危険が危ない

211 ななしのよっしん
2014/11/30(日) 09:15:37 ID: jwO2cog2R+
危険が危ないについてその背景も含めて考えたほうがいいんじゃない?
映画でのドラえもんの発言は
その状況が緊迫しすぎていて、何かが危ないということを冷静に言えず、危ないという考えが先行しすぎて「危険が危ない」ということになった。
のではないか?

つまり、日本語のその意味は辞書どおりにはいかないんじゃないかなあ
212 ななしのよっしん
2014/11/30(日) 11:50:17 ID: m3ig6JLhPE
>>211
まあ、ぶっちゃけドラえもんのあわってっぷりを表現するには有りだよね
訳が分からないことを口走るってだけで慌ててるように見えるもんね

でも、やっぱり訳が分からない時点で表現としてはありでも、日本語としては不成立だと思うなあ
213 ななしのよっしん
2014/12/06(土) 17:39:29 ID: XTlMnKUaMD
クレしんでも言ってるからこれ(半ギレ
214 ななしのよっしん
2014/12/09(火) 10:49:13 ID: O4grRc42tv
>>213
押入れの崩を受け止めてぎっくりになった回だっけ?
215 ななしのよっしん
2014/12/13(土) 15:35:06 ID: SBvUKDXddd
実は忍たま漫画版でも言ってる
216 ななしのよっしん
2014/12/13(土) 20:47:31 ID: HRrVf6dGcB
ちょっと意味のわからない記事になってるよね
は「危険が危ないは、おかしな日本語ではない。重言という、立な手法だ」なのかな?
でも、これがもう間違いだ。
重言という名前があるのだから立な手法なのだと勘違いしているんだと思う
でも実際は違う
テクニックだから名前があるのではなく
将棋で言う二歩バスケでいうトラリングサッカーでいうオフサイドと同様に「やってはいけないことに、名前がある」のだよね
誤りの例はWikipediaでも見てもらえばわかる

217 ななしのよっしん
2014/12/16(火) 19:49:47 ID: m3ig6JLhPE
そもそも危険が危ないって重言でもないんだよね、危険“だ”危ないならともかく危険“が”危ないだからね。

それを知ったかぶりして重言だから正しいとか訳わかんない理屈で記事にしてるんだよ。
218 ななしのよっしん
2014/12/17(水) 01:39:53 ID: m3ig6JLhPE
↑あ、ごめん危険だじゃなくて危険で危ないね
219 ななしのよっしん
2014/12/22(月) 09:15:28 ID: yPH6h3LVUB
に乗する」は日本語として間違いではなくなっていると思うよ
なぜなら現代社会では「乗」する物が「自動車)」と「電車」の、に二通りあるから

今の時代、一般的に「」とだけ聞くとに「自動車」を連想する事が多い
しかし、「乗」という表現だけだと、に乗ったのか?電車に乗ったのか?
そこまでの正確な情報は伝わらなくなり
いわば(「何」に乗ったのか?)が抜けたような状態でしか情報が伝えられない
つまり、◯◯に乗した、と表現しなければ報告にならないし、小説を書く時にも
自動車)か電車のどちらに乗したのかを記述としてはっきりさせなければ
どっちにも受け取られてしまう曖昧で言葉足らずな表現となり読者に伝える情ストーリーが不正確になる

という言葉が誕生したのはおそらく人力の時代だったから
と言えば人力、乗と言えば人力に乗る事が選択肢だった時代には乗と言うだけで意味が伝わった
(もしかしたらの時代から在った表現なのかもしれないが)

今はその人力の事をしたり連想したりする事がほとんどなくなり
代わりに自動車電車として普及した時代
だから「◯◯に乗した」という言葉が実用的に必要
時代に合わせて表現を変えていかなければならない日本語の例だと思う
220 ななしのよっしん
2014/12/22(月) 09:26:25 ID: yPH6h3LVUB
あと「歌を歌う」「数を数える」という言葉も
「歌う」「数える」という表現はただの動詞で、
動詞に対する(何を歌うのか、何を数えるのか)をくと情報伝達が不正確になるから
これも実用的に必要になる表現であり、仕方のない表現だと思う

前者の場合は文章での表現の時はともかく、日常会話での口伝だと
「うたう」としか音として伝わらない
「うたう」と聞いただけでは「歌う(=歌を歌う)」なのか、「謳う(=する、謳歌する、標榜する)」の意味なのか
どちらの意味なのか言葉だけでは不正確となる

だから補足として「◯◯をうたう(例:好きな歌を歌う、政治を謳う)」という
をつけて意味を正確にする必要が出てくる

後者の場合も「数える」だけでは「“数字”を数えるのか」「“物”を数えているのか」
これも曖昧で不正確になる

だから「“何”を数えているのか」やはりをつけてより正確な情報を伝える必要がある
言葉をくと曖昧になるからこういう補足情報が必要になるんだよ
221 ななしのよっしん
2014/12/26(金) 11:25:24 ID: HRrVf6dGcB
の場合はそれ苦しいような……
「何に」を書いた場合、乗という単を避けて、乗ると書けば問題はなくなるわけで……

電車に乗する」とか「バスに乗する」と口にしてしまうと、やはり何か間違っているような違和感があるよ
というか、現実には状況に応じて「何に」を省略するか「乗する」ではなく「乗る」を使うという形で、自然と使い分けていると思う
「何に乗るのかなんて言わなくてもわかるシチュエーション」は例えば、急行電車の待ち合わせなんかのときのアナウンス
「ご乗になりまして、お待ちください」だったりする
電車にご乗になりまして~」だと違和感があるから、明である電車の部分を省略する
「何に乗ったのか明確にしなければならない場面」では「犯人電車に乗しました」と言わず「犯人電車に乗りました」と、乗という単を避ける、と
222 ななしのよっしん
2015/01/03(土) 13:54:29 ID: yPH6h3LVUB
>>221

>「電車に乗する」とか「バスに乗する」と口にしてしまうと、やはり何か間違っているような違和感があるよ

これは至って普通じゃん
確かに「電車に乗る」「バスに乗る」でも意味は通じるしかまわないけど、
例えば「バスに乗」のどこが日本語として変?
バスって言葉に直接乗が二重言葉として意味がかかっているわけじゃないし
バスに乗るでもバスに乗するでも言わんとしている事は全く意味として同じで
国語としてどっちでも正解だろう

「何に乗るのかなんて言わなくてもわかるシチュエーション」じゃない時は、どうやって表現して情報を伝えるんだ?
例えば文章を呼んでいる人間がその場にいなくて、ただ「乗する」「乗した」とだけ書かれても
それこそ「電車に乗ったのか」「バスに乗ったのか」「タクシーに乗ったのか」それだけでは判然としない
示や表現として「◯◯に乗した」「◯◯に乗せよ」の◯◯の部分はけないだろ

てことは「バスに乗する」「バスに乗した」は「バスに乗る」「バスに乗った」と同じで正しいよ
少なくとも、「何に乗るのか、何に乗ったのか伝えずにき、『乗った』『乗した』と動詞だけ伝える」よりはよっぽど
223 ななしのよっしん
2015/01/03(土) 13:58:47 ID: yPH6h3LVUB
さらに
>「何に乗るのかなんて言わなくてもわかるシチュエーション」は例えば、急行電車の待ち合わせなんかのときのアナウンス
>「ご乗になりまして、お待ちください」だったりする
>「電車にご乗になりまして~」だと違和感があるから、明である電車の部分を省略する

これは当然だろ、だっての場合電車なら電車バスならバス停
乗り場に立って待っている時点で選択肢が他になくて、何の乗り物がやって来て何に乗ればいいかは伝える必要がもういんだから
だからいちいち「◯◯に乗して〜」とは伝えない

でも、例えばそこにいくまでの地図や行き方を初めて行く人間示する場合には
「こので◯◯線という電車に乗せよ」「◯◯というからバスに乗しろ」みたいな具体的示は普通に必要になるだろ
小説での情描写にも読者に伝えるためには必要になる
「何に乗ればいいのか、何に乗ったのか明じゃない場面」がこの世にはあるって事を忘れてるよ、小説でも現実でも

それと犯人に対して「電車に乗しました」みたいな丁寧で細かい表現を使わないのは(別に使ってもかまわないと思うけど)
犯人は◯◯という売店で××を購入しました」ではなく、
犯人は◯◯という売店で××を買いました」、って伝えるのと一緒で
犯罪者や容疑者の行動を丁寧な言葉で伝える人間があまりいない習慣があるからだろ
(でも表現としては別にどちらも間違っちゃいない、使う事が少ないだけで)

例えば被害者側は「女性」って表現されるのに、加者側は「男」って表現される差異があるように
被害者側の行動だったら逆に
被害者はその日、××××分に××から◯◯線という電車に◯◯方面に乗していたことが
 ××の防犯カメラから確認されました」とか丁寧に自然に伝えられるよ
これが犯人側の行動だったら
「◯◯容疑者はその日、××××分に××から◯◯線という電車に◯◯方面に乗っていたことが××の防犯カメラから確認されました」
ってなる事が多いだけで
224 ななしのよっしん
2015/01/04(日) 03:17:35 ID: m3ig6JLhPE
>>223
「乗」って単にこだわる必要ないんだよ、「乗る」でいいの
225 ななしのよっしん
2015/01/31(土) 09:28:36 ID: h7H8QckmGF
危険が危ないデシ!
226 ななしのよっしん
2015/02/16(月) 03:06:16 ID: xu3KYBzddE
おっぱいがいっぱい
227 ななしのよっしん
2015/02/16(月) 03:12:50 ID: 4M+ylMWHkH
ボク元気
228 ななしのよっしん
2015/03/09(月) 20:56:02 ID: jPAPNHnt7w
>>sm8893171exit_nicovideo

踊り踊るな~ら チョイト東京音頭
229 ななしのよっしん
2015/03/17(火) 22:14:31 ID: dsp37Tg41F
セガゲームス
230 ななしのよっしん
2015/03/24(火) 16:50:42 ID: FRFyS9NmUv
× 日本語として間違ってる
○ こんな表現もあるけど美しくはない
でいいんじゃないかって思えてきた

そもそも言葉は生き物なんだし
重言が正しい用法に変わりつつあるという状況もありうるわけで…
日本語は私が発明しました!と言えるような人くらいしか
言葉の変化には口出しは出来ないんじゃないかと
231 ななしのよっしん
2015/04/01(水) 10:20:18 ID: MKy1cMXkRb
カッターとても危険な危険アイテムってcaveお姉さんが言ってたのを思い出した
232 ななしのよっしん
2015/04/07(火) 22:46:20 ID: hhCkRqPoQU
>>230
言葉は生き物なんだが、保守はそれを理解できない、ないし認めたくないんだよ
認めちまうと依って立つ権威(縋る先)がなくなって偉そうにできなくなるから、って理由で
233 ななしのよっしん
2015/05/06(水) 21:58:13 ID: a4xSVSX+Iy
>>232
保守だか革新だか知らんが、
結局自分にとって都合のいいように、その時々で替えするばっかだから

ただ「sing a song」はともかく
danger is dangerous」はおかしいと思うゾ
234 ななしのよっしん
2015/05/11(月) 11:26:57 ID: R4YL81CmoS
>>232みたいなにかぎって自分が気に入らない表現は絶対に認めないんだよなぁ・・・
235 ななしのよっしん
2015/05/25(月) 14:19:26 ID: AywgJwovm+
おのれ、なっちめ ドラえもん翻訳にまで手を出していたとは…
236 ななしのよっしん
2015/05/30(土) 21:11:01 ID: 3mNmou5fa2
妖しい日本語・・・ゴクリ
237 ななしのよっしん
2015/05/31(日) 13:34:51 ID: Apf+6vBWqn
時速40ノットみたいなもんやろ
238 ななしのよっしん
2015/06/07(日) 06:01:52 ID: fCVumn0IY5
>>233
live a life」とかがあるんだから日本語英語を一緒くたに考えたらダメだゾ
239 ななしのよっしん
2015/06/08(月) 23:16:44 ID: XkfWCQIBn+
記事ありがとう、ふと見たら疑問が溶けたわ
全部駄と思って、歌を歌うは間違ってるから他のを探そうと思ってたのだけど、そっか
同じようで違う場合もあるんだね
240 ななしのよっしん
2015/06/23(火) 19:53:53 ID: 39ZR6aGG84
言葉なんて意思疎通の具なんだから、言いたい事が伝わってるなら使い方として間違ってるわけではないだろう。
それに乗とか歌うとかは「どんなか(自動車なのか汽車なのか二輪車なのか)」、
「どんな歌か(特に「○○のような歌」のように曲名等が明確でない時の表現)」までを言及してないから、
そこを明確にするという意味があるし。
(だから、厳密に言えば「に乗する」ではなく「自動車に乗する」がより良い表現という事になるが)

で、危険が危ないだけど、同じ事を繰り返し言っているだけで説明にも何にもなっていないから、
まったくの駄な言い回しではあるが、文として矛盾しているわけではないから間違ってはいないんだろう。
まあ、キャラクター台詞としては(そのキャラの精状態等次第で)全然ありなんじゃないだろうか。