インド・ヨーロッパ語族

1 ななしのよっしん
2013/03/01(金) 01:33:36 ID: frg0YqmRNf
もっとそれぞれの言を充実させたいけど、知識がないぜ・・・
2 ななしのよっしん
2013/03/14(木) 20:11:37 ID: 65FUIqpdTx
神話マニアとしては神話の起を調べる上で詳しく知っておきたいんだけどややこしすぎるんだよなあ
3 ななしのよっしん
2013/08/02(金) 07:33:38 ID: JxDY78uivs
>>2
比較言語学科学的かつ数学的なものの考えをすることが多いからね
だから文系の人は余計によく分からなくなると思う。
案外理系の人が比較言語学の研究に向いていたり。
4 ななしのよっしん
2013/08/03(土) 19:53:17 ID: 65FUIqpdTx
トラキアインド・ヨーロッパ語族らしいけど
インド・ヨーロッパ語族であるマルストラキアであるアレスと同一起?)なの?って某所で質問したら
も知らないようなが質問するんじゃねえってフルボッコにされたことがある
5 ななしのよっしん
2013/08/03(土) 20:00:30 ID: SNnyxbHFia
サンスクリット語をやって rとlが半音だと知った時はから鱗が落ちたな
英語の初歩を教える時点で教えとけよ!! と今でも思ってる

まあ他の内容は全部忘れたが
6 ななしのよっしん
2013/08/17(土) 11:57:55 ID: KIZbCzXL8N
>>5
rもlも子音だろ。他の子音にべると「聞こえ」がいいから言によっては音同様に音節を形成し得る、というだけで。
サンスクリットではこれら流音は音として扱われるけど、それはサンスクリットだからであって、英語では基本的に音にはならない。
学的な見方と音韻論的な見方とは区別しなきゃいかんでしょ
7 ななしのよっしん
2014/04/03(木) 20:36:04 ID: ZFwV8iG36S
>>本文
サンスクリットで「」を表す単をあげるのであれば、
「mātar」(単数・呼格)ではなく
「mātṛ」(幹)の方が一般的と思われます。

>>5-6
サンスクリットのrとlは対応する音(ṛとḷ)があることから考えても
間違いなく半音に分類されるべき子音だけど、
英語のrとlは対応する音が英語にはないことから考えると、
音とは言い難い気がする。

英語においては、対応する音(/i/と/u/)があるので
子音として使われる場合のy(/j/)とw(/w/)の2つだけを
音と考えるのが多数かと思うのですが、
どうやら世の中には様々な理由から
英語のrやlを半音と捉える考え方もあるようです。
8 ななしのよっしん
2014/04/07(月) 08:20:52 ID: 7KqzTXMGjT
>>7
了解です
形からみて呼格のほうがわかりやすいかと思ったのですが
幹のほうがよさそうですね

>>5-7
やはり半音でとは考えにくいと思われます
rとlが音として扱われるのはサンスクリットだけですので、やはり、これが半音であると考えるのは少し理があるのではないかと

英語においてrとlを半音と数えるというのはしいですね
どのような学者がしているか今度文献をあさってみることにします
9 ななしのよっしん
2014/06/14(土) 12:03:37 ID: A95yFc3Bk8
>>co1870exit_nicocommunity

先生、記事の分類の項のところに、バスクが書かれていないんですが、何でしょうか? 孤立言なので単独なのでしょうか。(´・ω・`)
10 ななしのよっしん
2014/06/14(土) 12:09:40 ID: A95yFc3Bk8
>>2-3
私は文系ですが、比較言語学聖書バベルの塔も独学で勉強していますよ。
英語が話せてかっこいいでしょ!」よりも、世界の言の広がりや歴史把握したいなあ。
11 ななしのよっしん
2014/07/21(月) 18:34:59 ID: 7KqzTXMGjT
>>9
バスクは起が全くの不詳でどこのにも入れることができません。印欧とも全く異なる体系ですので、印欧には絶対に入らないと思われます。
おそらくイベリア半島にいた原住民(印欧を話す住民よりも先にそこに住んでいた人々)の言が元であろうとされています。
なので単独でいいと思います。

話はそれてしまいますが、一応日本語も孤立言であるとされています。昔はアルタイ語族に入れる動きが流でしたが、今はどうも違うようです。

>>10
印欧の広がりでしたらAndre martinet氏が書かれている本の序章でどう広がっていったのかということが書かれていますので、おすすめです。
日本語訳されたものがあるのですが、どうやら絶版になってしまったようで手に入れることができるかは不明です。
12 ななしのよっしん
2015/02/09(月) 00:18:19 ID: rsIsj4EFPt
昔のライオンの生息域がユーラシア大陸だとほぼ印欧語族の分布と重なってる希ガス
13 ななしのよっしん
2015/02/12(木) 05:02:54 ID: EwiKe/aF18
>>8
アメリカ英語だと音とrが同化してR音性音になったりするけど、
lは全に子音だね
ただ、英語でも鼻音と流音が音節音になったりするからそこは音と言えなくもないと思う
latinとかlittle音一つだけど二個あるような感じ
14 ななしのよっしん
2015/07/14(火) 16:40:27 ID: A95yFc3Bk8
記事のこの部分、削除してくれないかなあ。
>>諸言の起は数千年前に存在した印欧祖Proto‐Indo‐European language)であると考えられている

諸言の誕生はだいたい4500年前の「バベルの塔」で
が1つだった言を分けたのが起なのに。
創世記11章 5-9節)

物質も生物も言も、進化論で考えるなよ。
15 ななしのよっしん
2015/07/26(日) 18:36:51 ID: 7KqzTXMGjT
>>14
すいませんが、あなたの提案は承いたしかねます
熱心なのは感いたしますが
学問は宗教でどうこうできるものではないと思います
16 ななしのよっしん
2015/07/29(水) 00:59:13 ID: +slxLCaNz2
>>14
バベルの塔の崩壊が4500年前とは創世記の何処にも書かれていないから却下。
あくまで、後世の学者の推測に過ぎない。
印欧祖の推論はバベルの塔や人類誕生が
もっとずっと前にあったことを前提にした説なので、
その話をここに載せるのは不適切。

というか、wikipediaの印欧祖の記事に
人類誕生とかバベルの塔書いたの君じゃないのか。
17 ななしのよっしん
2015/08/03(月) 08:17:48 ID: SNnyxbHFia
つまりネタで言ってるんじゃなかったと…
18 ななしのよっしん
2016/01/27(水) 00:34:16 ID: fc/TeGJDEc
l,r,m,n(あと、yとwも)はいわゆる半音(ソナント)。
もちろん子音として機するし、"聞こえ"がいいから、ゼロ階梯(音の脱落した階梯)では音のように音節を担うことができる。
英語littleとかmountainとか。

>>11で言及されているマルティネさんの本は神山孝夫先生HPPDFで上がってるよ。
19 ななしのよっしん
2018/08/01(水) 10:13:15 ID: hNPTR+fjxX
BBL=babel=bible