エーリッヒ2世

1 ななしのよっしん
2018/09/19(水) 19:36:05 ID: +ndVQSMSGy
この人も都から逃げる時に新憂宮の地下道使ったんだろうか
2 ななしのよっしん
2018/09/20(木) 16:20:44 ID: Xt3dRxkVVg
いつの間か止血の記事ができてたな。
作ってもらってなんだけど、この人自身は中の祖というのはやや褒めすぎだと思う。
単に流血に狙われて破れかぶれで挙兵したら、勝手に皇帝軍が自壊しただけだったのが実情っぽいし。
というか、かがを上げれば呆気なく瓦解する程度の暴君の支配体制がを上げないせいでダラダラと続いてしまう、という専制国家の悪しき面を逆説的に体現した、と言えるのかな。
3 ななしのよっしん
2018/09/22(土) 20:04:05 ID: +ndVQSMSGy
個人的にはマンフレート2世マクシミリアン・ヨーゼフ2世と並んで名前を挙げられることの方が違和感感じるかな
1年かそこらで何も成し遂げられずに命を落としてるし
エーリッヒの方がマンフレートよりは挙げた事績大きいと思う
4 ななしのよっしん
2018/09/27(木) 23:36:47 ID: OitkxzFqMt
まあコロンブスの卵みたいなもんじゃないかなあ。
破れかぶれで起こした反乱が、正規軍の戦意の低さに助けられて
成功しただけだとも思うけど、結果オーライってことでいいんじゃね?
5 ななしのよっしん
2018/09/27(木) 23:55:37 ID: FfsJTStqHs
初版編集者です。ちょっと話題の件について編集意図をば。

流血と止血については原作四巻に記述があるんですが、
エーリッヒ2世が称賛されているのは、破れかぶれの叛乱が成功した点ではなく、「アウグストの恐怖政治の影を一層し、地獄にひとしい状態から帝国を救い出して人心を安定させた功績」によるものとされます。
その上で「崩壊途上にある専制帝国を永らえさせた点において」マクシミリアン・ヨーゼフ2世と並べられています。
もう一つ、外伝一巻だと「(流血の残虐な統治が)エーリッヒ二世によって打ち破られ、皇統の破壊と崩落は停止して、再建がはじまるのである」という記述もあります。

記事作成にあたっては、このあたりを根拠に「王の中者」という記述を使用したものです。
(ちょっと考えて「中の祖」は避けました。ほぼ同義ではありますが、微妙イメージ的に。)
6 ななしのよっしん
2018/10/02(火) 21:14:32 ID: ex0hVBJSEL
オトフリート二世もそうだけど、前一代での失地を挽回しただけと明言されてるのを中と呼びにくい感覚はわかるな
7 ななしのよっしん
2018/12/22(土) 01:06:13 ID: Oi0ZBVyebm
流血や痴愚の記述に誇いなら、や止血の功績はもう「再建」というより半ば「建」に近いものがあったのだと思う
8 ななしのよっしん
2019/07/07(日) 22:17:32 ID: mtxOWN/TmP
エーリッヒ三世が居ない所見ると、
反乱おこした言うのが忌避されたのかしら

急上昇ワード