屈折

1 ななしのよっしん
2013/12/06(金) 17:24:38 ID: y7/BXyFOdn
記述がガチすぎてワロタwww
Q2でも書いてあるけど、共通の構造を知っておくだけでも理解のスピードがグンと上がるよね。
ドイツ語かじってからロシア語やった時に本当に感じた。
2 ななしのよっしん
2014/01/16(木) 23:41:22 ID: NtVTXzhSxN
これは良記事。
興味が出てきたから専門書読もうかな
3 ななしのよっしん
2014/03/27(木) 13:59:12 ID: 5IODo2kDqO
物理学の方での屈折の記事かと思った
言語学の方の屈折なことにまず驚き
その記述量でまた驚き
内容が興味深くてさらに驚いた
4 ななしのよっしん
2014/06/14(土) 12:00:07 ID: u+/HPxBEhz
>>co1870exit_nicocommunity

素晴らしい記事で、非常に勉強になりました^^
5 ななしのよっしん
2014/08/24(日) 15:06:46 ID: DtbVwh/Xt4
いずれ、屈折物理学)が出来たら鎬を削るのだろうな

6 ななしのよっしん
2014/12/12(金) 20:47:06 ID: IejPXXf7nK
ニコ百ってたまに濃い記事があるよな
7 ななしのよっしん
2016/10/29(土) 00:47:54 ID: dDL3oXYGHv
とっつきにくいかもしれんが、最初からこういう説明の方が理解しやすい人もいるかもしれんなあ。
8 ななしのよっしん
2017/09/07(木) 10:11:17 ID: 86h+ib8iKA
屈折した感情」とかいうとツンデレというよりもっと複雑で闇の深い印なんだが。
9 ななしのよっしん
2018/10/26(金) 21:36:21 ID: OeygUwVqEQ
アルタイ学者の竹内夫氏は著書で
日本語は孤立性・分析性が較的高く、屈折性が較的低い。日本語ではない」と断言しておられます

これは、記事の内容が不正確なのか、それとも竹内氏の見解が異端的なのか、はたまた屈折着・孤立」という分類が曖昧であることを示すに過ぎないのか、どれなんでしょう?
10 ななしのよっしん
2019/06/24(月) 02:59:31 ID: VnuetOsfG9
例えば百科事典などの項を見ても日本語トルコ語などと一緒にの代表格として扱われることが多いし
竹内氏のような見解がしいのではないでしょうかね

11 ななしのよっしん
2019/06/24(月) 03:03:50 ID: VnuetOsfG9
ちなみに孤立性と分析性が高いってのは「孤立」の特徴で、日本語は孤立であるとしてるんだと思うけど
孤立の事例としてよく挙げられるのは支那の官話と一般にとされる日本語の動詞の活用較すると

「行く」を否定する場合、日本語

行・く → 行・か + ない

で動詞の形変化と助詞の付加が同時に行われているが

孤立の官話の場合

去 → 不 + 去

で、動詞の「去」そのままに否定を現す「不」を加えてるだけであって

後者のように形変化が全くい言は、各要素が不変で
その一つ一つが孤立しているようだとして「孤立」と名付けられたわけで

たとえ日本語の孤立性・分析性が「較的」高いとしても、上記の通りガチの孤立には及ばないので
それだけで日本語ではないという意見には自分は同意し兼ねるというか
12 ななしのよっしん
2019/07/24(水) 02:19:35 ID: OeygUwVqEQ
>>10, 11
分かりやすい解説、ありがとうございます
13 ななしのよっしん
2019/11/05(火) 02:45:52 ID: T/oBVVtePk
曲用は、性数格によって名詞などが形変化すること
とあるけど、この3つ以外の文法カテゴリによっても屈折が起こることはないの?
同様に活用も、例えば極性(肯定か否定か)と他の屈折素性(時制かど)が融合された形変化で表す言があってもいいはずでは?

そもそも曲用活用が印欧を説明するために考案された言葉なのはわかるけど
どんな文法範疇で屈折が起こるのか、もっと他族の形変化の例が知りたい。
14 ななしのよっしん
2020/02/17(月) 23:42:07 ID: gQgwkiRrqV
>>13
ぶっちゃけ印欧語族とセム族以外で屈折がそんなにないからしゃーない
例えばナヴァホ屈折と言われてるが、動詞の内部に反復や明性といった文法範疇を表す接辞が入ることでそれに対応して幹も変わるが、この記事の論理でいけばそれは日本語と同じで屈折ではないことになる

急上昇ワード改