収穫加速の法則

271 ななしのよっしん
2018/10/28(日) 14:09:51 ID: xP65QRWkYJ
どんなに駄でも人ロボットを作りたい。
AI、電子コンテンツ、他の実用機械…そして何より喜びや苦しみに喘いでくれる人間
もはや人ロボットにはお人形さんとしての価値しか残ってない。将来性の面では人間以上に危ういのだ。
どうすれば、この機械仕掛けのお人形さんは生き延びることができるだろうか?
272 ななしのよっしん
2018/10/28(日) 14:15:04 ID: 7LISmK9ERx
セックスロボットプロトタイプもう出来てるよ。
10数年後には、事機がつくかも。
273 ななしのよっしん
2018/10/28(日) 14:16:53 ID: gGdJbrtAtS
価値や需要は作ってから考えよう

飛行機だって最初はロマン以外の何者でもなく作った後から用途が生まれた
274 ななしのよっしん
2018/11/01(木) 10:28:11 ID: zEngVCKqTC
人間が人であり続ける限り人の利便性に合わせて色々なものが作られる
ドアの長方形の形やドアノブの動かし方を見るとわかりやすい
その利便性を活用できることは大きなメリットだ、ロボットを人にする理由としてはそれだけでも十分だ
275 ななしのよっしん
2018/11/02(金) 00:07:47 ID: 3aO9s7R+6I
ロボットは人にしたほうがいろんな産業同士で替えが効く(共通規格)みたいな感じである意味有利なんじゃないか
農業とかなら収穫時期にフルで活動させては工場で働かせるみたいな
276 ななしのよっしん
2018/11/03(土) 18:49:15 ID: T+d+T2AtUr
最初から人にするのは効率悪いけどよくよく考えてみれば今ある工場とか現場では人が働くことを前提に作られているのだから人で人以上の働きをするロボットが相当役に立つのは当然のことでもあるな

それに人の動きを科学再現できるようになることは人の動きの正確なデータを作れることに近いだろうし生化学的な面から見ても悪い着眼点でもないのかな

収穫加速の法則が本格的に加速していくのは汎用人工知能完成して様々な分野を学習してから複合的に判断および開発とかしていってそれで得た知識から更なる発展が出来る大発展の無限ループが出来るってだが現段階でもAI関連だけは結構な速度で発達している気がする
今の発展速度ですべての分野を絡めていくんだったら確かになるな。なって世界をがっらと変えるか。楽しみ過ぎる
277 ななしのよっしん
2018/11/10(土) 23:52:58 ID: 3aO9s7R+6I
シンボルグラウンディング問題が解決したってマジ
278 ななしのよっしん
2018/11/28(水) 20:46:33 ID: T+d+T2AtUr
>>277
今から一年近く前に解決してるそうだな>シンボルクラウディング問題

最近の収穫加速の法則の考え方はAIとかを中心に考えているそうだがバイオ関係にもを向けいととは思う
中国が先日ゲノム編集でHIV耐性の出来た双子を生むことに成功したというニュースが駆け巡って騒ぎになったが偽の程はともかくいずれは人に対してゲノム編集を行うことが当たり前になっていく時代が来てもおかしくなのかな?
汎用人工知能完成して一度示されてインプットされたデータをもとに演算すれば遺伝子工学以外の様々な研究が飛躍的に発展していって世界が変貌していく

人はそれを恐れて拒むか受け入れるかは分からないが
279 ななしのよっしん
2018/11/29(木) 03:19:02 ID: zEngVCKqTC
シンボルクラウディングじゃなくてシンボルグラウンディングか、カタカナ化すると紛らわしいな
280 ななしのよっしん
2018/11/30(金) 09:50:42 ID: zEngVCKqTC
少し調べたところ、シンボルグラウンディング問題が解決したって論文で特によく引用されているものは2007年に書かれているからたぶん当時から何も変わってないだろう

https://homepage.univie.ac.at/nicole.rossmanith/concepts/papers/steels2008symbol.pdfexit
281 ななしのよっしん
2018/12/12(水) 17:51:41 ID: lOLNc71GtK
まあどっかで限界は来るんだろうが
今の段階はどちらかと言えば軽めの伸び悩みに過ぎないって感じはするな
その発展もわかりやすくド手に凄いもんじゃないだけで
新しい技術や組み合わせによる産物はなんだかんだここ数年でバカみたいにウジウジャできつつあるし
282 ななしのよっしん
2019/01/15(火) 17:45:51 ID: T+d+T2AtUr
>>281
伸び悩みというかまだ人間中心の時期かつブレイクスルーが起きるまでのところもあるんでないか?
GoogleのBERT人間の判断に勝ってきているしそれを応用でき始めてから本格的に発展速度がえげつなくなってくる気がする

まだ、一定期間一気に加速してから伸び悩むっていうのは何回かあったそうだがこれが最後の機会かもしれん。最後でなくても人間に知覚できるのが発展速度で起きるのがというべきか。人間には分からずとも汎用人工知能にとっての停滞期間があるかもしれんけどそこまで行ったら人にはついていけんか
283 ななしのよっしん
2019/01/16(水) 01:36:36 ID: WDLRzZL7I2
2006年ディープラーニング開発、そして2010年インターネットを使ったビッグデータ
そこからの勢いが半端じゃない
別方面のブレイクスルーがさらなるブレイクスルーを生みだした感じが最高
今の最新研究って”人間らしさ”に重きを置いてるから実は昨今のイメージとは違うんだよね。まあそれでも職業淘汰は第二次ブームの頃の研究がそろそろ実るだろうからあると思うけどね。そうなると研究の方にも影与えてもっと爆発しそう。
284 ななしのよっしん
2019/01/16(水) 01:51:06 ID: iQqthUsTXL
なんかディストピア予感しかしない
285 ななしのよっしん
2019/01/19(土) 04:50:48 ID: lOLNc71GtK
>>283
むしろそれって「人らしさを活かした技」を面おかしく奪い去っていくことに近い気もするけどね……
情報関係の専門たちは感性という人間がまだかろうじて機械に対してプライド持っている逃げ場を嬉々として潰しては
その過程を面がってる感がある
286 ななしのよっしん
2019/01/22(火) 20:35:37 ID: T+d+T2AtUr
>>283
汎用人工知能完成させる際に必要な対応や自己発展性を持たせようとすると人間モデルに作るのが効率がいいだろうし人間らしさに着眼するのは当然かもしれんな
人間だからこその成長性と柔軟性はまだAIに備わっているとは言えないしそうなるのがに見えてから特異点がの前になって収穫加速の法則によって本格的に加速するのか

>>285
人によっては感性とかをごり押しして低効率の仕事とか政治をする人間にうんざりしているのもいるからこそシンギュラリタリアンというのが増えていると思うところがある

ある一定のところをえて人が仕事しなくても生きていける領域が実現した時にまで来ても今の在り方を続けてれば破綻は免れないだろうしいずれはプライドだけでなくて自分よりも優れた具と折り合いをつける時期が来そう
287 ななしのよっしん
2019/01/24(木) 18:39:38 ID: lOLNc71GtK
なるほど
かにとっての拠り所がかにとってはむしろ煩わしい実のある物でもあり得る、か
くしてしまいたいほどに
288 ななしのよっしん
2019/02/23(土) 07:38:50 ID: WDLRzZL7I2
>>285
AI関連で問題視されてるのって、ホワイトカラー機械に置き替えられるってことだと思うけど、最新研究ではそのさらに上の経営だったり政治だったりか判断を下す部分にまで行ってるから、職業淘汰どころか皆置き替えられるから、むしろ格差がなくなってユートピアになるんじゃないかと思う

関係ないけど、発見された素数の桁数も収穫加速の法則に該当してた
289 ななしのよっしん
2019/04/13(土) 09:26:59 ID: E6RfwAb2YH
現在の世の中の潮的な話するなら
経営者側と労働者側での価値観が既に資本主義全盛期並に離れて来てるから、現在の経営者並かそれ以上の的確さで判断出来る人工知能なりなんなりが出てきたら労働者側はあっさり乗り換えそうな気もするな。
上の考えが良く分からんなんてのは今も同じ状況なんだし。
290 ななしのよっしん
2019/05/05(日) 01:06:08 ID: bRa1oqi2HZ
シンギュラリティが起こればホモ・サピエンスの繁栄も終わり。
その先に待つ科学事実ホモ・サピエンスの精は多分耐えられない。
やがては心理的負担が限界を迎え、科学を捨てる事になるだろう。
291 ななしのよっしん
2019/05/06(月) 19:21:08 ID: T+d+T2AtUr
>>289
経営者側も同じ考えだろうな>一定以上の人工知能が出来れば人工知能乗り換え

最近はその傾向が多くなってきてるしそも経営者にとって一番欲しいものは有能で文句も言わず手のかからないかつただで働いてくれる労働だ。それを満たすのが人工知能だということ考えると人が働いて稼ぐという生き方も長く続きそうにないかもな

>>290
ホモ・サピエンスの時代は終わるがその代わりホモ・デウスの時代になる。シンギュラリティが起こた先の発展ならば人間のままでいる方がつらいのは事実には違いないが科学を捨てるのは体ない

逆に考えればただの人間でなくて人間えた何かに進化すればいいんだとな
292 ななしのよっしん
2019/05/08(水) 20:01:22 ID: Zb5MLtOQuz
シンギュラリティ後のAIなら医療の発展も猛スピードで行うだろうから、それが巡って人間進化を促すって事は十分に考えられるな
293 ななしのよっしん
2019/05/09(木) 21:24:01 ID: bRa1oqi2HZ
>>291
体ないって、話ちゃんと聞いた?
科学事実それ自体が、本的な苦痛になるから結果論的に科学を捨てるんだよ……トランスヒューマニズムに縋っても性格の改造が伴わなければ結論は同じだと思う。

あるいは少数の科学に耐えられる人々が、迫を避ける為地下に潜って人類社会コントロールする環境になるかもしれないが。

いずれにせよどこかで今の人類は科学に振り落とされて、少数だけが適合できると思う。別離なら大多数は野生動物の扱いになるし、淘汰ならどちらかが滅びる。
294 ななしのよっしん
2019/05/11(土) 23:58:40 ID: T+d+T2AtUr
>>290
体ないっていうのは個人の感想だが科学を捨てるというのは人類からすると自殺するのと大差ないからいくら常軌を逸した発展でも精的に精的に耐えれないっていう要素だけで多くの人類が科学を捨てるとは思えない

今の世界科学によって支えられてる。科学しでは生命活動すら難しくなるだろう。科学くなるということは大半の人間が生きれなくなるということ。科学に慣れた人間から科学を捨てるっていうのは相当精的にきついと思うんだがな

科学に耐えられなくて科学を捨てるのは飛び降り自殺の方がよっぽど楽な状態だろうよ。そこに至るまでには相当な地獄しか存在しないだろう
295 ななしのよっしん
2019/05/13(月) 03:46:17 ID: bRa1oqi2HZ
>>294
的に苦痛を情報に対する多くの人間の反応は単純で、「や誤りだと思い込む」「聞き流して忘却する」。
要するに代替理論に逃げちゃう訳。自覚に。
でも当然理論が間違ってるから、当然その理論で作られたAIも機不全を起こすだろう。これにより社会は回らなくなる。
この時に本来の科学の信頼が回復するとは思えないので、結果として「科学」が別物にすり替わり文明は退化する。

そうならなかったとしても、どの人は不気味故に科学に触れなくなるだろう。
296 ななしのよっしん
2019/05/13(月) 09:00:14 ID: 8QGSxrqsss
>>295
いきなり人類が盲信するLvのAI完成して、それがある程度の時間をおいて失敗するって状態じゃないとそうはならん。
AIに限らず、技術でいきなり璧なものってできない。途中途中失敗しながら完成に進むので、盲信する様なことはない、あるいは、この理論に従っていきなり高度な物が作られるようになったら、それの修理速度も人類のそれとはべものにならないから、開発された物のバグに気づく前によりよくなる可性が高い。
どうにも、AIやら高度な技術で作られた某を、「人格のある」の様な扱いをしてるように思えるが、基本的に技術の発展速度がぶっ飛ぶ話なんで、開発された物がそのままのスペックで居るわけじゃないぞ

前にも書いたが、ぶっちゃけ、この理論に従って発生するような人類の後継から見たら、人類にかける労なんてたいした物じゃないんで、人類を滅亡させるも楽園へ放り込むもたいした違いじゃないと思うんだよね。後継の価値観を構成するのが今の人類のそれなんで、楽園ルートだと思うのだよ