ジョアン・レベロ

31 ななしのよっしん
2013/09/19(木) 21:03:36 ID: TaUBbFLH5w
>>30
ホワン・ルイは単に「ヤンのアンチだけを集めた問会じゃないですよ」というのをアピールするために面子に入れられただけ
後でバレた時の言い訳用
そしてアピールには1人で十分なのでレベロまでは入れられなかったという事
32 ななしのよっしん
2013/12/24(火) 17:07:06 ID: gO1nLzGUcR
ヤンがメルカッツに戦持たせて逃がしてる時点でレベロさんは詰んでたと思うんだ
ヤンも普段文民統制があーだこーだ言ってるのにあれはいよ
33 ななしのよっしん
2014/02/02(日) 20:54:48 ID: RHixaX4y10
メルカッツ一人ならともかく(いやそれでも駄なんだが)、事実として根じゃないからなぁ

まあ逃がすまでは仕方ないにしても、戦艦を奪いに行くよう示唆したのが致命的だったかな。
そもそも統帥本部上層部からして、戦艦の破棄を「本当にやってるかどうかは言及を避ける」状態で、おそらく帝国軍の監視すらないっぽいんだから、わざわざ表だって波を立てなくとも、いくらでもやりようがあった気がする。
34 ななしのよっしん
2014/07/24(木) 03:06:50 ID: j0yC1Puk5j
ヤン暗殺未遂後のラインハルト演説聞いて、レベロの体からが抜けて、周りが一ビクッと驚いていたが、あれは失禁でもしたのかな?
35 ななしのよっしん
2014/08/27(水) 07:30:50 ID: +FmGlGYgeg
帝国元帥脱な感じとかヤンイレギュラーズの諧謔味をかっこいいと思うし憧れるけど
劇中登場人物で共感できるのはレベロさんなんだよな・・・・・
36 ななしのよっしん
2014/09/07(日) 13:09:24 ID: SBibZGc85C
とにかく敗戦後と言う状況には向いてなかったと思うな
戦時中かあるいは戦争とは縁な時だったら慎重な性格でもそこそこうまくやれたと思うんだ
37 ななしのよっしん
2014/10/08(水) 07:17:21 ID: QytGsYm1u+
原作読んだ時は嫌いだったんだけど、アニメであまりの顔とのやつれっぷりに嫌いになれなくなった。
ヤンやシトレへの罪悪感もあったんだろうなあ。
38 削除しました
削除しました ID: tVlhOdLo2c
削除しました
39 ななしのよっしん
2014/10/08(水) 23:32:02 ID: PUMB8TEvU9
自由惑星同盟がまた一人逝ったか
40 ななしのよっしん
2014/12/05(金) 16:25:43 ID: oc/9j6EZMy
もしレベロが死ぬことで同盟が助かるとしたら、彼は喜んで死んだんだろうなぁ。
問会の時にヤン艦隊の軍閥化を危惧したのもある意味民主主義する良心的な政治家ゆえだったんだと思う。それについては、多分ヤンも分かってたんじゃないかな
41 ななしのよっしん
2015/06/05(金) 06:27:39 ID: gU8fnK+/pE
毒舌で口だけ政治屋を軽蔑しているヤンが
殺されかけてもレベロには悪態ついていない辺り、(判断の是非は)民主主義国家に相応しい政治家として評価していたという事だろうからね。

レベロを的確に支えられる軍属事情に精通したブレインがいれば良かった。
信頼できる相手とはいえ、軍人に頼る訳にはいかず、頼れる第三者を探したら地雷だったという……。
42 ななしのよっしん
2015/07/09(木) 21:41:39 ID: wS7XZbS/sy
レベロの政治判断は、近代民主主義国家においても普通になされること
多数のための一部の犠牲は、プロパガンダがあろうとなかろうと然と容認されるものだからね

ただ、ラインハルトはあまりにも清廉で潔癖すぎた
そこを読めていれば手の打ちようはいくらでもあったんだが、そこを読めないのも理からないことではある
ラインハルトのような正で良心ある政治家なんてまずいないからなw
オーベルシュタインを参謀にしてることでもあるし、ラインハルトも一貫した政治姿勢はとれていないから
43 ななしのよっしん
2015/07/25(土) 11:09:09 ID: 8v+9ZlIvO0
銀英伝で、一番好きなキャラで、ジョアン・レベロの名をあげると
わりと、不思議がられることがある

自分の理想を追いめられるというのは幸せなことで
まわりとの妥協から不本意ななかの最良を自分のの及ぶ範囲で選択して生きて、死んでいくというのは、シンシーを感じるし、そうありたいとも思うのだが
44 ななしのよっしん
2015/08/21(金) 00:25:50 ID: 0xzBc+g3Nn
>>42
例えMr.レンネンの一件がなくても
同盟への再度の軍事侵攻は避けられなかっただろうけどね
45 ななしのよっしん
2015/09/29(火) 23:49:05 ID: Vbyhluk+PY
この人、要は明王朝最後の皇帝、崇なんだよね。
万暦帝と二代続いたどうしようもない暗君とちがって責任感とを兼ね備えていたけど、状況が最悪だったのと本人の疑心がたたって、結局滅亡という最悪の結末を迎えることになってしまった。ヤンを処断しようとしたレベロのように名将袁崇煥を処刑してしまっているし。
46 ななしのよっしん
2015/10/07(水) 07:01:29 ID: RHixaX4y10
>>42
普通にされうることではあるが、然としていいかどうかは微妙だし、隠してたのばれたらラインハルトじゃなくても糾弾すると思うの
47 ななしのよっしん
2016/01/08(金) 22:15:36 ID: wErAXhTrA6
ぶっちゃけあの時の同盟は全に詰んでた
ラインハルトやヤンや読者視点からすればカイザーに直接問うてみればあの事態は避けられたというのはわかるが同盟の政治家がそんなのわかる訳ないし逆に余計な怒りを買うと考えるのが普通
栓のいことだけどヤンはラインハルトの下に下って後のユリアンがしたように帝国憲法を作らせるべきだった
退役して隠棲するんじゃなくて結局後を見据えてイレギュラーズの種播きはしてたんだからさ
48 ななしのよっしん
2016/02/16(火) 13:45:11 ID: JJY/nJm322
同情のも多いが思考回路が泥沼すぎてちょっとタチ悪いわ。
関わりたくないタイプ
49 ななしのよっしん
2016/07/28(木) 21:32:40 ID: wS7XZbS/sy
>>46
然とやれなければ政治家なんて務まらないよ。政治家どころか一行政官も。むしろ、一人一人の人間に配慮しながら何億もの人々を管理なんてできないので、どうしても政治機的になる。マクロ視点に立てばそうなるのが必定。でなければ、むしろ政治恣意的になってしまう。
ただ、ヤン・ウェンリーは同盟の救英雄なので、いくら同盟のためとはいってもヤンを謀殺しようとすれば、同盟市民には酷く恨まれたろう。

それと、こういった謀略なんて近代世界史でも多々ある。共和制国家でいうと、一番酷いのアメリカ。バレれば糾弾されるが、バレなきゃされない。拠がなければいくらでも逃げられる。レベロは、ヤン一党を甘く見すぎてたから失敗した
50 ななしのよっしん
2016/08/22(月) 01:16:31 ID: j7lqkjUJMk
OVAでのこの人の初登場シーン見てるとなんか泣けてくる
51 ななしのよっしん
2016/09/08(木) 06:20:52 ID: RHixaX4y10
>>49
バレれば糾弾されるってことは、つまりやっちゃいけないって建前ってことだと思うのですが。
まあ、建前は建前として~、ってことでもあるので、「然と」の捉え方の違いなんだろうけど。

レベロは、ヤンやホアンった「ルドルフが最初から独裁者を志向してたか疑問に思う。当初は、多少独善的とはいえ革を民主政治家以上のものではなかったのではないか」が自分に返ってきてるところもあるかなぁ、と。
52 ななしのよっしん
2016/12/30(金) 23:36:37 ID: bYH1iPmmys
この時期のヤンらってシャーウッドの動く(笑)拠がないことをいいことに居直ってるだけだからレベロに偉そうなこと言ってる姿がは見てて立ってくるんだよな
せめてレベロ一人には事実を打ち明けようなんてしようともせず被害者ぶって権者ガーなんて実さの欠片もないわ
53 ななしのよっしん
2017/01/21(土) 22:01:47 ID: RHixaX4y10
居直ってるのは、ヤンというよりはシェーンコップかな。ヤンは「レベロの立場はよくわかる。わかるんだが……」ってレベルに留まってる気がする。
まあ、シェーンコップの場合、居直ってるというより、全部承知の上でヤンとレベロ双方を煽ってるって感じだが。

ヤンはヤンで、問会直後に「君は独裁者になる可性がある」と面と向かって言われて、とてもじゃないがレベロには打ち明けられないって先入観があったかもな。
まあ、敗戦国が戦を隠匿する場合、戦勝への手前あえて政府を何も知らない立場に置いておき現場の独断で行うってのは一つの手段ではある。何かあった場合は現場が泥をかぶるって意味でもあるし、その点で「ヤンは不当な死をあえて甘受すべきでなかったか」という後世の歴史摘ももっともだが。


メルカッツが生きてる」なんて根も葉もないくせに真実な噂が広まってなければ、まだ互いにごまかしようがあったんじゃないかな。

54 ななしのよっしん
2017/01/24(火) 18:38:01 ID: v4FkvSKkTD
最期のロックウェルに対する言葉を見ると、本来現状認識に優れた人であったのがわかる
だって「ヤンと違って君は才ないから謀殺する価値ないよ(意訳)」だもんねw
55 ななしのよっしん
2017/01/26(木) 19:55:16 ID: gSDNHS85rV
>>34
アバッ!カイザーの宣告を受けたレベロはしめやかに失禁

>>45
中国史になぞらえるなら、崇もあてはまるけど、個人的には史実の檜の名前も挙げたいかな。
もっというと、レベロって「失敗した檜」あるいは「檜以上のハードモードにかちあった敗戦国導者」なんじゃないかって思ってる。
の場合はアムリッツァ級の大崩れはなかったし、イゼルローン相当の襄陽は健在だったわけだけど、レベロ時代の同盟はときたら、ねえ……。
56 ななしのよっしん
2017/06/13(火) 09:29:39 ID: ZHcmla7Cq7
色々あったが最期は英雄だったと思う
57 ななしのよっしん
2017/06/28(水) 09:55:20 ID: JJY/nJm322
直截的に物を言わない台詞回しが実に政治家らしかったけど、同時に嫌悪感があったな。 ヤンを拘留所で説得する時の台詞回しとか、対外的には「同盟のために死んでくれ」と政府が言う訳にはいかないからあんな遠回しだったんだろうけど。 政治に殉じたというより、政治奴隷に見えた。
58 ななしのよっしん
2017/06/30(金) 15:17:36 ID: gSDNHS85rV
帝国領侵攻作戦スレでも言われていたけど、レベロって肝心なところで押しが弱いというか、肝が座らないところがあるよね。
石橋叩きいて壊しちゃって、「やっぱりこの石橋は危険だった!」とするようなタイプっていうか。

政治家として無能とも有とも言わないけど、元首や閣僚の器ではなかったんだろうなあ。
59 ななしのよっしん
2017/07/02(日) 06:32:38 ID: RHixaX4y10
とはいえ、帝国領侵攻作戦閣議決定の際にじゃあ何ができたかというと……閣議の内幕マスコミにぶちまける、位かなぁ。「選挙対策の支持率アップのために戦争します」って、議長がはっきり宣言した(つかそれ以外の理由全く述べてない)も同然なわけだし、同盟においては閣僚が倒閣しても別に個人の評価下がるわけではないってのはトリューニヒトがやってみせたわけだし。



まあ、それができるならレンネンカンプの要請(そもそもタイミング的に「ヤンを引き渡せ」とまではまだ伝えられてないうちから駄に先回りしてるだけの気もする)に、「皇帝に訴えて時間だけでも稼ごうとした」だろうけど。
実際、レベロが誘拐されて不在時の政府は「与えられた和約を逆用して帝国に介入させない」方針で事に当たってたし、レンネンカンプもその方針自体は正しいものとしてあえて一線をえる契機を見つけられなかったし。
60 ななしのよっしん
2017/08/12(土) 12:14:15 ID: L0E1QBGVDg
松岡洋右がそっくりだ。一般的に1941年からの太平洋戦争ばかり意識されやすいが、実際の日本満州事変から15年間戦争状態にあった。
最初は一介の国会議員に過ぎなかったが弁が立つので全権大使とは名ばかりの使いっ走りに抜され、どうみても満州国擁護に携わることになる。
際的孤立を阻止するために色々手を回していたが首相斎藤実や外務大臣の内田康哉に却下され際連盟脱退の演説に至る。
この演説後に議員辞職しているが、民や軍部の人気者となりやがて極右輿として近衛内閣の外務大臣として白羽の矢が立った。
松岡構想自体は戦線不拡大・対戦争回避手段として一定の意義はあったが独ソ開戦により三同盟と印協定だけが残り戦後昭和天皇からも詰られた。
個人の保身ではなく国家を守るために人事をつくした結果、全責任を一手に引き受け後世に悪名のみ残った気の毒な人。

急上昇ワード