哲学

691 ななしのよっしん
2020/10/08(木) 07:19:51 ID: X25FIcj2jO
ソクラテスが好きなから言わせると、ることを禁じ対話を拒否する姿勢は、
ソクラテス哲学者)を毛嫌いしたソフィスト(詭弁)のようだと感じる

ディオゲネスが好きなから言わせると、間っからどうでもいい問答をしてる哲学者は、
権威などないし基本的にウザがられる存在でしかないと思う

りえないことはってはいけない、と上から目線るウザさは哲学者として合格点
ただし対話を禁じる姿勢はいかがなものかと思う
692 ななしのよっしん
2020/10/18(日) 04:17:11 ID: 8FNemYD2lR
り得ないことをっててもみにすべきではない
693 削除しました
削除しました ID: MqlBaS9NHY
削除しました
694 ななしのよっしん
2020/10/19(月) 01:18:27 ID: i9/zzelXm/
>>691
ヴィトゲンシュタインはあとになって『論考』の結論を誤りだったと認めてるよ
仮にそうだったとして論考そのものの価値は疑いようがないんだけど
695 削除しました
削除しました ID: RUW115XtBQ
削除しました
696 削除しました
削除しました ID: VL1VQ7GtrE
削除しました
697 ななしのよっしん
2020/10/23(金) 16:30:41 ID: MqlBaS9NHY
>>695
自分の言葉というか意見は、>>693の最初で言ったように「分野毎に分けて考えるべき」。哲学数学不完全性定理)、哲学神経科学クオリア)がその典例。

名無しななしのよっしん)の言動が無能にせよ有能にせよ、重要なのは学者の言動や学説の方だと思うよ。学問の在り方や影関係を形作っているのは学者だから。

>>696
今回はそこまで細かく整理しなかったが、生物学や生態学の中でも哲学に肯定的な側(三中信先生>>676)と、哲学に否定的な側(ドーキンスやその支持者の由二先生)とが居るわけだね。
698 削除しました
削除しました ID: CnmaQiqQK7
削除しました
699 ななしのよっしん
2020/10/24(土) 07:02:59 ID: X25FIcj2jO
哲学における不完全性定理の持つ意味は不可知論の補強だと思います
(不可知論とは人間真理を知ることができないという考え方)

不可知論が導き出すことは、哲学意味さです
少なくとも哲学やっても真理は得られないとなります

ソクラテスは不可知論を受け入れていたらしい
おそらくディオゲネスも受け入れていた
逆にプラトンは受け入れられず、イデア論なんかを展開したけど、晩年は撤回したらしいですね
700 ななしのよっしん
2020/10/24(土) 12:51:10 ID: VL1VQ7GtrE
>>697
『利己的な遺伝子』は哲学に否定的というより、
哲学らないほうがマシだったとか「役に立たない」とか「フィクション」とか全編でいている
理数系研究成果の知見を視する文化人類学や社会学に対しても

『利己的な遺伝子』を絶賛している生物学者はピーター・メダワー、ウィリアム・D・ハミルトンジョン・M・スミスとか
日本では由二の他に日とか

>>698
田中コンピューター科学者じゃなく数学者兼論理学
フランセーンはコンピューター科学者兼電子工学者兼論理学
701 削除しました
削除しました ID: XHzOWV3u9A
削除しました
702 削除しました
削除しました ID: CnmaQiqQK7
削除しました
703 ななしのよっしん
2020/10/24(土) 14:58:32 ID: ez/rBpnZRf
そもそもドーキンスの提示した代表的なものであるmeme概念だって、生物学のアナロジーを使ってるだけでバリバリ社会科学的産物だよな
ドーキンスという権威に頼った危うい論をしている時点で、ID: VL1VQ7GtrEはますます哲学社会学を揶揄する資格のない立場になってるんじゃないか?
704 ななしのよっしん
2020/10/24(土) 18:15:05 ID: MqlBaS9NHY
>>698
もう>>700で言われてるというかそれ以前に>>693で言ったが、田中先生の専攻は計算機科学コンピュータ科学)でなくて数学ね。

結局は「哲学に近い側(人文学の専門)から見た『哲学科学の繋がり』」と、「科学に近い側(自然科学の専門)から見た『哲学科学の繋がり』」とで整理して、それぞれの相違点と共通点は何かを見ていくのが重要だと思う。
自然科学に寄ってる側は人文学を誤解しているかもしれないし、人文学に寄ってる側は自然科学を誤解しているかもしれないため。

>>699
フランセーンの本とついでにウィキペディアも読んだところ、ゲーデルはヒルベルトに似た数学的な「ノン・イグラビムス」(永遠に知られないことなどい)の学で、実際にゲーデルは「どんな算術の問題もいずれどこかで決定されるという可性は排除されていない」と論じていた、とある。
じゃあ、「哲学に近い側から見た『不完全性定理』」と、「数学上の『不完全性定理』」は、別物だと考えるべきだろう。

>>701>>703
ID: VL1VQ7GtrEが言ってるのは
>>az431401153Xexit_nicoichiba

「多くの批判者、とりわけ哲学を専門とする高な批判者たちは、タイトルだけで本を読みたがる」(p.10)
動物学を勉強する理由は(略)私たち動物が既知の宇宙における最も複雑で最も璧にデザインされた機械だからだ。このように言ったら、もう動物学以外のことを勉強するなんてとても理解できない!」(p.34
「<ハーヴァー大学 ロバート・L・トリヴァースの寄稿>
チンパンジー人間とはその進化歴史のほぼ九九・五を共有している。にもかかわらず、大多数の人間の思想たちは、チンパンジーをでき損ないで見当違いの化けものと見なし、一方自分たち人間は全への踏み台だと思っている。進化論者から見れば、そのようなことはありえない。」(p.30
「生命には意味があるのか? 私たちは何のためにいるのか? 人間とは何か? といった深遠な問題に出くわしても、もう迷信に頼る必要はない。著名な動物学者G・G・シンファンはこの最後の疑問を提起したあとで、こう述べている。
『私が強調したいのは、一八五九年以前には、この疑問に答えようとする試みはすべて価値だったことと、回答せずに黙っているほうがましだったということである』」(pp.39-40
この辺りじゃないか?
705 ななしのよっしん
2020/10/25(日) 00:17:46 ID: VL1VQ7GtrE
>>704
他にも色々
477哲学からの批判は「役に立たない」し「哲学的絵事(フィクション)」
527:「哲学的だろうが、そうでなかろうが、私のに欠陥があるとは摘できていないのが事実である」
536:「信仰は精神疾患の一つとしての基準を満たしているように見える」
464人間・生命・存在とは?への答えは、『種の起』より昔の答えなら「誤った代物」
宗教的な解答(これについては私はよく知っている。切手収集と同じようにね)を別にして、もしあなたが、「人間とは何か?」「生命には意味があるのか?」「私たちは何のためにいるのか?」といった問いに対するダーウィン以前の解答を考えるという難題に現実に取り組むとしたら、
実際のところあなたは、(かなりの)歴史的な興味の他になお何か価値を認められるような解答を思いつくだろうか? そこには、まったくどうしようもなく誤った代物が存在するだけであり、まさに一八五九年以前には、これらの問いに対するあらゆる解答はそうだったのだ。

495生物学を取り入れない文化人類学は時に「薄弱」で「絶望的」
近親相姦回避のダーウィニズム的な説明に反対する人類学者は、おそらく、自分たちがどれほど強なダーウィニズム的に反対しているのかに気づいていない。彼らの論拠はときにはあまりにも薄弱で、絶望的な特別弁論を思わせる。

進化生態学者の由二が『利己的な遺伝子』を「名著」と評価しているは、2018年に出版された『利己的な遺伝子』の55440周年記念版への訳者後書き」

もっと山ほどあるが
『利己的な遺伝子』と、トリヴァース含め支持者の言い分は割りかし口汚いので、何度も繰り返し読まんでいいと思ってる

しかし、ID: VL1VQ7GtrEは「まともに読んでない」上にそもそも『利己的な遺伝子』は「哲学寄り」であり(>>701)、「ID: VL1VQ7GtrEはますます哲学社会学を揶揄する資格のない立場になってる」らしい(>>703

なので、今までコピペされた内容を本当にドーキンスや支持者がしているのか疑問な人は
ID: VL1VQ7GtrEのレスじゃなく『利己的な遺伝子』を読むほうがい

>>702
大別するなら、最近の論理学者兼哲学者:人文系論理学
田中一之やフランセーンのような最近の論理学者兼理数系学者:理数系論理学者(数理論理学者)
かもしれない
706 削除しました
削除しました ID: XHzOWV3u9A
削除しました
707 削除しました
削除しました ID: RUW115XtBQ
削除しました
708 ななしのよっしん
2020/10/29(木) 15:34:28 ID: caUx/Mk0wt
削除依頼が出ても出なくても、最終的に削除するかを判断するのは運営
ニコ百じゃ運営白黒決めている

ドーキンスを話題にして削除されるくらい荒れたなら
話題不完全性定理クオリアにでも戻せばいいだろう
709 削除しました
削除しました ID: RUW115XtBQ
削除しました
710 ななしのよっしん
2020/10/30(金) 20:11:05 ID: IUgOvi20tk
マルチ自演&反論できなくなったら削除依頼

やりたい放題だなw
711 ななしのよっしん
2020/11/27(金) 22:10:44 ID: v1td4nQJFR
最近はレスリングシリーズ動画が引っかからなくなってきてるな
相変わらず本来の意味じゃない動画はかかるけど
712 ななしのよっしん
2021/02/15(月) 02:18:23 ID: JC0senWIXm
ネットでの対立や論争、その争点の多くが哲学ではとうの昔に論じ尽くされただと、自称哲学に詳しい人は言う。

だとすれば、何故その知見を開示し説明しないのか?
713 ななしのよっしん
2021/03/01(月) 13:43:03 ID: nJRKKlVBvk
ネット言論もいいが、哲学者はクオリア関係で脳科学だけじゃなくもっと神経科学を論じていいと思う
クオリアを直接計測している学者は神経科学の方が多いし

それにゲーデルの不完全性定理考察するならゲーデルの「全性定理」も合わせて論じてほしい
714 ななしのよっしん
2021/03/03(水) 09:38:21 ID: MxNOmsKPBJ
ダニエルネットとかの心の哲学哲学者は神経科学とかにも明るかった気がする
ダニエルネット自体はクオリアの存在について否定的だけど
715 ななしのよっしん
2021/03/08(月) 18:01:25 ID: nJRKKlVBvk
古典的時代と違って原子もクオリアも既に観察と数量的測定で確認された存在であり
そういう実験明された科学的現を否定しようとする哲学説って、拠は何なんだかねぇ
不が付かない方の全性定理の場合はもしや哲学者のもが避けて通ってるんじゃないかとさえ思えるし
716 ななしのよっしん
2021/03/09(火) 09:25:09 ID: MxNOmsKPBJ
ダニエルネットの立場はここがわかりやすいと思うよ
http://re-venant.hatenablog.com/entry/2017/11/29/230051exit
717 ななしのよっしん
2021/03/09(火) 15:26:42 ID: caUx/Mk0wt
不完全性定理(を含む現代数学)の非哲学的な実態について解説したフランセーン本は数学書で、しかも原著の出版時期が2005年
現代の哲学者の中で数学書を読み込む人はそう多くないだろうし、全性定理という概念知ってる人自体も少ないのかもしれん
ソーカルやフランセーン以降は哲学上で不完全性定理を扱う傾向が減ってきている、いわんや全性定理をや
718 ななしのよっしん
2021/03/11(木) 13:37:46 ID: nJRKKlVBvk
>>716
1 全性定理は? >>717で納得しなくもないけど
2 デネット的な理屈は神経科学実験内容にも、実験で算出された「クオリアデータ」にも言及していないので、この類の理屈に従うとどんな科学的現が相手でも存在を否定できてしまうように思える。要するに字面が「クオリア」「神経科学」「原子」「不全」「全」等々と同じだけで、定義が科学と違うとしか。
719 ななしのよっしん
2021/03/12(金) 12:59:59 ID: JC0senWIXm
「役に立たない学問」との悪名高き哲学が、ネット上の論争や思想対立をとうにやり尽くしているのなら(あくまでも自称詳しい人の受け売り)、それこそ本当に「分かりやすく」役に立つ機会なのではあるまいか?
720 ななしのよっしん
2021/03/20(土) 23:30:32 ID: jkExk1bH/u
コスタリカあたりの哲学者にララ・ペニス・デ・クリトリスっていそう

急上昇ワード改