ジョン・スチュワート・ミル

1 ななしのよっしん
2012/05/06(日) 01:29:19 ID: 2CixTWGaDt
哲学の項が充実してきてるな。
「他人に迷惑をかけない限り、何をやっても良い」ってのは人間世界における基本的な理念だと思ってる。実際は普通に生活していても他人のことが気になることはあるしなかなかその通りに行かないことは多いけれど、この考え方なしには人間らしく生きることは難しいと思う。

今度和訳の「自由論」を読んでみようと思うけど理解できるだろうか…
2 ななしのよっしん
2012/05/06(日) 01:49:44 ID: 3/DVDBZNio
>>1
日経BPクラシックスのがオススメです。めっちゃ内容簡単だったよ。
このシリーズアカデミックじゃなくてビジネス向けだから3時間でスラスラっと読めた。
3 ななしのよっしん
2012/05/06(日) 11:24:27 ID: 2CixTWGaDt
>>2
ありがとう。探してみるわ。
4 ななしのよっしん
2012/05/06(日) 14:05:59 ID: 3/DVDBZNio
ちょっと愚痴になるけど、世界史とか現代社会とか国語で一杯本紹介するくせに、翻訳が数十年前の岩波文庫しかないって海外の本が多いのはおかしいと思うわ。もっと訳して欲しい。
その点日経BPクラシックスは久々ヒットだった。やっぱりアカデミック向けじゃないってのは大きいな。アカデミックは難しければ難しい程褒められるけど、ビジネス向けは簡潔な表現じゃないといけないから。
なんかステマっぽくなってしまった。
5 ななしのよっしん
2014/01/08(水) 12:20:11 ID: O1nyIbvCaG
「統治二論」は新訳があるような。

それに、建設的かつ漸進的な、社会民主主義者であったということも書いて欲しいなあ。

本人も社会主義だと言っていたそうだし。
6 ななしのよっしん
2017/01/06(金) 09:27:34 ID: xnmcw4qJH7
自由論』の文章はいい意味で経済学者臭くないと思う。