編集  

Y・H・V・H・単語

ヤハウェ

y・h・v・h・とは、ユダヤ教、およびそこから生した宗教における唯一神のことである。

概要

ユダヤ教における唯一神の名を現すヘブライ語יהוה」の4文字を、「י(ユッド)」をY、「ה(ヘイ)」をH、「ו(ワーウ)」をVとしてラテンアルファベットに転訳したものである(ヘブライ語は右から左に書く)。ただし「ו(ワーウ)」は古くは V で転写されることが多かったが、近年では古代ヘブライ語ではVよりWに近い発音をされていたと推測されており、際的にはWと転訳してYHWHと記載される場合の方が多いが、日本ではこの記事のタイトルのように古YHVHの方が根強い。

以上の転訳のように、全て子音で成り立っており、発音の基本となる音が含まれていない。この事からもわかるように、「ヤハウェ」という呼称も仮のものであり、この名前の本来の正確な読み方は失伝してしまっている。

ユダヤ教聖書「タナハ(キリスト教でも旧約聖書として少しの変更とともに取り入れられている)」に、このについて記載されている。また、ユダヤ教から生した宗教アブラハムの宗教)であるキリスト教イスラム教においても、その唯一神は教義上ユダヤ教と同一とされる。
よって、キリスト教聖書「新約聖書」、イスラム教典「クルアーン」などにおけるに関する記述についても、このについて述べているとも言える。

なお、この4つの文字は「神聖四文字テトララマトンギリシャ語で『四つの文字』の意)」と呼ばれる。特にキリスト教においては、固有名称としては訳されず、「」として書かれる事が多い。
近年、本来は視される天使の固有名詞を安易に使われるケースが増えたと憂慮され、バチカンの教皇庁から、「ヤハウェ」や「エホバ」といった名しを避け、「」としての名称を使う(訳す)よう、見解・示が出された。そのため、その傾向は今後強くなっていくと思われる。 

読み方

先述のように、本来の読み方は不明である。Yahweh(ヤーウェ、ヤーウェー、ヤーウェイヤハウェヤハウェー、ヤハウェイ)、Yahveh(ヤーヴェ、ヤーヴェー、ヤーヴェイ、ヤハヴェ、ヤハヴェー、ヤハヴェイ)、Yehovah(エホバ、イェホバ、エホヴァ、イェホヴァ、イェホーヴァ、イェホーヴァー)、Jehovah(ジェホバ、ジェホヴァ、ジェホーヴァ)など、多な表記や読み方をされる。

「יהוה」は4つの基本となる文字(字)のみであって、見ただけで詳細な発音が判る文字ではない。また、預言者「モーゼ」が「יהוה」から授かったとして、ユダヤ教聖書中に記載されている「十」には、「の名をみだりに唱えるなかれ」というがあった。そのため、「יהוה」の名を口に出す必要がある際には「アドーナーイ()」や「エローヒーム()」と読み替える習慣が生じ、その結果、元々の発音が不明となってしまっている。

ヘブライ語では、特に発音を表記する必要がある場合には字に対して注釈的な発音記号も付けられるのだが、現存する最古のヘブライ語聖書全写本(レニングラード写本)においてすら、場所によって「יהוה」の発音記号が異なっているのである。しかもその発音記号は単に読み替えのために「アドーナーイ」「エローヒーム」の発音記号を付けているだけであり、本来の「יהוה」の発音を示すものではないと考えられる。

ちなみにアドーナーイ(אדני)は「א(アレフ)」「ד(ダーレス)」「נ(ヌン)」「י(ユッド)」から成り、仮にラテンアルファベット転訳するとADNYとなる。 一方エローヒーム(אלהים、またはאלוהים)は「א(アレフ)」「ל(ラーメド)」(「ו(ワーウ)」)「ה(ヘイ)」「י(ユッド)」「ם(メーム)」から成り、仮にラテンアルファベット転訳するとAL(W)HYMとなる。そしてそれらの音をYHWHにあてはめればイェホーワーあるいはイェホーウィー YeHoWaH/YeHoWih 、つまりエホバとなるわけだ。

ヘブライ文字の Y, W, H 等には半音の他に二重音・長音などを表す記号的な用法があり、単純にそのままヤ行、ワ行、ハ行等で発音できない場合も多い。またアクセントの短いAは曖昧化しアともエとも表記し得る)。

現在ではヤーウェーと読んでいたのではないかという説が有であり、聖書の他の記述から「存在させる(者)」という意味とされている。他にはキリスト教プロテスタントの第七日安息日再臨SDA=Seventh-Day Adventist)が別の記述を根拠にイェフーダー(ヤコブ(イスラエル)の子ユダヘブライ語読み)と関連づけて Yahuwah(ヤフーワー)と呼んでいる。

元々は複数の神であるとする説

上記のようにさまざまな異名を持つであるがゆえに、「元々はそれぞれの名前は別のだったが、それらの神話融合して一つのと見なされるようになったのではないか」という説もある。

タナハ(旧約聖書)内の「YHVH」と呼んでいる箇所はYHVH」を崇めていた集団由来の神話の部分、そして「エローヒーム」と呼んでいる箇所はエローヒーム」を崇めていた集団由来の神話の部分で、それらの集団が合一した際に、神話も一つとしてまとめたのではないか、というわけである。

YHVHに対する批判

はいかなることも知り尽くし、いかなることに対しても・全である。

……という一般的なイメージとは裏に、聖書の中でのは言っていることが前後で矛盾している事も見受けられる。

また、一教の記述であるが故、苛な思想・言動を記している部分もあり、聖書に対する批判者から、YHWHについて非難するがあるのも事実である。

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/y%E3%83%BBh%E3%83%BBv%E3%83%BBh%E3%83%BB
ページ番号: 4284057 リビジョン番号: 2414364
読み:ヤハウェ
初版作成日: 10/02/14 21:36 ◆ 最終更新日: 16/10/08 14:02
編集内容についての説明/コメント: メガテン4F追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


יהוה

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Y・H・V・H・について語るスレ

207 : ななしのよっしん :2018/08/10(金) 15:11:52 ID: ROygrfVGoY
>>205
キリスト教の教えだと、人間自身がそもそも「原罪」を負った悪ということになってるからな
大元の祖先である最初の数世代からして「エデンの林檎を勝手に食べたことを隠蔽しようとする」
「バレたら相方責任転嫁する」「嫉妬して殺す」等々いろいろとやらかしている
の行為をして悪と呼べば「そんなことを言えた立場か」とブーメランが返ることになるわけよ

Y・H・V・H・信仰の根底には人間の浅ましさに対する根強い不信感がある
「こんな浅ましくてすぐ罪を犯す私たちでさえ救ってくれるY・H・V・H・ありがとうございます
というのが信仰の根
それにケチをつけるなら、まず「人間はそんなに浅ましい存在ではない」
アダムイブカインがだらしなかっただけで、はどんな状況でも堕落したりなんかしない」
と宣言するところから始めなければならない
まあそれがなかなか難しいんだけど
208 : ななしのよっしん :2018/08/22(水) 06:12:34 ID: CuXd0gHM2z
まあ、「悪」の根をどこに持ってくるかは、宗教の根幹だからな。
教や二元論なら悪担当の神様がいるけど、一教だと「それも私だ」となっちゃうわけで。いや表面的には悪魔が担当するけど、悪魔作ったのもなわけで。


最終的には「悪はの作った試練」「は善悪を越したところにいる」「この世界を創ったのは実は悪」あたりに落ち着くのかな。
209 : ななしのよっしん :2018/08/31(金) 00:10:25 ID: TFNgoj9Sxz
実はアラーエホバって話もあるよね
アラブ神話が前者だとか
210 : ななしのよっしん :2018/10/02(火) 13:13:44 ID: w3XchuAg8U
>>207
ここで言うのもなんだが、知恵の実々は現代で言うと詐欺師が活動しやすい状況を
放置して被害者だけを責めるようなもんだし責任転嫁と言うかエバがアダムにも食うよう
勧めた経緯説明に見えるし嫉妬して殺す、は嫉妬の原因を作ったのはだしなぁ…
※ただしヤハウェは生贄をめるが原形っぽいので、それが正しいなら
 贈り物の性質を見誤ったカイン捧げ物視するのは理解出来る

話題は反れるけど個人的にずっとなのがアダムと同時に創られたはずの女のこと。
エバがアダムから作られる以前に男女を作ったって記述があるんよね…。
それがリリスってのは後付と言うか2次創作のようなものなのでおいとく。

それと、「地上の諸民はすべて、あなたの子孫によって祝福を得る。」って記述。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
211 : ななしのよっしん :2018/10/15(月) 21:00:17 ID: lLeqNZRTaI
>>209
見方によるね。
古代メッカ地方の宗教アッラーという名のはいたので、アッラーという名前の起もしくは古代メッカ宗教アッラーとしてはヤハウェ(エホバ)とは別ということになる。

対して、イスラームにおけるアッラー旧約聖書しているのとイエスアッラー使徒と呼んでいる。
加えて、キリスト教サイドアラブキリスト教徒は自分たちの(三位一体)をしてアッラーと呼んでいる。

その見方からすればイスラームにおけるアッラーヤハウェと同一だし、逆にいうと多教だった古代メッカ宗教アッラーは名前はともかくイスラームアッラーとは別のってことにもなるね。
212 : ななしのよっしん :2018/10/16(火) 00:34:18 ID: TFNgoj9Sxz
こいつの方がよっぽど悪魔より悪魔だぜ
213 : ななしのよっしん :2018/10/16(火) 01:49:49 ID: lLeqNZRTaI
>>209
もうちょい簡単に補足すると、元々ヤハウェアラブキリスト教徒とユダヤ人からアッラーって呼ばれてたんだよ。
イスラームが起こるずっと前からね。
ムハンマドはそれを踏襲しただけ。

カトリックですら現代でもアラブではアッラーって呼んでる。
214 : ななしのよっしん :2018/10/18(木) 01:13:14 ID: Lbavo/n5M9
別に全知全なんて多教でも有り触れた設定だぜ
エンリルゼウスもヴィシュヌも属性の前に全知全なると書かれてるし
215 : ななしのよっしん :2018/10/21(日) 23:38:55 ID: 8sp9I5kByz
教における全知全なんて『一番偉いよ』の代名詞みたいなもんでしょ
仮に現代的な全知全の意味を持ってても、人間が逸話つくる時点で設定を生かせない

エピ作る際は何か問題が発生して、それをすごいパワーで解決するエピソード鉄板
だけど全知なら、そもそも解決しなければならない問題を起こさせなければいい
けどそんながいたら、『全知全さ』を発揮する必要もなく逸話を作れない
すげーってなってもらえない

どうしても逸話を作るうえで、全知全が活躍する展開がいる
結果、理に全エピぶっこんで下半神とか悪魔より人を殺めたとかができちゃう
そもそも人類は全知全を見た事がく、『全知全』は書き手の感性に依存する
それで生まれたのが力こそパワー暴君秘が生えたような『全知全』ってのが皮だけども
216 : ななしのよっしん :2018/10/29(月) 07:00:35 ID: ekHdlxq6Pr
アッラーフアクバルてのは要するにアッラーアクバルというアラブ人self applause
Allah akbarArab akhbalとなってるのはつまり「それがアラブ人」て話なんでしょ
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス