大日本帝国海軍

331 ななしのよっしん
2018/03/28(水) 21:55:23 ID: DurwSwmjeT
1936年ごろに軍でもレーダーについて検討されたみたいだが、当時は自身から電波を発する点が気がかりでノクトビジョンの方の研究が推進されていたみたいだ。
1939年ごろに赤外線を使用した見り装置の研究遅延から電波を用いた見り装置の研究が始まって、その後は射撃用レーダーの機が注されていたらしい。
332 ななしのよっしん
2018/05/13(日) 16:55:12 ID: ei5oHgiIP0
仮に酸素魚雷や46サンチの開発予算や大和戦艦の建造費やドック拡予算をすべてきり捨ててでもレーダー開発に予算とエンジニア全振りしたとしてどの程度の成果が出せてたもんかね?
333 ななしのよっしん
2018/06/28(木) 16:39:57 ID: 9dHx3rNsd9
レーダとか基礎技術が成ってないと注いでもあんまり発展しないやろ
そこに大ぶち込むより戦争回避と経済周りに突っ込んだほうが長期的に見て明らかに当該技術の発展につながると思われ
334 ななしのよっしん
2018/07/22(日) 06:45:24 ID: 9dHx3rNsd9
陸は将校が超絶無能で下士官以下はそれなりに勇猛で並以上ののやつもいたイメージだけどは上から下まで絶妙に満遍なく無能で臆病だったイメージが強い
335 ななしのよっしん
2018/08/04(土) 14:18:17 ID: ei5oHgiIP0
>>333
それが上手くいかなかったから大陸にでて戦争やらかすことになったんじゃないのか?
336 ななしのよっしん
2018/08/04(土) 16:03:31 ID: /RHJwa8ZsA
現存艦隊義ってのがあってさ、船ってのは実際にぶつける兵器じゃなくて
置いとく兵器なんだよね、イタリアアドリア海に浮いてただけの艦隊とかも
そうだけど、どうしてもそういうのは臆病というかなんで戦わなかったんだーみたいな
ふうに見えるんだよなー、結果論なんだけどね
337 ななしのよっしん
2018/08/09(木) 09:13:12 ID: /esk5WuGUA
>>336
結果論と言うか運用実態が見えてないだけだな、現存義以前の問題だし
イタリア軍を例に出したけどあの、開戦当初から燃料事情がカッツカツだ
元々備蓄燃料が1年分もく、しかも短期決戦を図ろうと初期にはかなり積極的に艦隊を動かしてたので
(これを見透かした英海軍は、あまりられないがこの頃軍相手に割と逃げてる)
本気で燃料が枯渇してじきに動けなくなってしまった。
見通しが甘かったのもあるが、ちょびが燃料供給の約束してたせい(論供給の余裕はかった)

日本海軍も実は同様に、艦隊はい段階から深刻な燃料不足に陥っていた。
「なんでや大油田地帯抑えたやろ!」って思うじゃろ?
あほかと思うけど油田があっても内地や泊地に油を運ぶ輸送船がかったんだぞ
くっそあほかと思うけど、一大根拠地のトラック泊地には輸送船どころかタンクもまともになくて
どの燃料事情で動かせない戦艦大和の燃料タンクを泊地のタンク替わりに使う始末よ
338 ななしのよっしん
2018/08/10(金) 11:27:02 ID: ei5oHgiIP0
>>337
一応連合軍の通商破壊が本格化する前は、開戦1年が175バーレル、2年1,600万バーレル、3年3,000万バーレルと、開戦当初の企画院の予想需給計画を上回る生産実績を挙げたんじゃなかったっけ?
連合軍がパレンバン油田の重要性を理解して精製施設を破壊しておけば1年で戦争終わってたのに、傷で明け渡してんだから馬鹿はお互い様よ
もちろん30年代初期から南方輸送の計画を準備してなかった日本が愚かなのは否定せんけど
339 ななしのよっしん
2018/08/13(月) 16:21:38 ID: /esk5WuGUA
>>338
うん、だから「生産実績は」上手く行ってるよ?こっちが言ってる日本の問題は「輸送実績」だ
戦前に算出された原油輸送所要量は々約40リットルだが、
これを達成できた時期は17年後半から18年半ばのうち数カでギリギリ達成した程度。
通商破壊が本格化する前ですら達成できてないのは、戦前の時点で明らかなタンカー不足を看過したのと
それより頭悪いのが縄り争いで効率が落ちた事だな。
軍統合機関い結果、油田地帯とタンカーの割り当てで揉め
陸軍が油田地帯、軍がタンカーを手放さないから輸送が滞ると言う情けない事態になっていた。

>連合軍がパレンバン油田の重要性を理解して
いや、普通にやってたが…当時の英米軍バレンバンを破壊しようと製油所を放火してたぞ
日本挺奇襲作戦が綺麗に決まってかったら普通に破壊出来てるよ
製油施設をほぼ傷で占領できたのに生かせない日本べてお互い様と言うには聊か以上に厳しいな
340 ななしのよっしん
2018/08/13(月) 21:58:21 ID: ei5oHgiIP0
1943年度が原油生産787.7万KL、日本本土への持ち込み230.2万KL、このほかに日本には持ち込まず南方で消費、損失した分が557.6万KL。軍が南方で消費した分を考慮すれば、日本へ持ち込めた230.2万KLと言う数値は、決して少なくはないんだけどな

開戦時の日本のタンカー保有量は111隻58トン。このうち1万トン以上の大タンカーの多くは軍に徴用され艦艇の給油に使用。小タンカーは外洋航行が困難なため、1万トン前後の(原油1万~1万2千トン積載)タンカー日本への輸送に使われており、概ね25トン程度の船
1万トン級タンカー1隻がが日本インドネシア間を年10回往復して持ち込めるのは10~12万トン25隻(25トン)で年250300トンだから、230.2万KL(重さにすると300トン弱)はほぼフル稼働だし。

1941年12月の開戦までに、大和武蔵その他の軍備をあきらめてタンカー護衛艦艇を大量に整備するとともに、内地に多くの石油貯蔵タンクを増設。開戦後に奪取した油田・製油所からせっせと内地に石油を運んで貯蔵すれば良かったんだけどなあ...
341 ななしのよっしん
2018/08/15(水) 09:10:42 ID: /esk5WuGUA
>>340
細かく数字乗っけたって結論が何となくで「決して少なくないんじゃ」だったら意味いぞ?
決して少なくないって民需用船25万tから考えれば多い、と言う事なんだろうけど
少なくとも戦争遂行から考えれば
これが通商破壊がまともに機してない頃の最盛期の数字とすればまったくもって少ないが。
先に示した約40万キロリットルってのは必要量であって達成できたらいいなぁ、と言う数字じゃないからな
達成しなかった分はその分だけ本土の生産が止まる事を意味する
25万tがフル稼働してコレなんだから、ようは船量が初っ端からまったく足りない事は
始めっから分かってたの事なんだよ

何がアレって、それでバンバン優良タンカー持って行った軍が、
ろくにタンカー等の輸送船舶を大事にしなかった事だな
342 ななしのよっしん
2018/08/16(木) 21:30:28 ID: mgMW4JI3Qn
うるちゃーい、戦を護衛の為に抜いたら艦隊決戦ができなくなっちゃうじゃないか、天皇バスタブだから大丈夫と思ったんだよ、実際に中盤までは潜水艦魚雷なんてゴミだったんだからよかったんだよ(小並感)
まあ軍は戦前は短期決戦思考なんだからタンカーより戦闘艦を優先しても不思議ではない。
ポストと見栄ってた事実と戦中のグダグダな泥縄式開発・生産と運用体制は視で
343 ななしのよっしん
2018/08/17(金) 21:47:13 ID: 4d3dZbfGq1
潜の魚雷の簪wなーんて遊んでる状況で
に乗った最盛期にちょろっとだけ輸送標達成ってどう考えてもヤバい
始めっから潜がまともに戦えていたらあんなレベルじゃ済まなかったって事だし
てかそうやって一方的に優良タンカー持って行った軍ですら>>337みたく
「タンカー全然足らねぇ、泊地だけでも足らねぇ」とか言ってたのが現実だしやっぱりヤバい

>>342
短期決戦志向なのはしょうがないにしても、そんな補給体制なのに
戦略標も曖昧なままにズルズルとガナルカナルまで戦線伸ばしたのはダメなんじゃないかと
てかFS作戦自体が42年7月に中止が決定してるのに、結局43年いっぱいまでソロモン
居座って限界まで消耗しちゃってる辺り、補給が弱い自覚がさ過ぎるんだよ

344 ななしのよっしん
2018/08/17(金) 23:59:26 ID: mgMW4JI3Qn
ガナルカナルとかトラックあたりは地図見ただけで補給体制を維持しながら戦争するとか無理ゲーだと思うよねぇ。
つーか陸軍の本土守るために朝鮮をぶんどる(大陸側で戦争する為だからわかる)→朝鮮を守るために満州をぶんどる(???)と、軍の絶対国防圏外のソロモンにこだわったりとか見てると安全マージンが欲しいんだろうけど的と手段が逆転してませんかねぇ…といつも思う。
345 ななしのよっしん
2018/08/20(月) 19:31:47 ID: ei5oHgiIP0
>>341
だから大和建造費、ドッグ拡費、46cm開発費、酸素魚雷その他もろもろの軍備切り捨てて、ソナー開発と内地の石油貯蔵タンク増設。松型駆逐艦と優良タンカーの量産に全振りしろって最後に付け加えたんだけどなあ
仮にミッドウェー直後からガダルカナルいかずにマリアナの防御固めたとしてもエンタープライズホーネットが健在な以上別の場所で南太平洋戦みたいなのが起こってただろうし
そもそもそんな合理的な判断できるならとっくに大陸利権折半してるしなあ
346 ななしのよっしん
2018/08/20(月) 21:02:21 ID: 4d3dZbfGq1
>>345
「(輸送量は)決して少なくないんじゃ」と噛み合ってないからスルーせざるを得なかっただけなんだけどなあ
大和建造中止なんて、「絶対確実にまったくこれっぽっちも足りない」と言う認識ですら多分理な位だし

>エンタープライズホーネットが健在な以上別の場所で
日本側が防備を固めた嶼の近辺での戦になれば格段に有利になるけどな(史実はその逆が多い位だし)
当時の日本アレな所の一つがちょっと頭小突かれると前進一択になる短絡さってのもあるね
347 ななしのよっしん
2018/08/21(火) 18:08:47 ID: /esk5WuGUA
(なんで自分へのレス4d3dZbfGq1が回答してんだろう)
348 ななしのよっしん
2018/08/28(火) 00:00:05 ID: 4d3dZbfGq1
酔っぱらいながら脊椎反射レスしてしまったんだ・・・アホすぎて済まん
349 削除しました
削除しました ID: WdVctGv12W
削除しました
350 ななしのよっしん
2018/12/29(土) 00:33:58 ID: ERcvVKgVLl
自衛隊海外でもJIEITAIで通せばいいのにな
なんで他の言に合わせてやる必要があるのか
351 ななしのよっしん
2018/12/29(土) 11:19:32 ID: LqFv7KnFEw
>>350
そりゃ世界の共通言英語だしJIEITAIじゃ日本語話者以外には通じないからなあ
まあ英語事実上のの地位を占めてるのが気に食わないのはわかるが、文句を言っても始まらない

まあJapan navyだと軍と言う意味も含むので、Japan Maritime Self Defence Forceのほうが自衛隊し示す英語としては適切だな。
352 ななしのよっしん
2018/12/30(日) 20:22:03 ID: 6+urxsGeAa
THIS IS JAPAN NAVY
353 ななしのよっしん
2019/01/10(木) 18:58:09 ID: /esk5WuGUA
>>350>>351
英語圏がどうとか関係いし、
正式名称どうたらなんて視して他軍隊名なんてどこも+軍位にしか捉えないぞ

日本だって下の英語圏であるイギリス軍の正式名称が
「アームド・フォーシズオブ・ザ・クラウンArmed Forces of the Crown)」だなんて
も意識しないでイギリス軍って呼ぶだろ?
ましてや「ベイグン」なんて呼称アメリカからすりゃ「はぁ?」だろう。

近場のについても韓国軍は本来「大韓民国軍」だったりするが、言い辛いしまず使わないな
ましてや台湾軍とか正式名称で「中華民国軍」とか呼ぶとお隣からクレームが来たりする

ようは「JIEITAI」だって他からすればそんなどうでもいい名前の一つでしかいって事だ
354 ななしのよっしん
2019/01/11(金) 14:16:24 ID: IN+iw1dIF6
中国語官話発音だと自衛と自慰が同音だって話、いつ聞いても笑う。