妖怪

91 ななしのよっしん
2011/06/15(水) 02:54:15 ID: j6q8LKB/vU
アラハバキってなんだかよく分からないじゃなかったっけ?「ハバ」の部分でっぽいという説もあるらしいけど(詳しくは知らぬ

やっぱり八岐大蛇自然の脅威的な意味で々のほうじゃないかな?

・・・姑獲鳥の夏が思い浮かぶな
92 ななしのよっしん
2011/06/15(水) 03:24:29 ID: LygDwnV4DL
荒覇吐製鉄神様という一面があり、同じ様に八岐大蛇製鉄作業によって起こった洪水や鉱汚染の擬体化という説がある所から関係性が示唆されている。 >>91 が言う様にという共通点もある

コウノトリについて調べたが、ドイツが発祥、本当はコウノトリではない(シュバシコウ)、久久神社には古くからコウノトリに関する伝説がある、という事しか分からなかった。
人の魂をに運んだり妖怪だったりと、昔の人々はを飛ぶという人には出来ない事をするに対し何かしらの性を感じていたんじゃないか?
93 ななしのよっしん
2011/06/16(木) 17:19:53 ID: 3+mENqJz9K
>>89
成る程、妖怪に分類されるのか・・・
三強の中に入ってもいい感じがするけど、
へべれけになって殺されたから弱えーのかな
酔わなかったら実はありそうだが・・・
94 ななしのよっしん
2011/06/16(木) 17:34:19 ID: YmF329+JMW
>>90
魂はだしな。

・・・全部飛べるな。
95 ななしのよっしん
2011/06/17(金) 00:01:45 ID: q08aHJnztB
バロネスじゃないが、「いつの時代も化け物人間に退治される」んだよな
だからたまに、退治された妖怪最強っておかしくね?とか思うんだが
日本にはやっぱ、手に負えずじまいだった妖怪なんていないってことなのかな
96 ななしのよっしん
2011/06/17(金) 00:34:58 ID: DSHYHnSgBD
>>95
こんなに強い妖怪!→それを○○が退治した!!→○○最強!!、
というところまでセット物語を作ってプロパガンダ的に利用してきたからじゃないかな。
97 ななしのよっしん
2011/06/17(金) 22:01:43 ID: xNDNLucs1F
>>92 八岐大蛇伝説舞台である出雲地方中国山地は古来からたたら製鉄が盛んだったところだしな
98 ななしのよっしん
2011/07/21(木) 00:37:52 ID: Us8K9vLDsX
>>95
妖怪リモコン隠し「倒してみやがれ」
99 ななしのよっしん
2011/08/01(月) 13:32:41 ID: A01O75RCBd
最近は不可思議な現の原因が幽霊に取って代わられている感じが否めない
妖怪なんてフィクションの作品でしか見かけなくなったし
そろそろ全に架の存在になると思う
100 ななしのよっしん
2011/08/01(月) 16:54:17 ID: DSHYHnSgBD
え?
101 ななしのよっしん
2011/08/15(月) 11:11:43 ID: M84OwzXEmt
>>95
退治出来ない妖怪や化生は、日本海外問わずいる。例えば 『茨木童子(いばらぎどうじ)』。
酒呑童子(しゅてんどうじ)の部下とされる伝説で、大江山に根を構えていたの一味。源頼光四天王によって滅ぼされたけれど、茨木童子だけは仕留められなかった。
それから少し経って、羅生門に行った四天王の一人が少女姿の茨木童子と戦って腕をり落としたものの、結局腕を取り返された。

まんが日本昔ばなしアニメ化もされてる。http://www.youtube.com/watch?v=YNtxDi5WVpYexit

>>99
幽霊妖怪は同じようなもの。『日本伝奇伝説大事典』によると
>霊や幽霊は、妖怪とは区別して捉えられている。しかしその界は、後述するように必ずしも明確ではない。
102 ななしのよっしん
2011/10/16(日) 22:28:28 ID: FtO2TF4aXT
の中での妖怪イメージはというと
人間より寿命かに長い(いわゆるロリババァもいる)
食物連鎖の頂点に立つ(人間捕食する者もいるから)
・凄まじい戦闘を持つ(相当強いものだと惑星一つ消滅出来るほどのを持つ)

・・・なんか間違えてる気がする
103 ななしのよっしん
2011/10/23(日) 12:00:10 ID: FmcijXDVet
>>95
崇徳上皇とかはまさに勝ててないはず。
祟りは取りあえず治まってるけど、別に人間が勝って治まったわけじゃないしなぁ。
104 ななしのよっしん
2011/11/13(日) 23:58:59 ID: A01O75RCBd
ぬら孫とか読んでも妖怪に対する殺意しか湧いてこない
105 ななしのよっしん
2011/11/14(月) 00:06:51 ID: 51tDD6BQm1
>>104
それも含めて妖怪だろ
感情を抱かせない関心なものが一番駄なわけだしな
106 ななしのよっしん
2011/11/24(木) 22:30:57 ID: RB+VGjG2cT
>>102
>>104
寿命」とか「殺意」とか、妖怪に命があるような言い方してるけど、生きてるとは言いがたい連中だよ
いわゆる生命は持ってなくて、信心・幻想の一種


例えば、専門書によると
妖怪とは「古い民間信仰の名残」か「の信仰の落したもの」(柳田男事典)
そしてそれが生じるのは「未知の事物や現に対する恐怖心や、知的欲望満足されぬための焦燥感が結集し、周囲の生活環境背景として、形上の幻影に具体性を与えるところ」(怪異の民俗学2 妖怪
107 ななしのよっしん
2011/11/29(火) 06:28:08 ID: DSHYHnSgBD
現時点で最新の編集に当たるリビジョンNo.1322122の編集者tasu氏の編集の差し戻しを提案する。
特に概要部分の決め付けと勝手な解釈だと思う。
>>106の書き込み内容に基づいて変更している部分も同様。柳田男のを載せることには反対しないけど。

編集履歴の差分表示で見てみて意見を希望
108
2011/12/01(木) 17:26:39 ID: tZDhAfevK5
妖怪アパートの幽雅な日常
109 tasu
2011/12/19(月) 17:27:23 ID: 8/ZKDkgHOV
>>107
すいません、意見がまだ出ていないので
どうともいえないんですが、編集した部分を削除すればいいんでしょうか、もう少し具体的に言ってもらえませんか?すいません、、、


110 tasu
2011/12/19(月) 17:38:08 ID: 8/ZKDkgHOV
>>99
遅レス&連レスすいません
そうでもないと思います、
確かに口裂け女みたいな全的に広まる妖怪はほとんど見なくなりましたけど、地方(と言っても青森のごく一部しか知らないんですけど)ではまだ民話という形で妖怪は残っていますし、
妖怪は元々霊だったと言う伝説はいくつかありますし、形が変わっただけとも考えられますし、
それに、崇徳上皇酒呑童子みたいにとして祭られているのも残っていますし、まだしばらくは残っていると思いますよ。
111 ななしのよっしん
2012/01/17(火) 02:03:14 ID: W6x2ti4CwS
妖怪と聞いて某弾幕シューティングが浮かんだ
おそらく周りから見て迷惑な存在
112 ななしのよっしん
2012/01/25(水) 09:48:48 ID: 1YDFiI2fg7
今期の妖狐×僕SS妖怪メインの作品だな
113 ななしのよっしん
2012/02/13(月) 02:19:55 ID: L+FZ0XGb3Y
漫画「WARASHI」もお願いします
114 ななしのよっしん
2012/02/13(月) 09:34:35 ID: umneIOZxcL
妖怪は「(不可解な)現擬人化」といえるよね
115 ななしのよっしん
2012/04/18(水) 22:50:03 ID: Hu1hjScw3m
あなたが妖怪だと思うものが妖怪です。
あなたが神様だと思うものが神様です。

――と言えばだいたいあってるような気がする。
116 ななしのよっしん
2012/05/04(金) 20:42:09 ID: RB+VGjG2cT
>>115
その方がこの記事の冒頭(動物植物ではない不可思議な存在)より正確
例えば「もののけ姫」にも出た山コダマって、もののけ(妖怪)と呼ばれることもあれば
として崇められたりするし、その一方で動物植物でもあるから
117 ななしのよっしん
2012/05/04(金) 21:39:52 ID: 6FwvmxaYtd
というか妖狐猫又妖怪だけど「動物」だしね
動物植物ではない」って言いきっちゃうのは色々とマズイ記述だと思うよ
「不可思議な現に姿や名前を与えて説明出来るようにしたもの」が妖怪なんであって
118 ないちゃん
2012/05/25(金) 16:32:13 ID: CVqux/jo/F
さあおびえるがよい
おすまし
タイトル:おすまし
Twitterで紹介する

119 ないちゃん
2012/06/17(日) 13:57:31 ID: CVqux/jo/F
きょうあくようかいだぞぉ
ざしきわらし
タイトル:ざしきわらし
Twitterで紹介する

120 ななしのよっしん
2012/07/11(水) 09:13:41 ID: Y0q045jOWq
化物を倒すのはいつも人間だ」は妖怪と戦う作品の醍醐味だよな。
うしおも犬夜叉ぬ~べ~霊夢鬼太郎も頼政も頼も強大な
妖怪に立ち向かって勝ってるし。

大百科GPチャンピオンシップ