X・HERO単語

エクストラヒーロー
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

X・HEROとは、遊戯王OCGに登場するカテゴリHERO」に所属するリンクモンスターに使われる名称であり、【X・HERO】として作れるわけではなく既存の「HERO」をサポートするリンクモンスターである。

カード紹介

以下、遊戯王カードWikiより

X・HERO ワンダー・ドライバー/Xtra HERO Wonder Driver
リンク・効果モンスター
リンク2/属性/戦士族/攻1900
リンクマーカー:上/下】
HEROモンスター2体
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードリンク先となる自分フィールドに「HEROモンスターが召喚・特殊召喚された場合、
自分の墓地の、「融合魔法カード、「フュージョン魔法カード、「チェンジ」速攻魔法カードの内、
いずれか1枚を対として発動する。
そのカードを自分フィールドセットする。
(2):このカード戦闘または相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
手札から「HEROモンスター1体を特殊召喚する。

ジャンプフェスタ2018で販売され、2018年3月10日に一般販売の「PREMIUM PACK 20」に登場。

それぞれのHEROの「フュージョンカードや、どのHEROでも用いりやすい、マスク系のカードの再利用が可

素材定が「HERO」なため、クロスガイを出せない組み合わせの場合に一度このカードを経由するのも検討出来るかもしれない。

X・HERO ドレッドバスター/Xtra HERO Dread Decimator
リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/戦士族/攻2500
リンクマーカー:左下/下/右下】
HEROモンスター2体以上
(1):このカード及びこのカードリンク先の「HEROモンスターの攻撃は、
自分の墓地の「HEROモンスターの種類×100アップする。
(2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備を攻撃えた分だけ戦闘ダメージを与える。

2018年11月23日発売の、「LINK VRAINS PACK 2」で登場。

基本的にはリンク2のX・HEROを挟んでリンク召喚する場合が多いであろう。登場したばかりのこのカードは出す手段に乏しく有用性が見られなかったが、《X・HERO クロスガイ》の登場で状況が一変し、「D-HERO」において採用のしやすいカードとなった。

種類x100アップと上昇値が低いため、高い攻撃を見込みにくいが、「HERO」自体の種類の多さを活かすことで3000に届くこともあるだろう。貫通効果がオマケでついている。

X・HERO クロスガイ/Xtra HERO Cross Crusader
リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/戦士族/攻1600
リンクマーカー:左下/右下】
戦士モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
このカードの効果を発動するターン、自分は「HEROモンスターしか特殊召喚できない。
(1):このカードリンク召喚に成功した場合、
自分の墓地の「D-HEROモンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):自分フィールドの「D-HEROモンスター1体をリリースして発動できる。
リリースしたモンスターカード名が異なる「HEROモンスター1体をデッキから手札に加える。

2019年1月12日発売の「DARK NEOSTORM」で登場。

名称から効果までほぼ全て「D-HERO」のサポート素材戦士定と広いものの、「HERO」以外を素材にすることはほとんどないだろう。あるとするなら《ネオスペース・コネクター》から《N アクア・ドルフィン》を特殊召喚してこの2体でリンク召喚することだろうか。

また、戦士定のため一部の「E・HERO」や「E-HERO」を素材に出来ない。

D-HERO」から他の「HERO」にコネクションするカードとしても有用。効果を使ったらドレッドバスターにしてしまうのが望ましい。

X・HERO ヘル・デバイサー
リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/悪魔族/攻1700
リンクマーカー:左下/下】
HEROモンスター2体
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードリンク召喚に成功した場合に発動できる。
EXデッキの「HERO融合モンスター1体を相手に見せ、
そのモンスターカード名が記されている融合素材モンスターを2体までデッキから手札に加える(同名カードは1枚まで)。
この効果を発動するターン、自分は「HEROモンスターしか特殊召喚できない。
(2):このカードリンク先の悪魔モンスターの攻撃・守備はそのレベル×100アップする。

2019年11月23日発売の、「LINK VRAINS PACK 3」で登場。

EX融合モンスターを見せて融合素材をサーチするという効果で2体までサーチできるのは嬉しいことだが、ここで注意しなければならないのは「HERO融合モンスターかつカード名が記されていることが条件であること。
そのため、「HERO」名称でない《レインボーネオス》や《Dragoon D-END》は利用できず、同様に汎用的な素材の「HERO」は利用できない。そのため、使う場合素材の固定されていることがある「E・HERO」(または「N」)や「E-HERO」で使うのがとなるだろう。

また、オマケのパンプ効果や悪魔族であることからこのカードは「E-HERO」に向けたリンクモンスターでもあるのだろう。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/x%E3%83%BBhero

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

X・HERO

3 ななしのよっしん
2019/05/14(火) 12:53:38 ID: EW8s30Yphr
そろそろ横向きマーカー持ち欲しいな。汎用で賄おうにもクロスガイの制約が・・・
4 ななしのよっしん
2019/06/01(土) 09:22:57 ID: B5SQBVVVDN
注射ガイなる蔑称で呼ばれて散々バカにされてたドレッドバスター普通に使われるようになってて感慨深いな
自身クロスガイの登場以前は具体的な活用方法を思いつけなかったしあんまり偉そうなことは言えないけど
5 ななしのよっしん
2019/06/01(土) 09:29:45 ID: VhcOWjjyxB
でもクロスガイが下位落ちしたらワロスガイって言うんでしょ?
6 ななしのよっしん
2019/06/01(土) 22:50:09 ID: ehJFlaJQMc
>>5
むしろイゾルデ規制の可性あるし、よほどのぶっ壊れが出ない限り下位落ちはいでしょ
7 ななしのよっしん
2019/06/03(月) 23:41:48 ID: EW8s30Yphr
V向けX・HEROエクストラ縛りしでデッキから魔法ゾーンに置く効果が欲しいところ(動的にインクリース置く手がエクストラ縛り有のファリスしかいない)
8 ななしのよっしん
2019/06/04(火) 05:10:59 ID: GoIwIWDGvc
今のHEROシャドー・ミストSSするまで装備魔法を割く余裕ないし、海外騎士も「騎士縛りし始めてるからね。

HERO」総評してなんだけど、先攻の盤面弱いのと破壊以外の除去がほとんどないと言ってもいい。
HERO縛りしてアドを取らせるという方向性だからEXの「HERO」にもう1段強いの1体欲しいという感じ。
9 ななしのよっしん
2019/06/04(火) 22:59:21 ID: EW8s30Yphr
サーチはそこそこあるけど、即効性のあるサルベージいのも地味にキツイ。ワンダドライバーセット止まりだし、モンスター関連はさが足りない。
破壊以外の除去では上記の問題解決兼ねられる、魔法にも効くトレミスみたいなのが欲しい。
10 ななしのよっしん
2019/11/13(水) 12:40:30 ID: EW8s30Yphr
>>8
HERO全体で(特にDやVに)今後欲しいのは後続の展開に支障しない展開札ですね。少なくともEXデッキ以外からのssまで縛るのは心底止めて欲しい。
なまじ展開が上がったせいで、元々キーカードの調達性高い部類なのも相まってフィニッシャー・エンドカードとして強いの配りにくいってのは理解出来るけど・・・。
11 ななしのよっしん
2019/11/21(木) 08:43:27 ID: EW8s30Yphr
ヘルバイサーは融合モンスターの出先提供役兼ドレッドバスターへの繋ぎ役と割り切れば悪くないと思う。
サーチ効果使わないなら制約かからないし、トロメアケルベロストロメアフェニックス相互リンクするから手札交換しつつ除去の手数増やせるのはクロスガイには真似できない。
12 ななしのよっしん
2019/12/09(月) 22:48:45 ID: ehJFlaJQMc
>>5
次の制限改訂いかんではマジでそう呼ばれそう。ドレッドバスターの繋ぎ役としても効果を視しやすい(制約回避しやすくHERO以外と共存させやすい)ヘルバイサーいるし、そもそもヴァイオン1枚からヴァレルロード出せるようになる時点でもうね…。
リナルドが悪いんだよ。

急上昇ワード