伊達輝宗

1 ななしのよっしん
2011/06/27(月) 16:16:15 ID: NWL3JWOV0H
ひとまず新記事作成を終了します。
年号ばっかで面くない記事になっちゃった。
ちなみに私は「政宗による謀殺説」否定です。
むしろ宗が息子を守るためにわざと引き起こした説を支持。
2 ななしのよっしん
2011/08/28(日) 17:11:18 ID: LuIpUR5l52
地味に渋い活躍をしてるよね。中統御だけでなく、案外と合戦にも関っているし。
伊達は政宗以前は外交上手な印がとても強い。
3 ななしのよっしん
2011/12/21(水) 22:47:17 ID: lPeZOO4B9R
自分は謀殺したと思ってるな
政宗のやり方が宗と違いすぎるし
宗がいなくなったからこそ反発しにあそこまで無理押しできたと思う
仮に宗がもっと生きてたら名を乗っ取るぐらいはしてかもね
4 ななしのよっしん
2011/12/23(金) 11:22:01 ID: nW5KysIs82
下創世の顔グラが「政宗!わしに構わず打て!」って言ってる時の表情だったな。
5 ななしのよっしん
2011/12/27(火) 15:39:04 ID: TIp13cZo55
謀殺かはともかく「台し!なにやってんじゃ!」とは思ったんじゃないかな
6 削除しました
削除しました ID: pdXrb8a1oC
削除しました
7 ななしのよっしん
2012/05/13(日) 14:55:28 ID: Onuxrmo9Zy
謀殺説って政宗が狩りから到着後にはすでに宗は亡くなっていたって説もあるからそういうのもあると政宗があえて殺そうしたとは言い切れんな。確かに宗に色々制御されただろうけどはやむを得ず派人間
8 ななしのよっしん
2012/05/18(金) 14:49:00 ID: ZaBuLZ8/UF
もっと評価されるべき
9 ななしのよっしん
2012/06/05(火) 16:21:54 ID: kHYiQC5Flz
政宗との仲は伊達としてはしく良好だった、って言われてもいるけどね。

政宗のために家庭教師を沢山つけていた教育熱心なパパだったのだが、
その教育の結果が戦国一の問題児伊達政宗を生み出してしまったことを、この人はあの世でどう思っていたのだろうか。
もしくはこの人が長生きしてたら政宗ももう少し落ち着いてたんだろうか。
10 削除しました
削除しました ID: 8kDWkQ/osg
削除しました
11 ななしのよっしん
2012/10/07(日) 23:42:04 ID: lPeZOO4B9R
それはどうだろう
名の当急死で寝返る人間が続出するような状態に陥ってたわけだから
そこを政宗は戦で取り込んだが宗なら外交で取り込めたんじゃないか
信長州征伐するなら州の諸将をめ迎え撃つ所存と佐竹義重してるし
少なくとも諸将からの人望は厚かったようだし
12 ななしのよっしん
2012/12/20(木) 03:25:15 ID: LQLwP6R3UI
>>9
一応、戦国乱世のうちになんとか州をめきってその後長く続く伊達の礎を作ったんだし喜んでるんじゃね
どこのおだって結局は自分のを残すことが第一だろうし
13 ななしのよっしん
2013/02/11(月) 13:13:05 ID: p0DmxlHAY/
そもそも問題児々は現代人視点の勝手な評価だしね
宗謀殺は自分もいと思う
当時の政宗は容赦のい面はあるけど
謀略の類に長けているって印いんだよね
智謀面での成熟にはまだ暫くの時を要するんじゃないかな

>>11
佐竹は北条に圧迫されて州に手を伸ばしてるから、対立して着→ラスボスがこんにちわって事になりそう
14 ななしのよっしん
2013/03/16(土) 12:46:29 ID: harBar3T+r
も謀略説はないかな。
政宗へ督を譲ったこと自体が伊達外交方針の転換のためと考えてる。
相続後も宗が存命の間は政宗と宗の合意で政権運営をやってたんじゃないかねぇ。
15 削除しました
削除しました ID: mPAM94B+tk
削除しました
16 ななしのよっしん
2013/11/14(木) 07:14:09 ID: fJiD6/arme
親父が起こした揉め事の解決に費やした当って感じだな、政宗が暴れる下地を作ったともいえる
政宗の謳い文句で20年速く生まれれば…があるけど、その場合は宗がした事をやらんといけない訳だよな
的に解決出来たろうけど、どうやるかは興味ある
17 ななしのよっしん
2013/11/28(木) 10:52:51 ID: /wCknsMAXX
謀殺説を唱える人は当時の州の情勢に興味ないか、陰謀説が好きな人と見た
18 ななしのよっしん
2014/06/11(水) 09:32:47 ID: UZMx0K+uNe
謀殺説は政宗の苛さをしたがってるだけで根拠が薄すぎます。
事実が亡くなった後は遠藤基信を始め伊達の重臣達が殉死してしまったために伊達が傾きかけましたし。
まだ若かったから先の事を見据えるが足らず、畠山らを見くびっていた結果と言われればそれまでですが、この時の苦労が身にしみたのか、晩年に政宗は臣一同に
が死んでも殉死はしてはいけない」と言い含めていたそうです。
(それでも直臣の多くが追切ったので後始末が大変だったとか)
19 ななしのよっしん
2015/01/03(土) 15:42:27 ID: ER5l5yzyGk
子相の因果を自制して断ち切った人物だと思う。
二本畠山義継の件でも垣間見えるけど、やっぱり運営方針の不一致が見える。
自分が築き上げてきたものを破壊されるような感覚もあっただろうけど、と祖を見てきたからか敢えて意地を通さずに政宗のやり方に強硬に異を唱えることはしなかった。

個人的に稙宗と宗、宗と政宗が似てる気がするw
20 ななしのよっしん
2018/09/16(日) 12:10:09 ID: ZaBuLZ8/UF
先代からの功臣を容赦なく粛清したり、既存の婚姻同盟関係を破壊したり
州の暴れん坊は息子よりこの人だったのかもしれない
政宗は臣団も外交方針も宗のそれを引き継いでるし
21 ななしのよっしん
2021/07/27(火) 03:49:23 ID: LY1MwoxJNy
伊達という視点スパンから見ると、稙宗が会津以北に最大版図を築いて(これは政宗ですら回復できなかった)、天文の乱宗のせいでおダメージが残り、これを名との同盟をテコに大分回復したのが宗ともとれる

この掲示板は、プレミアム会員のみが書き込めるように設定されています。

大百科GPチャンピオンシップ