今川義元

181 ななしのよっしん
2013/10/04(金) 10:29:59 ID: vzB0BGpMxI
公家の出で立ちだったのは史実なんだから前の顔グラの方がいいのにね。公家っぽい感じだけど優れた武人ってギャップがいいのに
182 ななしのよっしん
2013/10/04(金) 12:03:57 ID: ppuggUhfc+
あの麿顔も威圧感あって悪くなかったよな
183 ななしのよっしん
2013/11/21(木) 11:01:40 ID: fJfRVU+DwL
ありきたりなイケメン顔になってつまらなくなった
文句言うが多いから
184 ななしのよっしん
2013/12/21(土) 10:37:45 ID: jbC6VPnBkt
イケメン顔好きだぞ。
肖像画でもイケメンだし史実はあんな感じじゃないの?
麿顔も味があって好きだけど。
信野望→史実
無双→俗説、創作、世間的イメージ
住み分ければいいじゃない。
185 ななしのよっしん
2014/04/12(土) 09:42:42 ID: atSKK5mfTZ
無双の義元はのんきな大物という感じだったのに
4でいきなりどすの効いた大物になって噴いた
186 ななしのよっしん
2014/07/01(火) 22:49:56 ID: JXU7oKftwh
魔呂はコーエーとは思えない描写で面かった
義元の本性なのか、家康の心の内が幻聴になったのかはわからないけど
>>sm23424293exit_nicovideo

187 ななしのよっしん
2014/09/14(日) 10:45:03 ID: otx8BY2LOr
実際の今川って版図が広い割に収入が少なかったらしいね
最盛期は150万石とわれてるが、実は70万石程度だったとか
この辺は武田と似ていて両勢とも雑兵の略奪がしかったらしい
やはりステレオタイプの義元像も江戸時代の徳御用史による創作だろな
188 ななしのよっしん
2014/11/01(土) 23:11:41 ID: 6ddYSw2v+b
>>187
東海道の大名ってことで豊かな沃野を治めていたイメージあるけど、駿河も遠江も山がちな土地多いもんね
しかも1550年代の気変動で大変なにあってるし
けど運や鉱山収入は結構あったみたい。まあがあっても物買うのに困るのはしくない時代だったそうだけど
150万石というのは江戸時代駿遠三の開発が進んで随分豊かになった時代の史が抱いたイメージだったのかもしれないね
189 ななしのよっしん
2015/03/23(月) 21:56:07 ID: qm42VIqpAw
それ故に肥沃な濃尾平野が欲しかったのかもしれないね
今川方も決して余裕があったわけではなかった、対する織田方も防戦一方で必死だった。
その決着が狭間だったのかもしれないね
冷静に考えれば大将同士が突した数少ない戦いだったし
190 ななしのよっしん
2016/03/04(金) 13:08:58 ID: jq/1dvOKc6
70万石程度ってこの時点では充分トップクラスの勢の一つですよ
信長の方も守護、守護代を追い出した直後でまだ尾国分の支配を発揮できる状況でもないので
191 ななしのよっしん
2016/03/14(月) 22:38:52 ID: LUKDS5tTNp
それでも70だったという点は、尾150だった信長較する際によく使われる印が…「桶狭間の戦い」は実は「奇跡」ではかったという論調でしばしば持ちだされる印がある。

最近の歴史漫画では「狭間」は正面突破だったと書かれるのが流らしい。しかし「長篠の戦い」こそ奇襲戦だったという描写はまだ少ないようで。
192 ななしのよっしん
2016/04/22(金) 18:30:05 ID: kmUnkNwhkF
そもそも信秀の時代は義元全盛とは言わないけど北の斎藤、南の、東の今川と競り合ってたんだよね
三方敵国で尾四半の奉行がどんだけ出しゃばってるんだって感じだがw
まぁ義元も信秀も運通商を重視した政治感覚だったのは共通だね
のあるとこは強いわ
193 ななしのよっしん
2016/07/15(金) 16:32:55 ID: esnPDonfl7
あの小ささで50万石クラス、港もあって交通の要所でもある尾
周囲からしたらチートかよふざけんなって話ですよ
194 ななしのよっしん
2016/07/23(土) 21:08:59 ID: HkzgblKr/m
駿河遠江三河で70万石、尾57万石で今川織田の戦差はそれほど大きいわけじゃない。
それに、駿河や遠江の守備も考えると戦差はもっと縮まる。
にも拘わらず、いまだに「義元は圧倒的大軍で攻めながら敗れて死んだマヌケ」
という感じにされてるのは残念
195 ななしのよっしん
2016/08/14(日) 22:46:59 ID: Roh51An0hZ
狭間戦記は見たの?
196 ななしのよっしん
2016/09/05(月) 21:57:45 ID: rh/Hrd9Uu+
狭間戦記の義元はアクの強い良キャラだけど、普通に考えて「逆さになって木にぶら下がるおっさん」を見たら「なんやこのおっさん……」って思うだけのような気がするw

あのイメージでほぼ固定されてるけど
197 ななしのよっしん
2016/12/02(金) 19:54:26 ID: OPDDp9ZS8U
そもそも統一したての尾で全勢率いられるわけない
まずそもそも信長は尾を統一していない
鳴海大高今川義元方 
だからこそヤバかった
198 ななしのよっしん
2017/01/07(土) 07:33:44 ID: XxIHkZVQum
今年の大河、春風亭昇太が義元役って聞いた時はミスキャストだろと思ったけど、
映像見たら背筋が寒くなった。
格というか威圧感が凄い。
199 ななしのよっしん
2017/01/07(土) 08:01:33 ID: FY4FQc46pu
の話で義元がコケたら大河丸々コケるから、下手なキャストはしないだろうな
200 ななしのよっしん
2017/01/08(日) 22:10:55 ID: jq/1dvOKc6
足利将軍の持つ武貴族的な格調高さと
しかし戦国大名としての実も高いレベルで併せ持ち
貴族をやめて今イケメンにしろとかいう人達を黙らせる怪演を期待
201 ななしのよっしん
2017/01/10(火) 14:53:27 ID: lcG4f3xAYJ
>>198
昇太は静岡生まれで大の今川好きだからね。相当気合い入ってるみたい
202 ななしのよっしん
2017/01/28(土) 12:27:56 ID: ZKs9N02p4o
まだ3話だけど、昇太演じる義元は大物らしい理性的な佇まいがあるね。
隣に佐野史郎斎も並んでるし、井から見て向うのは危険すぎる強い権今川、って存在感を今後も期待したい。
203 ななしのよっしん
2017/06/18(日) 18:51:20 ID: sN0++XYAcT
そもそも、信長自身が後で氏相手に「(狭間は)まぐれだった。すまんかった」的な事言ってるくらいだからな。
織田とりあえず長い間踏んって、その間に朝廷や幕府から和しろっていう要請を引き出せればオッケー(一応、当時の朝廷や幕府でもそれくらいの権限は残ってた)くらいできれば御の字って方針だったのに。
個人的には、狭間は実際は首を狙いに行く奇襲じゃなくて威偵察か軍勢の遅滞的の奇襲だったのがラッキーパンチでもろに入っちゃったものだと思ってる
204 ななしのよっしん
2017/06/25(日) 19:54:53 ID: 6ddYSw2v+b
山の麓にいた敵の前衛部隊を攻め崩す
→追いかけて、その先の敵に乗り込む
→義元の輿を発見
→敵の大将がいたのか!?
→好機だ!追いかけて討ち取れ!

確かに織田軍にとっては幸運、今川軍にとっては事故のようなものだな
今川義元がそこまで移動していたのは、大名の直属部隊は大名の意志で動かせる精鋭&今川軍も精鋭を後ろで遊ばせておく余裕はかったというところかな
205 ななしのよっしん
2017/07/09(日) 21:59:49 ID: Cypfb4oFph
公家としても武士としても二流の今川
義元の代に一流をし、あと一歩で果たせなかった
206 ななしのよっしん
2017/10/22(日) 19:29:13 ID: FY4FQc46pu
大将ひとりの死亡までは不運で済ませられるが、わざわざお宝を固めて置いてまとめて持ってかれたのは義元のせいだからな
どうせ死ぬなら一人で死ねば氏も楽だったのに
過去の経緯からどうも義元は敗戦をナメてるというか負けてもなんとかなると思ってるフシがある
207 ななしのよっしん
2018/02/16(金) 14:09:37 ID: y5TRInhTvM
いやそりゃ絶対安全と思う場所に置いておいたのに奪われたわけやん
信長ですら所在をつかめたのはマグレとまで言ってるのに、それ義元の責任かな
208 ななしのよっしん
2018/02/25(日) 10:20:07 ID: 6ddYSw2v+b
むしろ本に踏み止まるよりさっさと逃げた義元のとんずらスキル評価されるべき
ただし撤退戦の今川軍の活躍からすると、踏み止まって敗軍の立て直しを図るのが正解だったかもしれない
どちらを選んでも討死だったかもしれないけど
信長公記の記述では、織田軍に猛追された今川軍は数十人単位ごとに踏み止まり戦死確実の殿軍引き受けて奮戦
義元が生きている間、今川軍は過酷な状況で組織的な軍事行動ができていた

その死をも厭わない精鋭たちが義元が死んだ途端に散り散りになって逃げ惑い、沼地に嵌って信長の小姓たちに首を狩られた
義元の死を知って心が折れてしまったのかもしれんね
209 ななしのよっしん
2018/09/07(金) 03:57:59 ID: jezRLfSVVA
まぁ最近過大評価な感じはある
かといって室町以後の東の名門の中で、4男から最盛期を描いた一傑ではあるからなんとも評価が難しい

斎に担がれた輿ってのは多分事実で、本人がどれだけだったのかっていうのはなんとも…
ただ駿府とか都市家康がずっと愛し続けてたのを考えると、当時の東海今川の治世によって土地のポテンシャル以上に発展はしていたんだろうな
210 ななしのよっしん
2018/09/19(水) 20:24:40 ID: 6ddYSw2v+b
>>209
近年の研究だと寿桂尼との仲は険悪で、生みのではなかった説も出てきてる
さらに倉の乱で寿桂尼が味方したのは兄貴の方で、それを義元が攻め潰して督を奪ったのではないかという

この掲示板は、プレミアム会員のみが書き込めるように設定されています。

急上昇ワード