ゴブリン

151 ななしのよっしん
2020/05/30(土) 12:06:44 ID: Scfl5i7WE9
>>147
なぜ>>140が関係あるの?
ネタ元関係なく、ゴブスレゴブリンは「TRPG世界の序盤の敵役、またはボス戦闘員」として存在していて、その生態は明らかウィルスのそれに近い。独立したフィクション物語の設定なんだから原典がどうとか直接関係ないでしょ。
152 ななしのよっしん
2020/05/30(土) 12:14:48 ID: Scfl5i7WE9
>>148
あの説は、GMGREEN MOON)からやってくる、というTRPG世界ではある意味最も直接的な暗喩ですのでおそらく真実そのものでしょうね。それとは別に地上で繁殖した野良が増えてますけど。
ちなみに二つあるのもう一つはピンクで、おそらくはPL(PINK LUNA)。
153 ななしのよっしん
2020/05/30(土) 12:40:28 ID: 3oBrOGgSGL
>>150>>151
ゴブリンの別名義がオークな意味は何だと思う?先祖返りとされる
ホブゴブリンを大きいという意味で使い出したのは誰だ
オルクボルグやかみきり丸といったあだ名のネタ元は?
太陽にぶつくさ文句いいながらケロッとしてる理由や
メスが存在してないやハイエルフと同じをしてる理由は
154 ななしのよっしん
2020/05/30(土) 13:42:34 ID: Scfl5i7WE9
>>153
その辺は原典へのオマージュであっても、『明言されてないならファンの憶測に過ぎない』んだよ。
少なくともそれだけで「イコールで結べる」と判断するのは流石に思い込みが過ぎる。
155 ななしのよっしん
2020/05/30(土) 13:44:17 ID: zCBeN8oExq
異世界レイプ竿
156 ななしのよっしん
2020/05/30(土) 13:48:22 ID: 3oBrOGgSGL
>>154
ぶっちゃけもう びモノ先生の存在ともども明言してるようなもんやぞ
原作ではゴブリンチャンピオン色のなんてまで言ってるし
157 ななしのよっしん
2020/05/30(土) 13:52:25 ID: Scfl5i7WE9
原典としてモチーフとしたり、オマージュで取り入れたりするケースなんていくらでもあるけど、だからと言って『何から何まで原典と一緒であるはずだ』なんてのは思い込み。
独立した創作世界の出来事を区別できないのは、流石にフィクションへの理解が甘いと言わざるを得ない。

ゴブスレ世界ゴブリンの「メスであるならば、畜相手であろうと繁殖可」「一本から成体一匹を確保可」という生態は既にトールキン他のファンタジー世界の一般的なゴブリンの特徴からもまともな生物としての特徴からも外れている事は確かでしょうに。
原作者様による二次創作として、シャドウラン世界アップデートされたバージョンゴブスレ読んだことありますが、あちらだともはや生物扱いではなくたまに暴走して制御を外れる工場生産の農業用の耕作機械扱いでしたよ?
158 ななしのよっしん
2020/05/30(土) 13:54:15 ID: 3oBrOGgSGL
後、不死の寿命を持ち貯め込んだ財貨の上に眠るとか
(だからあの王は度々退治でもして財政難解決するかと言ってる)
日光浴びたら石になる(直接描写なし)トロールとかもセット

覚知の正体もクトゥルフ神話アレだろうけど
元来の立ち位置は恐らく指輪物語のあいつにあたる
159 ななしのよっしん
2020/05/30(土) 13:56:07 ID: c983rOKrZJ
妄想もここまでくるとすごい
妄想を元に他人を批判しだしてるのは社会の迷惑だけど
160 ななしのよっしん
2020/05/30(土) 13:57:46 ID: Scfl5i7WE9
あの世界、パロの塊だから「それ以外」も多分方が判別できないだけで多数の元ネタ抱えてるんだが、なぜ頑なに『同一のはずだ』って言いるの?
161 ななしのよっしん
2020/05/30(土) 14:02:13 ID: 3oBrOGgSGL
>>157
畜相手ではむりやで あくまで言葉持つもの=人間系種族
特にエルフ人間を好んでるとされる理由も正体的には分かる

後 本当は変な話しだが恐らくは本来の意味でのゴブリンだったらではない
本来のオークゴブリンの方はそもそもメスがいる メスがいないのはD&D的な
用法でのオークネタ元になったウルクハイの方 ホビットの冒険の解説では
恐らくそうだったと思われる個体 五軍の合戦のゴブリン軍の大柄で屈強な導者ボルグやその親衛隊に対して使われたのがホブゴブリン=デカいという用法の祖

映画版ではモリアやグンダバドのオーク達は全員ウルクハイになってる
本来のトールキンゴブリンオークゴブリンの地下暮らしの連中
162 ななしのよっしん
2020/05/30(土) 14:08:01 ID: 3oBrOGgSGL
>>160
あの被害妄想嫉妬深い性格はむしろトールキンオーク族の
ネタ元の一つになったお様とゴブリンの王ゴブリンにも近いし
オークも作中いるとは言え女を襲いにかかるのはゴブリンマーケット
(児童文学)などにも見られる19世紀くらいにはできてたイメージ
ゴブリンスレイヤーの歌なんかはそこら辺のネタ元を端的に歌ってる
ホビットの冒険に出てくるゴブリン殺しの魔剣オルクリスト(かみつき丸)
のようで他も色々混じってる
163 ななしのよっしん
2020/06/16(火) 18:43:52 ID: 3oBrOGgSGL
ホブゴブリンの所
別名オークと悪の兵としてのゴブリン
の位置付けをトールキンが造ったのと同じく

トールキンが『ホビットの冒険』解説中に
用いたのがデカイとする用法の起であって
リスト々はこの部分には関係ないです

5軍の合戦のモリアゴブリン軍の屈強で大柄
ゴブリン軍の総大将ボルグやその親衛隊に対して
用いられたもの こいつらは黒幕の【死人占い師】
と存在を偽ってる指輪物語の【冥王サウロン】より
送り込まれたオークウルクハイである
事が指輪物語の追補編やガンダルフの発言で分かる
164 ななしのよっしん
2020/06/25(木) 22:37:28 ID: 3oBrOGgSGL
トールキンオークトールキンゴブリン)は
元は連れ去られたエルフ達であったものが元祖冥王に地下要塞でめられたものあるいは劣化コピーという設定があるがここら辺も元々は

19世紀の童話作家ジョージマクドナルド
様とゴブリンに出てくるゴブリンが実は
地下深くに閉じ込められた◯◯のなれ果てだった
という設定に受けて出来ているようである

おすすめトレンド

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

樫野(アズールレーン) ボトルマン MMDまほやく ヒックス