吉川三国志

1 ななしのよっしん
2012/05/22(火) 10:48:14 ID: eADaVCLheM
作成乙です、この作品がかったら後発の作品もあったかどうか。
2 ななしのよっしん
2012/06/05(火) 21:13:44 ID: 6Ac6jL6ICR
今読んでも非常に魅的。
吉川英治の他の作品にも通じて言えることだが、英雄たちの会話がなんだか俗っぽくてしみを感じるw
曹操の死に際してその一生を顧みるあたり、本当に劉備関羽ら演義の主人公たちを差し置いても曹操が好きなんだなぁと思える。
3 ななしのよっしん
2012/10/29(月) 11:01:00 ID: 6Ac6jL6ICR
確かに、曹操が亡くなるとことその後の曹操人生振り返りのところは、読んでて胸が熱くなるね。
曹操外の人物も凄く人間臭くてしみが持てるんだよね。例えば袁尚が袁譚のことを「兄さん、待ってくれ!」と呼ぶ三国志ものは、中々いw
4 ななしのよっしん
2012/11/07(水) 19:40:50 ID: Cug7/pdzXV
あれ、自分のレスレスしてる
5 ななしのよっしん
2013/02/17(日) 08:25:37 ID: DZOCnZIZpY
この小説タイトルを「三国志演義」ではなく「三国志」にしたせいで、以後小説歴史と混同する者が続出し、桃園の誓いが史実だとか、劉備巾征伐や反董卓連合で活躍したとか、諸葛亮赤壁の戦いで活躍したとか、そう思い込む人が大半になってしまった
6 ななしのよっしん
2013/02/19(火) 12:46:36 ID: NhfipXJOf4
そうだね。この本が原因だね。悪い本だね
…とでも言って欲しいのだろうか
7 ななしのよっしん
2013/06/20(木) 20:24:34 ID: +f5D2nFlBD
>>5
中国ですら演技正史、俗説を混合するくらいだ。流石吉川先生に失礼だ
8 ななしのよっしん
2013/06/21(金) 19:24:42 ID: TypYhgIlBc
曹操詩人孔明は文
9 ななしのよっしん
2013/08/17(土) 18:08:50 ID: 4ia/ylws3K
曹操作詞孔明は策士、もとい、詩人

吉川英治作品って著作権切れになったのか
10 ななしのよっしん
2013/08/18(日) 15:28:31 ID: eeSI+xsjEI
張コウが何回も死んだのも印的だったな
11 ななしのよっしん
2013/08/22(木) 08:42:36 ID: Ff/xNrVzQn
あれ、新潮文庫版評判悪いのか…表絵と文字読みやすさにつられて購読してるんだが…
12 ななしのよっしん
2013/09/26(木) 16:42:01 ID: S94s8l5U/R
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person1562.htmlexit
本当だ、青空文庫三国志が。>>9ありがとう
手軽に読めるな。縦書きの方が個人的には読みやすいが。
13 ななしのよっしん
2014/06/20(金) 22:42:13 ID: k1Duz3gaku
成都。ああ、成都
大好きな一文
14 ななしのよっしん
2014/06/28(土) 00:12:48 ID: k1Duz3gaku
あと吉川三国志で印に残ってたのは、劉備三顧の礼の途中で崔州と話するシーンだな

「人が死に苦しむのも、乱世が続くのも自然の摂理。平和と乱世が繰り返すのも歴史の常」という崔州の話を
「それは隠者の論理であって、今実際に苦しんでる万民には何の役にも立たない。わたし諸葛亮会いたいのは、万民を救うための話を聞きたいからだ」みたいなことを劉備がいうシーン

このシーンどうやら演義にはないシーンみたいで、吉川英治の創作なのかとびっくり
15 ななしのよっしん
2014/09/01(月) 02:06:46 ID: +gdypuSKad
「通俗三国志」「三国志演義」等の原典の直訳に依らずに長所を択って自分流に書いたと1巻まえがきにあるね
16 ななしのよっしん
2015/06/15(月) 12:08:24 ID: D2zIFGT4xb
曹丕譲を受ける場面の「だのだのは大臣たちの額から生まれたものと見える」的なシニカルな描写が好きだ。
謀・算の大活躍を三演義から受け継ぎつつ、最後に「愚直で正直な凡人」だったと総括する諸葛亮評も良い。
17 ななしのよっしん
2015/07/11(土) 23:43:45 ID: c/03i9MXpQ
曹操が滅カッコいい作品。

が立つ地には、飢えなんか存在させない」とか、
「年寄りが好きだ」とか、

が農民なら命かけてついて行くわ。
18 ななしのよっしん
2015/09/29(火) 02:12:10 ID: +gdypuSKad
直訳した本だと読み物としては( д)な部分もあるし、元の演義からあまり大きな齬が生じないようにしつつ
現代常識から見ても魅的な物語に再構築しているのが凄いよね

三国志演義に限ったことじゃないが、吉川英治文庫は本当に歴史浪漫の塊
19 ななしのよっしん
2015/10/07(水) 21:04:50 ID: Xa0lZ/+3Sr
kindle版もいつの間にか無料同然になってたからめて買い直した
自分は本は横山三国志から入ったから、場面毎に横山三国志の絵が浮かぶわ
曹操が歳を取る毎に段々と衰えていくのがいまさらながらリアルに感じた
20 ななしのよっしん
2016/01/13(水) 10:12:52 ID: 4ia/ylws3K
>>15
張コウが死ぬシーンが好きだから3回書いた
21 ななしのよっしん
2016/08/08(月) 07:52:48 ID: Ff/xNrVzQn
>>17
お陰での中では官途の戦いが三国志になっている
まあ史実でもそうといえばそうなんだが、あのあたりは戦争描写も含めて魅的すぎる
22 ななしのよっしん
2017/01/12(木) 21:53:35 ID: ECEZFa7S75
吉川英治そのものの記事はないんだな
23 ななしのよっしん
2017/04/17(月) 16:24:33 ID: D2zIFGT4xb
三国志読みたい、けど小説は長いからヤダ」というモノグサな人でも吉川三国志の「諸葛菜」だけでも読んでみて欲しい
吉川先生曹操諸葛亮への敬慕と執筆当時の日本に対する意識や危機感みたいなのが素晴らしい調子で描かれてる

姜維国士としながら「孔明にならんとして及ばずかえってを滅ぼした」と(実際その通りだが)辛評しているのは太平洋戦争中の書にしては結構デリケートなことなんじゃないかと思う
滅亡に触れて「芸術文化も文章も、戦火の前には何の役にも立たなかったのだ」とり捨てる残酷さは凄いなと思った
24 ななしのよっしん
2017/07/20(木) 02:16:10 ID: +gdypuSKad
あとがき的な部分では最適解か否か的な基準だけで批評する視点を割と強に皮ってるな
彼らも生きた人間だったんだよ?っていう論にはそりゃそうだわなあと妙に納得した記憶がある
25 ななしのよっしん
2017/07/27(木) 16:17:55 ID: SaHch7QQqj
時々演義・吉川横山は全て贔屓みたいに言う人がいるけど
この三つの中では吉川三国志がかなり冷静な見方をしてると思う
演義の時点で出番や死に様が変されていたの不遇武将はともかく
劉備の狡さ、諸葛亮の冷酷さ、関羽傲慢さなんかもしっかり印に残る
26 ななしのよっしん
2017/07/30(日) 01:05:22 ID: +gdypuSKad
関羽傲慢さはむしろ大分マイルドになってしみやすくなってるぞ
演義の関羽は特に荊州統治あたりからは常時全方位喧嘩売ってるレベルでそりゃ死ぬわとしか思えないw
27 ななしのよっしん
2018/12/31(月) 11:03:43 ID: UHMVk12YRS
>>24
現代の価値観に近い行動を取った昔の人を過剰に持ち上げることの愚かさに通じるな
古代の人は当時の美徳に従って生きていたにすぎないのにね
28 ななしのよっしん
2021/01/27(水) 11:25:00 ID: 0nOuq+P4B/
敵将が大音名乗りを上げ、矛を振るい猛然と突っ込んでくるのを「あら笑止」とばかりにこれを受け…みたいな流れで、「あら笑止」が「あら^~笑止(お嬢様)」に見えて微妙リズムが狂ったことがあるゾ。

これも現在価値観というものなんですかね…
29 ななしのよっしん
2021/04/05(月) 00:18:40 ID: 4ia/ylws3K
あらよッと