ナゾトキ

31 ななしのよっしん
2010/05/11(火) 20:33:43 ID: q4fz+lfvvF
ここでの『ワイングラス』は『殺す機会』じゃないかと思った
リンは『彼』を殺そうとしていて、それをレンが代わりに殺した、って感じ
レンが殺さなかったらリンが殺してしまった、とか。

だから、ナゾトキレンは「君は悪くない」とか思って、でもリンレンと昔何か関係があって、まあそこからは他と大体同じ。
だと思ったけどよく分からない。
32 ななしのよっしん
2010/05/13(木) 19:01:43 ID: xXebFNTH7r
リンナイフを所持していたのは、「彼」を殺すためだったで間違いないと思う
じゃないと普通ナイフなんて持ってるはずがない
一つの事件は殺で、二つの事件はに落ちて死んだんだから、床に落ちてたのを拾ったとかそんなもない
ナゾトキ」でレン叩き落したナイフは、恐らくリンが殺すより先に「彼」が死んでしまったために使われなかったナイフではないかと

「はじめから私に目隠しをしたのは方ね」は、リンが殺計画を立ててることを知ったレンが、先回りして殺した?
33 ななしのよっしん
2010/05/15(土) 19:59:52 ID: 69B4lQRZBj
もうめんどいww
犯人はだあれ?
タイトル:犯人はだあれ?
画像をクリックして再生!!
 
Twitterで紹介する

34 ななしのよっしん
2010/05/16(日) 19:28:07 ID: q4fz+lfvvF
ナゾトキ』のPVを見るとレン犯人のように思えるが、
『ナゾカケ』を聴くと矛盾
やはり言うまでもいが別モノ。
35 ななしのよっしん
2010/05/23(日) 15:44:43 ID: NSY4RXDEkq
もう犯人でいいよ。
36 ななしのよっしん
2010/05/26(水) 22:51:06 ID: 0dS0II9J6y
>>35
やめwww
お前犯人になるなら
37 ななしのよっしん
2010/05/29(土) 08:54:47 ID: a/nqEi/3/x
小説読んだけど、
犯人探偵。片腕の探偵は何らかの理由で探偵ってる。
(さぞかし様になっていただろう?)

ナゾカケの「彼等=彼と彼女」の女のを、片腕の探偵は昔助けたことがある。(その時に腕を失った
も船に乗っていた。

探偵と片腕の探偵は「彼等」が殺すはずだった人間で殺した。
だから最初の事件の時その人間の部屋から出てきた。(幼女撃された

に落ちた人間達は探偵2人の仕業。犯人じゃない。
「彼等」は人間達を殺す予定はなかった。

物語の中で片腕の探偵犯人だと疑われる。
「彼等」の計画にそれはなかった。
38 ななしのよっしん
2010/05/29(土) 09:10:00 ID: a/nqEi/3/x
>>37の続き(ここからは予想)
少女ナイフを持っていた理由は、
探偵を殺さないといけない理由がある」

片腕の探偵少女を殺そうとしている理由は、
少女が事件の相に近づこうとしているから」

おそらく船の事件で、少女探偵に大切な人を殺された。
だが、犯人は「片腕の探偵」ではない。
少女は片腕の探偵犯人だと思っていただけ。
(片腕の探偵を間違えて殺そうとしていた。)
39 ななしのよっしん
2010/06/01(火) 18:26:22 ID: l+19GYLe1s
http://piapro.jp/content/ddq6nnkyer1b0fhoexit
3つキタ
40 ななしのよっしん
2010/06/02(水) 09:11:44 ID: hix9BUYVvA
だれか記事作れる人、ナゾカケのページも作ってくれないかな?
41 ななしのよっしん
2010/06/16(水) 23:50:39 ID: rOX7hLJ4TU
long ver.がニコニコに上がりました
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11062046exit_nicovideo
42 ななしのよっしん
2010/06/26(土) 14:20:02 ID: pnCjNt0Hx+
ナゾトキLong verの歌詞うpってくれ。
43 ななしのよっしん
2010/06/27(日) 07:52:29 ID: pnCjNt0Hx+
↑もうあったな、ごめん
44 簡単に言うと
2010/07/25(日) 13:12:32 ID: bo78AAm/ai
レンリン犯人だと思っている

リン真犯人を知っている。
だがその犯人リンレンを殺そうとしていることに気付き
殺される前に殺してしまおうとしていた。が、
レンがそれに気付き食い止める。
リンレンともにその意は不明(じゃないけど面倒くさいから)

犯人はとりま第三者b
召使なんじゃないか。うん。
ほら、PVでさ、後ろの列に笑ってる
居たじゃないか。それらしき人物。

PVコメうみねこの最後が分かったみたいな事
言ってるが居るが、意味不明((

塚、簡単じゃねーな。
面倒くさくて省略しただけだ。
45 ななしのよっしん
2010/08/23(月) 00:44:00 ID: ifjxkg+VEx
すげえ長いよ!
ひなた春花さんの小説を読んで勝手に思った筋違いの考察だよ。


・ひとつめの=何故彼がひとりの部屋で入りのワインを飲まなければいけなかったのか?
彼(A)は昔、マンションに他二人と火をつけた。「少女」の両親はそれが原因で死んでしまい、「片腕の探偵」は「少女」を救って右腕を失ってしまった。
だから理由は「死ぬべき宿命と決まっていたから」だった。


・ふたつめのへ落ちた彼らの中に犯人がいたのか?
彼らの中の一人(B)は、ひとつめので死んだ「彼」と同じく昔マンションに火をつけた。
その後「少女」の愛してしまい、彼女が彼(B)を含めマンションに火をつけた人物三人を殺そうと考えていたのを知った。
彼(B)はその事件の事を悔い、彼女に協して二人を殺し、最期に自分も死ぬと言った。
彼女と彼(B)は共犯して、彼(B)がへ落ちて死んだと噓を付いた。
どこかに隠れていた彼(B)は彼女かを殺して手を染めてしまう前にく終わらせてしまおうと考えていたが、ひとつめのの彼(A)は既に殺されており、彼女が殺してしまったのかと思った
その後、人気のない所に隠れようと、船内のバーに入った。
一人で考えていると、船のスタッフ女性が殺されていた。
このスタッフ彼女が殺したのかと思い、バーからへ放り投げた。
最後に彼(B)は最後の共犯者をで撃ち、自殺した。
つまり、ほとんどの殺人は彼は行っていない。=犯人がいたのか?
に「落ちた」人間犯人ではない。

事件に巻き込まれたもう一人の探偵=「片腕の探偵」と「探偵」以外にいたと思われる。まだ考察が必要。
46 ななしのよっしん
2010/08/23(月) 00:46:10 ID: ifjxkg+VEx
続き

・みっつめの=海風彼女を撫でていたあの時彼女が何を想ったのか?
小説の中に出てきた夫人は、デッキで見ていた。
夫人の夫は、最後に彼(B)に殺された男。
夫人は過去の事件の事を知っていた。
普段の夫の自分や周りに対する態度に嫌気がさしていたと思われる。

すべて終わったこと愛しいきみがここに辿り着いたそのナイフを隠して
すべて終わった事=過去の事件

結局犯人なんでしょうね。
47 ななしのよっしん
2010/10/23(土) 02:09:08 ID: BomMxh3OBQ
一番最初に思いついた解釈が、
最初の一人はリンナイフで殺そうとしていたが、先んじてレンワインで殺した。
ナゾトキで死ぬべき運命と言っているのはレンが殺さなくてもリンが殺していただろうから。
ナゾカケであのときあなたは探偵だった?と聞いているのはレン探偵ではなく犯人だったから。

もう一人の探偵リン。なぜならレン犯人だと気づいてしまったから。犯人を見つけるのはいつだって探偵

次の「に落ちた彼らは」リンが殺した。レンを最初の事件の犯人にしないために。
一人と二人ってのはレンが一人を殺しリンが二人を殺したの解釈
レンが本当は君に知られたくはなかったってのは、最初の犯人だとばれなければリンが二番の彼らを殺す必要がかったためかなぁ。

答えは「ひとつ」とは限らない は犯人が一人ではいの言い換え。リンレンがともに犯人だから二人。

最後のナイフリン自決用なんじゃないかなーと。
ぬことで一連の事件の犯人となり、リンをかばおうとしたレン探偵役にする。
(すでに人を殺しているレン探偵にすることができる最後の手段。死んで全部持っていく、リン死ねレンがかばう意味がい)

レンはそれを止め(ナイフ叩き落とし)、リンに自分が真犯人だと言させようとしている。
自分のためにリンに落とした殺人をも自分の罪とし死んでいくために。
(自分が犯人になればリンは生きていける)
もうじき全てくなるってのは、館が燃えてるとかじゃないかな。
だからリンに急がせ脅している。

レンの腕が原因でリンが最初の殺人を計画したのかもしれんとかも思ってたりもする

読みづらい文章すまそ
48 ななしのよっしん
2010/10/24(日) 17:28:07 ID: 2KlUZBUtbT
新しい、「さあ、どっち?」って曲も関係してそうだな

頭が朦朧とするぜ
49 ななしのよっしん
2010/10/29(金) 17:01:41 ID: EWhAraH+82
ひなた春花さんの小説を読んでちょっと推理です。


事件は2つが同時に起きていてた。
被害者達を狙っていたのは犯人とされた"彼ら"だけではない。
"片腕の探偵"もまた被害者達を狙っており、
犯人とされた"彼ら"が殺せたのは1人2人であり被害者全てではない。
残りの被害者達は事件と重なるように"片腕の探偵"に殺されていた。
(※小説で言えば、何故探偵達があの会社のあやめだと特定できたのか、何故探偵達があの時出てきた部屋があの部屋だったのかのにあたる。)

犯人は片腕の探偵であると同時に片腕の探偵が必ず犯人だとは限らない。
故に"片腕の「探偵"≒犯人」となる。


そして、ナゾトキ舞台はその事件から時間が経過してから、"片腕の探偵"と彼が片腕になった理由の"少女"が対峙しているシーンと思われます。
50 ななしのよっしん
2010/10/29(金) 17:14:54 ID: EWhAraH+82
続き。


"ひとつめのナゾ"

どのみち彼は犯人あるいは片腕の探偵に狙われていた。
どちらが殺さなくてもどちらかに殺される。
彼はあの時死ぬべき宿命と決まっていたのだから。


"ふたつめのナゾ"

狂った計画とは彼らの殺人計画。
ほんとうに彼らの中に犯人がいたのかは、
一つの書き込みの通りです。


"みっつめのナゾ"

少女彼女
すべて終わったこととは事件との時間経過があることを示している。


長くなりましたが以上です。
51 ななしのよっしん
2010/10/31(日) 17:36:09 ID: co7nr8+tzF
みんな詳しく書きすぎで馬鹿にはよく分からんが
ひなたさん自身のナゾカケ→あの事件
鏡音レンのナゾカケ→この事件
と言ってるからレン犯人にしか思えない・・・

どなたか歌詞の部分に この(あの)事件
って感じに変えてもらえるとうれしいです
52 ななしのよっしん
2010/12/02(木) 20:42:50 ID: xXebFNTH7r
>>51
「意地悪な犯人方ではない」のところから、犯人は別にいるorリンをかばってレン犯人になった(これが一番有補な気がする)かな、と予想してる
53 riri
2011/03/31(木) 14:34:30 ID: GGJ/xwqZ3z
簡単に言うと、「レンリンは同じことを考えていて、少しだけリンが出遅れてレン犯人になった。」という感じ?

過去
事件の数年前に、リンレンが何らかの事故に遭って、
レンはその時に右腕を失った。一応リンのせい、と言うことにして。(レンはそう思っていない)
で、その事件を起こした(小説だったら火事なんで、そんな感じじゃないですかね)のが、殺された人と、に落とされた人たち。
レンはその事故によってピアニストになるから外れ、その原因となった人たちを憎んでいた。リンは、レン人生を狂わせたことに罪悪感があって、原因の人達を殺そうとする。

<この事件(あの事件)>
リンよりもレンの方が全員を殺したが、レンリンの考えも知る(ある意味レンのために殺人を起こそうとしたこと)。それで、リンに自分を警察に連れて行け、と言う。(全な自分の妄想です。)
その時にリンレンに対して言った言葉が、ナゾカケかなあ、とか妄想してみる。

~長くなったので↓に続く~(スミマセン!)
54 riri②
2011/03/31(木) 14:38:56 ID: GGJ/xwqZ3z
歌詞ごとに細かくいきますと……

ナゾトキ「死ぬべき宿命」は、レン()とリン(ナイフ)、二人とも殺そうとしていたから。二重だから逃げられない、ということで。ここで、レンリンの考えを知っていたということになります。

ナゾカケ「目隠し」は、リンが部屋の前で、ドア越しに被害者が死ぬのを聞いていたという意味で。ワイングラスが二つというのは、レン被害者が一緒に飲んでいたことにして置きます。

ナゾカケ「こんな形で事件を終わらせはしない」は、レンが悪者になる結果にはさせないという感じ。

ナゾカケ「意地悪な犯人がかけた呪い」は、意地悪な犯人=殺された人達。呪いというのは、そのまま彼らを生かしていても、二人(リンレン)の心の中は依然暗いままで、殺しても二人にとって明るい結果にはならないということ。つまりそのことに関して二人には明るく生きていくことはできないという意味。

ナゾトキナイフ」は、一人のために持っていたナイフ継続して持っていたということにして。

ナゾカケ・ナゾトキ探偵」は、二人とも本当の探偵ではないという解釈に至りました……。リンレンも、〝彼ら〟を殺した後は自分が探偵になって、他の人に相をって警察出頭するつもりだったということで。ここが、同じことを考えていた、の解釈につながります。

ナゾカケ・ナゾトキの、(君、もしくはあなたを)殺してしまう、というのはお互いを殺すという意味ではなく、他の人間が殺すという意味。簡単に、裁判で死刑になることを表してる…のかな?


まとめると、
レン犯人警察とかに捕まって、罰を受けるのを望んでいる。
リン犯人になり損ねた一般人レンが捕まるのを阻止したい。

かなり自己解釈です!しかも相には程遠いんでしょうね……短絡的すぎる;
あと、3番のナゾとか、触れてないところに関しては、私のでは程遠かった、ということにしておいてください。
長すぎ失礼しました!お付き合いくださった方はありがとうございました
55 ななしのよっしん
2011/04/06(水) 16:00:04 ID: 5j6hveN51j
ひとつめのナゾについて、自己解釈です。
まず楽曲を聴いて考え、後から小説を読んで直せる部分は直し、
理だった部分はそのままにしているので、原作矛盾する部分もあります。
それと、どうせ外れているくせにやたら長くてすみません><

過去に、探偵(以下、レン)が少女(以下、リン)を火災から救出する。
この際、レンは片腕を、リンは両親を失う。

『ナゾカケ』のpvの冒頭と末尾の台詞は、レンの上のもの。
ここで上が殺そうとしているのは復讐にとりつかれたリンであり、
これを知ったレン彼女を守る
リンの代わりにを殺し、リン復讐を達成させた上で彼女を逃がす)ために、
(おそらく彼女を捕まえると銘打って)「探偵役を買って出」る。

下に続きます。
56 ななしのよっしん
2011/04/06(水) 16:01:22 ID: 5j6hveN51j
続き

レンは火災からリンの両親を救えず、
彼女復讐となってしまった責任は自分にあると考えており、
「自分が罪を償うべきだ、と思い込んでいる」。
また、片腕を失ってピアノ満足に弾けなくなったことに絶望し、
どこか厭世的にもなっている。

リンの1人の「彼」を殺しようとする。
しかし、ワイングラスはレンによってすり替えられており、
リンを入れようとしたのは偽物だった。

下に続きます。
57 ななしのよっしん
2011/04/06(水) 16:02:55 ID: 5j6hveN51j
続き

レンは本物のワイングラスに自分が用意したを入れて「彼」に飲ませた
(おそらく、探偵として「彼」に近付き、
「彼」が命を狙われていることやワイングラスのすり替えについて伝え、
こちらのワイングラスは大丈夫、とでも言って安心させて飲ませた)。

そしてレンは、偽物ワイングラスを取っておき、
最後にその中のワインを飲み干すことで罪を償おうとする
(「片腕の探偵」のオリジナルキャラの別の曲『ウォータリリー、きみにぐ』に
「いずれぼくが飲み干すは 隠したほうがいい」という歌詞がある)。
「それを確認する術ももうじき消えてなくなる」は、
レンリンを逃がした後にで死ぬことを意味している。

下に続きます。
58 ななしのよっしん
2011/04/06(水) 16:04:48 ID: 5j6hveN51j
続き

読みすると、「ほらくしないとぼくの手がきみを殺めてしまうよ」は、
リンを殺そうとしている以上、レンは本来それに従うべき立場にいること、
「もう時間がないんだ」は急がないと上リンを殺しに来てしまうことを示唆している。
あるいは単純に、リンを逃がすためにあえて悪役を演じている。

「本当はきみに知られたくはなかった」のは、
復讐リン自身の手で遂行されたのではないことや、
レン彼女のためにこんな犯行に及んだことを知れば、リンが悲しむと思ったから。
「せめてもの情けだ」は、リンによる復讐阻止したことに加え、
彼女の両親を救えなかったことや、本来なら復讐ごと阻止すべき所をこんな形で
終わらせてしまったことなどに対しての発言と思われる。

下に続きます。
59 ななしのよっしん
2011/04/06(水) 16:06:04 ID: 5j6hveN51j
続き

一方、リンは「はじめから」ワイングラスがすり替えられていることに気付いていた。
そのため、足が付かないようにを入れるのを止め、ナイフによる刺殺に予定変更する。
「彼は“”で死なずとも いずれ“ナイフ”で死んでいたのよ」は、
言い換えれば、レン殺しなければ「彼」はでは死ななかった、ということ。

ナゾトキ』でリンレンを殺そうとしたのは、
ワイングラスのすり替えと「彼」の殺がレンの仕業だと気付くと同時に、
レンがその罪をリンに着せようとしていると誤解したから
レンが失った片腕のとして「彼」とリンの両方を恨んでいた、
リンが考えるのも自然)。

「あなたを間違えて殺してしまう前に」はレンを「彼」の代わりに殺したり、
自分の敵だと勘違いして刺殺したりしてまう前に、という意味。
「極悪な犯人」は、レンの心理を利用してこのような犯行に至らせたレンの上
もしかすると、厭世的になっていたレンに死に場所を与えようとした?

…以上です。
ここまで読んで下さった方、本当にありがとうございました
60 ななしのよっしん
2011/04/06(水) 18:25:04 ID: 5j6hveN51j
上の補足です。
レンの上リンを殺そうとしている、というのは
小説を読むとあまりにも間違いっぽいので…言い訳を考えました^^

これはレンにこのような犯行を決意させるための上の演技で、
本当はリンを殺すつもりは全くなかった。
その意図は上に書いたとおり「レンに死に場所を与える」こと、あるいは
小説を読まれた方はお分かりだと思いますが)レンの上は掴みどころのない人物であるため、
彼にしか理解できない何らかの企みがあったのかもしれない。

…ということで、お願いします^^
楽曲を聴いた時の印が強いので、これはこれで原作とは別の物語だと
広いお心で受け止めて頂けると幸いです。
ここまでお付き合い下さり、ありがとうございました