二式飛行艇

31 KHB05062
2014/02/16(日) 19:38:05 ID: pN564NYCL8
今でも通用すると評価されるなんて凄いよね。
今は亡き菊原技師をはじめとする設計川西社長も、葉の陰で喜んでいるだろうな。

飛行艇進化は、如何にゆっくり飛んで、やんわりして、着の衝撃を和らげる事ができるか。この点に尽きると思うんだよね。

その点で、二式大艇はもちろん、US-2も、技術の到達点であると同時に、通過点でしかないかもしれない。
32 ななしのよっしん
2014/02/16(日) 20:28:59 ID: h7pIQuT+l8
US-2はともかく二式大艇はその「飛行艇進化」からおもいきし背を向けた異端児だよ?
艦隊決戦における撃戦やるためのヒコーキで、
実のところ離着カタリナ)なんかの同時代機には一歩譲る。飛行ゆっくり長時間飛ぶというよりは高速性重視だし。
33 ななしのよっしん
2014/02/19(水) 02:30:08 ID: PVAsn5iugj
>>32
カタリナとは設計思想からして違うからなぁ・・・
と言うかそっちに突っ走ってなお[飛行艇]として世界一だったのが驚き
34 ななしのよっしん
2014/02/20(木) 00:05:02 ID: zfTtU8Kc0h
>>31
っていうか、二式大艇とほとんど変わらない姿のUS-2見ると、70年前にすでに
完成されていたデザインというか、二式大艇デザインが物凄い先進的だった
のかなぁ
35 ななしのよっしん
2014/02/23(日) 22:39:04 ID: pJLKfR/DfQ
海上自衛隊鹿航空基地資料館行ったことあるのに見た記憶が
当時の軍服なんかの資料を見たのは覚えてるんだけど

見逃してたんかな、勿体無いことしたわ……
36 ななしのよっしん
2014/03/02(日) 18:32:52 ID: nbcTM9KHYW
>>35
たしか移されたのは割りと最近だったはずだから見た記憶がいのも当然なんじゃないかな
37 ななしのよっしん
2014/03/07(金) 09:11:52 ID: HrgKPXKWl1
>>35
それまでは船の科学館での展示だし鹿屋に見た記憶いのは仕方ないかも
10年前だっけ?>鹿博物館に移管されたの
むしろコミケ帰りのゆりかもめで見た提督が相当数居ると思われる(あちらには1980年から20年以上あったから)
38 ななしのよっしん
2014/03/11(火) 17:15:18 ID: pJLKfR/DfQ
>>36,37
調べたら譲渡式が行われたのが平成15年
が行ったのはその二年前だった。

休みにでも見てくるわ。
39 ななしのよっしん
2014/04/05(土) 13:19:59 ID: rzS5xrT3Ut
色々あるが日本軍の最高傑作機は二式大艇だと思うな
40 ななしのよっしん
2014/05/23(金) 00:58:06 ID: shXfrI87aZ
ちなみに大戦中盤以降稼働機がどんどん少なくなっていくのは、
あまりの巨体故に敵の襲時にはっ先に狙われる上に
偽装も難しく掩体壕も作れないということで壊され放題だったのも大きな原因だったりする
41 ななしのよっしん
2014/08/28(木) 20:47:01 ID: nX5KBBZ7k1
ウィキペディア見に行っただけだけど、結局艦艇相手の戦果はかったのかな?
こういうデカいのはロマンがあるな
42 ななしのよっしん
2015/02/19(木) 15:48:58 ID: bqPYzvmpTA
まさに、でかーい説明不要。
43 ななしのよっしん
2015/03/05(木) 11:56:08 ID: RdK/3vIbv1
傑作ではあるけど、この機体以外にまともな四発機を日本が作れなかったのが残念。
44 ななしのよっしん
2015/04/29(水) 11:39:45 ID: aO6btU8+9R
まあ30年代日本軍の戦略は「なるたけ敵をおびき寄せて痛撃」が基本だったからね
四発機を元々必要としない、較的安上がりな装備で防を考えてた

二式大艇はその例外だけど、それも発想としては「根拠地を長距離攻撃して艦隊を引きずり出し艦隊決戦の機会をつくる」というものから来てる訳で



…実戦ではそれを日本側がやられることになったけどな!
嗚呼ドゥーリトル
45 ななしのよっしん
2015/04/30(木) 10:48:16 ID: E0ZirazpS+
なお片切符だった模様

空母から飛んで日本襲してあの頃の中国に降りるなんてどんな罰ゲームだよ
46 ななしのよっしん
2015/05/01(金) 16:10:55 ID: TxPZbHvMln
フライトシュミレーターゲーでこいつで敵の部を爆撃しなきゃならんとなったときに余りにも動きが重すぎてそこがクリア出来ずに詰んで投げたな…
47 ななしのよっしん
2015/05/01(金) 17:34:22 ID: jukc4SGyLA
正直魚雷いらなくね?って思うわ
孤立した輸送艦用なのかもしれんが、米軍相手じゃ・・
48 ななしのよっしん
2015/05/01(金) 18:00:17 ID: CdMvS4gyVt
>>47
お偉いさん輸送艦に護衛の戦割くとかバカじゃねーの?ん?てことは敵の輸送艦も狙い放題じゃん!俺氏元帥昇進待ったなし!」

旧軍の補給軽視って有名だったしこういう発想だったんじゃね?
なお実際は(ry
49 ななしのよっしん
2015/05/02(土) 12:35:07 ID: uvkgQZoglW
アメリカに飛行可状態で保存されてた二式大艇日本に帰ってきてずっと野外展示にされて飛行できないようになったって話を聞いてひどい話だと思った
50 ななしのよっしん
2015/05/02(土) 12:41:00 ID: YycWu/6d/l
>>48
軍「護衛に割く戦とかないです」
船団「」

軽視していたのも事実だけどそれ以上に物理的に足りない
51 ななしのよっしん
2015/05/03(日) 08:30:10 ID: LouzuXRFye
なんかしらんけど、二式に限らず水上艇とか水上機とかってこんな魅的なんだろうな?
実戦でさほど役立つわけでもないし、傑作機といえでも地味なんだけど。
でも、普通航空機べてすごく好きなんだよね。
なんか、説明できないけど、とにかくが離せない存在みたいなかんじかな?
52 ななしのよっしん
2015/05/03(日) 15:19:02 ID: fu2Ew32O1M
>>49
それは疾風じゃないか?
二式大艇は予算不足でスクラップにするから必要なら言えとアメリカに迫られて、笹川良一が自費で引き取って自分の博物館に展示したんだよ。
元々羽布りは朽ちて全滅(修理時に野外展示用に金属外皮に変更)していたし、中もボロボロ(返還当時の写真あり)。
詳しくは船の科学館刊行の『船の科学館 資料ガイド2 二式大飛行艇』を参照のこと。
53 ななしのよっしん
2015/05/05(火) 15:53:24 ID: 94ZxJ7zWUG
そもそも輸送が必要になるような長期戦を想定してないんだよ・・・
補給が必要になったら勝てない、よって短期決戦で勝負なプランだったんだから
54 ななしのよっしん
2015/05/05(火) 23:18:33 ID: iJ4uNBJoji
>>51
いや日問わず水上機飛行艇の類は太平洋という戦場において凄く役立ったんだけどね?
普通航空機べてすごく好きだとまで言うならもう少し調べてあげるといい。
55 ななしのよっしん
2015/05/11(月) 03:26:17 ID: dXm19GfGjw
>>50
軍は末期でもちゃんと護衛してたんだぞ
なお、暗号がばれたので軍が護衛したせいで航路が事前把握され待ち伏せ撃沈されるといったことが多発した模様
56 ななしのよっしん
2015/05/24(日) 22:41:52 ID: IBZeQ2iLEI
>>5 護衛されたほうが危険とかどうなってるんだ...
57 ななしのよっしん
2015/06/11(木) 21:29:06 ID: aO6btU8+9R
>>47
元々は艦隊に先制攻撃かけて削るための大航続・高速・重武装。飛行艇でやろうとしたのが二式飛行艇で、陸上機でやろうとしたのが深山。
まああっちはそもそもまともなシロモノに仕上がらず、二式飛行艇完成前に「大機での撃は理だ」と結論出てこの的で使われることはかった。
その代わりに与えられた任務が敵勢圏下での強行偵察や強行輸送なんで、コンセプトはたしかに論見倒れだったけどそれなりに働きどころはあった機体ではある。
58 ななしのよっしん
2015/06/28(日) 13:15:16 ID: Mav7nr6vp0
大艇ちゃんが強化されたら、それを載せてる艦も強くなれるかも!
59 ななしのよっしん
2015/07/11(土) 18:41:49 ID: 5iLiDZTxt6
>>55
撃沈されることが多発してるのにちゃんと護衛していたとか、これもうわかんねえな
60 ななしのよっしん
2015/07/20(月) 00:30:53 ID: rQo5GP+KfS
輸送船は当初は効率重視で独航や少数で運航されていたけど、商船暗号解読などで被害が拡大したから船団方式にして護衛をつけるようになったような。
戦争後期の潜水艦にはレーダーがついているし、南方からの輸送航路とかはフィリピンや南シナを経由するなどである程度予想もつくから、被害拡大の要因は暗号以外にもありそうな気もする。

暗号解読などで独航でも危険なら、護衛がいた方が敵潜の制圧や被害報告が行える可性も出てくるから、その方がいいのだろうか?

急上昇ワード

2019/08/24(土)09時更新