千年女優

31 sage
2013/11/17(日) 18:45:38 ID: 7iTaXd4UXi
最後の台詞なー
あれ、文章だけで捉えたら「千代子は自分の人生を肯定していたんだ!」って感動するんだけど、
イントネーションがどうでも良い的に聞こえてもにょる
解釈に困るっていうか...
32 ななしのよっしん
2013/11/27(水) 13:59:28 ID: /reJOHP3FP
インタビューとしての言葉的意味で感じたらいいのかな。
決して追いつけないからどんどん募っていき、君を好きでいてよかったって意味だったのかな…?君への想いで満たされてっていう。
14日がいいだっけ?まだ一回しか見てないから見直さなきゃ…

言葉にしようとすれば難しい…理に言葉にする必要はないんだろうけどいのがゆいよぅおぅ…

33 ななしのよっしん
2014/01/23(木) 04:06:59 ID: DbUJBRdGq1
最後のセリフ
あれは千代子が鍵の君との約束を守ったなんだと思うよ。

鍵の君との約束は「会いに行くこと」だと視聴者は思うけど、
でも千代子と鍵の君が一番最初にした約束は「鍵の中にある、一番大切なものは何か?」なんだよね。

千代子は一生をかけて鍵の君を追いかけ続けたけど、
でもその一方で自分の老いた姿を見られたくないとも思っていた。
自分の年老いた姿は「の老婆」として、度々千代子の妄想に現れて彼女を悩ませる。

つまり鍵の君を追いかける「少女千代子」と、その少女嫉妬する「老いた千代子」がいるわけで、
千代子は心の中では過去の自分に嫉妬したり、年老いた自分を憎んだりしながら、それでも「少女千代子」という生き方をずっと演じてきたのだと思う。

千代子は鍵の君にもらったカギで、自分の心にカギをかけていたんだよ。
自分の中に老いや嫉妬現実を閉じ込めていたんだ。

でも死の直前に、再びカギが手元に戻ってきて、自分の心が解放された。
「老いた千代子」から「少女千代子」に向かって言ったのが、あのラストセリフなんだと私は思った。

カギの中にある一番大切なものは「千年女優 千代子」そのもので、
カギの中身を当てるっていう鍵の君との約束を、千代子は守ったんだよ。
34 ななしのよっしん
2014/01/29(水) 18:31:49 ID: 2g3lY8MVJp
いい考察
35 ななしのよっしん
2014/01/30(木) 01:17:53 ID: oy75/qnUIb
BDCM見てて平沢進っぽい音楽だなと思ってたらやっぱりそうだった
36 ななしのよっしん
2014/02/22(土) 19:21:38 ID: VJL5CiLH6s
最後のセリフはやっぱり賛否両論分かれるみたいだけど、私は一貫して
肯定ですね。分かり易い締めゼリフが好きというのが一つ(「七人の
」「Kids Retern」しかり)。もう一つは、いつも感じていることと
して「人生ってやっぱり勝ち負けとか成否とかだけでは集約しきれないも
のだな」と思ってて、じゃあ一体他にどういう見方がありうるのかという
時に、これは結構説得あるなと。心が迷っている時には、勇気づけられ
る良いセリフです。
37 ななしのよっしん
2014/03/30(日) 14:06:44 ID: vD5CG7KjPx
関連商品MIDWAY 歴史編を追加してはくれまいか
38 ななしのよっしん
2014/04/10(木) 00:44:17 ID: nI2jWrhPLX
あんまり深く考察してるわけじゃなく、一回見ただけだけど
最後の一言は「イイ!」と感じたかな
あれがなきゃむしろ全体が訳分からんくなった気がする
ぴしっとしまったと言うか
39 ななしのよっしん
2014/04/15(火) 00:48:22 ID: ihfj3dbIoQ
>>33
なんとなくこれが一番しっくりきた
40 ななしのよっしん
2014/06/30(月) 06:26:42 ID: eLlg/D9BS+
演技をする自分が好きって俳優にとってこの上なく大切な感情だよな
41 ななしのよっしん
2014/08/23(土) 13:16:05 ID: ctw4ODP44U
最後のセリフ、意味は解るし、その意味自体も作品のテーマ的にもあってると思うし、だからこそ、最後のセリフを肯定してる人も多いんだと思うが、それでもやっぱり自分は最後のセリフ蛇足だと感じたな。

最後は「だって私は・・・」だけで十分だと思う。
それだけで、彼女が何を思って生きていたかなんて十分すぎるほど伝わる。
だって、その後に続く言葉なんて他にないじゃん?
ここまで聞けば、馬鹿でも「ああ、彼を追い続ける事自体が的だったんだね」ぐらい察せるじゃん。

それなのに最後のセリフがあるせいで、視聴者が「察する」楽しみを奪われた形になってしまって、一気に低俗になってしまった。
「ここ笑いどころですよ」っていちいち下にテロップ流すお笑い番組みたいな。

あの映画現実の混ざり合った世界については一切説明しなかったくせに、最後だけ駄に丁寧に説明するのは正直、作に「あってない」とすら感じたぐらい。
多分、本当は監督はあのセリフをつけるつもりはなかったんじゃないかなぁ?か他の人(プロデューサーとか)がつけさせたような、あそこだけ取ってつけた感が凄いある。
42 ななしのよっしん
2014/10/21(火) 01:33:27 ID: Y6z7Uzaq3K
あの鍵は本来、画材の入った鞄を開ける為の鍵
鍵の君は画で、画が画になる為には画材が必要だから
「一番大切なものを開ける鍵」=「絵を描くための鍵」になる

一方、千代子は鍵の君にして、追いかける為に女優になる
未経験の10代の素人に何故る演技ができたのか。才かもしれないが
それ以上に「千代子が役に感情移入できたから」だと思う
お芝居の役を、自分と鍵の君に重ねて演技したから
リアリティが出てたんじゃないか
心が女優をやるエンジンになってたんじゃないか
若いうちはそれでよかっただろうけど、千代子は30代になって
する少女でいられなくなる
千代子が女優になる為には、鍵の君を慕わなくてはいけないが
自分はもう年老いて、を追いかけるなんてできないと最後の映画で失踪

だが30年後、鍵を持った立花が現れ
千代子はインタビューの形で自分の人生を演じ始める。30年ぶりに女優に戻る
一番大切なもの→女優になって鍵の君を追いかけること
鍵→鍵の君への心(女優をやる為のエネルギー) なら
「一番大切なものを開ける鍵」=「女優になる為の鍵」
実際、女優を辞めて結婚したのは鍵をくしたからだったし
30年間の隠遁生活中も、鍵は手元にかった
だったら終盤の「鍵もここにある」と言うセリフ
ただの年老いた女ではなく「女優」として死ねると言う意味になる
また鍵の君を追いかけて、女優として死んでいく…と
あの世で会えたら嬉しいが、会えなくてもそれでいいかもしれない
「あの人を追いかけてる自分」=「女優としての自分」が好きなんだもの
わきも振らず何かに夢中になる楽しさを思い出したんじゃないかな
30年間隠遁してたから、よけいに分かったんだろう
まとめると>>33の意見に同意ってことです
43 ななしのよっしん
2014/11/22(土) 12:42:51 ID: pm0mFIW//s
今敏の想いは作品を通じて視聴者が元気になってもらうことだったそうな。
そして彼の魂は自分に深くいたよ。とても感銘を受けた。
千年女優を通じた今敏の想い。それをキャッチした視聴者の中で、彼の作品はそれこそ万年も生きるに違いない。
身内、友人以外で、亡くなったことに涙を流したのは初めてだった。
素晴らしい作品、一生大切にさせてもらう。ここに書き記すのも変だが、今敏さん本当にありがとう。
創作する自分、を好きなクリエイターでいたいと思う。出会えて本当に良かった。
44 ななしのよっしん
2015/04/01(水) 15:30:03 ID: tHWGre7BWs
>>41はわかりきってることだから言うべきじゃなかったと言ってるけど、
宇宙に向かうシーンの撮影中に地震が起きて逃げ出してるんだから
最後のシーンであれが言えた(あのシーンに辿りつけた)ということに意味があるんじゃないの


45 ななしのよっしん
2015/08/16(日) 12:19:15 ID: RxpgdEbpBH
最後のセリフ末期の一として聞くと微妙だが
インタビューの締めの言葉として聞くと絶妙
46 ななしのよっしん
2015/08/16(日) 12:19:15 ID: RxpgdEbpBH
最後のセリフ末期の一として聞くと微妙だが
インタビューの締めの言葉として聞くと絶妙
47 ななしのよっしん
2015/11/26(木) 03:44:18 ID: kcThyYUEfY
千代子のモデルになった原節子さんがお亡くなりになったそうだ
48 名無し
2015/12/08(火) 20:23:06 ID: WWYSk3Uu4o
男なのに最終的には千代子自身になってしまったかのように映像に引きこまれてしまった
だけど最後のセリフのおかげで一視聴者に戻れたわ
あれ言ってくれなかったら「あ、これ映画だったわ」と気持ちに区切りがつけられなかったと思う
49 ななしのよっしん
2016/02/01(月) 07:21:05 ID: 1fh2NmWkmj
遅いけど原節子さん追悼
最後の台詞は「あの人=夢、幼い頃の憧憬徴」なので
恋愛ではなく仕事等で置き換えても「やりたかった事は現実辛いし、いつまでも標の自分になれない。それでもやりたかった事をやっている自分を愛したい」
って意味になるって解釈すると、抽性が増してよいラストになる。
でもそうすると女優引退のままじゃ意味が通じないか。
50 ななしのよっしん
2016/05/21(土) 10:10:36 ID: RZz6LE1w7g
個人的には最後のセリフってやっぱり自己肯定だと感じたかな。
少女時代映画って惚れた男性を追う女性の役ばかりだったけど、大人になってからはほとんど役の雰囲気が伝わってこない=本心が覆われてしまった、でももう戻れないロケット、最後のワープ間って要は既存のを破るわけでしょ。
だからそれが彼女大人になってからの殻を破って、少女時代に役を演じていたときに彼女の演技をるものにしていた心からの言葉として、「方にする私が好き(だから追いめられる)」なのかなって。
51 ななしのよっしん
2016/07/15(金) 22:11:34 ID: S75LgVTbtG
久しぶりに見返したがよく見ると本当よくできてる
千代子の映画作品的なフィクション
千代子の実際体験を描いた話の中のノンフィクション
よくできているけど一番すごいのは死の演出や鍵の意味など
この作品を見る(見た)ことで理解できるメタフィクションさだと思う
52 ななしのよっしん
2016/11/15(火) 05:37:18 ID: 9LJkw+Mn2j
めちゃくちゃ千代子さんに感情移入させてからの冷たいでの一言にハッとさせられた
あの言い方だと「するアタシ最高でした!」的な捉えられ方されがちになる気がするんだけど
そういう表面的な所しか見えない人によって賛否両論になることも狙ってたんだろうな
53 ななしのよっしん
2017/02/27(月) 05:14:54 ID: 0aPpJsSL3C
あの人が好きだから追いかけて、追いかける自分を好きだと言えるからそれを続けられるってイメージ

解釈なんて自由だとは思うけどどうしても
本当はあの人の事が好きなわけじゃなくてする自分が好きだったんだ女ってすごいみたいな解釈は好意的にしろ批判的にしろわりとよく見かけてしまうのもあってうーんと思ってしまうなあ
54 ななしのよっしん
2017/03/25(土) 02:06:47 ID: Cg6S5F7mKh
ラストセリフ、最初は驚いたけど内容を思い出したり
考察とか見た結果、(私はあの人が好きな私にしてるから)
私に自信を持っているから、あの人を追いかけて死ねるわ
って事かなと思った。
だってずっとあの人の事を追いかけてる自分嫌い!ってなると
追うのをやめてしまうから(30年間そうだったように…)。
ハウルの動く城ソフィーと、少し似てるなって思った。
55 ななしのよっしん
2017/03/28(火) 03:36:46 ID: u30ZHlfyoU
うまく言葉にできないけど
「会えても会えなくてもどっちでもいいのかもしれない」ってことの理由が「あの人を追いかけてる自分が好きなんだもの」なんだから
会えたらそりゃいいだろうけど「女優(=あの人を追いかける自分)」としての自分も好きだから「会えなくてもいい(=女優のままでもいい)」って言ってるんじゃないかな
会えてうれしい理由は言わなくても分かるだろうから会えなくてもいい理由だけを言ってるだけであって
鍵の君のことを慕ってもいるし女優としての自分も好きだから「どっちでもいい」というかなんというか
そして女優としての自分は鍵の君から貰ったようなもの
会えても会えなくてもどっちにしろ鍵の君によって変わっていった自分の人生はよかったって言ってるんだと自分は考えた
56 名無し
2017/04/10(月) 22:15:35 ID: 30DGociSDq
当時の感覚としては「めっちゃ度低い色設定」にしたようだけど
2005年前後のシリアスアニメ見てると全然普通の色設定に見える
57 ななし
2017/04/11(火) 08:20:25 ID: sHm1EgJOmd
初めて千年女優観たけど人生で1番好きな映画になったよ
関連から知った数え歌CD欲しすぎて辛い
58 ななしのよっしん
2017/05/17(水) 03:16:27 ID: sFVLbp0euV
>>33の解釈を見て思ったんだけど、この映画の間ではまだ千代子は鍵の君にすらしてなかったんじゃないかなぁ

鍵の君を追いかけてたのはそれを認めたくなかったからとも思った
ちゃんと会って自分の感情を確かめたかった、いはちゃんとしたにしたかったのかもしれない
途中「あんなに好きだったのに顔も思い出せない!」って言って崩れ落ちたのは単に顔も思い出せないほど老いたことに対する恐怖もあるけど、その不安が的中しそうになったからかもしれない

何度も出てくるあの老婆は少女千代子から見た老いた自分でもあり、少女時代の思い出にを差そうとする「大人千代子」じゃないかなと思ったり
顔も名前も知らない人にするなんて、みたいな冷静な、つまり夢から覚まそうとする自分自身だったのかもしれない

だからこそあのラストセリフで初めて千代子は鍵の君にをしたんだんと思う
なんというか、変な言い方だけど大人になったからこそになったというか、「あぁ、私あの人が好きだったんだ。」というような
>>33の言う通り、あのセリフ千代子が女優として生きた自分を認めるセリフで、あのセリフによって千代子が自分を肯定して初めてになった
千年女優という映画千代子のが始まるまでの壮大な前振り、みたいな

ラストシーン少女千代子が鍵の君に寄り添ってたシーン、あれは単に死んで少女時代千代子に回帰しただけじゃなく、自分を生き抜いた千代子でありあ千代子こそが正正銘鍵の君にをしている千代子なんじゃないかな、と思う
59 ななしのよっしん
2017/11/12(日) 19:33:54 ID: PQ9ivetbrJ
監督は確かあの台詞を「踏み絵」と言ってた気がする。一度引き戻すために置いたとか。

言わなくても伝わる、という人の意見もわかるけど、相手に読ませるんではなく自身でちゃんとわず言うことで、自己肯定のお話であることがちゃんと伝わる。
演3人が肯定してるってのは、女性から見れば「ちゃんとハッキリ言ってくれて良かった」というものなのかもしれない。
60 ななしのよっしん
2017/12/12(火) 00:19:35 ID: feFiS45Zf8
今になって初めて見たけどめちゃめちゃいい映画だった。泣いた

もっとく見たかったっていう部分もあるけど、昔だったら最後のセリフを否定的に受け取ったと思うから今で良かったかもしれない。

どっかでも言われてたけど、千年女優ストーリーはどことなく星新一ショートショートの「鍵」と似ていて、
千年女優の最後のセリフも「鍵」の最後のセリフ
「何もいらない、私に必要なものは思い出だけだ。それはもう持っている。」
っていうに近い気がする。

結局、千代子は一生をかけて鍵の君を探し続けたんだけど、実際はすでに死んでいて、傍から見た結果ではえることがないのに追い続けてかわいそうってなるんだけど、
本当に大事なのは結果ではなくてその過程であって、鍵の君を探すために女優になって、満州へ行って、北海道へ行ってっていうに様々な経験をして、その思い出こそが何よりも大切なかけがえのないものであり、
これからも追い続けていこうって千代子は立花から鍵をもらった時に気付いたんだなと思う。