二式飛行艇

61 ななしのよっしん
2015/09/17(木) 14:28:03 ID: lGNCSaMguK
>>51
太平洋戦争時の日本水上機は高性で結構活躍してるよ。
元々は偵察機だったけど性が良かったから爆撃機として運用された「瑞雲」とか、零式艦上戦闘機水上機版である「二式水上戦闘機」とか。
62 ななしのよっしん
2016/03/14(月) 10:15:51 ID: 48uh7UpS5v
モッコとツルハシで飛行場建設にも苦労する日本軍は、面さえあれば発進できる水上機を活躍させざるを得なかったとも言える。

瑞雲や二式戦が水上機として高性といっても、でかいフロートぶら下げる性的なハンデや、に触れることでの劣化を考えれば、本来は陸上or艦上機のほうが好ましいし。

米軍の場合は、ブルドーザー持ち込んで地面ならして飛行場を作ったり大量生産してる護衛空母から飛行機を飛ばせば良かったから、水上機に多くを望む必要がかったってのも大きいんだよな。
63 ななしのよっしん
2016/03/27(日) 23:30:08 ID: aO6btU8+9R
>>60
それが、船団化を推し進めた頃に前線が崩壊して空母艦載機が直接船団攻撃まで始めるようになったわけよ
そうなると船団化したのが逆効果、一度発見されたらそのまま船団まるごと一網打尽になっちゃって……
64 ななしのよっしん
2016/07/29(金) 18:56:25 ID: +rn37ASffL
高性なのはよく言われてるけど戦争に使う具としてはとしてはどうなのかねぇ・・・
日本にはカタリナみたいな性はまあまあだけど使いやすくてお役立ち、みたいな飛行艇はなかったんだろうか
65 ななしのよっしん
2016/08/15(月) 20:12:44 ID: QFP+LXGzgp
>>64
つ『九七式飛行艇

飛行艇として活躍させられなかったのが念だよなぁ。
わざわざ魚雷の進調整機(投下後にジャイロ設定で魚雷が曲がります)ついてたんだし。
ところで進調整自体はどうやってたんだろう?
り下げだから飛行中に魚雷触れないし、潜水艦みたいにTDCで遠隔調整できたのか、搭載時点で進設定したまま飛びたったのか。
66 ななしのよっしん
2019/03/16(土) 21:47:04 ID: rQo5GP+KfS
どうやっていたかは自分も気になる。
エキストラ20足立技師の記述だと艇体内で深度調整と斜進調整ができるようにしたとあるが、方法までは書いてなかった…。

急上昇ワード

2019/08/19(月)14時更新