キツネ

1 とりのはは
2009/03/02(月) 22:37:57 ID: wcNTZ8SQOs
きつねさん。
タイトル:
画像をクリックして再生!!
 
Twitterで紹介する

2 ななしのよっしん
2009/03/02(月) 23:27:49 ID: XEttPoOdEB
>>1
素敵なさんですね。
ごんぎつねをふと思い出してみたり。
3 ななしのよっしん
2009/03/05(木) 23:45:29 ID: 4SXxL0XBXE
ごんぎつね良いですね。てぶくろをかいにも好きです。
同じ作者さんだということをさっき知りました
タイトル:
画像をクリックして再生!!
 
Twitterで紹介する

4 ななしのよっしん
2009/03/05(木) 23:48:30 ID: 7pEYvtWUCt
>>3
ごんぎつね!泣きそうだ・・・!
5 よたろう
2009/03/06(金) 02:55:35 ID: AqvoLRnPhb
>>3
泣いた
6 暇人
2009/04/07(火) 17:40:06 ID: gV7Z8nX153
ごんぎつね 小学生の時教科書に載ってた。
音読がつらかったのを今でも覚えている。
ラストが一番切ない・・・。
7 ななしのよっしん
2009/05/10(日) 11:49:39 ID: SHPxQwvpCF
手袋買いに行く絵本があったな
あれは良かった
8 ななしのよっしん
2009/05/10(日) 17:46:16 ID: 7vQ6IU+rYj
小学校ごんぎつねの劇やったなぁ
しかもきつね役だった
最後の倒れるとことか女子に笑われたけど
9 ななしのよっしん
2009/06/23(火) 14:54:42 ID: Jaww5LEu8U

            ∧_∧  
            /    ヽ  
            | `  ´|  
      <>○<>\= o/        
      // ヽ\⊂ ̄ , ヽ          
      / &&&&&ヽ  ̄   ヽ            
     /,(‘┏_┓‘)<きつねに包まれた       
     | ヽ\`yノ )( <感じですじゃ          
     ヽ ___ノ_と_ノ\_<_ノ           
10 ななしのよっしん
2009/07/24(金) 12:34:43 ID: DbRVJdv0wC
ごんぎつねは生まれて初めて感動して涙した話。
当時、小学生だったのに感涙するとは…。
11 ななしのよっしん
2009/08/04(火) 19:17:31 ID: Q2Mx5iZlxU
チロヌップのキツネ泣いた。教科書に載ってたけど
12 ななしのよっしん
2009/11/22(日) 06:47:06 ID: di3v/i+wG4
ごんぎつねなつかしいな
うなぎ食べたくなったっけ
13 ななしのよっしん
2010/03/17(水) 14:59:04 ID: EsPIFstdeo
福島まれのうちの爺様が、子供のころにに化かされて弁当を盗られたそうじゃ(本人談)
14 ななしのよっしん
2010/06/01(火) 22:47:19 ID: uDtBzkIC5Z
 子はそのがまばゆかったので、めんくらって、まちがった方の手を、――おさまが出しちゃいけないと言ってよく聞かせた方の手をすきまからさしこんでしまいました。
「このお手々にちょうどいい手袋下さい」
 すると帽子屋さんは、おやおやと思いました。の手です。の手が手袋をくれと言うのです。これはきっと木の葉で買いに来たんだなと思いました。
 「ようし。」
帽子屋さんは、立ち上がって、納屋にかけてある火なわじゅうを取って、火をつめました。
 そして足音をしのばせて近よって、今、戸口で手を出した子を、ドンとうちました。子はばたりとたおれました。帽子屋はかけよってきました。の中を見ると、土間にくりが固めて置いてあるのがにつきました。
「おや。」と、帽子屋はびっくりしてごんにを落としました。
「坊や、お前だったのか。いつもくりをくれたのは。」
15 ななしのよっしん
2010/06/09(水) 21:33:35 ID: I19EaaJmKp
>14
おい混ぜるな
16 ななしのよっしん
2010/06/14(月) 21:49:43 ID: uGTqwNVTQo
日本で「化かす動物」になった元はネズミを狩るときに飛びつくからか
の名前が決まったっていう狂言落語?だろうね。

イソップ氏ね
17 ななしのよっしん
2010/06/27(日) 20:44:58 ID: 9KOxXglEy9
>>14
あれ?こんな話だっけ?
18 ななしのよっしん
2010/07/01(木) 17:38:37 ID: AOr3jddBNf
>>14
絶対に許さない
19 ななしのよっしん
2010/10/31(日) 21:03:15 ID: wQcDuPwlPZ
>>14
まさに混ぜるな危険
20 ななしのよっしん
2010/12/04(土) 21:53:29 ID: GG9R35n8eh
>>14 いろいろと台しだwww
21 ななしのよっしん
2011/01/13(木) 01:12:25 ID: OX452uhBPf
>>16
とっくの昔に(ry
(不謹慎だけど)今のギリシャ危機の祟りだと思うw
22 ななしのよっしん
2011/02/05(土) 18:13:24 ID: p7foUGzxtZ
 やがて、行手にぽっつりあかりが一つ見え始めました。それを子供が見つけて、
母ちゃん、おさまは、あんな低いところにも落ちてるのねえ」とききました。
「あれはおさまじゃないのよ」と言って、その時母さんの足はすくんでしまいました。
「あれは町のなんだよ」
 その町のを見た時、母さんは、ある時町へお友達と出かけて行って、たくさんの人を殺したことを思出しました。はじめは王様婿さまを。それから、御自身のお世嗣を。それから、さまを。それから、さまの御子さまを。それから、皇后さまを。それから、賢臣のアレキス様を。お百姓に見つかって、さんざ追いまくられて、命からがら逃げたことでした。
「おどろいた。母ちゃん何してんの、乱心か。」
「いいえ、乱心ではございませぬ。人を、信ずる事が出来ぬ、というのです。」そこで、しかたがないので、坊やだけを一人で町まで行かせることになりました。

「坊やお手々を片方お出し」とお母さんがいいました。
「だまれ、下賤の者。」子は、さっと顔を挙げて報いた。「口では、どんな清らかな事でも言える。おまえだって、いまに、磔(はりつけ)になってから、泣いて詫びたって聞かぬぞ。」
「ああ、自惚れているがよい。私は、命乞いなど決してしない。」とお母さんがいいました。その手を、母さんはしばらく握っている間に、可愛い人間子供の手にしてしまいました。
「ばかな。」

――手袋を買いに走れ《シリーズハイブリッド文学(1)》より抜
ttp://www.ne.jp/asahi/ymgs/hon/yomimono_folder/yomimono17_tebukuro.htm
23 ななしのよっしん
2011/02/08(火) 19:55:22 ID: A2cJr9lEpX
混ぜんなwwwww
24 ななしのよっしん
2011/02/09(水) 11:33:45 ID: p7foUGzxtZ
 そのときかうしろのとんとんくものがありました。
「ホーシュ君か。」ゴーシュはねぼけたように叫びました。ところがすうとを押してはいって来たのはの手です。
「このお手々にちょうどいい手袋下さい」
何だとゴーシュがききました。の手が手袋をくれと言うのです。
「おれが帽子屋などやれるもんか。」ゴーシュはすこしむっとしていました。
するとの子は下を向いてしばらくだまっていましたがまた思い切ったようにいました。
「坊、間違えてほんとうのお手々出しちゃったの。」
ゴーシュはそこでそのをもう少し広くひらいて置いてどんと足をふんで
「こら、子、おまえはうどんということを知っているかっ。」とどなりました。
するとの子はぼんやりした顔をしてきちんと床へ座ったままどうもわからないというように首をまげて考えていましたが、しばらくたって
うどんってぼく知らない。」といました。
ゴーシュはその顔を見て思わず吹き出そうとしましたが、まだ理に恐い顔をして、
「では教えてやろう。うどんというのはな。おまえのようなをな、うどんや出汁とまぜてくたくたと煮ておれさまの食うようにしたものだ。」といました。
するとの子はまたふしぎそうに
お母さんは、人間は恐ろしいものだって仰有ったがちっとも恐ろしくないや。だっての手を見てもどうもしなかったもの」といました。
そこでゴーシュもとうとう笑い出してしまいました。
25 ななしのよっしん
2011/03/10(木) 17:04:05 ID: ZsSF1JggrH
>>24
こっちが笑いたいよwww
26 ななしのよっしん
2011/04/05(火) 11:03:10 ID: p7foUGzxtZ
 とうとう帽子屋がみつかりました。お母さん々よく教えてくれた、い大きなシルクハットの帽子の看が、い電燈に照されてかかっていました。
は玄関に立ちました。玄関は瀬戸煉瓦で組んで、実に立なもんです。そして硝子の開き戸がたって、そこに文字でこう書いてありました。

「どなたもどうかお入りください。決してご遠慮はありません」

 子は教えられた通り、トントンと戸を叩きました。
「今晩は」
 すると、中では何かことこと音がしていましたがやがて、戸が一寸ほどゴロリとあいて、の帯がの上に長く伸びました。
は戸を押して、なかへ入りました。そこはすぐ廊下になっていました。 
ずんずん廊下を進んで行きますと、こんどはいろのペンキ塗りのがありました。
「どうも変なだ。どうしてこんなにたくさん戸があるのだろう。」
 そして子はそのをあけようとしますと、上にいろな字でこう書いてありました。

「当軒は注文の多い帽子屋ですからどうかそこはご承知ください」

 すこし行きますとまたがあって、その前に硝子が一つありました。にはこう書いてありました。

のなかのクリームを顔や手足にすっかり塗ってください。」

 みるとたしかにのなかのものは牛乳クリームでした。子クリームを、顔に塗って手に塗ってそれから足に塗りました。
それでもまだ残っていましたから、それはこっそり顔へ塗るふりをしながら喰べました。
それから大急ぎでをあけますと、その裏側には、

クリームをよく塗りましたか、にもよく塗りましたか、」

 と書いてあって、ちいさなクリームがここにも置いてありました。
「そうそう、ぼくはには塗らなかった。あぶなくにひびを切らすとこだった。ここの人はじつに用意周到だね。」
 するとすぐその前に次の戸がありました。

くあなたの頭に瓶の中の香水をよく振りかけてください。」
27 ななしのよっしん
2011/04/05(火) 11:04:48 ID: p7foUGzxtZ
 そして戸の前にはピカの香水の瓶が置いてありました。
はその香水を、頭へぱちゃぱちゃ振りかけました。ところがその香水は、どうものような匂いがするのでした。
「この香水はへんにくさい。どうしたんだろう。」
 子をあけて中にはいりました。の裏側には、大きな字で斯う書いてありました。

「いろいろ注文が多くてうるさかったでしょう。お気の毒でした。
 もうこれだけです。どうかからだ中に、の中のをたくさん
 よくもみ込んでください。」

 なるほど瀬戸は置いてありましたが、こんどというこんどは子もぎょっとしました。
「これは、その、つ、つ、つ、つまり、ぼ、ぼくが、……うわあ。」がたがたがたがたふるえだして、もうものが言えませんでした。
 の方にはまだ一枚があって、大きなかぎが二つつき、いろのホークナイフの形が切りだしてあって、

「いや、わざわざご苦労です。
 大へん結構にできました。
 さあさあおなかにおはいりください。」

 と書いてありました。おまけにかぎからはきょろきょろ二つのい眼玉がこっちをのぞいています。
「うわあ。」がたがたがたがた。
28 13
2011/04/07(木) 21:11:51 ID: stwsjWzEP9
おもしろいけど許さない
29 ななしのよっしん
2011/04/10(日) 21:42:14 ID: EsBJuvENdF
いろいろおかしい
30 ななしのよっしん
2011/04/15(金) 22:29:47 ID: 99DQEYwBGA
なぜは、いつも美人に化けるのか。
菊ぅうう!・・・うっ・・・・・・ふぅ・・・

急上昇ワード