オペラ座の怪人

1 ななしのよっしん
2012/03/13(火) 21:40:05 ID: qyPE5ka6HD
さんです
ミュージカルではクリスティーヌも怪人も歌唱半端ない上に美男美女・・・
非の打ち所が全くないね

こんなすごいシナリオ思いつくってすごいよな
2 削除しました
削除しました ID: QEz3f50LT8
削除しました
3 ななしのよっしん
2012/04/22(日) 09:54:35 ID: ysr8WSkRIj
劇団四季日本語版も大好きだけど、オリジナル英語版もみてみたいな
4 ななしのよっしん
2012/05/19(土) 22:35:46 ID: sDYAs+0slQ
>>3
25thDVDorBD
5 ななしのよっしん
2012/07/21(土) 18:52:21 ID: BD/DLvQK7J
ロンドン25th記念演版見たけどすげー
リアリア充に負けちゃう話だったんだな
思わず泣いちゃったよ
6 ななしのよっしん
2012/12/18(火) 21:36:36 ID: nlSTFIg5V0
25th記念演版を購入した
やばい、ファントム役のラミン・カリムルーの歌だわ
CDの「ラミン」も買おうかな
7 ななしのよっしん
2013/03/03(日) 06:13:12 ID: xZgHiNo0AM
オペラと間違えたことよりファントム怪人と訳したことの方が許せないよ
これじゃネタバレじゃんw
8 ななしのよっしん
2013/05/07(火) 17:15:26 ID: V6iztlLWVT
情熱のプレイ
9 ななしのよっしん
2013/08/02(金) 10:06:06 ID: QsCKjf3haC
>>8
例の翻訳について言ってやるなよwww
麦茶吹いただろwww



話は変わるんだが、本文の「 実際に起こった、シャンリア落下等、現実に起きた事件を交えながら作品が描写されている。」って文章おかしくないか?

実際に起こった、と、現実に起きた、って同じ意味だよな。
10 ななしのよっしん
2014/01/19(日) 22:29:49 ID: tsw3YRW0+V
>>7 いや確かにファントム自体は亡霊の意だけどオペラ座の亡霊より怪人って言ったほうがなんかインパクトあるしホラー物と間違われないで済むだろ
11 ななしのよっしん
2014/02/05(水) 23:52:09 ID: xCPVxbE/WQ
>>9
「実際に起こったシャンリア落下」等、現実に起きた事件を交えながら~って意味じゃないか
書き方が紛らわしいと思うけど

>>10
ホラーものと間違われずに済むだろってむしろ原作ホラーだぞ
ヒロインする一人の男として出てくるのは終盤あたり
それまではバレリーナの迷信めいた怪談話の中に出てきたり撃者が狂人扱いされたり行動が超能力扱いされたりして
全に幽霊人外の類いで、本当にいるのかも分からんものとして扱われてる

ネタバレとは思わんが、日本語の「怪人」って
怪人二重面相とか特撮とか、堂々と悪事を企む悪役的なニュアンスがあるから
ひっそり影に隠れる幽霊的なニュアンスの原の雰囲気とはだいぶ違うなと思う
12 ななしのよっしん
2015/04/06(月) 18:59:13 ID: wgnq7sZIfX
JOYSOUNDならミュージカルの最後の場面が11分の曲として収められているから機会があったら選択してみるといいかも

>>3
数年前にロンドンに見に行ったらクリスティーヌに去られたファントムが泣いてて感動した
13 ななしのよっしん
2015/04/16(木) 19:33:49 ID: 6ad+qtusGa
実は「ラブ・ネバーダイズ」という続編があるんだよね
ただし、あんまり面くないんだけど
14 ななしのよっしん
2015/05/04(月) 23:48:19 ID: OCHVSG/vWm
>>11
案外最初の「怪」が一番適切だったかもな。

ところで『金田一少年の事件簿』でよく見立てに使われているのはどのバージョンなんだろうな?
金田一少年だと3回中3回とも、
カルロッタ(ライバル歌姫)→ジョセフ(大具係)→フィリップラウル)の順で殺される
カルロッタの殺シャンリアによる圧死
と言い続けているんだが、原作版とも見たことがある25・43・04年版の映画とも筋が違うし・・・
15 ななしのよっしん
2015/05/14(木) 22:15:10 ID: wgnq7sZIfX
>>14
その今まで見たことあるやつの筋キボンヌ
金田一とどう違うん?
16 ななしのよっしん
2015/06/11(木) 19:26:43 ID: MhiWJUkqWt
たまたま見てみたら>>9摘が気になったので概要を微修正。
前の表現だと『羊毛』みたいだったので。
17 ななしのよっしん
2015/10/24(土) 16:54:02 ID: o9QogI/2rp
数年ぶりにミュージカルの方を観に行って来たけど、演奏が今のに変わってて歓喜

>>13
原作の『マンハッタンの怪人』はガストン・ルルーの著作じゃないし、
ファンにしてみれば「そりゃねえよ」な内容で元からあまり評判は良くなかったのさ
この手のが読みたければスーザン・ケイの『ファントム』で止めておけと一昔前の掲示板でよく言われてたわ
こっちも賛否両論あるんだけどね…
とりあえずどちらに転んでもラウル気の毒である
18 ななしのよっしん
2016/03/31(木) 07:55:41 ID: JvR4IPYoTd
要するに
「かおーかおー」
あたしは顔は気にしてません。人殺しすんなってだけ」

という話なんだよなあ
19 ななしのよっしん
2016/04/15(金) 20:22:07 ID: uo6gCMK3gX
ノートダムせむし男」もオペラ座の怪人テーマは全く一緒だな。
ディズニー版はハッピーエンドだけど、やっぱり顔。
20 ななしのよっしん
2016/10/08(土) 17:20:34 ID: 50OZJ6gol3
ロイドウェバー版は見る人によって解釈がだいぶ変わる作りだね
曲がキャッチーなのは論だが
煮え切らなさを残す感じが受けてるんだろうなと思ったわ

ノートダムディズニー版しかしらないけど
原作調べたらえぐいね
21 ななしのよっしん
2016/12/27(火) 01:22:06 ID: OCHVSG/vWm
>>15
亀レスいがこういう感じ。
(04年度版は時期的に金田一少年に影与えていので省略
原作:殺順はジョセフが最初(冒頭で既に故人)、カルロッタは死なずシャンリアの下敷きになるのは観客。
(さらにファントムの口調からするとジョセフの絞殺以外は事故っぽい)
25年度版:原作とほぼ一緒、ただしシャンリアを落としたのはファントムの仕業っぽい。
43年度版:カルロッタに当たるビアンカロリは殺されるが、シャンリア関係(シャンリアはかなり後の方で落ちる)。
89年度版:未見だが、カルロッタが首を切られて殺されるらしいのでたぶん別物。
22 sage
2017/01/10(火) 23:21:29 ID: E1OcKF5BpP
ちなみに原作を読むと、

近隣のレストランから、漬けの豚足ハム、そしてパテを含む食料品が盗まれた。(もちろん怪人の仕業)

とある。怪人の食に対する嗜好が伺えてニヤリとさせられた。ちなみに漬けの豚足は、日本人の感覚だとややゲテモノ寄りに聞こえるけど、原作舞台であるフランス含む西洋諸では上質な味だったりする。
23 ななしのよっしん
2018/01/17(水) 00:50:32 ID: OCHVSG/vWm
>>22
そういえば原作読むと(25年度版映画にもあったが)終盤で「クリスティーヌに自分を受け入れるかという返答にサソリバッタの彫刻のついたスイッチを動かせと命じる」場面があるんだが。

この彫刻「日本製のブロンズ」らしい(創元推理文庫だとP425)。
これ、本来何の用途に作られてはるばるパリまで来たんだろう?

急上昇ワード