カペー朝

1 ななしのよっしん
2016/08/13(土) 10:14:55 ID: POjWzMZZCU
> カロリングから王位を簒奪し、フランスについた。
「簒奪」って表現は一般的じゃないと思うが。
ルイ5世没後の後継者選びで選ばれた正統な西フランク王なわけだし。
ちなみに、ユーグ・カペーはカロリングの姻戚で、祖や大叔父王位についてるし、父親王位継承の有者だった。
ユーグ・カペーの父親王位に就くのを辞退して代わりに立てた王がルイ5世のと祖

> ロベールの強者ロベールとその息子ウードは~その威名を高めた。
> その子孫であるユーグ・カペーは987年についにフランス王位にまで上り詰める。
この書き方だとウード王位についていたことが分かりづらい。
まるでロベールで初めて王位についたユーグ・カペーみたいに誤解しそう。
2 ななしのよっしん
2016/09/18(日) 17:02:39 ID: INahMzeHdm
確かにウードの登位の方がユーグ・カペーの登位より重要かもしれない。なにしろここで初めてカロリング王位から転がり落ちた。長続きしたのがユーグ・カペー以降だったからにここが基点にされるのでは。
タイトル:西フランク内のロベール家・赤字は王になった人物
画像をクリックして再生!!
 
Twitterで紹介する

3 ななしのよっしん
2016/11/20(日) 17:24:12 ID: hwxxZIgia3
だいたい大ユーグのせい。

ウード→ロベール(ウード)→ラウールと非カロリング系の王位が続き、次王にウード王の甥でロベール王の子だった大ユーグが名される。
しかし大ユーグは代わりに海外からルイ4世を呼び寄せて王に即位させ、自身は王になることを辞退する。
その後ルイ4世が死亡すると再び大ユーグが王位名されるが、大ユーグは再び辞退して代わりにロテールを即位させる。
で、大ユーグが死亡してユーグ・カペーがロベールを継ぎ、ロテール王の子・ルイ5世も死亡したとき、次王もカロリング(ロテール王の)にしようって勢とロベール(ロベール王の孫かつ大ユーグの子)に戻そうって勢が争って、選挙の結果ユーグ・カペーに王位が戻された。

大ユーグが素直に王位についてりゃ話は簡単だった。