ヤン・ウェンリー

691 ななしのよっしん
2019/04/09(火) 19:17:19 ID: TsXy3u5CH9
人それぞれいろんな考え方はあろうが、反対方向に等質等量の正義があるわけで
だからまあ…リアルのそういうデリケートな話はそれに相応しい場所でやりましょうや
692 ななしのよっしん
2019/04/28(日) 09:41:27 ID: S4cV8MI2e/
後世の歴史にさんざんなこと言われても当然かなって感じで不良中年
ヤンは個人として生きたいのに状況がそれを許さなかったのはわかるが、じゃあ最初から軍人になんてなるなよって話で
693 ななしのよっしん
2019/04/28(日) 14:32:25 ID: KtS96qS8Of
とは言っても、結局のところがなくて士官学校にいくしかなかったわけで
文系の奨学は出なかっただろうし、本人は出世する気がかったから、辞めようと思えばいつでも辞められると思ってたんだろう
それがまさか30大将まで出世して辞めるに辞められなくなるなんて想像もしてなかったんじゃなかろうか
694 ななしのよっしん
2019/05/01(水) 12:09:56 ID: Wme+Fnrmn9
どうだろうな…ヤンの学力に疑問はないし奨学制度自体がなかったあるいは崩壊してたと見ることもできるか
個人的には「士官学校ならタダで学べて衣食住も付きますよ」って言われて
バイト学生ローンの苦学生ルートとかを大して検討もせずにホイホイ志願書書いたような気がしなくもないけどw
695 ななしのよっしん
2019/05/02(木) 20:20:29 ID: Fcj16YGH5r
おかんは物心つく前に死別、そのため間交易商人のおとんに連れられ
少年期のほとんどは宇宙船の中という銀英伝もなかなかの特殊環境だし、
保母さん家庭教師を商船に乗せるわけにもいかないとなると、
おとんが手軽に入手できかつ較的安価(ここ重要)にある程度の教養を身につける具として
古来から親しまれる「本」をチョイスしたのだろうか

幸い変にったりせず茫洋もとい較的まろやかに成長したウェンリー少年ではあるけど、
やたらと年金にうるさかったり、嗇ではないけど使わずに済むは使わなくていいじゃない的思考基盤が
少年期に既に形成されていたとすると、それは安価(ここ重要)に入手したであろうパチもん董収集が趣味
納得できるなら傷物でも中古でも何でもおkおとんに習う人生訓の結実だったのかもしれない
696 ななしのよっしん
2019/05/02(木) 20:20:56 ID: TsXy3u5CH9
その場合徴兵にかかっただろうから
兵役が何歳から何歳かわからんけど休学して兵役やって除隊して、そこそこの歳で復学…ってなる事も考えなきゃならなかったんじゃないか
697 ななしのよっしん
2019/05/02(木) 20:49:42 ID: KtS96qS8Of
>>696
それどころか、保護者(はっきり言えば兵役を終えた連帯保人)なしで学生ローンを借りれるのか疑問に思う
徴兵制が有る以上、一定の期間戦場に行かなければならん訳で、
当然、戦死するリスク=結果的に借を踏み倒されるリスクが有るから、最悪の事態を考えると、孤独の身になったヤンでは学生ローンを借りることも難しかったかもな
698 ななしのよっしん
2019/05/05(日) 15:35:37 ID: lREuR95Ki7
なんか、自由惑星同盟社会保障制度が如何に瀕死の有様かが浮き彫りになってきたな。
イゼルローン攻略も、帝国との休戦条約締結もできず、だらだら長期化する戦争状況が何をもたらすかがよくわかる。
699 ななしのよっしん
2019/05/23(木) 01:41:51 ID: Ioz/dRL5pV
>>689
>>「戦術は戦略に従属し、戦略は政治に、政治経済に従属するというわけさ」

自由惑星同盟社会保障制度が考察されているが、マクロだけでなくヤン自身の命運も、
貧乏という「経済」が決定的要素になっているのが面い。
上記は真理か、はたまた暇にあかせて読んだ書物が血化したがゆえの自己成就予言か。

ただ、「軍」というガチガチの「官製」ルートを選んだことは不思議。あれは「タダ」じゃない。
ヤンは「無料の代償」には、とても自覚的・敏感な人間と思う。

上記名言に戻るが、「がなければ学べない」は、実にもらしいで、
本来のヤンは、もが疑わない「常識」の隙を突いて学び、「浮浪の碩学」としてディオゲネス統を受け継ぐ人だったと思っている
カウンターパートたるアレクサンダーの系譜を受け継いでいるのは、もちろんあの人)