど、現役にこだわったそうな
63 ななしのよっしん
2017/08/02(水) 04:00:34 ID: cD0Kkn5ANo
>>60
アーリヤ・デバリも忘れないであげて
64 ななしのよっしん
2017/08/15(火) 10:52:33 ID: hulym75AS8
戸澤とPACの試合がWWEで観れるとは。
しかも戸澤はクルーザー級王座初戴冠、めでたい
65 ななしのよっしん
2017/11/17(金) 10:54:03 ID: rl3FBrqsOg
DAZNをきっかけにWWEユニバースが増えたらいいな。
でもサッカー当てにDAZNに入った人間WWE見るとは思えない。
66 ななしのよっしん
2017/12/21(木) 21:21:18 ID: AeQQdDJSm3
DAZNの解説も慣れれば居酒屋みたいで面い。問題はPPVだな。JCOM解約したし、どうやって合法的にRR見るべきか
67 ななしのよっしん
2018/01/29(月) 21:57:39 ID: AeQQdDJSm3
ロイヤルランブル見たくてネットワーク加入したけどに帰る前にヤフーニュースの野郎がネタバレしやがった
68 ななしのよっしん
2018/06/01(金) 11:38:26 ID: hulym75AS8
カイリに続いて今度はイオまでWWE行くみたい。
スターダム大丈夫かな、叫女渡辺HZKと駒はってるけど
69 ななしのよっしん
2018/07/24(火) 11:12:55 ID: hulym75AS8
10月女子オンリーPPVやるとか、WWE女子選手推し凄いな…
70 ななしのよっしん
2018/08/29(水) 21:27:59 ID: 9KLh2979tN
今はもうディーバって呼ばないから書き換えた方がいいんじゃないか。
現にサマースラム前にシャーロットカーメラに対して
「あなたはスーパースターじゃなくてディーバのままだ」と
暗に「時代遅れ」の意味で使ってたし。
71 ななしのよっしん
2019/01/08(火) 09:06:10 ID: hulym75AS8
こないだのファイトクラブプロでの戸澤参戦やNOAHでのヒデオ対丸実現と、205は他団体参戦の括りが緩いのが特徴なんだろうか