スワンプマン

1 ななしのよっしん
2019/04/14(日) 19:09:09 ID: 4rTUAw6DKK
>さらにがどんどん落ち始めた!沼はあなただらけだ!

2 ななしのよっしん
2019/04/14(日) 19:22:26 ID: 4rTUAw6DKK
私は、「同じ人物だと呼べない(他人である)」かなぁ。

なんなら、スワンプマンでなくとも、「私にとって、昨日の私や明日の私は他人」だなぁ。
全に同じ人物ならさっき私のしたことが昨日の私に分かるし
明日の私が何をするか、今の時点で全に分かるはずだ、というヘリクツなんだけどね。
3 ななしのよっしん
2019/04/22(月) 05:43:47 ID: YPYZtF1rcc
このテーマの作品は最近だとクレしんロボとーちゃん
ところで本文のとおり類似の着想によるSFは色々あるけど、沼なのはアランムーア版スワンシングの影
まあ沼で死体がるという着想自体はスワンシングオリジナルではないけど
4 ななしのよっしん
2019/04/30(火) 15:03:56 ID: bzSR8RWK+F
関連商品
>>azB015FHQJ84exit_nicoichiba
5 ななしのよっしん
2019/06/19(水) 04:02:38 ID: iOqHhwjuHi
結局本人と言えるかどうかってのは「元の自分の意識」と変化後の意識が同一で、要は今ネットに書き込んでる自分の体を操ってるリモコンの操縦者が同じであることが「自己」だと思ってる。
6 ななしのよっしん
2019/06/19(水) 04:05:25 ID: iOqHhwjuHi
極論言えば、が落ちて人間の記憶を持ったままに意識が乗り移ったのだとしても、それは自身であると思うよ。まあになっても喋れたとして、それから周りが人間の時と同じように愛してくれるのかは知らんが。
7 ななしのよっしん
2019/06/22(土) 10:47:45 ID: pESuRF15Bv
あらゆるものは、原子が集まり離れての結果にすぎない。今この間の、この私を構成するその原子の状態は、次の間には、もう完全に一致することはないだろう。ということは、私は常に変化しているのだ。三前の私は『三前の私』であり、それは今の私ではない!
8 ななしのよっしん
2019/06/22(土) 11:28:07 ID: 068zr33Vu9
もしかして:アビサル・ディジョン
9 ななしのよっしん
2019/07/15(月) 16:15:17 ID: fgSetyFvHG
>>6
そう、「意識が乗り移った」のだとすると、それは意識的に全に同一の存在。
けど、「記憶、思考共に、寸分なく同一の別個体が生まれた」ってのがこの命題

この表現の違いは、この命題る上で混同すると、全く意味合いが変わってくる。
「乗り移った」って表現は、その入れ物が複数であっても、意識の連続性を保してしまってる。
異なる地点に発生した、自分と寸分違わぬ個体が、果たして「本当に意識が乗り移った個体なのか?」そこに対する懐疑が、この命題本質と言っても良い。
10 ななしのよっしん
2019/07/31(水) 04:13:18 ID: YgRuvbeD/0
「命は地球より重い」とかいいつつ、結局大事なのは社会的な穏や

入れ替わろうが社会的に問題なければその人はその人として扱うだけや
社会的にその人と認定しうる」ならそれでいいわな

「生きて何かを残す、託す」っていうのは、自分の死後も社会的に自分を生かす、残すっていうことと同義や
なら別の個体に自分の記憶や意思が引き継がれてもそれは自分を残すこととなんら変わらん
自分が「引き継がれる」なら自分がどうなってもあと腐れなんてないわな

増殖した場合にどうなるかは知ったことかよ
客観的には全員保護して個別に宜しくなるよう対応するやろ
主観的に言うなら、必要なら自分以外の自分を全部排除するし必要なら自分以外の自分と仲良く共存するだけや
11 ななしのよっしん
2019/08/26(月) 19:52:55 ID: RbLVTASRoH
この先宇宙がどんどん進展していけば、原子の離合集散は数え切れないほど起こることになり、その中で「ある男と全く同一の原子構造を持った男が発生する」可性はゼロじゃない
もしスワンプマンに意識の同一性があるのならば、宇宙が進展していった先で同一の原子構造を持つ人間の意識はどうなっていくんだ?
12 ななしのよっしん
2019/08/28(水) 01:19:01 ID: pbrg1o4Rie
>>11
生まれた直後以外は「他人の似」止まりになるだろうね。
その二人が同じ時間に存在する場合、同じ思考をするかというと違うし、お互いを偽物だと認知することもないからね
13 ななしのよっしん
2019/09/04(水) 09:52:24 ID: 8ULBrHPwEA
>>11
環境がまるっきり一緒じゃないならやっぱり他人やで
双子もそうやろ?

太陽が二つあるかもしれないし重力が半分かもしれない、
モテモテかもしれないしバナナの皮を踏んですっころぶかもしれない
ゴミが入って決定的チャンスを逃すかもしれない
そこまで全く同じという事がまずない以上は、やっぱり他人
14 ななしのよっしん
2019/09/07(土) 16:35:16 ID: RbLVTASRoH
>>13
でも、例えばタイムトラベルなんかの議論では、過去改変で自分の周りの環境がどれだけ変化しようが自己同一性は保たれることが自明のように扱われてるよね
君の論が正しければ、過去が変わった間にその当人の意識は消失するとも考えられるわけだが、それは正しく思えるか?
15 ななしのよっしん
2019/09/23(月) 08:56:21 ID: fgSetyFvHG
>>14
>でも、例えばタイムトラベルなんかの議論では、過去改変で自分の周りの環境がどれだけ変化しようが自己同一性は保たれることが自明のように扱われてるよね
>君の論が正しければ、過去が変わった間にその当人の意識は消失するとも考えられるわけだが、それは正しく思えるか?

実際、それを踏まえてる作品の方が多くない?
過去変して未来を変えれば、存在が消滅する作品もあれば、パラレルワールド変されなかった先にある未来変された未来が同時に存在する)とすることで存在を保つ作品もある。
それらの作品の存在が、「過去改変で自分の周りの環境がどれだけ変化しようが自己同一性は保たれることが自明のように扱われて」ないことの明にもなってる。

で、同じような議論に「ワープ」がある。
ワープは、間的に別の地点に「移動」する技術とされてるけど、実質的には「元の場所にあった存在を消滅させて、別の地点に同一の存在を生成する技術」と見做す事もできる。
例えば、体の半分だけをワープさせて、ワープ前とワープ後でそれぞれ生を施したら、ワープ前の固体とワープ後の固体、「本人といえるのはどっちか?」ってのは、スワンプマンと同じ命題だな。

タイムトラベルものよりは、こっちの方が、その命題を避けている印
この命題を踏まえている稀有な作品としてはGANTZがある。これも最後の最後で魂論に踏み込んで台しにしてるけど。

それ以外の作品では、間を曲させてワープ前とワープ後を繋げるとか、別次元、別間を経由することで意識の連続性を保つことで、命題そのものを回避する作品が多い。
16 ななしのよっしん
2020/01/04(土) 19:48:20 ID: yZU8iAu7Ky
沼男はいないようです
17 ななしのよっしん
2020/01/30(木) 14:28:37 ID: ha4h0gZn9F
関連動画原作の方の動画にした方がいいんじゃない?
18 ななしのよっしん
2020/02/23(日) 16:55:32 ID: qhpLR/UT52
スワンプマンになる/なったのが他人なら物質としても思考記憶も全同一なんだから同一人物としてみるしかないかな
じゃないと本人がかわいそうだ

でも自分がという場合は話が変わる
同じ記憶を持つクローンが生まれても、一度死ぬんなら今キーボード打ってるこの自分の意識は終わってしまう
まあクローンからしたらキーボード打ってるのも自分なわけだから気にしないだろうけど
だからあなたさっきスワンプマンになりましたよと言われたら「あっそ」で済ませられるけど、あなたはこれからスワンプマンになりますよと言われたら必死に抵抗したくなる
19 ななしのよっしん
2020/02/27(木) 21:13:54 ID: I1LXtLHfHf
>>17
重要なのはスワンプマン元ネタ)の説明をしているシーンであって
沼男は誰だ?というシナリオそのものではないと思う

クトゥルフTRPGシナリオ沼男は誰だ?」は
二人きりになったら意識に人間を喰らって(同質の存在に変えて)増殖するだの
始祖が死亡するとスワンプマン全員死亡するだの
余計な要素を付け加え過ぎて別の問題に話が変質している
構成物質が生前と原子レベルで全く同じだから意義があるのに、これでは遊星からの物体Xと変わらない

急上昇ワード

2020/02/28(金)14時更新