パラドックス

61 ななしのよっしん
2015/09/12(土) 19:52:46 ID: rYO/jIkMc2
連投すみません
あとこれに似た話をすると
の妖」っていう話で、持っていると願いがかなうがあって、でもその代わり最後まで持っていると魂をに持っていかれる(ちょっと違ったらすみません)というのがあるんだけどルールがあって
①ただで上げてはだめ
②必ず手に入れた時よりも低い値段で譲らなければだめ
というルールがあるんだけど一応ストーリーの中では最初かなり高価だったのが時間が経つと下がっていた

ここで抜き打ちテストパラドクスに近い構造があって
まず一円で買う人間はいない、なぜならタダでは譲れないので一円より低いお金がない以上自分が魂を持っていかれてしまう(為替レートみたいな話は考えないでお願いします)ということは二円でもアウト
一円で買う人間がいない以上当然だ
ということは三円も、四円でも…
もし絶対に魂を取られることを回避する人間を必ず想定するなら絶対にこのの売り買いは行われないような気がするのだけどどうでしょうか?
62 ななしのよっしん
2015/09/12(土) 19:54:09 ID: 83UjG21JZ8
先生「今週は抜き打ちテストやるからしっかり勉強しろよ」
生徒先生パラドックスが発生するので抜き打ちテストはできませんよ」
先生そうかそうか、ちゃんと勉強しているようだな
    なら今すぐ抜き打ちテストしても大丈夫だな
    抜き打ちになったからパラドックスも解決だ」
生徒「 」
63 ななしのよっしん
2015/09/21(月) 14:40:56 ID: N0BmPRw30k
>>57
> 全者は持上理な石を作った後に者になればいい。
> というか全者の定義しだい。

者は<者でも持ち上げられない石>を作ることが可か?

者の定義を「論理的に可なこと全てが可な者」とすれば、結局全者は論理的に成立しない。
者」をどういう定義であんたが言ったか分からないけど、全者の不可能えた者=者という意味? それはそれで論理的問題がある。

論理的不可能も可な全者(=者)を考えた場合、その全者は2足す2を5にすることも四い円を作ることもできる。つまり者が存在すると、論理というものが成立しなくなる。
64 ななしのよっしん
2015/11/02(月) 20:25:43 ID: GWcXJFlVhC
>>63
者の定義自体が論理の外だしねぇ
球体を4次元間に放り込めば切れを入れずに表裏をひっくり返せる事みたいな。

なんかパラドックスってプログラムバグみたいだよな
65 ななしのよっしん
2015/12/29(火) 11:15:48 ID: 3k3eG5YMYK
>>61ドラえもんでも似たような話があった気がする、なんかトランプが減っていってジョーカーがどうこうなるってやつ
66 ななしのよっしん
2016/01/18(月) 18:16:41 ID: rYO/jIkMc2
>>65
そんなのあったっけ
読んでみた
この取引って人間の非論理性を信用するから起こるんだろうね(もしくは考えないから)
例えばもこれに近いのかな?
あと申し訳ないじゃなくて瓶だったm(_ _)m
67 ななしのよっしん
2016/01/21(木) 14:54:24 ID: IzWULhNfm0
こまけぇこたぁいいんだよ!
68 ななしのよっしん
2016/02/26(金) 01:37:21 ID: 130rCAImqN
よく考えたらそもそも現実の抜き打ちテストっていつやるかっていう期間の予告さえしないよな
69 ななしのよっしん
2016/04/29(金) 01:41:54 ID: BVapCGeCWH
>>抜き打ちテスト
問題の状況を、「の時点で、教師がその日にテストをすると決めていて、生徒がそれを言い当てたらテストが中止になる」という意味にとると、
生徒の「言い当て」は週の中で1回しかできない、としないと意味がない。(生徒毎日今日テストがあると知っています」と言い続ければ絶対にテストできないため)

この場合、「金曜日テストは必ず予測できるから実施できない」は誤りになる。(教師金曜日テストと決めていて、生徒木曜日までに「言い当て」をしてハズレだったなら、金曜日テストは言い当てられないので実施できる)

>>全
矛盾がある、よって全者は存在しない」というのは、論理的には正しいが、
々にとっては正しい論理も、全者には適用できないのかもしれない……とも思える。
論理えた存在なら、論理的にあーだこーだ言っても意味。
70 ななしのよっしん
2016/06/22(水) 17:56:34 ID: Dw7ERnx4pw
その理屈がアリなら
々にとっては正しい論理も、には適用できないのかもしれない……とも思える。
々にとっては正しい論理も、々には適用できないのかも(ry
々にとっては正しい論理も、悪魔妖怪には(ry
者にとっては正しい論理も、々には適用できないのかも(ry
アリになって掛け論になる
71 ななしのよっしん
2016/08/17(水) 00:33:18 ID: SiNojqXqYe
予定通り行かないだろうという予定は
予定通り、予定通り行かなかった。
予定通り行かなかったが予定通りだ。

まあ予定というか予測なんだけど
72 ななしのよっしん
2016/09/25(日) 00:17:08 ID: CfbW729h5t
>>69
論理効化する話は論理学とは関係なく、ましてやパラドックスとも関係ない
73 ななしのよっしん
2017/08/15(火) 01:29:06 ID: fkw4YF2SNe
所謂二つの封筒問題が考えても考えても一向にわからん
検索しても納得できない解説ばっかだし
74 ななしのよっしん
2017/08/15(火) 01:48:20 ID: 53bK8abSe/
生徒が最善手を取り続けることで抜き打ちテストは行えない
生徒がいかなる手段を取ろうとも抜き打ちテストは成立する」が偽であることは本文中で述べられている通り
最善手は「一週間テストに備えて勉強しておく」こと
「抜き打ちテストは行えない」と安心しきって勉強を怠った生徒は最善手を放棄したことになり、抜き打ちテストは成立する。矛盾はない
75 ななしのよっしん
2017/10/24(火) 19:02:50 ID: vJEtIPSZ78
親を殺すタイムパラドックスを解消するのが5次元理論なのかな?
タイムスリップをして親を殺してもそれはその間に親が死んだ世界線に分岐しただけである、と
でもこれだと仮定の上に仮定を重ねてる気がするんだが……解消できるお願いします
76 ななしのよっしん
2018/05/28(月) 19:39:53 ID: dsiZhnlxMT
>>6
だけど、ハリーポッターダンブルドアハリーにやってたな。
精神攻撃喰らうを飲むから飲み切るまでは何があってもそれを飲ませ続けろってことだけど。
77 ななしのよっしん
2018/08/11(土) 02:13:22 ID: 3k3eG5YMYK
抜き打ちテストパラドックスの解釈でこういうの聞いたことがある

教師が「明日抜き打ちテストを行う」と宣言したとすると、その時有り得る可性は
先生の発言がで、明日抜き打ちテストが行われる
先生の発言が偽で、明日抜き打ちテストが行われない
の2通りだが、生徒今日の時点では先生の発言がか偽か知ることはできないので、生徒テストがあるかどうか予測できない
よって教師明日、抜き打ちテストを行うことができる

もし教師の発言が必ずという条件があるなら、それはパラドックスではなくただの矛盾である
78 ななしのよっしん
2018/08/14(火) 15:45:31 ID: QmwhNvY3oS
そりゃ「明日」ならそうだけど実際は「今週中」でかつ「期間内にテストは必ず行われる」だから矛盾でも何でもないパラドックスが成立してんのよ
79 ななしのよっしん
2019/08/09(金) 20:10:06 ID: jGWa6rhOBw
パラドックス大学時代に友人から聞いた時はの話だったな
く、全ての(自身を含む)を入れる事ができる普通を作れるか?ただし、自身の入ったと定義し普通ではない
他のは結局関係ないので、単純化すると、「全者は自身を入れる事ができて、かつ自身を入れる事のできないを作れるか?」となり、この命題を出題した時点で全者の性質に関わらず矛盾を用意している事になる
もっと進めると「全者は矛盾する状況を作れるか?」となる
結局何度も出てるが、出題者ができると定義した事はできるしできないと定義した事はできない、何故ならそう定義したからという見事なトートロジーとなり、解く意味のない命題となる

また、どう定義してもその定義に沿った存在が居るかどうかが関係である事、「人間が可と定義(受容)できる物は全部可」としても現実世界ではおそらく過剰なである事の二つ問題か残る
80 ななしのよっしん
2019/08/09(金) 20:22:13 ID: jGWa6rhOBw
者のパラドックスへのもう1つの回答

ある日全者は言った。私はこの石を自分で持ち上げる事ができないと。実際に今まで全者がこの石を持ち上げた事はなく、人智の及ぶ限りの未来においても持ち上げられる事はないだろう事は有識者によって予測されている。
問、全者はこの石を持ち上げる事はできるか?それはどうやって確認できるか?
81 ななしのよっしん
2019/12/10(火) 16:15:41 ID: HAow7LCywd
者のパラドックスは「全者はパラドックスを作った」じゃダメなの?
解決したら全者なのにパラドックスを作れない事になってしまう。

それともしも本当に全者が石を持ち上げようとしたら
大陸が浮かぶと思うんだよね。文字通り石は大陸からは持ち上がってない。
けれども地球からは持ち上がっている。両方満たしているでしょ。
82 ななしのよっしん
2019/12/10(火) 16:36:03 ID: HAow7LCywd
発展させると、石を接着剤でトレイに貼り付ければ良いんじゃない?
石はトレイから持ち上げられないし、
レイを持ち上げれば石は台の上から持ち上げられる事になる

者以外も大体の人は出来ちゃうんですけどね
83 ななしのよっしん
2019/12/26(木) 05:34:16 ID: C0GRcaE8JQ
これどういうこと?特定の4頭が同じ色だとしても任意の1頭を取り除いたあとに残りの4頭が同じ色の保はないよね?
任意の意味が自分の理解と違う?

>5頭のが常に同じ色であることを明したいとする。4頭のは必ず同じ色であることが、すでに明されているとしよう。すると、5頭のから任意の1頭を除けば、残りの4頭は同じ色である
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6%E3%81%AE%E9%A6%AC%E3%81%AF%E5%90%8C%E3%81%98%E8%89%B2exit
84 ななしのよっしん
2019/12/26(木) 06:09:18 ID: lQh0bKxycA
最近ちょくちょく聞く寛容のパラドックスの「不寛容にまで制限に寛容な社会は、その不寛容によって最終的には全てが破壊される」っていうの、現代社会もちょくちょくにするだなと思った
85 ななしのよっしん
2020/01/04(土) 23:00:20 ID: ZBmfreZEwV
>>83
「4頭のは必ず同じ色であることが、すでに明されている」のでが4頭になった時点でそれらが同じ色であることが保される。
もともとは数学的帰納法における勘違いの例みたいです。
86 ななしのよっしん
2020/01/17(金) 11:47:43 ID: jGWa6rhOBw
>>81
上にも書いたが出題者がダメと言えばダメになるし、良しと言えば良しになる
出題自体が恒式の命題だと思うね

後半の解決策はどう工夫しても、出題者がじゃあそれが起きないように…とすればイタチごっこになるからあまり意味はない
87 ななしのよっしん
2020/01/17(金) 18:57:55 ID: jGWa6rhOBw
いや、別の考え方もできるか
出題者が「全者にとっても誤魔化しようのない設問を作り上げた」と確信している時
「少なくとも出題者の思考様式を熟知し、出題者の知らない思考様式を知っている可性のある全者から見ても、に誤魔化しようのない設問である」という命題
出題者にとってにも偽にもできない
(実際は反があれば少なくとも偽である事は分かるので、反ができない…つまり命題が全者にとってであれば出題者には偽の決定ができないとなる)
88 ななしのよっしん
2020/01/24(金) 12:08:34 ID: iBWlfrRsL1
過去の自分や過去の自分の親を殺したら々のパラドックスについては一応解として、「そもそも時間渡航ができない」というものがあるな
よく言われるのが自分の今いる世界タイムトラベルはできないが、自分の今いる世界過去未来によく似た世界へと世界間移動はできるのではないか、という話
その場合、過去の自分を殺したとしても、そもそもそれは過去の自分ではなく過去の自分に似ている他人を殺したことになるからパラドックスは起きないというものだが
89 ななしのよっしん
2020/02/29(土) 23:24:07 ID: SFYMqAuqKb
お前の言うとおりにも持ち上げられない石をつくってやった。ちなみに私も持ち上げることはできないぞ。」
人「じゃあ方は全では…あれ、私はなぜこんなことをしたんだ?が持ち上げられなかったら何だと言うのだ?」
矛盾がうまれても論理的な正しさには関係ない世界変されたようだな。私が全であるというのは全ての前提であり、否定できないよう世界が構築される。」
90 ななしのよっしん
2020/04/01(水) 22:57:06 ID: MsP7E35b51
>>89
矛盾がうまれても論理的な正しさには関係ない”って、どういう意味?

本来は
矛盾いこと」→「論理的な正しさ」となり、
矛盾があること」→「論理的な間違い」となる。
しかし、”矛盾がうまれても論理的な正しさには関係ない”とした場合、
論理的な間違いがうまれても論理的な正しさには関係ない”
という意味不明なことになる

言い換えると、”矛盾がうまれても論理的な正しさには関係ない世界”では、
矛盾いこと」→「論理的な正しさ」となると同時に
矛盾があること」→「論理的な正しさ」となってしまう

おすすめトレンド