エーリッヒ・フォン・ハルテンベルク

1 ななしのよっしん
2017/07/18(火) 20:27:06 ID: fVAIsuXb0p
OVAだとウォリス・ウォーリックに似ている方ですね。
2 ななしのよっしん
2017/08/09(水) 23:38:17 ID: Hs8FvDXQ6n
記事内の「自らの業に決着をつけさせられる」という表現が秀逸。あの死に方は確かに「業」というものを感じたな。
3 ななしのよっしん
2017/10/17(火) 20:40:16 ID: kGkTTxcCQ9
>自らの業に決着をつけさせられる

なるほど。相手がたとえ麻薬密売人という大悪人であったとは言え、自分の不名誉(というレベルではないが)を恐れて、正規の手続きではなく謀殺という手段を選んだ点で、彼自身も全く非がいわけではないか。

とはいえ、そもそもはがどうしようもない男を婚約者に選んでしまった不運にあるわけで、同情の余地はあるね。
4 ななしのよっしん
2017/11/27(月) 22:22:23 ID: Z4v4mv1bgy
帝国では麻薬の密売はどれだけの刑罰なるか分らないが恐らく、死刑かそれに近い刑罰が下されただろうし、犯罪者として裁かれて不名誉な死に方するくらいなら戦場で名誉の戦死と遂げた方がマシだと思ったのもあるだろうな(犯罪者の妻になってしまうし)。

と言うか、相を知って婚約者は麻薬の密売と言う重犯罪に手を染めた事に対して幻滅しなかったんだろうか(そもそも、放蕩者で評判の悪いこの男のどこに惚れたんだ)?
そもそも、犯罪者として裁かれて死ぬか謀殺されて死ぬか違いに過ぎないとは考えなかったんだろうか(と立場からすればそうせざるを得なかったし)?

どうせなら結婚させて子供が生まれてから謀殺した方が良かったと思う(婚約者の精子をあらかじめ冷凍保存しておいてから謀殺してから人工授精でも良い)。
子供が生まれて母親になっていればではいられないし、子供がいればたとえ相を知ってもあんな暴走を起こさなかったかもしれない。
5 ななしのよっしん
2017/11/29(水) 08:33:29 ID: 1CWsbPdrXP
そういう機械的合理的な割り切りのできるような話ではないだろうから
6 ななしのよっしん
2018/03/19(月) 12:02:35 ID: 7E4eVMJmO8
キャゼルヌ先輩ユリアンに諭してるが、恋愛数式じゃないからね
「汚名」のカイザーリング男爵バーゼル退役中将らびに同夫人ヨハンナあたりがやや似た感じの関係かな

ついでに「汚名」の諸々からすると、麻薬犯、ことに使用ではなく流通側の場合は事犯クラスであろうことが推察されるのと、
ハルテンベルク伯自身、内務尚書職を狙う立場ということは当然、政敵も居ただろうことを考えると、
出来る限り速に事態を闇から闇へ葬る必要性があったんだろうと思われる

いくらカールマチアス伯爵人間とはいえ四男ともなると、相続の見込みも薄く、また特権階級的な護を受けるよりも、そのスキャンダルは政争のダシに使われる危険性の方がずっと高いだろうし
一方で謀殺の経緯を見ても、フォルゲン・ハルテンベルク両伯爵の当時の影等々が、あからさまな手段に出て揉み消せるほどではなく、前線の計官として放り出して戦死を期待するという遠な方法を取らざるを得なかったんじゃないだろうか

人工授精に関しても、チシャ夫人が上への謀略に使おうとしてるくらいだから、医療技術としては成立してても貴族社会では割と不名誉な方法として見られてる潮があったりするのかもしれない
有名実化してるとはいえ劣悪遺伝子排除法の存在や、後付け話ながら「奪還者」でも遺伝病の類は大貴族でも致命的なスキャンダルになりかねないとかもあるし、こっちはこっちでカールマチアスの件同様、両の当時のでは手段として用いることが出来なかったとも考えられる
7 ななしのよっしん
2018/04/27(金) 17:40:32 ID: Hs8FvDXQ6n
カールマチアスを密かに始末した件について、ひとつ仮説が浮かんだ。
ハルデンベルク伯の息のかかった人が、当時逆亡命を考えていたリューネブルクと接触して、カールマチアスのいた部隊に攻撃して、確実に戦死させるよう依頼した。その見返りに、最初からの逆亡命者(帝国への帰順者)待遇と、ハルデンベルク伯の後ろ約束した、そのこそがエリザベートとの婚姻だったとか。

その辺りの事情が断片的に同盟側に伝わった結果うまれたのが、「リューネブルクは自分が殺した敵兵が持ってたホロ写真君に一惚れして逆亡命しやがった」という噂話だったのかも。
8 ななしのよっしん
2018/05/01(火) 20:50:59 ID: oCsqlnuxGF
>>4
「あなたとならどんな貧しい生活でも耐えられる」とまで言ってるからな。
さすがに口だけで実際に貧困に耐えられるわけがない、とカールマチアスは考え麻薬密売に走ったわけだが、彼が思ってた以上にエリザベートは本気だったんだろう。どんな形であれどんな手段であれ、一緒にいられるなら幸せになれる、みたいな。
(もちろん、実際に生活してみたらやっぱり理、となるかもしれないが、その辺はジークフリード・キルヒアイスが生きていたら~のごとく可性は可性のままなくなっちゃったから)
9 ななしのよっしん
2018/05/15(火) 02:17:34 ID: gAQ3vc5Mri
>>6
麻薬密売は確実に事犯ですね。
特にサイオキシン麻薬の密売については、帝国・同盟の麻薬官が極秘に共同戦線をって密売組織の殲滅を図ったと本編中でられている程です。
10 ななしのよっしん
2018/05/15(火) 20:20:15 ID: Hs8FvDXQ6n
>>9
全にただの想像だけど、その帝国と同盟の捜官が共同戦線をった時の、帝国側の責任者がハルデンベルクだったということはないかな。

というか、この共同戦線が顔を合わせたのはフェザーンなんだろうけど、よくフェザーン自治領地球教が黙ってたもんだな。あるいは、地球教以外の麻薬密売シンジケートが捜だったのか。
11 ななしのよっしん
2018/05/15(火) 20:25:55 ID: /wQDNwVcJU
>>10
それは原作7巻から数えて「半世紀ほど以前」のことで、かつ「その当時でも二度はこころみられなかった」そうなのでちょっと理があるのでは
12 ななしのよっしん
2018/05/19(土) 21:32:27 ID: Hs8FvDXQ6n
>>11
うーん、半世紀前となると、流石に年齢的に理があるか。責任者としてはもちろん、いち捜官としても。
因縁話としては面いと思ったんだけどなあw

急上昇ワード

2019/08/19(月)10時更新