大日本帝国海軍

301 ななしのよっしん
2016/07/18(月) 11:31:33 ID: 0NkPIemYb3
「レーダーなんて自分から居場所を教えてるようなもの」って話を聞いたけど敵艦がレーダー持ってたらどう対処する予定だったんだろ
302 ななしのよっしん
2016/07/18(月) 17:50:16 ID: h3JrjiiK/Y
>>301
大和魂とか気合じゃない?
303 ななしのよっしん
2016/07/18(月) 18:01:59 ID: PocchGI0P/
逆探。
というか、そこらへんの話って、航空機に乗せた電探を現場が勝手に降ろした話とか
魚雷の設定を現場が勝手にいじっていた話とか聞いてると、
組織としての情報的の共有の不全さという問題の方を注意すべきだと思う。
だって、「レーダーなんて自分から居場所を教えてるようなもの」という言葉は間違っていないから。
304 ななしのよっしん
2016/07/18(月) 18:07:39 ID: fNBO1E82Ez
>>299
満州の油田を発見できていたとしても当時の日本の技術では利用不能だったとも言われているし…
発見の有に関わらず石油をめて南進、って流れは多分変えられないんじゃない?
305 ななしのよっしん
2016/07/28(木) 13:18:26 ID: eSDlyvSZl+
日本の資問題は石油だけの問題ではないが
仮に大慶油田の開発と燃料の生産がうまくいっても
利益線が前進したことで中ソへの恐怖感が増すから
結局泥沼に足を突っ込んで南進やむなしな潮になりそう
軍は油田保持を理由に陸軍煽って結局痛い見そう
306 ななしのよっしん
2016/07/30(土) 14:21:23 ID: 0AwJ6xyxW8
誤:日中戦争 正:支那事変
307 ななしのよっしん
2016/08/28(日) 03:06:42 ID: k48pbntvy8
日中戦争なんて書いてないのになぜその話をしたがったのか知らんけど、日戦後日中宣戦布告し合ってるから全に誤った用という訳じゃない
308 ななしのよっしん
2016/08/31(水) 18:19:01 ID: bn9UMEsVBR
実は戦後大日本帝国海軍は地下組織として存続はしていたらしい
皇統護持作戦が代表例だが、事態が好転して必要なくなった後は帝国海軍が再び未来日本で再編出来るよう各所に根回しを続けてたみたいだ
どこまで本当かは分からんがかつて田に直接導を受けた元自衛隊将校が言ってた事だからある程度は確かだと思う
309 ななしのよっしん
2016/08/31(水) 18:31:14 ID: 8PtmiXnSld
そりゃまあいまは厚生労働省になってるからな……ってそういうことじゃないか
310 ななしのよっしん
2016/09/01(木) 09:33:11 ID: bn9UMEsVBR
そういう事ではなくて、必要であれば数人、千人規模でのゲリラ戦をやる用意と揮系統が戦後もそのまま生きてたという事
言葉は濁してたけど、ある程度の装備もどこかに備蓄してた可性が高い
311 ななしのよっしん
2016/09/29(木) 22:29:53 ID: 93lr0SPB4y
>>301
その辺は探照灯と同じく使い方次第、ってのにか気づけばよかったんだが……
312 ななしのよっしん
2016/09/29(木) 22:41:56 ID: 1LfPl6jngZ
優秀なアンテナがあってもそれ以外の部品がね・・・
313 ななしのよっしん
2016/11/23(水) 10:28:18 ID: 93lr0SPB4y
>>312
「レーダーを使おうとしなかった」ってこと以外にも、「レーダーを価値なものと放り出した」点も問題なんだよ。

自分たちで高性なレーダーが作れなかったとしても、その有効性が分かってりゃ、情報を秘匿して連合軍の開発をいくらか遅らせられたのかもしれない。
314 ななしのよっしん
2016/11/25(金) 13:56:47 ID: /esk5WuGUA
「闇に提」論で電探を否定した割には、逆探開発に勤しんだ訳でもいからなぁ
ドイツからの情報でようやく逆探の有用性に気づいて配備したのが1943年、遅すぎる

というか陸軍も軍より数年先行してたのに(つっても英独から見れば大分遅れてるが)
軍のレーダー研究ってもっぱらドイツ経由ばっかりだったりする辺り
セクト義も大概にせいよと
315 ななしのよっしん
2017/03/10(金) 01:56:28 ID: WryGoZLwUw
>>314
戦闘機の防弾も一説では、「うちら軍の戦闘機だって20mm機積んでんだし、どうせ敵も積んでくる。20mm弾クラス対応の防弾なんて現実的じゃない、防弾なんて0でえーべ」なんて理論だが、実際の米軍は12.7mm。
ソロモン戦辺りで熟練搭乗員を失いまくって、ようやく雷電や後期零戦に背面防弾版積んだと思ったら、よりによって7.7mm弾対応の8mm厚防弾版。これならただ重くなるだけで搭載しない方がマシレベル
ソナー開発もそうだし、軍てただの怠慢を合理的に解釈してそれが裏に出て後手に回るってこと多すぎ
316 ななしのよっしん
2017/05/08(月) 19:43:52 ID: DurwSwmjeT
レーダーは闇に提の話は、元々は自分で電波を出すよりも相手の熱などを感知した方がいいんじゃないかという話だったというのを見たけど実際どうなんだろう。
その研究が行われたけど有効距離が短い問題を解決できず敵の感知には使えなくて、代わりに通信に使用しようとして二式信儀が生まれたらしい。
レーダーは闇に提の話の元になった発言は何に載っているのだろうか。
317 ななしのよっしん
2017/06/24(土) 01:57:47 ID: 93lr0SPB4y
>>316
に提ってのは割と普通に思いつく話。「電波はやたらにばらまくもんじゃねーよ」ってのは現代の軍隊でも共通認識であるのだし。

しかしながら、「それならそれで使い方はあるよね」とアメリカは考え、日本海軍は考えなかった。
318 ななしのよっしん
2017/10/12(木) 23:07:49 ID: ei5oHgiIP0
明治から70年間何やってきたんだろって。失望しか出てこないよね
日清戦争時の清の方がまだまともだった気がする
319 ななしのよっしん
2017/11/18(土) 11:44:50 ID: 6W8aWVLur0
明治から英もずっと発展して来たわけで、その差が七十年ぽっちで埋まる程度のものだと思うのは傲慢だろう
320 ななしのよっしん
2017/11/24(金) 17:44:45 ID: ei5oHgiIP0
単に何年も列強間の駆け引きも工業育成も植民地経営のノウハウも資の確保も怠ってきたツケが回った結果だもんな
321 ななしのよっしん
2017/11/26(日) 10:09:30 ID: 0NkPIemYb3
美化してくれるゲームが出てるだけ陸軍より運がいい
322 ななしのよっしん
2017/11/26(日) 12:38:17 ID: h3JrjiiK/Y
大抵美化するだけじゃなくて皮もぶっこんでるきがする<ゲーム
323 ななしのよっしん
2017/12/01(金) 16:38:46 ID: qPYgTsNyDm
日本という空母を維持するは期待できないんじゃないの。
アメリカがやってるように乗員数千人のエンジニア集団によって支えられる「上原発」複数隻をローテ組んで回していくという芸当、これが日本に出来るとはとてもじゃないが
324 ななしのよっしん
2018/01/02(火) 21:21:41 ID: X07IzQunSk
経済下り坂の今の日本が、これから中国と軍拡競争やろうなんて愚策でしかない。ソ連の二の舞、帝国海軍の三の舞だぞ
325 ななしのよっしん
2018/01/02(火) 21:34:52 ID: yHmSdHN7Mm
>>318
むしろ船見てビビりまくってたが、そこから1世紀も経ずに世界最大の戦艦造ったんだから大したもんだと思うよ。
まあ70年そこらで世界ってる連中を追い越すのはさすがに理だったが。
326 ななしのよっしん
2018/01/02(火) 23:10:37 ID: ei5oHgiIP0
>>325
そんなのはただ地政学的に好都合な立地だったっことと軍事と技術に全振りした結果でしかない
そしてそういう編重が外交戦略のミスを引き起こしやすくした一因でもあるし全然いばれたことじゃない
植民地の経営も列強間の駆け引きも上辺だけ真似しただけだったのは明らかだし
327 ななしのよっしん
2018/02/16(金) 12:35:02 ID: f/vFQr+tMZ
仕入れたての知識ではしゃいでるキッズ痛い痛い
地政学言いたいだけっていう
328 ななしのよっしん
2018/02/20(火) 00:37:10 ID: ei5oHgiIP0
>>327
戦前日本があんなみたいな外交でも途中まで上手くいった理由ってそれ以外にあるか?
329 ななしのよっしん
2018/03/21(水) 10:07:29 ID: Snm9j45gsh
一面的な評価しか出来ない辺りは中二感があって(昔の自分をみさせられて)ムズムズしてしまう
330 ななしのよっしん
2018/03/21(水) 10:52:16 ID: /esk5WuGUA
自称冷静な人達が単に当時の日本を否定されてイライラしてるのが隠せてない感あってもにょる

と言う訳で、>>329さんには多面的な評価とやらを期待したい